【経理 システム】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    連結経理システム

    親会社が子会社から財務諸表を集めて、親会社の連結担当者が連結していました。 連結システムを導入すれば、子会社がデータを入力すれば、自動的に連結財務諸表が作成されますが、経理システム導入後の親会社の役割はどういうことでしょうか。

    A
    ベストアンサー
    >財務会計上ではなく、管理会計上行っているらしいですよ。

    管理会計上の直轄ならば、本社財務部で制度連結すべき事柄です。

    >管理上、勘定科目を統一したほうがわかりやすいけど、国柄特有の勘定科目があるので、なかなか難しいそうでね。

    確かに管理上はそうなのでしょうね。
    しかし、優先すべき事は、いかに子会社にスムーズ且つ適正に会計処理を行ってもらう事ですから、
    繰り返しになりますが、各子会社の実情に合わせた勘定科目で個別決算は行ってもらうことが
    最善だと思います。
    まあ中国は資本金の考え方も日本とは大きく異なりますし、統一した時のハレーションの方が
    大きいのではないかと思います。

    >香港かシンガポ-ルに限定されるそうですね。これはどうしてでしょうか。これができれば、本社の経理部門はだいぶ負担が軽くなると思いますが、なにかデメリットはあるのでしょうか。

    集約経理についてはよく分かりません。
    ただ、集約すると財務部では何社かの連結合計しか見えませんので、個別会社の分析ができない
    ので、負担は軽くなるが、連結会社の個別概要が掴みづらいというデメリットがあるのではないでしょうか?
    >財務会計上ではなく、管理会計上行っているらしいですよ。

    管理会計上の直轄ならば、本社財務部で制度連結すべき事柄です。

    >管理上、勘定科目を統一したほうがわかりやすいけど、国柄特有の勘定科目があるので、なかなか難しいそうでね。

    確かに管理上はそうなのでしょうね。
    しかし、優先すべき事は、いかに子会社にスムーズ且つ適正に会計処理を行ってもらう事ですから、
    繰り返しになりますが、各子会社の実情... 続きを読む
  • 2位

    大企業における経理業務、会計システム(連結会計)

    (2010年) 連結ベースでの売上金額が9000億円(内親会社売上5000億円) 子会社100社、持分法適用会社20社、メーカー (2011年) 連結ベースでの売上金額が1兆円(内親会社売上5000億円) 子会社123社、持分法適用会社30社、メーカー 等の会社の場合、親会社の経理はどういった仕事をしているのでしょうか? といいますかそういった会社の連結会計のシステムや、会計システムはどういった ...

    A
    ベストアンサー
     親会社は独自で単体決算(会計)を出します。親会社は持分法適用会社の連結決算の報告を受けます。それでそれらを持分割合により連結決算に反映します。連結会計の会計事態は凄く簡単ですよ。出てきたデータに割合掛けて集計するだけですから。親会社は独自で単体決算は貴方の会社でやっているやり方とほぼ変わりません。会社によっては事業所(ある意味1つの会社見たいですね)ごとに独自で集計してそれを本社で合算するやり方もあります。そこが小さい会社との違いでしょうかね。 
     ちなみに御社連結売上1000億円も定義で言えば列記とした大企業ですよ
     親会社は独自で単体決算(会計)を出します。親会社は持分法適用会社の連結決算の報告を受けます。それでそれらを持分割合により連結決算に反映します。連結会計の会計事態は凄く簡単ですよ。出てきたデータに割合掛けて集計するだけですから。親会社は独自で単体決算は貴方の会社でやっているやり方とほぼ変わりません。会社によっては事業所(ある意味1つの会社見たいですね)ごとに独自で集計してそれを本社で合算するや... 続きを読む
  • 3位

    PC会計システムを導入すると経理部門のコストはどのくらい削減できます...

    いつもお世話になっております^^ IT化で会計事務所での業務が単純な仕訳業務からコンサルタント業務に移行していると聞いたのですが、将来されに会計システムのIT化が進んだ場合、どのくらいの業務が会社の経理部門で行うのが可能になりますか?

