【放射線治療】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    放射線治療について

    医療保険のパンフレットをみていて放射線治療給付金とかいてありますが放射線治療のことがまったくわかりません。 先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか? 放射線治療って手術なんですか? ちなみにパンフレットはアフラックの新エバーときらめき生命の新医療保険αをみています。

    A
    ベストアンサー
    生命保険専門のFPです。

    (Q)先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?
    (A)先進医療に指定されている放射線治療は、
    陽子線、重粒子線など一部だけで、ほとんどは、
    普通の健康保険の適用となります。

    先進医療とは……
    http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

    (Q)放射線治療って手術なんですか?
    (A)医学的、健康保険的に言えば、放射線治療は手術ではありません。
    しかし、民間の医療保険では、手術に含める場合が多いです。

    例えば、EVERの場合……
    旧EVERでは、放射線治療は手術給付金の中の一項目です。
    新EVERでは、手術給付金の考え方を健康保険で言う
    入院手術・外来手術という項目に変更したので、
    放射線が給付金の対象から外れてしまいました。
    そこで、わざわざ「放射線治療」という別の項目を加えたのです。
    生命保険専門のFPです。

    (Q)先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?
    (A)先進医療に指定されている放射線治療は、
    陽子線、重粒子線など一部だけで、ほとんどは、
    普通の健康保険の適用となります。

    先進医療とは……
    http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

    (Q)放射線治療って手術なんですか?
    (A)医学的、健康保険的に言えば、放射線治療は手術ではありません。
    しかし、民間の医療保険... 続きを読む
  • 2位

    病院による放射線治療の違い

    病院による放射線治療の違いにつきまして、質問させて下さい。 乳がん手術後、放射線治療をこれから行う予定です。 手術は、日本有数の病院で行いました。 しかし、その病院は家から遠いです。 家から近くに大学病院があり、そこで放射線治療を受けるのが理想なのですが 担当医師からは、「放射線治療も手術した病院で受けたほうが良い」と言われています。 病院によ...

  • 3位

    放射線治療

    放射線治療法について出来れば、専門家の方に回答お願いします。 ラジエーション治療というと放射線治療法の中の1つに入るのでしょうか? 放射線治療法の中にも色々と種類があるのですか? 使う機械やものにより呼び方が変わるのでしょうか? お手数ですが、なるべく詳しく回答お願いします。

    A
    ベストアンサー
    こんにちは。
    ラジエーション治療とは放射線治療のことだと思いますが、一般的にはそのような呼び方はしません。
    放射線治療法の中にもいろいろ種類はあります。放射線の種類もいろいろありますからね。
    使う機械やものにより、いろいろ種類分けされるのです。
    たとえば、現在の放射線治療の主流は、高エネルギーのX線治療であり、ライナック(リニアック)が使用されています。
    検索サイトで放射線治療と検索すれば沢山のサイトがでてきます、一度、ご覧になってください。
    参考までに以下のサイト添付しておきます。

    参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~m-brooks/
    こんにちは。
    ラジエーション治療とは放射線治療のことだと思いますが、一般的にはそのような呼び方はしません。
    放射線治療法の中にもいろいろ種類はあります。放射線の種類もいろいろありますからね。
    使う機械やものにより、いろいろ種類分けされるのです。
    たとえば、現在の放射線治療の主流は、高エネルギーのX線治療であり、ライナック(リニアック)が使用されています。
    検索サイトで放射線治療と検索すれば沢山の... 続きを読む
  • 4位

    放射線治療をするには

    放射線治療に興味を持っています。 放射線治療をするにはどんな進路をとればいいんでしょうか? 放射線技師の免許があればできるんでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    >放射線治療の分野では何をすることができるんでしょうか?

    主に照射装置の操作などが主体になります。


    >放射線技師の資格を取った後どうすれば放射線治療をすることができるのでしょうか?

    放射線治療担当の部門に配置されればできます。
    ただし、新卒でそのような部門に配置されることはないと思われます。
  • 5位

    肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかり...

    肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。 放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。 生検は、90歳にはリスクがあるそうです。 生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。 宜しくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    妻70歳で肺がんに亡くしました。

    一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

    抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

    最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

    何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

    標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。
    妻70歳で肺がんに亡くしました。

    一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

    抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えき... 続きを読む
  • 6位

    放射線治療機(リニアック)に関する本

    今年の春から放射線治療機を扱うメーカーに転職しました。 ただ前職が全く違う分野だった為、医療界の知識もなく、 放射線治療機の複雑な構造を理解するのに、現在とても苦労しております。 そこでみなさんにご相談がございます。 放射線治療機の構造などを初心者でもわかりやすく紹介している本などあれば教えてください。

    A
    ベストアンサー
    最新の治療機器の情報や、値段、最近の治療方法、病気の事、用語解説などを一般の方に解説している本として、「病院と患者のための放射線治療 (月刊新医療別冊)」というのがお勧めです。
    ただ質問にあるリニアックの基本的な構造(加速感やMLCなどのお話)は全く載っていません。

    「がんの放射線治療がよく分かる本」などの患者向けの放射線治療の本をみると程度は載っていますが、一般患者にとって必要な情報くらいしか載っていませんのでものたりないかと思います。
    。技師向け、医師向けの本になるとかなり難しくなります。いい本がちょっと思いつきません。

    動画でしたたら以下はいかがでしょうか。
    http://www.youtube.com/watch?v=BGRGyYLNhmw

    http://www.youtube.com/watch?v=BGRGyYLNhmw
    最新の治療機器の情報や、値段、最近の治療方法、病気の事、用語解説などを一般の方に解説している本として、「病院と患者のための放射線治療 (月刊新医療別冊)」というのがお勧めです。
    ただ質問にあるリニアックの基本的な構造(加速感やMLCなどのお話)は全く載っていません。

    「がんの放射線治療がよく分かる本」などの患者向けの放射線治療の本をみると程度は載っていますが、一般患者にとって必要な情報くらいしか載って... 続きを読む
  • 7位

    癌の放射線治療におけるデメリットについて

    ご観覧いただきありがとうございます。 癌における放射線治療について質問です。 放射線治療は癌の治療法として、一般的に選択肢にあがる、そんなに珍しい治療法ではないのだと認識していました。 認識が安易過ぎてお恥ずかしい限りです…。 放射線治療は、癌細胞のみでなく、周りの正常な細胞までも傷つけてしまうとお聞きしました。 現在の医学において、放射線治...

    A
    ベストアンサー
     放射線治療の良いところは、切らずに癌を小さくする(うまくいけば消滅させられる)ことです。
     また癌が体の深いところにあって、手術で取りに行くには重要な臓器や血管・神経をいくつも避けなければならない、といった手術が困難で不可能な箇所を治療することが可能です。

     欠点ももちろんあります。
     癌に放射線を当てると、当然ながら正常な組織にもあてることになりますので、その組織が火傷のようになったり、機能障害を起こしたりします。
     さらには放射線治療を行った後では、組織の回復力が落ちているため、手術をしてもなかなか傷が治らなかったりすることもあります。
     
     新たな癌を誘発する確率はほとんど無いと考えてよいと思いますが、正常な細胞の傷害は確実に起こると考えてください。
     放射線治療の良いところは、切らずに癌を小さくする(うまくいけば消滅させられる)ことです。
     また癌が体の深いところにあって、手術で取りに行くには重要な臓器や血管・神経をいくつも避けなければならない、といった手術が困難で不可能な箇所を治療することが可能です。

     欠点ももちろんあります。
     癌に放射線を当てると、当然ながら正常な組織にもあてることになりますので、その組織が火傷のようになったり、... 続きを読む
  • 8位

    癌切除後の放射線治療の影響

    今、夫(20代)が精巣癌切除後の放射線治療中です。 毎日昼に放射線治療をして、午後からは何度も吐き、体調が悪くてずっと寝ています。 食欲もなく朝と夜は何も食べられません。 昼におかゆを食べる程度です。 放射線治療をする前に、早急な副作用として食欲減退などがあり、20年〜30年後の副作用としてまれに白血病や他の癌になる可能性があると言われました。 放射線治...

