【料金 特許】の人気Q&Aランキング

1~20件(全436件)

  • 1位

    特許料金って、対会社と直接ロイヤリティー契約するのでしょうか? よく...

    特許料金って、対会社と直接ロイヤリティー契約するのでしょうか? よく気になるのですが、例えば主婦が画期的な生活用品で特許を所得した場合、その明らかな類似品を大手メーカーが発売したがっているとします。 この時はその大手メーカーが特許データベースを調べて主婦に連絡を取り、ロイヤリティー契約を直接交わすのでしょうか。 それとも音楽著作権のように特許庁...

    A
    ベストアンサー
    特許庁は特許の登録(審査)のみを行うところですので、特許権の行使には関係しません。
    なお、著作権を仲介する公的機関も日本には無かったと思います。(こちらは専門でないので、間違っているかも知れません)
    いずれも相対契約が基本となります。もちろん、侵害を立証して請求するのも権利者が行わない限り誰も代わりに行ってくれません。特許権は工業所有権の一種であり、生産手段を持って産業に貢献する事業主体者のための制度であるため、不労所得を援助するような仕組みはありません。
    特許庁は特許の登録(審査)のみを行うところですので、特許権の行使には関係しません。
    なお、著作権を仲介する公的機関も日本には無かったと思います。(こちらは専門でないので、間違っているかも知れません)
    いずれも相対契約が基本となります。もちろん、侵害を立証して請求するのも権利者が行わない限り誰も代わりに行ってくれません。特許権は工業所有権の一種であり、生産手段を持って産業に貢献する事業主体者のための制... 続きを読む
  • 2位

    米国へ特許を出願する際の特許出願料金と小規模団体の特許出願料金は今...

    米国へ特許を出願する際の特許出願料金と小規模団体の特許出願料金は今日現在いくらですか。 ちなみに、2003年1月1日では、特許出願料金、750ドル 小規模団体の特許出願料金375ドルです。 こういうことが書いてあるはずの、米国特許商標局のサイトはサイトの中のどこを見ればいいのでしょう。 また、日本語で書いてある、日本人の作ったサイトで参考になるのがあれば、教...

  • 3位

    特許料金について教えて下さい

    特許庁のHPを見て特許を申請しようとしたところ 以外にも値段がかかることを知りました 1.出願料 2.審査請求料等 3.審判請求 4.特許料・ 登録料 5.その他の手数料等 6.特許微生物寄託等に係る手数料 この項目全てにお金がかかるのでしょうか? 詳しい方ご教授くださいませ。

    A
    ベストアンサー
    最初にかかるのは出願料だけです。出願は、他の人と「先か後か」を争う場合のために、日付の権利が確保されるだけです。
    審査を請求すると、権利の有無を判断してもらえます。審査請求は出願の後でもできます。
    審判は、審査の結果が不服である場合に、申し立てによって行われる「行政による一種の裁判」です。
    登録とは、審査に合格し、他人から異議が出ない場合に、料金を払って権利を確定することです。
    したがって、最初に必要なのは出願料だけです。あとは、あなたの発明・考案がどのくらいの価値があるのかを判断しながら、一歩ずつ前に
    進めばいいでしょう。
    最初にかかるのは出願料だけです。出願は、他の人と「先か後か」を争う場合のために、日付の権利が確保されるだけです。
    審査を請求すると、権利の有無を判断してもらえます。審査請求は出願の後でもできます。
    審判は、審査の結果が不服である場合に、申し立てによって行われる「行政による一種の裁判」です。
    登録とは、審査に合格し、他人から異議が出ない場合に、料金を払って権利を確定することです。
    したがって、最... 続きを読む
  • 4位

    アメリカでの特許翻訳の料金

    アメリカでの特許翻訳の料金について質問します。 ソース言語:日本語 ターゲット言語:英語 翻訳する内容:日本語の特許公報 条件:翻訳者である僕とクライアントとの間には、翻訳会社が存在します。 質問は、翻訳会社が僕に支払ってくれる翻訳料金に関してです。 アメリカの翻訳業界の事情が全く分からないので、質問します。 純粋に1ワード15円(日本語(ソース)から英語(タ...