    A
    ベストアンサー
    こんにちは。
    会計事務所で、顧問先の会社の伝票や領収書等を預かって記帳代行により、元帳や試算表を作成している場合、その作業を顧問先の会社にやっていただくことになります(自計化といいます)
    となると会計事務所で従来行っていた記帳代行に関わっているスタッフの人件費、作業時間が削減できることになります。
    今後、会計事務所は、元帳作成や試算表作成といった代行業務から、税務相談、経営相談などの本来のより高度な相談業務(コンサルタント業務)に仕事のウエイトが移行していくことになると思います。
    こんにちは。
    会計事務所で、顧問先の会社の伝票や領収書等を預かって記帳代行により、元帳や試算表を作成している場合、その作業を顧問先の会社にやっていただくことになります(自計化といいます)
    となると会計事務所で従来行っていた記帳代行に関わっているスタッフの人件費、作業時間が削減できることになります。
    今後、会計事務所は、元帳作成や試算表作成といった代行業務から、税務相談、経営相談などの本来のより高... 続きを読む
  • 4位

    固定資産、減価償却の会計システムにつきまして。経理

    お世話になっております。 固定資産システムに関して、教えていただきたいのですが 下記の例のような場合、月次決算の数値なども考慮し、どういった処理をするのが 妥当でしょうか? 例)2010年9月15日 固定資産500円を購入 ただし、固定資産取得の資料が経理部に回ってきたのは2010年10月15日。 月次資料作成のため、固定資産システムにおける、減価償却費を毎月計上する。 ...

    A
    ベストアンサー
    固定資産は必ずしも月次の締め切りまでに計上が間に合う場合だけではありません。ある程度大きな工事の場合は付帯工事まで含めるとかなり多くの検収を処理しなければならず、その請求が全部稼動前にくるかという保証もありません。

    また、月次決算を行っていて、しかも予定原価などを採用している会社では、期中に固定資産の取得ごとに月次で厳密な原価償却費を計上するわけでもありません。

    おおむね予算時に想定した減価償却費を月次で上げていくと思います。
    その場合正しい減価償却費は決算処理において取得時期と耐用年数を確定して、年間の償却計算を行い、それと予定の償却費の差額は月次ではなくて決算修正で処理をします。

    取得時に正確に減価償却費を計上していくのは結構小さな規模の会社では無いでしょうか。

    月次決算は法定の義務というよりは会社の管理目的ですから、その管理目的に合うように減価償却費の計上もすればよいのです。

    大きな設備投資は予算で織り込むのが普通でしょうから、期中はそれが予定通り進むと仮定して償却費を計上し、確定値との差額は決算処理というのも別におかしくはありません。

    貴社の場合も、取得ごとに正確な償却費を上げるべきか、ある程度予測値で処理をしていってもよいのか社内で検討して、最も実情にあった方法を取ればよいと思います。

    いずれにしても期中の1-2月程度の償却費の遅れは問題ではありません。
    けっさんで最終的に正しい値を計上できるかどうかだけの問題です。
    固定資産は必ずしも月次の締め切りまでに計上が間に合う場合だけではありません。ある程度大きな工事の場合は付帯工事まで含めるとかなり多くの検収を処理しなければならず、その請求が全部稼動前にくるかという保証もありません。

    また、月次決算を行っていて、しかも予定原価などを採用している会社では、期中に固定資産の取得ごとに月次で厳密な原価償却費を計上するわけでもありません。

    おおむね予算時に想定した減価償... 続きを読む
  • 5位

    システムエンジニア(SE)と経理

    現在、工学部の大学4年生です。 理系という事もありSE職一本で就職活動を進めておりましたが、将来に不安を感じておりかなり迷っております。 (SEは残業が多い+ホワイトカラー・エグゼンプション‥ブラックカラーの間違いでは??) なので、今更ながら経理職で就職活動し直そうと思っております。 就職科に言った所、経理は無理ではないかと言われました(ちなみに、資格は...