    A
    ベストアンサー
     放射線治療の副作用は大変個人差があり、特に若い方は強く出ると言う話です。そのうち副作用については慣れることがあるかもしれません。様子を見てあまりにひどいようなら放射線の先生に相談して、もっと弱くしてもらえないか、吐き気にはどのように対処すべきか指示を仰ぐのがいいと思います。
     白血病になるのは稀なことです。その可能性と再発の可能性をはかりに掛ければ放射線治療した方がはるかにメリットが大きいのです。
     以上、主治医、放射線科の先生、友達の経験談から私の意見を述べさせていただきました。私も乳癌で抗癌剤治療がもうすぐ終わり、そのあと放射線治療の予定です。抗癌剤治療の副作用も大変に厳しく、こんなものが効くのか、と思うこともあります。しかし、私たちが一般に受けている治療は効果ありと認められたものばかりです。心配なら主治医に納得できるまで説明を受け、それでも心配ならセカンドオピニオンを求めるのがベターだと思います。
     治療、薬には副作用がつきものです。この場合、副作用を上回る病気への効果ありと信じます。
     放射線治療の副作用は大変個人差があり、特に若い方は強く出ると言う話です。そのうち副作用については慣れることがあるかもしれません。様子を見てあまりにひどいようなら放射線の先生に相談して、もっと弱くしてもらえないか、吐き気にはどのように対処すべきか指示を仰ぐのがいいと思います。
     白血病になるのは稀なことです。その可能性と再発の可能性をはかりに掛ければ放射線治療した方がはるかにメリットが大きいの... 続きを読む
  • 9位

    至急!!放射線治療についてです

    母が癌になり、最近放射線治療を始めました。 放射線治療中の患者の近くに子供(0歳〜5歳)が近寄ることで何か問題はありますか?

  • 10位

    乳がんの放射線治療につて教えてください。

    乳がんの診断を受け、現在抗がん剤治療を受けています。 今後、温存手術をして、後に放射線治療を受けるのですが、現在通院している病院では、放射線治療のの設備がなく他の病院の外来で放射線治療を受ける予定です。 湘南地区(茅ヶ崎市・平塚市近辺)で、受けれる病院があれば教えて下さい。 また、病院選びで注意すれ点があれば教えて下さい。

    A
    ベストアンサー
    放射線治療担当の放射線技師です。当院の場合は、通常は手術をした病院の担当医から、直接電話等で依頼が来ます。この際に予約時間等のお話をしますので、おかかりの病院で聞いてみてはいかがでしょうか。担当の先生も数ヶ所の紹介先をご存知と思います。来院時には、手術の所見や病理の結果なども必要ですので、担当医より診療情報提供書や資料をお持ち頂く事になります。一般的には通院で25回行いますので、ご自宅から通いやすいところがいいと思います。施設に関しては、以下のURLの放射線腫瘍学会の認定もしくは準認定施設であれば放射線専門医、医学物理士、放射線治療認定技師等の専門家が担当していますし、規定以上の施設基準を満たしていますので、安心と思います。

    参考URL:http://www.jastro.jp/
    放射線治療担当の放射線技師です。当院の場合は、通常は手術をした病院の担当医から、直接電話等で依頼が来ます。この際に予約時間等のお話をしますので、おかかりの病院で聞いてみてはいかがでしょうか。担当の先生も数ヶ所の紹介先をご存知と思います。来院時には、手術の所見や病理の結果なども必要ですので、担当医より診療情報提供書や資料をお持ち頂く事になります。一般的には通院で25回行いますので、ご自宅から通いや... 続きを読む
  • 11位

    癌の放射線治療について

    父が手術ができない膵臓がんを患っております。 腸に通じる太い動脈に癌が絡み付いてるようで手術できませんでしたが、そういった血管にくっついてる膵臓がんで、放射線治療、陽子線治療などはできるのでしょうか? 主治医の先生は放射線治療をやっている病院を紹介するとおっしゃってくれたのですが、抗がん剤治療で弱った体に放射線治療は有効なのかとか、紹介状まで...