  • 5位

    特許の英訳料金

    外国出願に際して明細書の英訳料金ですが、ある人に聞いたところによると、?40/wordとのことです。 ところで、特許の英訳の難しいのは良く分かりますが、例えば個人的に英訳してそれを校正してもらう場合(勿論原稿の出来具合にもよるでしょうが)でも同額でしょうか? あるいは英訳の料金が掲載されているサイトをご教示ください。

    A
    ベストアンサー
     以前は弁理士会で料金を決められていました。
     その時の料金は、
    ・英文和訳が4000円/100ワード
    ・和文英訳が5500円/100ワード
    です。

    >外国出願に際して明細書の英訳料金ですが、ある人に聞いたところによると、¥40/wordとのことです。

     これは、特許事務所が外部の翻訳者に支払う翻訳料なのでしょうか? それともクライアントに請求する翻訳料なのでしょうか?

     上記の弁理士会が定めていた料金は、特許事務所がクライアントに請求する金額です。その分そっくり翻訳者に支払っていたら、特許事務所はやっていけないということはおわかりですよね?

     事務所員が自宅で仕事の続きをやる場合にしても同じです。クライアントに請求する金額を丸々残業代として支払うことはあり得ません。

     現実問題として、校正など必要がない翻訳のプロに対して支払う料金も1/3程度と思って下さい。

     55円の内のMiJunさんが仰っている40円も翻訳者に支払うってことは、普通は考えられません。

     ということは、クライアントに請求する料金でしょうか? だとしたら、かつて定められていた料金よりは安めの設定ですね。
     それを良心的と取るか、はたまた値引きしないとお客さんが来てくれないと取るかは、ここではわかりませんが。

    >ところで、特許の英訳の難しいのは良く分かりますが、例えば個人的に英訳してそれを校正してもらう場合(勿論原稿の出来具合にもよるでしょうが)でも同額でしょうか?

     上述のように、校正など必要ない翻訳のプロに頼む場合でも1/3程度です。校正を必要とするような方に仕事を依頼することは現実問題としてほとんどないでしょうし、私だったらむしろ校正(添削)してあげる料金をほしいくらいですよ。(苦笑)

     それでも、一応こんなサイトがありますので、紹介しておきますね。
    ・翻訳者ディレクトリ--優秀な人材が見つかるWeb翻訳人
    http://trans.kato.gr.jp/translators/
    http://trans.kato.gr.jp/translators/fee.html

    参考URL:http://trans.kato.gr.jp/translators/, http://trans.kato.gr.jp/translators/fee.html
     以前は弁理士会で料金を決められていました。
     その時の料金は、
    ・英文和訳が4000円/100ワード
    ・和文英訳が5500円/100ワード
    です。

    >外国出願に際して明細書の英訳料金ですが、ある人に聞いたところによると、¥40/wordとのことです。

     これは、特許事務所が外部の翻訳者に支払う翻訳料なのでしょうか? それともクライアントに請求する翻訳料なのでしょうか?

     上記の弁理士会が定めて... 続きを読む
  • 6位

    ビジネスモデル特許取得の料金

    ある、概念を考えました。 内容はソフトウェアを無断コピーできない概念です。 これをビジネスモデル特許で保護したいのですが、 おいくらくらいで、それらの申請等が可能なのでしょうか? 様々な本を見ていると、その権利を行使するようなことはかなりまれで、形式上取る程度で、あまり、この特許自体は意味がないと書いてあったのですが、 全くやらないよりはいいか...