    A
    ベストアンサー
    >>まだ考えるのが早いかも知れませんが、SEになってからの未来が見えてきません‥
    >>出来るならば、転職についてもお伺いしたいです(SEになった人達が数年後にどのようになるかが聞きたいです‥)。


    はっきりいってSEは腕の世界なので
    仕事ができるかできないかだと思います。
    私の友人で、3流大を卒業し、中小企業のSEとして就職した人間がいました。
    しかしそこでSEとしての才能を発揮し、とんとん拍子で出世。
    その後、大手外資系に転職し20後半で管理職。
    高級マンションを所有してます。
    しかも彼は逮捕暦があったりします(笑)

    逆に仕事ができない人間は
    使い捨てのごとく使われて終わりでしょう。

    基本的に転職を視野にいれてステップアップしていくのが
    いいでしょうね。

    僕の場合は
    メーカーにSEとして就職、その後IT系のベンチャー企業にSEとして転職し、現在はエンターテイメント系のWEB制作会社でWEBディレクター(SEではない)をやっております。
    >>まだ考えるのが早いかも知れませんが、SEになってからの未来が見えてきません‥
    >>出来るならば、転職についてもお伺いしたいです(SEになった人達が数年後にどのようになるかが聞きたいです‥)。


    はっきりいってSEは腕の世界なので
    仕事ができるかできないかだと思います。
    私の友人で、3流大を卒業し、中小企業のSEとして就職した人間がいました。
    しかしそこでSEとしての才能を発揮し、とんとん拍子で出世... 続きを読む
  • 6位

    経理実務の上での消費税課税区分のシステム入力について

    経理担当者の方にお聞きしたいのですが、非課税と不課税は区別されて会計システムへ入力されていますか? 区別しなくても税額に影響はなく、申告の際の記入が若干不正確にかるという点に問題がある程度だと思いますが。

    A
    ベストアンサー
    経理担当者ではありませんが、少し書き込んでみます。

    仕入や費用等にかかる課税仕入関係については、非課税でも不課税でも申告書の計算上も違いはありませんので、必ずしも区別されなくても良いと思います。

    ただ、課税売上の方は、簡易課税であれば関係はありませんが、本則課税であれば、非課税売上と不課税売上は申告書計算上の取扱いもちがってきますので、きちんと区別すべきだと思います。
    要するに、課税売上割合が95%未満の場合は、全額を仕入控除できずに、個別対応方式や一括比例配分方式により仕入税額を計算しなければなりませんので、この課税売上割合を計算する際、非課税売上は分母を構成しますが、不課税売上は分母を構成しないので、やはり区別する必要が出てきます。

    もちろん、明らかに課税売上割合が95%以上であれば区別しなくても良さそうではありますが、「課税売上割合が著しく変動した時の調整」等の関係もありますし、申告書にも課税売上割合の計算を記載するようになっていますので、あくまでも本則課税であれば、売上に関してはきちんと非課税と不課税を区別すべきだと思います。

    参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6401.htm,http://www.taxanser.nta.go.jp/6421.htm
    経理担当者ではありませんが、少し書き込んでみます。

    仕入や費用等にかかる課税仕入関係については、非課税でも不課税でも申告書の計算上も違いはありませんので、必ずしも区別されなくても良いと思います。

    ただ、課税売上の方は、簡易課税であれば関係はありませんが、本則課税であれば、非課税売上と不課税売上は申告書計算上の取扱いもちがってきますので、きちんと区別すべきだと思います。
    要するに、課税売上割... 続きを読む
  • 7位

    サーバーを変えるとソフトも変更しないといけないのでしょうか。

    会社のことで相談します。 いままで、イントラネットで経理システムが動いていて、みんなその操作に慣れていました。 ところが、「サーバーが古くなったから。」という理由で経理システムが更新されたのですが、使い勝手が悪くみんなから悪評が出ています。 旧システムは2002年くらいに導入されたものなのですが、サーバーが古くなるとシステムも更新しないといけないも...

