【種類 投資】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    企業投資種類で、ギャンブル(競馬・パチンコなど)は含まれる?

    企業投資種類にはどんなものがあるのでしょうか? 良く耳にする「株・土地」などの資産として計上できるもの以外の投資は認められないのでしょうか? パチンコは駄目かもしれませんが、競馬・競艇などの税金の対象となるギャンブルへの投資で勝てば「資本計上」、負ければ「特別損失」なんて事ありえるのでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたら是非、教えて下さ...

  • 2位

    投資種類をできるだけ多く教えてください。

    投資というと、株式投資しか知らないんですが、他にもマンション経営や・・・オーナー、・・・ファンドとか色々あるみたいですね。 投資にはどういうものがあるのか知っているのを教えてください。 また、紹介しているサイトがあったら教えてください。

    A
    ベストアンサー

    投信
    リート
    債権
    不動産

    などありますが、、

    自分への投資
     まずはこれが一番だと思います。
  • 3位

    投資種類とは?

    よくファンドなどで機関投資家、特定機関投資家、適格機関投資家という言葉を耳にしますがそれぞれどのように違うのですか? 具体的な詳細をお教え頂ければ幸いです。 宜しくお願いいたします。

  • 4位

    投資家に種類ってあるの? ←この記事どう思う?

    投資家に種類ってあるの? ←この記事どう思う? 株式投資を行なっている人のことを「投資家」と言いますが、投資家にもいくつかの種類があります。 そして、この種類は金融商品取引法という法律でも定められています。 そこで今回は、「投資家の種類」に関する質 続きはこちら↓ https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/9e7095a6febce8bb699996ede421cc76/ 【注意】 こちらの質問はベストアン...

  • 5位

    機関投資家の種類

    機関投資家の分類(下記参照)の言葉が分からなくて困っています。 (http://www.soumu.go.jp/c-zaisei/chihosai/pdf/080213s1.pdf#search='地方債 系統上部'の8ぺジ) 中央公的、地方公的、系統上部、系統下部とは具体的に どういった組織でしょう。 想像するに 中央公的=ゆうちょ銀、かんぽ保険、国民年金基金連合会、年金積立金管理運用、農業者年金基金・・・といったところですか 地方...

  • 6位

    投資信託の種類

    投資信託には株式信託と公社債信託があると聞きました。 この2つの違いは何なのでしょうか? 自分で調べるべきだとは思いつつも、小さな子供が2人いるため思うように行きません。 また、金融に関しては全くの素人です。 どうか宜しくお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    株式信託は文字通り、株式に投資する投信です。
    公社債信託は国債、社債、地方債といった債券に投資する投信です。

    リスクは株式信託の方が大きいですが、リターン(利回り)も大きいです。
    それに比べて公社債信託はリスクは低い(安全性が高い)ですが、
    その分リターンも低いです。

    あと、投信の分類として国内と海外があります。海外の方が為替リスクがある分、
    国内よりリスクがありますが、リターンも高いです。

    最後に、バランス型というのもあって、これは上記の投信を組み合わせて作る投信です。
    色々なものに分散して投資できるのがメリット(リスク対策)で
    リターンが少ないのがデメリットですね。

    #銀行や証券会社にひやかしで行っても、親切に教えてもらえますよ。
    株式信託は文字通り、株式に投資する投信です。
    公社債信託は国債、社債、地方債といった債券に投資する投信です。

    リスクは株式信託の方が大きいですが、リターン(利回り)も大きいです。
    それに比べて公社債信託はリスクは低い(安全性が高い)ですが、
    その分リターンも低いです。

    あと、投信の分類として国内と海外があります。海外の方が為替リスクがある分、
    国内よりリスクがありますが、リターンも高いです... 続きを読む
  • 7位

    投資信託の種類について

    素人の質問です。 投資信託で国内株式へ投資する積み立てタイプ商品を買おうと思っています。 解約時に現金ではなくて現物株式を受け取れるタイプを買いたいのですがなんという種類になるのでしょか。 以前に目論見書だと思うのですが、解約時に現物の株式で受け取れると書いてあるのを見かけたのですが見つけることができません。 具体的に商品名をご存知でしたらそ...

  • 8位

    投資信託を多種類買う VS ETF どちらが有利?

    たくさんの投資信託がありますが、信託報酬が非常に高く販売会社を儲けさせるだけだといわれていますが、プロが運用し、値上がりする可能性が非常に高いので問題ないとも言われています。 そこで、実際に、値上がりを目標としている投資信託を多数買う場合(投資信託のETFみたいなイメージです)と、 単純にその分野や国のETFを買う場合ではどちらのほうがパフォーマンス...

  • 9位

    投資における損失について

    投資に関して初心者です。 いろいろ調べてみましたがわからないことがあるので教えて下さい。 これから投資しようと考えています。 投資について色々な種類(株や先物、FX、債権や投資信託など)があると思います。 種類も沢山あり迷いましたが、投資金額以外の損失を出さない取引をしたいのです。 つまり10万円投資したら、0円(投資した10万円分の損失)になってもいいので...