    A
    ベストアンサー
    発明の具体的な内容がわからないので、正確にお答えすることが難しいのですが、まず第一にお考えの概念が特許で保護されるものであるかの検討が必要です。
    ビジネスモデル特許は、特許庁が新たな審査基準を設けた分野というだけで、新しい特許制度というわけではありません。従って、出願しようとする概念が本当に日本の特許法で保護され得るものか出願前に検討しなければなりません。
    出願に関しては、特許事務所に依頼すれば、上記の検討も含め、30万円くらいかかるでしょう。
    さらに審査請求に10万円前後、特許庁から拒絶理由通知が発せられればその応答処理に1回10万円弱かかります。
    特許査定後は登録料が5万円前後、4年目以降毎年維持年金がかかります。
    権利行使を行うか、否かは、権利自体が有効に機能するか否かにかかっています。侵害行為を特定する義務は権利を行使する側にあるので、侵害品、侵害行為を特定できないような権利では権利行使は相当困難です。
    すなわち、例え、権利化ができても有効に行使できない場合があるということです。
    最近のプロパテントの傾向を受けて、日本でも特に最近は特許の権利行使が盛んに行われるようになってきました。有効な権利を取得すれば、特許は決して形式だけの者ではありません。
    発明の具体的な内容がわからないので、正確にお答えすることが難しいのですが、まず第一にお考えの概念が特許で保護されるものであるかの検討が必要です。
    ビジネスモデル特許は、特許庁が新たな審査基準を設けた分野というだけで、新しい特許制度というわけではありません。従って、出願しようとする概念が本当に日本の特許法で保護され得るものか出願前に検討しなければなりません。
    出願に関しては、特許事務所に依頼すれ... 続きを読む
  • 7位

    フリーランス翻訳者の特許翻訳の料金の相場?

    フリーランスの翻訳者を目指している者です。 先日、トライアルを受験した翻訳会社から合格の知らせを受けたのですが、僕が得る翻訳料金は1ワード12円だと聞かされました(ちなみに業界超大手の翻訳会社です)。 業界的に料金はこんなものでしょうか? 実は、もう1社登録しているのですが、そちらは1ワード14円払ってくれます(こちらは小さな翻訳会社です)。 もし業界の基準...

    A
    ベストアンサー
    英文和訳の相場は10~15円の範囲のようですね。

    http://trans.kato.gr.jp/translators/
    http://trans.kato.gr.jp/translators/fee.html

    参考URL:http://trans.kato.gr.jp/translators/fee.html
  • 8位

    特許の電子化料金についてと、国際特許とについて質問です。

    質問が2つございます。 詳しい方お願い致します。 1.先日特許を申請したところ、電子化料金払い込み用紙というものが“工業所有権電子情報化センター"というところから送られてまいりました。 この法人は一体何でしょうか? そして、これは必ず払わないといけないものなのでしょうか? 2.申請中の特許について、国際特許を申請する場合どのような手続きになるでしょう...

  • 9位

    特許翻訳者への翻訳料金

    特許専門に翻訳をしている場合(翻訳内容は半導体、電子、医学等多岐にわたる)についてお教えください。 日本語→英語に訳すとなると、出来上がりの翻訳料はいくらぐらいが相場でしょうか。 もちろん、経験年数にもよりますが・・・。 出来上がり、1word、相場は、15円から50円と聞いたのですが、あまりにも差がありすぎるように思います。 ご存知の方がいらしたら教えて...

    A
    ベストアンサー
    企業→特許事務所が50円
    特許事務所→翻訳会社が30円ぐらいです。

    なので、翻訳会社から仕事もらうのであれば、
    よくても20円程度だと思います。
  • 10位

    特許取得の際の料金について

    私ではないのですが知人が法人を設立して事業を始めようとしています。 新しいIT事業で、武器としてビジネス特許をとりたいと弁理士さんに相談してみたらしいのですが、100万位かかるといわれたらしく間止んでいます。 今は法人設立準備中で金銭的な余裕も無いと思うのですが・・・。 その事業を開始すればほぼ間違いなくいい方向には行くと第三者的にも感じます。 そ...