    A
    ベストアンサー
    仮想化と呼ばれる技術は、大きくVM-wareとVirtual-PCの2系統の製品が存在していますが、どちらも根本は同じです。
    少々難しい話になりますので、大雑把な話になりますが、仮想化とはソフトウェア的にハードの動作を真似るものを作ることで、1つのハードウェアの上で別の環境を動作させることを指します。

    エミュレーターというのをご存じでしょうか?

    言葉としては昔からあるのですが、あるハードウェアの動作をソフトウェア的に再現させるものと考えてください。
    ホストコンピュータの時代の末期には、3276エミュレータや8286エミュレータ等と呼ばれるソフトウェアがあり、Windows上でこれを動かすことにより、ホストの端末(ダム端末)の代わりをすることが出来ました。ホスト側を変更することなく、あたかも端末がつながっているかのようにPCで出来るようにしたのです。
    ファミコンやスーファミのエミュレータなんてものもあり、パソコン上で昔のゲームを遊ぶことができますが、これも一つの仮想化です。

    こう言った技術を使うことにより、1つのサーバー上で複数の仮想サーバを動かしたり、また最新のハードウェア上で昔のOSを動かしたりすることができるようになりました。

    ちなみに仮想化を軽く考えていらっしゃるようなのですが、現在のVM-Wareなどサーバー上で複数の仮想環境を動かす技術は、相当に高度な技術ですのでご理解ください。

    しかし、ここで間違ってほしくないのですが、これはあくまで「動かせる」という技術的な問題のクリアに過ぎないということです。

    私の先の回答でも言いましたが、OSをマイクロソフトがサポートしていないという事実には変わりなく、仮想環境であろうが、物理的なハードウェア上であろうが、古いOSを動作させるというリスクには変わりありません。
    会社の経理システムであれば、システムダウンやデータ破壊などのリスクは最小限に抑えるべきだと思いますが、古いOSを動作させることは上記リスクを増大させます(ウィルスや未知の不具合など)。
    こういう時代だから、費用を抑えたいというニーズは理解しますが、いくら費用を抑えたいからといって、会社の基幹である経理システムに上記のようなリスクを発生させるのは得策ではありません。
    この問題は技術の問題ではなく、運用の問題なのです。

    どうしてもコストを抑えたいのであれば、パッケージソフトを使うことをお勧めします。そして、自社独自のカスタマイズを極力しないことです。
    ソフトウェアで最もコストを増大させる要因は、「自社の業務に対応させるためのカスタマイズ」です。
    おっしゃる通り、システムの自社開発などに金をかけるべきではありません、業務を見直して、パッケージソフト(またはSaaS)を導入してください。つまり業務をシステムに合わせるのです。
    システムに金がかかるのは、システム部門の人間が経理や総務を説得するのが面倒くさいから、全部言うことを聞いた結果です。
    システムを改造する費用と、経理の人間の生産性が落ちることによるコスト増とを天秤にかけて、安い方を選択すべきです。
    バイトを一人雇った方が安く済むなら、そうすべきなのです。

    システムは道具です。

    あなたに必要なのは、オーダーメイドの手にぴったり馴染む高級品ですか?それとも多少違和感はあるけど、そこそこ使える汎用品ですか?

    ※生意気な物言いがあれば、申し訳ありません。ご容赦ください。
    仮想化と呼ばれる技術は、大きくVM-wareとVirtual-PCの2系統の製品が存在していますが、どちらも根本は同じです。
    少々難しい話になりますので、大雑把な話になりますが、仮想化とはソフトウェア的にハードの動作を真似るものを作ることで、1つのハードウェアの上で別の環境を動作させることを指します。

    エミュレーターというのをご存じでしょうか?

    言葉としては昔からあるのですが、あるハードウェアの動作をソフト... 続きを読む
  • 8位

    システム導入に際しての発注企業側で作成するドキュメントについて

    私は、ある中小企業の総務部員です。 現在、当社に基幹システムを導入する動きがあり、 複数のSIerから提案を受けている状態です。 (既存のシステム経理システムしかない状態で、 今回は既存の経理システムは残し、 それ以外の範囲についてシステム導入したいと考えています。) 開発フェーズに入った際のことを考え、 ・業務フロー(現状) ・帳票一覧(現状) を作成し...