    A
    ベストアンサー
    >投資について色々な種類(株や先物、FX、債権や投資信託など)があると思います。

    ありますね。

    >投資金額以外の損失を出さない取引をしたいのです。

    だとすれば、上記質問内容では「先物とFXは駄目」です。
    経済状況によって「追い金・追加投資」が必要です。

    >今は株(現物取引)と外貨貯金を考えています。
    >これは投資金額に損失は出さないと考えてよいでしょうか?

    基本的に、元本のみの損失で終わりです。
    通常の株・外貨・投資信託は、原則マイナスにはなりません。
    ただ、双方とも投資自体でなく「口座管理料・投信手数料の支払い」でマイナスになる可能性があります。

    単純に「株・債権は、個人の判断・責任で売買を行い」ますから、手数料は株の売買時のみです。
    投信は「株・債権の運用を専門家に委託した商品」ですから、投信売買時と毎年専門家に報酬・手数料を支払います。
    外貨の場合、外資系金融機関だと「指定残高を下回れば、毎月数千円の口座保管料が必要な場合」があるので注意が必要です。
    >投資について色々な種類(株や先物、FX、債権や投資信託など)があると思います。

    ありますね。

    >投資金額以外の損失を出さない取引をしたいのです。

    だとすれば、上記質問内容では「先物とFXは駄目」です。
    経済状況によって「追い金・追加投資」が必要です。

    >今は株(現物取引)と外貨貯金を考えています。
    >これは投資金額に損失は出さないと考えてよいでしょうか?

    基本的に、元本のみの損失で終... 続きを読む
  • 10位

    海外投資の利益

    最近、海外投資で得た利益が国内生産の輸出で得られる利益を超えたと報じられています。 海外投資とは具体的にどのような種類投資を言っているのでしょうか? 海外で生産する。不動産投資、円キャリートレードぐらいしか思い浮かばないのですが 色々な種類の海外投資があるとしたらその割合はどのくらいのなのでしょうか? 又、海外で生産することにより現地人に雇用...

    A
    ベストアンサー
    日本経済不振の要因は、国際競争とは関係なく、
    日銀や政府のマクロ経済政策の失敗と言われる事が多いです。
    しかし経済が不振に陥ると、相手がアメリカであれ中国であれ、
    外国を脅威とする見方が必ず登場します。
    こういったものがただナショナリズムと敵意を煽るだけで、
    何も解決策に結びつかないのではないかという心配もあります。

    >最近、海外投資で得た利益が国内生産の
    >輸出で得られる利益を超えたと報じられています。
    まず、国際収支の黒字と企業の黒字(利益)は、
    ペンの黒字と企業の黒字くらい(?)異なる言葉です。
    貿易や投資収益等の国際収支が黒字の国(経常黒字国)というのは、
    資本がそれだけ海外に流出している意味であり、
    海外から資本流入が国内からの資本流出を上回れば、
    アメリカのように経常赤字になります。

    で、最近になって黒字幅が大きくなったのは、
    海外の投資収益(と雇用者報酬)を計上した所得収支です。
    所得収支が大きくなった要因は、第一にはこれまでの
    経常黒字の蓄積で対外純資産が世界一の規模になっていること、
    第二には石油価格の上昇で貿易黒字が一部相殺されたこと、
    第三には短期的な円安によって海外資産の円換算の
    価値が上がったため、というのが考えられます。
    所得収支の受取分が商品の輸出額を上回っているわけではないので、
    投資立国時代が到来したというのはまだどうかなとも思いますが。

    ・日本の国際収支
    経常収支 +25.0兆円
    ---貿易収支 +12.4兆円(輸出80兆円 輸入67兆円)
    ---サービス収支 -2.3兆円
    ---所得収支 +16.3兆円
    ---経常移転収支 -1.3兆円
    資本収支 -21.9兆円
    ---投資収支 -21.4兆円
    ------直接投資 -5.7兆円
    ------証券投資 +12.7兆円
    ------その他投資 -17.5兆円
    ---その資本収支 -0.5兆円
    外貨準備増減 -4.3兆円
    誤差脱漏 +1.2兆円
    (2007年暦年速報値、財務省より)
    (国際収支の関係式は
    経常収支 = 貿易収支 + サービス収支 + 所得収支 + 経常移転収支
    経常収支 + 資本収支 + 外貨準備増減 + 誤差脱漏 = 0
    経常収支 = 貯蓄 - 国内投資 = 対外純投資
    経常収支 = 輸出 - 輸入 = 純輸出 = 対外純投資)