    A
    ベストアンサー
    弁理士さんに相談したのは正解です。弁理士さんに依頼しないと成功する(特許取得)確率が激減します。典型的な悪い例→特願2006-147414

    そして、100万円というのも、妥当な金額です。でも、出願時に100万円かかるわけではありません。その後の手続で必要になる分も加算すると、最終的にそれぐらいになるだろうという金額が、「100万円」です。後に必要になる分は、その都度支払えばいいんです。平均的な内訳は、次のような感じです。

    ・出願(明細書等の作成他)・・・2~30万
    ・出願審査請求(出願から3年以内)・・・20万
    ・拒絶理由通知の応答(意見書・補正書)・・・5~10万/1回
    (審査請求後1~2年経ってから通知され、殆どの場合最低1回はある。)
    ・拒絶査定になった場合の応答(審判請求・補正書)・・・2~30万
    (拒絶査定にはならない場合も多い。)
    ・特許査定になったときの3年分の登録料+成功報酬・・・10~15万ぐらい

    従って、最初に必要な金額は30万円ぐらいですよ。起業して審査請求までの3年間で本当に儲かるとわかってから審査請求をするという手もあります。

    ただし、特許にならない(最終的に拒絶される)ことは予測できても、特許になるという予測は誰にもできません。そういう仕組みになっています。出願するなら、その点は覚悟の上、つまり50万以上のお金を最悪捨てる覚悟の上で、出願しなければなりません。そういう制度になっています。

    ついでに言っておくと、ビジネスモデル特許出願の成功確率は極めて低いです。
    弁理士さんに相談したのは正解です。弁理士さんに依頼しないと成功する(特許取得)確率が激減します。典型的な悪い例→特願2006-147414

    そして、100万円というのも、妥当な金額です。でも、出願時に100万円かかるわけではありません。その後の手続で必要になる分も加算すると、最終的にそれぐらいになるだろうという金額が、「100万円」です。後に必要になる分は、その都度支払えばいいんです。平均的な内訳は、次... 続きを読む
  • 11位

    特許のある花を見せて入場料収入を得た

    特許のある花を見せて入場料収入を得た場合、損害賠償をいくらぐらい請求できますか? 例えば1ヶ月間営業して10万人の入場者で500円の料金特許のある花の割合は全体の5分の1の場合でお願いします。

    A
    ベストアンサー
    植物園かなにかが、特許の成立している花を展示して入場料収入を得ている場合、と推察します。

    この場合、「損害賠償をいくらぐらい請求できるか」という問題の前に、はたしてこの場合特許権侵害が行われているのか?のほうがまず問題だと思います。

    その「特許のある花」という内容がよく分かりませんが、遺伝子操作などにより何らかの新しい特徴を獲得させた花で、その部分に特許があるということなのですかね。あるいは、その花の製造方法に特許があるということなのでしょうか。

    そうすると、その「特許のある花を見せて入場料収入を得た」人間が、その特徴のある花を生産したか、または特許のある方法を使ってその花を生産した、という事情がなければ特許権侵害にはなりません。(間接侵害というのもありますがとりあえず割愛します)

    特許権は、適法に譲渡がなされた場合には消尽する(それ以上その物については特許権の追及ができなくなる)ので、もしほかから買ってきた花を展示している場合には、いくらその花に特許があったとしても、展示していただけの人間に特許権侵害を問うことはできません。この場合は売主のほうに損害賠償をすることになります。

    その点をまず確認してください。

    なお、特許権侵害があるとした場合には、損害賠償の額の算定の方法は特許法に記載されています(102条)。方法には3つあり、

    1.譲渡した物の数量に、特許権者がその侵害の行為がなければ販売することができた物の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額

    2.その者がその侵害の行為により利益を受けているときは、その利益の額

    3.その特許発明の実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額の金銭(実施料相当額)