    A
    ベストアンサー
    要求仕様書としてまとめ上げれば、完璧ですが。
    大きく二つのことを書く必要があります。
    一つは、どういうものにして欲しいのか。
     1 アウトプット(帳票やデータ)
     2 インプット(入力するもの、操作方法)
     上記について、必須のもの、相談して決めること、できればそうしたい(要望)ことを明確に伝える。
     ここがあいまいでスタートすると、後でこんなはずではなかったと言うことになります。
    二つ目は、現状などの基礎データの提供
     これは、「業務フロー(現状)」「帳票一覧(現状)」として既にまとめられていますが、あと肝心なものは現状の経理システムがどのようなものか(仕様書)そのシステムとどのように接続するのか(これは1項と関係します)。
    要求仕様書としてまとめ上げれば、完璧ですが。
    大きく二つのことを書く必要があります。
    一つは、どういうものにして欲しいのか。
     1 アウトプット(帳票やデータ)
     2 インプット(入力するもの、操作方法)
     上記について、必須のもの、相談して決めること、できればそうしたい(要望)ことを明確に伝える。
     ここがあいまいでスタートすると、後でこんなはずではなかったと言うことになります。
    二つ目は、... 続きを読む
  • 9位

    オラクルがどんなソフトがしりたい。

    オラクルという、システムについての質問です。 よく求人に、オラクル経験者とかありますが、 オラクルって結局、カスタマイズできるので、 それぞれ、会社によって違いがあると思うのですが? このシステムは、在庫管理と経理システムは連動しているプログラムなのでしょうか? オラクル経験者の方教えて下さい。 宜しくお願い致します。

    A
    ベストアンサー
    オラクル自体はデーターベースソフトです。

    恐らく、在庫管理と経理システムが同じデーターベースを参照するように(連動するように)作りこんだのでしょう。
  • 10位

    User management

    この場合のUser managementとはシステムを使用する人のことをいっているのでしょうか。 つまり経理システムを使用する人、生産管理システムを使用する人とかです。

    A
    ベストアンサー
    文脈も全く判らないので何ともいえませんが(「この場合」とはどの場合でしょう?)、ログインする時に使うユーザーIDの管理の事を言っている可能性はありませんか?

    システムを使用する人の何を管理するのでしょう?勤怠とか生産性とかだったら、それは逆にそういった具体的な管理対象物を名前に持ってくると思いますし...
  • 11位

    帳票類の出力について。

    PHP+SQLで社内の経理システムを作ろうと思っています。 経理関係なので帳票類の出力も多いのですが、PHPで帳票の出力処理は一般にどのような手法をとるのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    他の方の答えていますが、PDFが一番良いと思います。HTMLではどうしてもクライアント環境に依存してしまいますので。

    PDFライブラリにはいくつかあるようですが、PDFlibやClibPDFがサポートされています。
    レンタルサーバ等、環境によってはインストール出来ない可能性もあります。環境作成は多少苦労するかもしれません。

    いずれも仕事で使う場合には有料だと思います。
    PDFlibにはLiteバージョンがあり、こちらはソースコードで配布されています。

    参考URL:http://www.pdflib.com/
    他の方の答えていますが、PDFが一番良いと思います。HTMLではどうしてもクライアント環境に依存してしまいますので。

    PDFライブラリにはいくつかあるようですが、PDFlibやClibPDFがサポートされています。
    レンタルサーバ等、環境によってはインストール出来ない可能性もあります。環境作成は多少苦労するかもしれません。

    いずれも仕事で使う場合には有料だと思います。
    PDFlibにはLiteバージョンがあり、こちらはソー... 続きを読む
  • 12位

    経理職への転職を考えています

    私は現在、30前半でSEをしておりますが今後、経理職への転職を考えています。 これまでの経験としては経理システムの構築や保守をしています。 この年での経理職への転職は未経験では厳しいかと思いますが、これまでの経験ではシステムからのサポートということで経理担当から依頼されるデータの加工や資料作成等も行ってきました。 (内部管理用の分析資料作成のため...