    >海外で生産する。不動産投資、
    >円キャリートレードぐらいしか思い浮かばないのですが
    >色々な種類の海外投資があるとしたら
    >その割合はどのくらいのなのでしょうか?
    対外投資には、企業の海外進出やM&Aの(1)直接投資と、
    株式や国債(公債)・社債など経営権に関わらない(2)証券投資、
    銀行融資などの(3)その他投資があります。

    金融の細かい取引内容については私は全く知りませんが一応言っておくと、
    日本の場合は直接投資よりも証券投資が大きく、
    証券投資の中では、株式の割合は意外と低く、債権の割合が大きいようです。

    地域でみると、証券投資では経常赤字体質のアメリカ、EU、
    中南米への資本輸出が中心になっています。
    直接投資では、アメリカ、EU、中南米に加えて、
    簡易な加工作業の生産拠点を求めた
    東南アジアや中国への進出も見られます。
    世界最大の対外純資産と所得黒字を誇っている日本ですが、
    資産当たりの収益率が低いという批判もあります。

    所有者で見ると、一般企業や家計ではなく金融機関が大きく、
    投資信託、保険・年金基金、銀行などが大きい対外資産を抱えています。
    通商白書によると、「我が国の対外債権の最大の保有者は金融機関であり、
    家計が直接保有している対外資産は少ない。
    ただし、金融機関預金の約3分の2は家計が保有しており、
    海外投資を行っている企業への家計からの株式投資なども考慮すれば、
    対外資産の最終的な最大保有者は家計であると言える」
    とのことです。
    ・通商白書2006「少子高齢化と所得収支の拡大」
    http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2006/2006honbun/html/i3413000.html

    ・日本の所得収支
    所得収支 +16.3兆円
    ---投資収益 +16.3兆円
    ------直接投資収益 +3.5兆円
    ------証券投資収益 +12.1兆円
    ---------配当金 +1.2兆円
    ---------債券利子 +10.9兆円
    ------その他投資収益 +0.7兆円
    ---雇用者報酬 0.0兆円
    (2007年暦年速報値、財務省より)

    ・日本の対外資産残高
    総額 558兆円
    --直接投資 53兆円(アメリカ35% EU26% 豪州3% 中南米9% ASEAN11% 中国7%)
    --証券投資 279兆円
    -----株式 61兆円(アメリカ44% EU30% 豪州3% 中南米8% ASEAN1% 中国2%)
    -----債権 218兆円(アメリカ31% EU39% 豪州2% 中南米17% ASEAN0% 中国0%)
    --その他投資 117兆円
    --------貸付 83兆円
    --------現・預金 12兆円
    --外貨準備高 106兆円
    (2006年末、主要な項目のみ、日本銀行より)

    >又、海外で生産することにより現地人に雇用をもたらしていますが反対に
    企業投資の海外移転は、騒がれているほど
    大きい規模なのかどうかは一考の余地があります。
    一方では、製造業の東南アジアや中国への移転によって
    2~300万人の雇用が失われたと言う人がいます。
    ただ、東南アジアや中国の2~300万人の人件費というのは、
    日本の数万人~10万人の人件費に相当しており、
    たとえ東南アジアや中国の労働者の人件費を圧縮したとしても、
    日本の総労働者の0.1~0.2%位の規模にしかならないかもしれません。
    (それに製造業の雇用は生産性が上がったために減少したというのもある)

    ニュースの時事性というのもあります。
    例えば松下、中国に新工場とかいうのはニュースになり、
    対してファナック、○○県に新工場というのは時事性に劣りますが、
    記事の多さは量的な投資規模を表しているわけではありません。
    投資立国と言われる割には、日本企業の海外への直接投資の規模は、
    先進国中最低レベルにあります。
    逆に、日本で外資系企業が担っている雇用の割合も
    先進国中最低レベルにあります。

    ・対外直接投資ストックのGDPに対する比率
    日本 10.3%(うち2/3は先進国)
    アメリカ 18.0%
    イギリス 62.6%
    フランス 48.3%
    ドイツ 34.7%
    オーストラリア 30.0%
    (2006年、UNCTADより)

    また、例えばある企業が東南アジアに
    簡易な加工作業を移転しなかったとしても、
    別の企業が東南アジアで生産を行って価格競争力を得ることで
    その企業が淘汰されるか、または労働者が東南アジア並の
    賃金(50~100円/時とか)で働く必要が生じたりして、
    結局のところ格差の防止には繋がりません。

    逆に、東南アジアや中国に簡易な組立工程を移動させることで、
    川上にある国内工場の高度な部品・機械の生産高が上がり、
    日本の産業が活気付く場合もあります。
    新興市場の需要も一部の企業にとっては欠かせない存在になっています。
    特に日本の場合は、アメリカやEUと比べ
    高度な生産を自国、廉価な加工を東アジアと
    国際分業を行う地の利があります。
    分業の必要性の乏しい産業でも、規模のメリットを活かすためには
    海外事業を拡大する必要があります。
    日本の貿易は従来の単なる加工貿易ではなく、
    産業内貿易、企業内貿易への転換が進んできています。