    です。

    さらに詳しい説明は以下のHPなどを参照してください。

    http://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/remedy/remedy03-1.html

    生産などをしただけで譲渡をしていないとなれば1の方法は使えません。

    また、入場料収入となると、2の方法での計算は難しそうです。たとえその花の割合が全体の5分の1だとしても、入場料の5分の1がその花の鑑賞料だと決まっているわけではないでしょうから、どの割合分を特許の実施により得た利益と考えるかが争いになるでしょう。

    3は、ライセンス料相当額です。業界の一般的なライセンス料が参考にされます(それが絶対ではありませんが)。花の業界がどうなのか、自分には知識はありませんのでいくらになるかはなんともいえませんが。
    植物園かなにかが、特許の成立している花を展示して入場料収入を得ている場合、と推察します。

    この場合、「損害賠償をいくらぐらい請求できるか」という問題の前に、はたしてこの場合特許権侵害が行われているのか?のほうがまず問題だと思います。

    その「特許のある花」という内容がよく分かりませんが、遺伝子操作などにより何らかの新しい特徴を獲得させた花で、その部分に特許があるということなのですかね。あるい... 続きを読む
  • 12位

    米国特許特許維持料を自分で払っていくにはどんな!

    米国特許特許維持料(特許の年金)を自分で払っていくにはどんな書類をそろえればいいのでしょう。 私は米国特許は取得しています。 今回3年というか3.5年目を迎え、小規模権利者として政府料金特許維持料(特許の年金) 800ドルを払うことになっています。 私の弁理士がおかしな言動をするようになり、弁理士と現地代理人を通さず自分で払いたくなりました。 どんな書類...

  • 13位

    ブルーレイの特許

    ブルーレイレコーダーを東芝から払いますが、特許使用料金はどこに支払われているんでしょうか? そのへんはブルーレイ陣営の配分みたいなのがあるんでしょうか? また、何年かしたらこういう特許料って支払わなくてもよくなるんでしたっけ? 知的財産について無知ですが、よろしくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    製品を製造するのに必要な特許を互いに持っているだけではどちらも完成できない、という状況では、必要な特許をもっている人間(法人)が集まって互いに実施権(ライセンス)を与え合う、という「パテントプール」というものがあります。

    DVD6C PATENT POOL
    http://www.dvd6cla.com/

    DVD については、上記のサイトで紹介されているように、対象特許のリストや概要紹介(DVD6C PATENT POOL - Patent Catalogue)があります。一方で、Blu-Ray 独自の部分については、以下のように別途パテントプールを作り、Blu-Ray 製品を作る人がライセンスを取るための窓口を1つにまとめる準備を進めているようです。

    One to One - Blu-ray patent pool pending
    http://www.oto-online.com/index.php?option=com_content&task=view&id=1323&Itemid=1

    このようなパテントプールの合意をする中で、ライセンス料をいくらにするか、というのが互いに取り決められるとともに、特許の満了によってパテントプールのライセンス対象から外れる(満了したので特許権がなくなりライセンスなくともできる技術となる)なども生じるため、出願から20年たてば特許満了により安い商品が出回ることも考えられます。

    (デジタル家電の寿命や技術革新のスピードからすると、20年後に無料で使えるようになっても時代遅れの製品というパターンも多いのですが、あまりに先見性があって早く出願していたので製品の絶頂期に早く満了する発明者には不遇な特許もまれにあるようです)
    製品を製造するのに必要な特許を互いに持っているだけではどちらも完成できない、という状況では、必要な特許をもっている人間(法人)が集まって互いに実施権(ライセンス)を与え合う、という「パテントプール」というものがあります。

    DVD6C PATENT POOL
    http://www.dvd6cla.com/

    DVD については、上記のサイトで紹介されているように、対象特許のリストや概要紹介(DVD6C PATENT POOL - Patent Catalogue)がありま... 続きを読む
  • 14位