    A
    ベストアンサー
     手術できない膵臓癌の治療法は、抗癌剤や放射線治療が主体になります。ただし、すべての患者さんに施行可能なわけではありませんので、専門家の判断が必要になります。

    主治医が勧めておられるように、紹介状を持って、放射線治療を行っている病院の診察を受けるのが良いと思います。放射線治療医・消化器科医の診察を受けて、どのような治療ができるか判断してもらうわけです。もちろん、有効な治療ができないとの結論になる事もあります。

     治療を行う場合でも、放射線の当て方も色々ありますし、抗癌剤を同時併用するのかしないのか、するとすればどの薬剤を使うのか、等についても、よく検討する必要があります。

    相談者さんは、治療にお父上の体力が持つのか心配していらっしゃいますが、治療を行う医師も同じ事を考えます。ですから、可能な限り、ご本人も受診してもらう事が必要です。医師は患者さんの顔色や歩き方をを見たり、触診や聴診、視診などを行う事で、治療に耐えうるかを判断します。
    医師が本人を一度も診ていないのに、「治療は無理です」と返事したら、相談者さんは納得できますか?

    家族だけ、検査結果だけの受診というのは、本人がどうしても受診できない場合の、あくまでも次善の策です。これは、通常の紹介でも、セカンドオピニオンでも同じです。

    心配するお気持ちはわかりますが、受診してみないと何も始まりません。
     手術できない膵臓癌の治療法は、抗癌剤や放射線治療が主体になります。ただし、すべての患者さんに施行可能なわけではありませんので、専門家の判断が必要になります。

    主治医が勧めておられるように、紹介状を持って、放射線治療を行っている病院の診察を受けるのが良いと思います。放射線治療医・消化器科医の診察を受けて、どのような治療ができるか判断してもらうわけです。もちろん、有効な治療ができないとの結論にな... 続きを読む
  • 12位

    再発防止のための放射線治療について

    精巣腫瘍ということで3週間ほど前に左睾丸の摘出手術を受けました。 昨日、病理検査の結果ということで、主治医からCTやその他の検査の結果、転移は見つからないが再発予防のための放射線治療をしますか? と聞かれ、お願いしますと答えました。 治療のスケジュールのこともあるので、今日会社の上司に相談したところ、放射線治療は体に非常に負担をかけるものだから気を...

    A
    ベストアンサー
    去年まで母がガンと闘っていて、放射線も経験しています。

    母は放射線を頚椎に照射していましたので
    食べ物や飲み物を飲み込みにくくなる…程度の副作用はありました!
    また、放射線は所詮火傷のようなもので、照射部位を冷やすのは厳禁らしく
    冷たいものを飲んだり食べたりも出来なくなりました。
    なんと、冷たいトマトを食べただけで声が出なくなってしまいました!
    あとは、皮膚が少し日焼けしたような色に変わったくらいかな?
    毎日母とは顔を合わせて病院に通っていましたが、その程度しか感じられませんでした。
    多分上司の方は放射線じゃなくて抗がん剤と勘違いされているのではないですか?

    上司の方がいろいろ動いてくださるのはとてもありがたいことですが
    私はこの点でのセカンドオピニオンは不用だと思います。
    haru44さんに早く仕事に戻ってきてほしいという気持ちから出てる事のような気がします。
    ただ、上司の方の顔を立てるのであれば、セカンドオピニオンを受けた方がいいかもしれませんね。

    でも術後、転移や再発を防止するために放射線を受けてる方はたくさんいらっしゃいました。
    むしろ放射線治療部で知り合った方は、その様な方のほうが多かったくらいです!