    >日本国内ではリストラされたり派遣労働のような低賃金の人が増えています。
    トータルの雇用水準は総需要で決まり、
    日本の失業は国内の需要不足で説明されます。
    海外への資本移動は国内の失業者を増やすかというと、
    証券投資等に関してはそういうわけではありません。
    不況期には、金利を引き下げることで
    内需を刺激すると共に、低金利を取ることによって
    海外に資本を移動させて為替レートを減価させ、
    輸出を拡大して総需要を回復させるのも1つの処方箋です。
    なお、一定水準以上に雇用がもたらされた国では、
    インフレを懸念して中央銀行が金融を引き締めるため、
    結局同じくらいの失業者がはき出されます。
    トータルの「雇用創出」には日銀の責任が大きいです。

    グローバル化と格差の関係には、意見に隔たりがあります。
    各国が比較優位にある産業に特化した方が、
    各国の「平均的」な所得水準は改善されますが、
    一部の労働者がその変化の過程で一時的または
    長期的な不利益を被る可能性はあります。
    しかし、格差問題にはグローバル化以外の要因も
    大きい事も指摘できます。アメリカでは、技術変化に伴って、
    熟練労働者と非熟練労働者の需要がアンバランスになって
    所得格差が拡大していると言われます。
    日本のワークプアは、90年代からデフレ(通貨収縮)によって
    経済機能が混乱した影響が大きいように思えます。
    サービス産業の効率の悪さと、未熟な社会保障システム、
    非正規労働者の職業訓練機会、女性の育児期間の失職も、
    低賃金の重要な要因となっています。

    海外の低賃金が脅威という場合には、
    賃金や為替レートも動くことを考慮する必要があります。
    賃金が不当に抑えられているから低賃金なのではなく、
    それだけの生産能力しかないから低賃金になっています。
    1日2ドル未満で暮らす絶対的貧困人口が20億人も存在し、
    電気も水道も冷蔵庫も洗濯機もない生活を送っているのを考慮すれば、
    「格差のない社会」に戻ろうと言う人の
    「格差」の範囲は限定的な地域でしかありません。
    しかし、途上国でも日本と同じくらいの生産性になれば、
    日本と同じくらいの賃金水準になることは可能です。
    逆に、日本の平均的な競争力が衰えたと仮定しても、
    為替レートが下がってコストが安くなるため、
    延々と失業者が排出され続けることにはなりません。

    >海外投資で得た利益はどのような形で
    >日本経済に貢献し還流しているのかよく分かりません。
    国際収支上の海外投資収益が増えれば、商品輸出の増加と同様に、
    外貨獲得によってより多くの輸入品を得るか、
    海外の資本を日本に呼び込む余剰ができます。
    ただ、GDPの2%位の投資収益黒字が経済に果たす役割は、
    それほど根幹的とはいえないかもしれませんが。

    個々の主体が海外の投資で得る利潤は、国内と変わりません。
    個人の資産が豊かになるか、政府や年金の資金振りが良くなるか、
    金融機関や企業の資金振りが良くなって、
    投資が拡大するか、実質賃金が上がります。

    所得も高まるのですが、海外からの所得の純受取は、
    GDP(国内総生産)には含まれておらず、
    GNI(国民総所得)(昔のGNP(国民総生産))には含まれます。
    GDPよりもGNIを重視するべきだと政府は言っています。

    配分はどうなっているか、私は全く分りませんが、
    05年には金融機関が9.4兆円、家計が2.8兆円、政府が0.9兆円、
    非金融法人が0.2兆円といった試算がありました。
    ・第一生命経済研究所:所得収支の黒字拡大が国民所得を押し上げ
    http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr07_21.pdf

    >利益は一部の会社に滞留しているのでしょうか?
    金融資産についてはいつでも国内に有り余っており、
    金融機関にはとてつもない金額が滞留していますが、
    それでも国内への投資の機会を見いだせないため、
    余剰分の一部を海外に投資している状況です。
    日本経済不振の要因は、国際競争とは関係なく、
    日銀や政府のマクロ経済政策の失敗と言われる事が多いです。
    しかし経済が不振に陥ると、相手がアメリカであれ中国であれ、
    外国を脅威とする見方が必ず登場します。
    こういったものがただナショナリズムと敵意を煽るだけで、
    何も解決策に結びつかないのではないかという心配もあります。

    >最近、海外投資で得た利益が国内生産の
    >輸出で得られる利益を超えたと報じ... 続きを読む
  • 11位

    投資信託で大儲けした人っておられますか?

    5,6年前から証券会社と取引するようになっていろいろな商品を購入してきました。 マネー雑誌なんかを読んでいたら投資信託が一番!、積み立てて購入して長期で保有していたらいいとか書いているので信用してしまいました。 国内、海外株式、国内、海外債券に投資とか十種類以上のいろんな種類投資信託を購入したけどほとんど含み損が出ています。 半分以下になってる...