    外国特許出願のofficial fee の一覧を探しています。 (特に中・韓)

    外国出願をする際に、各国の特許庁に支払う料金表 (USPTOでいうならば、<http://www.uspto.gov/web/offices/ac/qs/ope/fee2007september30.htm>のように、各国特許庁がオフィシャルに発表している料金体系一覧表のこと。) を探しています。(特に中国と韓国。 もしご存知であれば他の外国もの教えて頂ければ幸甚です。) おそらくは、USPTOのように中国特許庁及び韓国特許庁のサイトのどこかに現...

    A
    ベストアンサー
    韓国特許庁HP<http://www.kipo.go.kr/kpo2/ek/index.jsp>の(KOREAN IP SYSTEM)->(Schedule of Fee)及び中国特許庁HP<http://www.sipo.gov.cn/sipo/>の「専利申請」->「専利費用」を参照して下さい。なお「専」の字は中国の漢字と違っていますのでよく見て下さい。
  • 15位

    87年12月31日以前出願で04年4月1日以降の請求?

    お世話になります、よろしくお願いします。 以前から疑問に思っていたのですが、特許庁HPの HOME > 出願から審査、審判、登録まで(手続きに必要な料金) > 手続料金自動計算システム > 特許料・ 登録料を見ると、中段に 2)昭和62年12月31日以前の出願で(平成16年4月1日以降に審査請求を行う出願)の料金が書かれています。 87年から04年まで少なくとも17年も審査請求しないで...

    A
    ベストアンサー
    昭和62年12月31日以前の特許出願の一部を44条の「新たな特許出願」(分割出願)とする場合がこのケースに該当します。

    現行法37条(発明の単一性)ともその少し前の(出願の単一性)とも違う規定(一発明一出願)が(但し38条に)されていました。

    そして、その当時はまだ「発明の数」で審査請求の料金が決まっていました。そのため、料金規定が現在とは異なっているのです。
  • 16位

    特許調査データベースでお勧めを教えて下さい。

    特許調査データベースでお勧めを教えて下さい。 以下の条件に当てはまるデータベースを探しています。 (1)パトリス以外 (2)毎月固定料金 (3) 特許と実用新案(意匠はなくても良い) (4)蓄積期間が長い(パトリス並み:昭和46年以降) こんな条件に当てはまるデータベースがあれば 是非お願い致します。

    A
    ベストアンサー
    CD-ROM公報発行以前の公報についてフリーキーワード検索をすることを目的とするなら、パトリスに代替するものはないと思います。パトリスのフリーキーワード検索は関連技術用語の統一処理が卓越しています。

    FIやFタームなどのインデックス検索なら、特許庁のIPDLで多くのケースで十分だと思います。
  • 17位

    加圧トレーニングについて

    こんにちは。 ご質問させていただきます。 最近、トレーニングやリハビリなどで、ベルトで加圧しながら筋肉を付ける、加圧トレーニングという方法に興味を持っています。 早速始めてみたいと思い、ある施設に料金等について問い合わせをしてみました。 そちらでは毎回のトレーニング料金の他に、特許料がかかると言われました。 また、自分専用のベルトは、何度かトレ...

  • 18位

    出願料は戻ってきますか

    今年の初めに商標登録の出願をしました。 (審査結果も出ていない状況) その後、事情により名称を変更することになり、 出願を取り下げようかと考えています。 出願を取り下げた場合、出願の際に特許庁に支払った料金は、 一部でも戻ってくることはあるのでしょうか? どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    商標の場合、出願の際にかかる費用って1区分ならば21000円ですよね? その後1区分増える毎に15000円加算されるわけですよね? 区分が少なければ大した金額ではないと思うのですが、個人・中小企業の場合には少しでも返ってくれば有り難いというお気持ちもわかります。