    良い方向に向かわれるといいですね。
    去年まで母がガンと闘っていて、放射線も経験しています。

    母は放射線を頚椎に照射していましたので
    食べ物や飲み物を飲み込みにくくなる…程度の副作用はありました!
    また、放射線は所詮火傷のようなもので、照射部位を冷やすのは厳禁らしく
    冷たいものを飲んだり食べたりも出来なくなりました。
    なんと、冷たいトマトを食べただけで声が出なくなってしまいました!
    あとは、皮膚が少し日焼けしたような色に変わったく... 続きを読む
  • 13位

    ガンへの放射線治療について

    ガンへの放射線治療について教えてください。 先日、私の父がガンによって亡くなりました。 秋頃の検診でガンが見つかり、放射線治療を始めました。 治療をはじめたばかりの頃はまだまだ元気で治療によってガンが小さくなったと喜んでいたのですが、治療していくうちに放射線肺炎になってしまいました。 肺炎が治り、一旦退院すると今度は肩が痛いと訴えてくるように...

  • 14位

    原発性肝臓癌の放射線治療について教えてください。

    B型肝炎→肝硬変→肝臓癌となり、 食道静脈瘤の硬化剤治療を数回おこなっている家族の話です。 肝臓癌が7cm程あり、先日、癌を焼く? 治療をしましたが、 場所が悪かった事もあり、3分の1程残ってしまいました。 その部分を放射線治療で治していくとの事です。 放射線治療をすれば、残りの癌も全て消滅するのでしょうか? また、放射線治療自体は、痛みがないと聞きます...

  • 15位

    放射線治療

    3年前父親が肺がんを患い 手術をして退院出来るまでになっていたのですが 今度は呼吸不全と診断され入院しました。 喉を切開し呼吸器を付けられて過ごしていました。 そうしていると今度は数ヶ月前に口の中にガンが出来てしまい 放射線治療をして 幸いにも殆ど無くなったと診断をいただきました。 そして 今 喉(リンパ)のあたりにまたガンが出来てしまったのですが ...

    A
    ベストアンサー
    放射線治療による副作用は、当てられた皮膚の灼熱感や発赤、胃・消化管粘膜炎による嘔気や嘔吐などがあります。

    続けて行うことによって、食事がとりにくくなったり、肺炎を引き起こす恐れがあるので、続けてはできません。私は、何度かそういう症状のある患者さんを看てきました。

    トピ主さんのお父様は肺がん及び呼吸不全を患われていらっしゃいます。さらに気管切開をし、呼吸器をつけておられるのであれば、呼吸器をつけている部位に副作用が及ぶ恐れがあります。

    というわけで、なおさら医師は放射線っ治療は避けると思われます。

    ここでの回答は、推定に過ぎないので、主治医に確認されることが大事です。主治医を信頼して、思ったことの疑問はその都度解決していく様にお願いします。
    放射線治療による副作用は、当てられた皮膚の灼熱感や発赤、胃・消化管粘膜炎による嘔気や嘔吐などがあります。

    続けて行うことによって、食事がとりにくくなったり、肺炎を引き起こす恐れがあるので、続けてはできません。私は、何度かそういう症状のある患者さんを看てきました。

    トピ主さんのお父様は肺がん及び呼吸不全を患われていらっしゃいます。さらに気管切開をし、呼吸器をつけておられるのであれば、呼吸器をつけ... 続きを読む
  • 16位

    放射線治療について教えて下さい

    先日父の抗がん剤治療について質問をしました。 多くの方に回答を頂き大変感謝しております。今現在は抗がん剤治療の一回目なのですが、担当の医師より 放射線治療については何も話は無く、ネット上でたくさんの体験談などを読んでいたところたいていは放射線治療を単独か併用でされているように思います。 放射線治療について医師に問いかけてみるつもりですがその前...