    A
    ベストアンサー
    現在の不景気やもともと零細企業などでは、社員研修にお金をかけられるところは少ないです。研修の形でなくとも、実務をある程度マスターするまでに長期間かかるような人材は、採用されることは厳しいでしょう。

    簿記検定や税理士試験を合格していても実務に直結するところはわずかです。小さい企業では、経理などを担当する事務員が、社会保険事務や労働保険事務、さらには許認可関連などの法務事務まで行う場合があります。

    税理士事務所への就職の方が良いかもしれません。税理士事務所のほとんどが個人事務所ですから、欠員補充などの募集になりがちです。こちらも経験者募集が多いかもしれませんが、未経験の応募もあると思います。

    税理士事務所の補助者経験者で、現在零細企業の事務担当役員の私からすると、税理士事務所で経験を積んでも、経理の経験とは異なります。もちろん机上の部分は詳しくなると思いますが、実際の資金繰りや業界のルールなどは企業ごとに異なりますし、税理士事務所では経験しないような分野も多いでしょう。ただ、税理士事務所での経験を評価する中小零細の企業も多いでしょう。
    現在の不景気やもともと零細企業などでは、社員研修にお金をかけられるところは少ないです。研修の形でなくとも、実務をある程度マスターするまでに長期間かかるような人材は、採用されることは厳しいでしょう。

    簿記検定や税理士試験を合格していても実務に直結するところはわずかです。小さい企業では、経理などを担当する事務員が、社会保険事務や労働保険事務、さらには許認可関連などの法務事務まで行う場合があります... 続きを読む
  • 13位

    経理がめちゃくちゃな会社

    新しく入った会社は私が1人で経理をしています。 売り仕入れはシステムに営業が入力します。 月ごとにシステム上で売り仕入れを取引先ごとに出し、会計シス テムに入力します。 月末締め、翌月3営業日が月締めの締め切りです。 3営業日目が過ぎて、月締めも完了。 その後システムで前月の売り仕入れを見ると数字が変わっています。営業の方で間違えた数字を過去に遡っ...

  • 14位

    各社会計システムの使い勝手を教えて下さい

    現在、経理の部署で会計システムの新規導入を検討している者です。 オービック7、スーパーカクテル、SCAW、エクスプランナー、 プロアクティブ、GLOVIA の経理会計システムをお使いの方、 実際使用していて感じる使い勝手、感想を教えて下さい。 例えば不満な点、便利だと思う機能等、何でも結構です。 よろしくお願いします。

  • 15位

    経理職面接でのよくある質問

    経理を約6年やってきました、今度転職する為面接があります。 よくある質問で今までで一番苦労したことは? コストダウンを成功 させたみたいだけど具体的には? 経理システムの再構築をしたらしいが 具体的には? どの様なことに重きを置いて仕事に取り組んでいるか? など様々な質問をされそうです。 どうか皆さんうまい回答などがありましたら教えて下さい。 (自分で考...

    A
    ベストアンサー
     6年間も経験してきたらベテランなので感じると思いけれど、会社の規模にもよります。全ての仕訳伝票を貴方が起票してきたのか、又は各課の数人の担当者が起票したものを纏めるのかによって回答が変わってきます。

     私は12名の各課の担当者が起票してきたものを纏めえていましたので、その中で実践と感じたことを書きます。

    (1) 間違いが多かったので毎月勉強会をした。
    (2) RMS(レコーディングマネジメントシステム)を作成させた。
    (3) 決められた期日と時間に回付させた。
    (4) PL・BSを理解してもらった。
    (5) 損益計算書と貸借対照表の資産=負債の部+資本の部+(利益)を理解してもらった。