    A
    ベストアンサー
     不満に思っておられることは良く理解できます。まぁ投資信託が悪いとは思いませんが、はっきり言って諸悪の根源はマネー雑誌でしょう。「投資信託による分散投資がいい」とか「長期保有がリスクを抑える」とか、しょせん本質を理解していない人が「仕事だから」「スポンサーが金融機関だから」書いているとしか思えないことばかりですからね。一般の人が「投資は良いこと」「投資をしないと損」みたいに勘違いしてしまうことに、何の責任も感じていないんでしょうかね。以前からマネー雑誌を始めとしてマスコミの投資を勧める姿勢には非常に憤りを感じていました。
     ただ、投資信託も内容を良く理解すれば、納得のいく投資が出来るとは思いますので、いろいろな目論見書や運用報告書なんかを見てみるのが勉強になるとおもいますよ。個人的には株式投信を始める前にETFの売買から始めてみてはと思いますが。
     質問とずれていて失礼しました・・・
     不満に思っておられることは良く理解できます。まぁ投資信託が悪いとは思いませんが、はっきり言って諸悪の根源はマネー雑誌でしょう。「投資信託による分散投資がいい」とか「長期保有がリスクを抑える」とか、しょせん本質を理解していない人が「仕事だから」「スポンサーが金融機関だから」書いているとしか思えないことばかりですからね。一般の人が「投資は良いこと」「投資をしないと損」みたいに勘違いしてしまうこと... 続きを読む
  • 12位

    小額投資の是非

    投資に興味があり、ただ今勉強中の者であります。 (現在のレベルは用語や、投資種類がつかめた程度) いろいろ見たなかで、自分に向いているものは、月々1000円からでもはじめられる積み立て投資かなと考えました。 (実際には月々10000円ぐらいから積み立てできます) これって投資としてどうなのでしょうか? やらないほうがマシ?

  • 13位

    ケリーバックスが行っている「不動産投資」って

    ケリーバックスが行っている「不動産投資」って、具体的にはどういったもののことを言うのでしょうか。 不動産投資にも種類とかあるんですか?

    A
    ベストアンサー
    不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。具体的には、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益(売却益)を得ることを言います。地方よりも将来性のある東京に資金が集中する傾向があります。また、売却益よりも家賃収入(運用利益)を期待して投資する不動産投資が主流となっています。

    株式やFXなどの金融商品と異なり、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため、近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。
    (参考:http://www.fudosantoushi.jp/pages/beginner)
    不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。具体的には、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益(売却益)を得ることを言います。地方よりも将来性のある東京に資金が集中する傾向があります。また、売却益よりも家賃収入(運用利益)を期待して投資する不動産投資が主流となっています。

    株式やFXなどの金融商品と異な... 続きを読む
  • 14位

    投資

    余裕資金で投資を始めようと思うのですが、なにに投資すればよいのか まったく分かりません。 この不況下でリターンは少なめで良いので着実に利益がでる投資対象は何でしょうか。 また、投資に必要な最低限の知識って何でしょうか。 例えば、証券会社の種類投資対象にかんする情報源やその性質、リスクとリターンの関係など、そのように勉強しているか教えてくださ...

    A
    ベストアンサー
    証券会社の何を知りたいのでしょう?・
    そして、それを知った所で何の役に立つと言うのでしょう
    その証券会社の株を買う場合は別ですが?

    が、株を買う場合であっても、その対象となる会社の事など調べない事が殆どでは・・
    調べた所でHPや四季報で書かれている事以外、素人が分かる術もないですし・・・

    もっとも、調べる術はありますよ・・・
    しかし、どれ位投資するかにもよります。
    調べてその会社の概要を知った所で、売買の判断には殆ど結びつかないでしょう。

    売買の心理などはその様なものでは動きません。
    大抵は恐怖と、過大な期待の間を気持が揺れ動く・・それにどれだけ耐えられるか・・確たる信念を持って行動できるか・・だけでしょう。

    大体・この様な所で安全で有利な投資先など聞けるはずもない・・その様なことが分かっているなら自分だけで人には教えるはずも無い。
    教えると言う事は、自分の利益を失うと言う事です。

    本を読むことも必要ですが、本を書いている人が本当に儲かっている保証もない・・・
    本当に儲かっているなら、他人に教えるはずもない・・
    証券会社で株を扱っている人・・株などに手を出さない・・と言うのが定説。
    株は儲からないを一番知っているから・・との事。
    その掟?をやぶって会社に損害をかけて一生を飼い殺しにされ人生を棒に振ったといわれる人数知れず。

    何とかファンド・・投資信託・・・証券会社だけが儲かる仕組み・・

    夢見るのは勝ってですが、元金保証のないものは利子どころが元金がなくなるのですよ・・・そこの所分かっていますか?