    でも、私も長年工業所有権関係の仕事をしていますが、残念ながら、支払った『手数料』が戻ってくるなんて話は聞いたことがありません。

    実際、特許の場合には出願審査費用というものが存在し、これはかなり高額です(しかも今後さらに高額になるという話が出ています)が、審査の過程又は審査の前に出願を放棄したり取り下げたりしても、審査請求費用を返してもらったことはありません。当然ながら、出願費用を返してもらったこともありません。

    手続をしてしまった以上、その後に出願が取り下げられようと特許庁の方ではそれなりの処理を行なわなければなりません。その処理のための手数料は当然かかるものと考えるべきではないかと考えます。

    ただ、特許庁の方も阿漕な商売をやっているわけではありませんので、間違って手数料や審査請求料(特許出願の場合)、登録料などを余分に支払ってしまったような場合には、請求することにより返還されます。

    例えば、登録料については、次のように規定されています。

    「商標法第42条(既納の登録料の返還)

    1.既納の登録料は、次に掲げるものに限り、納付した者の請求により返還する。

    一 過誤納の登録料 (←★これに注目!★)

    二 第41条の2第1項又は第2項の規定により商標権の存続期間の満了前五年までに納付すべき登録料(商標権の存続期間の満了前五年までに第43条の3第2項の取消決定又は商標登録を無効にすべき旨の審決が確定した場合に限る。)

    2 前項の規定による登録料の返還は、同項第一号の登録料については納付した日から一年、同項第二号の登録料については第43条の3第2項の取消決定又は審決が確定した日から六月を経過した後は、請求することができない。」

    まあ、詳しいことは特許庁の方に電話して確認してみて下さい。
    ご存知かとは思いますが、特許庁の電話番号は、03-3581-1101です。

    最後に、商標も最近では電子出願になりました。電子出願の場合、予納という形で特許庁に先にお金を納めて予納台帳というものを作成してもらい、予納台帳番号というものを付与してもらい、出願他の際には願書他にその予納台帳番号と納付金額を書くだけでよく、予納台帳から自動的に手数料が差し引かれていくという仕組みになっています。つまり、必ずしも特許印紙を貼るわけではないということです。今後閲覧される方のために、このことを情報提供させて頂きたいと思います。
    商標の場合、出願の際にかかる費用って1区分ならば21000円ですよね? その後1区分増える毎に15000円加算されるわけですよね? 区分が少なければ大した金額ではないと思うのですが、個人・中小企業の場合には少しでも返ってくれば有り難いというお気持ちもわかります。

    でも、私も長年工業所有権関係の仕事をしていますが、残念ながら、支払った『手数料』が戻ってくるなんて話は聞いたことがありません。

    ... 続きを読む
  • 19位

    開業前の仕訳について

    何度も質問してすみません。 開業前の仕分けをいろいろ本やここで答えていただいたことを見て仕訳をしていたのですが、また壁にぶつかってしまいました。 下記のものは全て開業前に購入したものなのですが「開業費」として仕訳をしていいのでしょうか。 (1)パソコンを5万円弱で購入しました。 (2)ワインセラーを78000円、送料6000円で購入しました。 これも10万円を切って...

  • 20位

    特許の取得について

    現在服飾関係の会社に勤めております。 既製品を扱っているのですが先日アイデアが浮かびこれまでの既製品とは違う新しい商品を考えました。 (これまでの既製品に比べ利便性に長けるものです) そこでインターネットで既に開発されていないか調べてみたところ調べる限りでは未だ開発されていないようでした。 そこでこの上記のアイテムを作ったもので特許取得したいと...

    A
    ベストアンサー
    おはようございます
    実際に特許を取得されているかを確認するには
    「IPDL」http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/で調べることになります。

    なかなか自分で特許取得するのは難しいと思いますので、
    無料相談に行くのが良いかと思います。
    http://www.chizai-portal.jp/about/index.html

    参考URL:http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 次の結果→