    > 上記の5問から(1)~(3)間違が少なくなり残業時間が少なくなった。つまりコストダウンになった。(4)~(5)では経理とは何かと言うことを理解した事で経理システムを理解してきた。

    > 経理と言うと仕訳ばかりに重きを置いているが、証憑書類が如何に大事な証拠書類であるかを理解してもらった。

    * 経理処理は間違えなく又証憑書類が確かで期日と時間までに仕上げるのが理想的だと思います。

    * (1)~(5)が全て理解された時経理システムの再構築と思っています。
     6年間も経験してきたらベテランなので感じると思いけれど、会社の規模にもよります。全ての仕訳伝票を貴方が起票してきたのか、又は各課の数人の担当者が起票したものを纏めるのかによって回答が変わってきます。

     私は12名の各課の担当者が起票してきたものを纏めえていましたので、その中で実践と感じたことを書きます。

    (1) 間違いが多かったので毎月勉強会をした。
    (2) RMS(レコーディングマネジメント... 続きを読む
  • 16位

    内定辞退をしようか迷っています

    36歳。 独身。 派遣社員。 高卒。 彼氏はいません。 結婚の見込みはありません。 経理事務は未経験ですが経理事務をやってみたいと思っています。 高校を出てから自営業を手伝っていましたが、 事務職をやりたかったのでPCスクールへ通って 中途入社である会社へ転職して正社員で働きました。 5年ほど働いていましたが自己都合で会社をやめて今年の3月で5年が過ぎました...

  • 17位

    人事異動先になじめない

    あと5年で定年になる高年層です。 若いときはSEでシステム開発をしていて、経理システムに関わったことから経理部に異動になりました。 まんざらでもなく、システムを離れて会計処理のみでなく、法人税等税務の専門分野にやっと慣れてきて、公認会計士や税理士とまともに会話ができるほど専門知識が増えてきて、これからというときに異動になりました。 (知識も税理士試...

    A
    ベストアンサー
    希望は希望として出してもかまわないと思いますが、

    意に沿わない異動、過去の経歴が活かせない異動の意味を
    もう少し考えたほうがいいかもしれませんね。
    つまり会社としては「あんたのような人はそれとなく辞めて欲しい」と
    考えている節がないかどうかです。

    であれば下手な要望は、地雷を踏むだけですし。

    ここは、新たな勉強と考えて、自分に鞭打って新たな環境に
    馴染む努力をせよと思ったほうがいいかもしれませんね。
    昔は定年であとはゆうゆうの世代のようですが、
    今ならまだまだこれからと言われるくらい年代ですからね。
    老けこむことが許されるようなご時世でもありませんし。
    希望は希望として出してもかまわないと思いますが、

    意に沿わない異動、過去の経歴が活かせない異動の意味を
    もう少し考えたほうがいいかもしれませんね。
    つまり会社としては「あんたのような人はそれとなく辞めて欲しい」と
    考えている節がないかどうかです。

    であれば下手な要望は、地雷を踏むだけですし。

    ここは、新たな勉強と考えて、自分に鞭打って新たな環境に
    馴染む努力をせよと思ったほうがいいかもしれませんね... 続きを読む
  • 18位

    仕事内容について

    社内システム管理・経理の一般職は男性、女性どちらも 採用の確率は同じぐらいなのでしょうか? 社内システムの管理という詩仕事がいまいちどのような仕事かわからないのですが 教えてください。 事業は包装機械の専門メーカーです。

    A
    ベストアンサー
    >管理・経理の一般職は男性、女性どちらも
    >採用の確率は同じぐらいなのでしょうか?