    多分・・あなたよりも何倍も頭の良い人が、投資などの世界には五万といます・・それでも殆どの人は利益どころか元本割れ・・・

    定期預金か、国債・・でも買われた方が確実です。
    元本割れはないですよ・・・

    ここで質問をしている様では利殖の才はないのでしょう。
    行動力がある人なら、質問より先にとりあえずは本屋でしょう。
    申し訳ないですが、その程度の行動力も無い人が、お金に関する夢(それも夢想です)など見ないのが宜しいかと・・

    投資で儲ける・確実に・・などと言っている人は投資はできません。
    ハイリスク・ハイリターンです。
    それも全て自己責任で・・どれほど儲けても誰も文句を言いません。
    そして、全財産を失っても誰も保証はしてくれません。

    その覚悟があるなら、猛獣の住むと比喩される投資の世界にようこそ。
    まあ、大抵は自分も猛獣と思って参戦するのですが、子羊と気がついた時には骨のかけらもありません。
    証券会社の何を知りたいのでしょう?・
    そして、それを知った所で何の役に立つと言うのでしょう
    その証券会社の株を買う場合は別ですが?

    が、株を買う場合であっても、その対象となる会社の事など調べない事が殆どでは・・
    調べた所でHPや四季報で書かれている事以外、素人が分かる術もないですし・・・

    もっとも、調べる術はありますよ・・・
    しかし、どれ位投資するかにもよります。
    調べてその会社の概要を知... 続きを読む
  • 15位

    銀行か証券会社か

    投資信託は銀行でも証券会社でも販売してますが、どちらが適してますか? たとえば私はイーバンクに口座をもってますが、イーバンクは投資信託の種類は少ないですか? 手数料は高いですか? やはりあまり変わらないのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    私もイーバンクに口座を持っています。

    投資信託を買うための金融機関を選ぶときに最初に確認すべきことは
    国内株式、国内債券、海外株式、海外債券
    の4つの資産クラスのインデックス投信が揃っているかどうかです。
    できればノーロードで全て買えるところが良いでしょう。

    この点に関してイーバンクは合格です。
    上のすべてをノーロードで購入できます。
    トピックスオープン、PRU国内債券マーケット、
    PRU海外株式マーケット、PRU海外債券マーケットをノーロードで買えます。
    現時点で国内債券投信ではなく、国債か定期預金を利用した方が良いでしょう。
    だから基本のポートフォリオは
    トピックスオープン、PRU海外株式マーケット、PRU海外債券マーケット
    の3つで組むのが良いと思います。

    イーバンクで投資信託を買う場合には一つだけ注意が必要です。
    現時点ではイーバンクから他社口座に投資信託を移管できません。
    他の金融機関に口座をまとめたくなったら困るかもしれません。
    http://searchfaq.ebank.co.jp/je/faq.asp?fid=31881
    この点に関してイーバンクユーザーは
    イーバンクに投資信託の移管への対応を要求し続けた方が良いと思います。
    イーバンクにとっても他社口座に移管できないままにしておくと
    「不便なネット銀行」という悪評が広まり損をすることになります。

    あと特定口座を開設できる金融機関の方が節税になる場合があります。
    適切に手続きをすれば投資で損失を被ったときにキャピタルゲインの一部と
    キャンセルさせてキャピタルゲインにかかる税金を節約できます。
    長期で購入したすべての投資信託でリターンがプラスになるまで保有する
    つもりの人(通常ならそうでしょう)にはそう重要なことではないですが。

    グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は先進国債券型投信の中では
    毎月分配型な点が駄目だし、コストも高く、リターンもインデックスに劣ります。
    避けた方が無難だと思います。
    モーニングスターによればここ5年間の年平均リターンは
    グロソブ=5.7%、PRU海外債券マーケット=7.0%です。
    グロソブの信託報酬は消費税抜きで1.25%、PRU海外債券マーケットは0.66%です。
    この差額分だけグロソブが負けているのかもしれません。

    一般に同一資産クラスに投資する投資信託の中では
    信託報酬などのコストが低い投信ほどリターンが高くなる傾向があるように見えます。
    私もイーバンクに口座を持っています。

    投資信託を買うための金融機関を選ぶときに最初に確認すべきことは
    国内株式、国内債券、海外株式、海外債券
    の4つの資産クラスのインデックス投信が揃っているかどうかです。
    できればノーロードで全て買えるところが良いでしょう。

    この点に関してイーバンクは合格です。
    上のすべてをノーロードで購入できます。
    トピックスオープン、PRU国内債券マーケット、
    PRU海外株... 続きを読む
  • 16位

    海外投資でもし詐欺に合ってしまった場合、どこに相談すればよいですか?