    A
    ベストアンサー
    転移性癌の切除不能な3B期症例には、従来放射線療法が標準的治療とされてきましたが、
    シスプラチンを含む化学療法と放射線療法による併用療法が 放射線療法単独に比べて優
    れていることが報告され、標準的治療となっています。 また、化学療法単独では、5年
    生存率が5%前後ですが、化学療法同時放射線療法では奏効率86%、2年生存率35%、5年
    生存率16%と優れた成績が報告されおり、最近では化学療法と放射線療法の同時併用を標
    準的と考える方向になりつつあります。

    ただし、放射線療法における照射量は、CTなどの検査時と比較すると数千倍から数万倍の
    放射線を一度に照射し、回数も十数回に及ぶこともあり、健康な組織の損傷や癌化する可
    能性も否定できず相当のリスクを伴います。 また、癌発症部位や転移部位によっては、
    極めてリスクが高いため放射線療法が適さない場合もあります。


    実際に、治療を開始してから治療方針や方法を変更することは、治療計画に混乱を来し、
    予測できない事態を引き起こすことがあります。 したがって、事前の説明で化学療法
    同時放射線療法が選択枝になかったのであれば、効果対リスクを比較考量した結果と考え
    られますので、化学療法単独による治療を最善の治療と信じて担当医に委ねることも一つ
    の考え方です。
    転移性癌の切除不能な3B期症例には、従来放射線療法が標準的治療とされてきましたが、
    シスプラチンを含む化学療法と放射線療法による併用療法が 放射線療法単独に比べて優
    れていることが報告され、標準的治療となっています。 また、化学療法単独では、5年
    生存率が5%前後ですが、化学療法同時放射線療法では奏効率86%、2年生存率35%、5年
    生存率16%と優れた成績が報告されおり、最近では化学療法と放射線療法の... 続きを読む
  • 17位

    上顎洞癌 放射線治療後のサイバーナイフ治療

    義父が上顎洞癌になり、8月末まで市民病院に入院していました。治療方法はカテーテルによる抗癌剤投与と放射線治療を行いました。 放射線治療ですが、病院の投射規定回数に達し、抗癌剤投与による治療で癌がかなり小さくなったので退院しました。退院後、1が月を過ぎた辺りで体調が急変し、診察をした所、電解質異常が見られ、MRIを撮影したら、癌が元の状態に戻り、目...

    A
    ベストアンサー
    病気が急速に進行し、ご心配のことと拝察いたします。

     サイバーナイフはピンポイントで放射線を照射できるきわめて優れた機械です。ただ、サイバーナイフは原理上、一回につき大線量を照射し、少ない回数で治療を完了するというスケジュールとなります。また、あまり大きい病変には対応できません。
     このことから、副作用が強く出る可能性があることと、首のリンパ節や広く進展した病変までは治療しきれないという問題点があります。
     しかし、仮に予後が長くなく、現に腫瘍による症状が強く出ておられるならば、症状が出ている部分だけに集中して照射することにより、副作用を少なくしつつ生活の質を向上でき、また少ない回数で治療できるというという性質から、限られた時間を有効に活用できるというメリットがあります。

     現時点で局所制御を狙いにいくならば、 IMRT という技術を用いて、できるだけ病変部だけに放射線を絞って照射するという選択肢もあるかもしれません。この場合、治療期間はサイバーナイフに比べ長くなります。

     今後の治療に何を期待するかという希望によって、サイバーナイフによる治療が可能かどうかは変わってきます。(「サイバーナイフが適切か」、と言い換えてもいいかもしれません。)

     しかし、どのような治療をうけるにせよ、再照射する以上、前回の照射からほとんど時間がたっていないことなども含め、再照射される正常組織の壊死や血管がもろくなることに起因する(場合によっては致死的な)出血などの合併は覚悟した上で、治療を受ける必要があります。
     一方で、こういった副作用を十分理解した上で納得できるのであれば、一律に放射線の再照射が不可能だということはありません。

     なかなか治療の決め手に欠く状態で、解決策を模索されている状況だと存じます。
     まずは、「紹介状」、「画像データ」、「初回にどのように放射線を照射したかという資料」をそろえて、お近くでサイバーナイフの治療をされている病院に一度相談されてみてもいいかと考えます。

     長文失礼しました。
    病気が急速に進行し、ご心配のことと拝察いたします。

     サイバーナイフはピンポイントで放射線を照射できるきわめて優れた機械です。ただ、サイバーナイフは原理上、一回につき大線量を照射し、少ない回数で治療を完了するというスケジュールとなります。また、あまり大きい病変には対応できません。
     このことから、副作用が強く出る可能性があることと、首のリンパ節や広く進展した病変までは治療しきれないという問題点が... 続きを読む
  • 18位

    放射線治療で本当に癌は完治するのでしょうか?