    募集企業が今回の募集でどのような人材が欲しいかによって採用されるか否か
    が分かれます。
      ※一般職という概念が全ての会社で同一ではありません
      ※募集の目的(欠員の補充、特定業務の新設等)によって変わります。
       募集要件が女性に適している場合は、女性を採用します。
       募集要件に性差別をしてはいけないだけです。
        →実際の採用において、誰を採用するかは会社の自由です。

    回答としては、
    日本全国の企業を、任意抽出して確率を求めるならば同率になるかもしれません。
    (管理・経理等の職務であれば、性差により区別をしてはいけませんから)
    しかし、具体的な応募先で採用される確率が同じか否かは定かではありません。

    募集要項だけでは企業のニーズが分かりませんから、面接を受けて企業のニーズ
    を判断する必要があります。

    >社内システムの管理

    これは、会社によって”社内システム”に関する職務内容は異なります。
    よって、当該企業の実際の職務内容は推測するしか方法がありません。

    一般的には
      ◯会計システムの管理
         会計システムの運用管理保守
      ◯社内全般のコンピューターシステムの管理
         経理システムから、全社のコンピューターシステムへ進化した
         会社は、経理(管理)部門で全社のコンピューターの保守管理を
         職掌とする場合が見られます。
         (昔は、経理のためだけにコンピューターを使用していました
          会社が多かったため、その流れで経理がシステムを兼務)
      ◯経費精算システムの管理
         旅費交通費等の立替経費の精算システムが存在する会社では、
         当該システムの保守や運用管理(マスターのメンテナンス)を
         行う場合が見られます。
      ◯その他
         文書の電子保存(等)を管理(ファイルサーバーのフォルダ管理等)
         をする可能性もあります。
    >管理・経理の一般職は男性、女性どちらも
    >採用の確率は同じぐらいなのでしょうか?

    募集企業が今回の募集でどのような人材が欲しいかによって採用されるか否か
    が分かれます。
      ※一般職という概念が全ての会社で同一ではありません
      ※募集の目的(欠員の補充、特定業務の新設等)によって変わります。
       募集要件が女性に適している場合は、女性を採用します。
       募集要件に性差別をしてはいけないだ... 続きを読む
  • 19位

    エクセルで経理事務

    このたび、派遣で経理業務につくことになりました。 それまでの派遣先では、会社独自の経理システムを使っていました。 今度の派遣先での顔合わせの席で、経理部長から、『うちはこれまで手書きで経理業務してましたが、これからエクセルを使って経理業務します。 エクセルには詳しいですか?』と聞かれ、私自身は返答に困ったのですが、同席した派遣会社の営業さんが、...

  • 20位

    SI企業の経理で原価計算経験必須ってなってるんですが・・・

    某大手SI企業の経理に応募しようとしています。 その応募要綱に 「メーカーでの原価計算業務経験必須」 と書いてありました。 SEで原価計算知識を求められるのならわからないでもないのですが、 経理に原価計算知識を・・ということになると今ひとつ合点がいきません。 システム会社経理において、原価計算経験がどう活きるのか ご存知の方はどうか教えてください。 ...

    A
    ベストアンサー
    #2です。分かりにくい説明になってしまったので、再回答します。

    SI企業の経理においても原価計算が必要なのです。その理由を書きます。

    システム・インテグレーション(SI)とは、コンピュータ・システムを構築する事業のことですが、その主要な業務は、コンピュータのハードウエア(機械部分)を動かすためのソフトウエアを開発することにあります。ソフトウエア開発というのは業界用語で、一般の用語に置き換えればコンピュータのハードウエアを作動させる「プログラムの作成」という意味です。

    「プログラムの作成」には人手と時間を要します。プログラムの作成原価の主要な部分は人件費です。人件費以外の原価も必要です(コンピュータのリース料や減価償却費、出張旅費など)。従ってSI企業の経理ではプログラムの原価計算が必要になるのです。ですから応募要綱に「メーカーでの原価計算業務経験必須」と書いてあるのです。
    #2です。分かりにくい説明になってしまったので、再回答します。

    SI企業の経理においても原価計算が必要なのです。その理由を書きます。

    システム・インテグレーション(SI)とは、コンピュータ・システムを構築する事業のことですが、その主要な業務は、コンピュータのハードウエア(機械部分)を動かすためのソフトウエアを開発することにあります。ソフトウエア開発というのは業界用語で、一般の用語に置き換え... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→