    海外投資でもし詐欺に合ってしまった場合、どこに相談すればよいですか? まだ『詐欺』と決まったわけではありませんが、もしそうだった場合のことを考えています。 投資種類は私募ファンドで、オフショアバンクで資金を動かしています。 費用はなるべく掛けたくありませんが、それよりも解決することを重視しています。 宜しくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    >私募ファンドで、オフショアバンクで資金を動かしています。
    これだけで、怪しさ最高ですね。

    ファンド契約時に代理店(仲介業者)を通しましたか?(日本、海外問わず)
    この代理店とは、現在も連絡取れていますか?
    取れていなければ、もう詐欺確定でいいと思います。

    一応、警察に被害届出すべきかとは思いますが、民事不介入で届出すら受け取ってくれないかも知れません。

    確定申告時に契約時の資料、ステートメントを税務署に出せば、損金で控除できるかもしれません。
    ただし、税務署自体が海外投資&オフショアファンドとは犬猿の仲なので、認めてくれないかもしれません。
    投資した資産はあきらめることで、解決すべきです。そうすれば費用も発生しません。
    >私募ファンドで、オフショアバンクで資金を動かしています。
    これだけで、怪しさ最高ですね。

    ファンド契約時に代理店(仲介業者)を通しましたか?(日本、海外問わず)
    この代理店とは、現在も連絡取れていますか?
    取れていなければ、もう詐欺確定でいいと思います。

    一応、警察に被害届出すべきかとは思いますが、民事不介入で届出すら受け取ってくれないかも知れません。

    確定申告時に契約時の資料、ステートメントを... 続きを読む
  • 17位

    修正デュレーション

    投資信託をはじめようと銀行でいただいたパンフレットを見ていたら『ポートフォリオの修正デュレーションは1年から3年の範囲』と書いてあったのですが、これはどういう意味でしょうか? 初心者にも理解できるように教えていただけますようお願い致します。 投資信託の種類は海外の債券に投資するものです。

    A
    ベストアンサー
    おつかれさまです。

    私はこういう話を聞くとほんと金融機関って
    まだまだお高く止まってるなと思います。
    こんなことを説明して誰が納得するのかと、
    思っちゃいます。A^^;

    『ポートフォリオの修正デュレーションは1年から3年の範囲』
    海外債券の投資信託では、これで何をするのかと言うと、

    1.債券の残存期間が1~3年ものでポートフォリオを組み
    2.価格変動(修正デュレーション)を調整して
    運用します。って言ってます。

    債券って金利が上がると値下がりし、金利が下がると値上がりするんです。
    そして
    A.金利が低く期間の長いものほど価格変動が大きくなり、
    B.金利が高く期間の短いものほど価格変動が小さくなり
    ます。

    この組み合わせで各国において金利が上がった時はBの債券
    (残存期間1年に近いもの)で運用し、
    金利が下がった時はAの債券(残存期間3年に近いもの)で
    運用してリスクヘッジするというわけです。

    もう少し言うと、
    債券って借用証書なんです。
    例えば『1年後100円返します。』って書いてある借用証書です。
    今金利が1%だったら、約99円貸して1年後100円返してもらう
    ってことなのですが、金利が2%だったら約98円しか貸せない
    わけです。これが債券の根本の仕組みです。

    う~む。分かりました?A^^;)
    いかがでしょう?
    おつかれさまです。

    私はこういう話を聞くとほんと金融機関って
    まだまだお高く止まってるなと思います。
    こんなことを説明して誰が納得するのかと、
    思っちゃいます。A^^;

    『ポートフォリオの修正デュレーションは1年から3年の範囲』
    海外債券の投資信託では、これで何をするのかと言うと、

    1.債券の残存期間が1~3年ものでポートフォリオを組み
    2.価格変動(修正デュレーション)を調整して
    運用します。って言っ... 続きを読む
  • 18位

    ハイリターンな投資って?

    投資の勉強を始めた初心者です。 投資にもいろいろ種類がありますよね。 株式、債券、不動産等々。 いわゆるハイリターンな投資って、何なんでしょうか? そして、どこくらいから、ローリターンではなくって、ハイリターンと判断されるんですか? また、ハイリターンな投資はハイリスクと言われます。 でも、よくよく考えると、ローリターンな投資だからといって、ローリ...

    A
    ベストアンサー
    ご参考程度に

    「ハイ」と「ロー」の基準はありません
    あなたがハイと思えばハイ
    あなたがローと思えばローです。

    あなたは投資に対していくらの予算を見込んでいますか?
    100万円ですか?
    1000万円ですか?
    1億円ですか?