    私の家族が今、癌を宣告され病気と闘っているのですが、今日 主治医の先生から、オペ以外の治療で放射線治療も考えていると言われました。 癌の完治はオペしかないと私は思っているんですが、昔 子宮癌で放射線治療を(コバルト)した女性が 副作用で歩けなくなってしまい、車椅子での生活を余儀なくされた、コバルト治療って怖いんだよ?っと、聞いた事があります。 放...

    A
    ベストアンサー
    放射線治療、これは悪性腫瘍が放射線の影響を(正常細胞以上に)強く受けることを利用し、更に放射線を悪性腫瘍に集中させることにより、腫瘍を消すものです。
    腫瘍の種類にも寄りますが、状況によっては非常に有効です。また、手術を行わないため、臓器の機能を損なうことが少ないです。
    手術が行えないような大きな腫瘍を縮小させ、その後手術を行うことも可能です。
    また、脳の内部のような、手術が適用できないような腫瘍に対しても有効です。

    ”放射線治療が不安”お気持ちはわかりますが、放射線治療は歴史も長いです。副作用の例もありますが、有効な治療法の一つです。この機会にいろいろと調べ、主治医の先生ともお話になってみてはいかがでしょうか?
    放射線治療、これは悪性腫瘍が放射線の影響を(正常細胞以上に)強く受けることを利用し、更に放射線を悪性腫瘍に集中させることにより、腫瘍を消すものです。
    腫瘍の種類にも寄りますが、状況によっては非常に有効です。また、手術を行わないため、臓器の機能を損なうことが少ないです。
    手術が行えないような大きな腫瘍を縮小させ、その後手術を行うことも可能です。
    また、脳の内部のような、手術が適用できないような腫... 続きを読む
  • 19位

    乳癌の放射線治療の副作用、後遺症について

    半年前に乳癌の乳房温存手術を受けました。 その際にリンパ郭清(リンパ節一つ)もしました。 また、乳房再建手術も同時に受けました。 主治医からは放射線治療も勧められ、現在 照射治療中です。 そこで質問です。 1)再建している乳房に放射線治療を施して 何か副作用はないのでしょうか? 皮膚の日焼けや、ただれなどの一般的に言われている症状以外の 副作用があるよ...

    A
    ベストアンサー
    1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
    2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
    3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対するバリア)の損傷と生き残ったがん細胞(強いがん細胞)がセットになりますから、中途半端な治療であれば転移を引き起こしうる可能性も示唆されています。副作用等で完遂できないのでなければ止めるべきでないです。
    1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
    2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
    3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対... 続きを読む
  • 20位

    食道がんの放射線治療後の狭窄について

    私の77歳の母が食事のとおりが悪くなり、ステージ3もしくは4の食道がんと診断され、手術を前提とした放射線治療を開始し、第1クール後の検査結果から食道のとおりが改善される見込みがあるとの説明があり、高齢であることと、体力などから、手術はやめて、そのまま、放射線治療を続けてもらいました。 ところが放射線治療の第2クール開始頃から食道のとおりが悪くなり、...

    A
    ベストアンサー
    水も通らない状況で数ヶ月待つとおっしゃるのでしょうか。
    御寿命がどんどん迫ってきます。
    姑息的な放射線治療ですから、今後のQOLを早急に整えてゆくことに意味があると思います。
    また点滴では弱る一方ですよ。
    リスクの問題はご家族・本人に問題ですからどちらを取るかは最終的に患者サイドのご判断かと思いますが。
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→