    予算や考え方によってハイやローは変わってきます。
    国内経済に自信を持っている人は株は有利だと考えるかもしれません
    世界経済に自信を持っている人は為替は有利だと考えるかもしれません

    同じ商品でもとらえ方によってハイリスクにもローリスクにもなります。

    投資の基本は余剰資金で行うということです。
    月給が20万なのに毎月10万円も投資に使うことは
    人生がハイリスクです。
    毎月1万円使うのがよいかも知れません
    貯金が200万あれば50万ずつ違うものに投資するのがよいかもしれません。
    自信があれば一つの商品に200万つかうのもよいかもしれません。

    すべたがあなたの考え方次第だと思いますよ。
    ご参考程度に

    「ハイ」と「ロー」の基準はありません
    あなたがハイと思えばハイ
    あなたがローと思えばローです。

    あなたは投資に対していくらの予算を見込んでいますか?
    100万円ですか?
    1000万円ですか?
    1億円ですか?

    予算や考え方によってハイやローは変わってきます。
    国内経済に自信を持っている人は株は有利だと考えるかもしれません
    世界経済に自信を持っている人は為替は有利だと考えるかも... 続きを読む
  • 19位

    分配金だけで生活したいのですが・・・

    現在、金融資産を2800万円ほど保有するサラリーマンです。 持ち家で一人暮らしなので生活するのに毎年180万円ほどあれば余裕です。 投資信託は昨年初めて購入して現在は6種類投資信託を保有しています。 300万円が半年で評価額340万円ほどになりました。 理想の話ですが2000万円ほど投資信託を購入して利回りが10%ぐらい出れば分配金だけで生活できるのではと考えます。 お勧...

    A
    ベストアンサー
    事実上無理です。
    特に為替リスクについて甘く考えがちなのですが、そんなに簡単にはいきません。
    確かにここ10年の実績では毎月分配型外債ファンドは為替レートが円安傾向が続いたので、分配金利回りの割には基準価額はそれほど下落はしていません。
    しかし、この10年はむしろ例外に近くて、こんな状態がこれから10年、20年も続くとは思えません。

    年5%程度の運用ならば世界中の株式インデックスファンドを持てば長期的には十分可能だと思いますが、債券ファンドではまず無理です。
    日本のインフレ率が5%程度まで上がってくれば年10%以上の運用は十分可能な数字にはなってきますが、現時点での日本のインフレ率は1%を切っていますから仮にも年5%程度の運用利回りでもかなり良い事になります。
    為替レートも外国のインフレ率は日本のインフレ率よりもかなり高いので、外国の方が高金利ですが、長期的に見れば為替レートが円高に動きやすくなるのです。
    だから、昔は1$=360円だった円相場が現時点では1$=120円まで円高が進んだと考えられます。
    つまり、外国の高金利は長期的に見れば為替レートが円高に動く事で簡単には年利回り5%なんて数字にはならなくなると思います。
    ただ、信用リスクを取って米国ハイイールド債(ジャンク債)に投資するファンドならば日本の長期金利1.665%を少し上回るかも知れません。
    REITインデックス、株式インデックスならば更にこれを上回ると思います。
    高金利通貨に対する長期投資が何故、合理的では無いのかを説明したのが参考URLのQ&Aです。

    それから、分配金で生活をするには見た目の分配金利回りを無視するべきだと思います。
    例えば、仮に配当利回り1%台の株式だけど、長期的な成長が見込めてそれに伴って増配が期待できるのならば、その株式を10年でも20年でも持ち続ける方法があるのです。
    実際にこれだけで、20年以上持ち続けて、その当時(買った当時)の株価で現在の配当金で利回りを求めると10%以上なんて銘柄も存在します。
    それは皆さんが良く知っている企業です。

    それから、見た目の分配金利回りが高くても、信託報酬の支払いや期待収益率以上の分配によって長期的には元本を削って基準価額を大きく下げるファンドもこれから10年以上も経てばかなり出てくると思います(この説明には長期的に日本のインフレ率が低く、外国のインフレ率が高いと言う前提は必要でしょう)。

    参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2440026.html
    事実上無理です。
    特に為替リスクについて甘く考えがちなのですが、そんなに簡単にはいきません。
    確かにここ10年の実績では毎月分配型外債ファンドは為替レートが円安傾向が続いたので、分配金利回りの割には基準価額はそれほど下落はしていません。
    しかし、この10年はむしろ例外に近くて、こんな状態がこれから10年、20年も続くとは思えません。

    年5%程度の運用ならば世界中の株式インデックスファンドを持... 続きを読む
  • 20位

    大和ネクスト銀行に金融取引を全くせずネット取引の送金だけの目的で口...

    口座を開くフォームを見てみると 投資種類を指定する項目がありますが どれも該当しないのでパスしようとしましたが どれかを選ばないといけないというメッセージがでて先にいけません 投資をする気のない人はこの銀行の講座を開設できないのでしょうか? http://www.bank-daiwa.co.jp/lp/feature/fee_01.html?cid=ad_sl_google_150814_fri_01&gclid=CMzq84qB5swCFZCXvQodiY4BHw

    A
    ベストアンサー
    何で銀行に聞かないの?
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→