【聖徳太子】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    聖徳太子は存在していなかったかもという頓珍漢な話が出てきたのはなぜ...

    聖徳太子は存在していなかったかもという頓珍漢な話が出てきたのはなぜですか? 聖徳太子が存在しなかったら17条の憲法も存在しないはずなのに存在してるし、中国の方も聖徳太子を認識してたわけで中国の方も聖徳太子に仏教の書を送ったのに聖徳太子がいなかったら受け取れてないし聖徳太子がいなかったというのはさすがに無理があるのでは?

    A
    ベストアンサー
    歴史は、事実が明らかになることで
    常に進化しています。


    厩戸王(うまやとおう)が
    聖徳太子の本当の名前です。


    「伝説の学習参考書」と呼ばれた『大学への日本史』では
    人物名は「聖徳太子」とせず、本来の名である

    「厩戸王(聖徳太子)」

    としています。

    次第に「聖徳太子」の名前が消えて行くので
    「存在しなかった」となるんでしょうかね。


    そして

    ・冠位十二階などは「多くの人物」の手による合作
    ・憲法十七条は彼よりも「後の時代」に完成した
    ・遣隋使は小野妹子より「以前から」派遣されていた


    ・・など新事実も明らかになってきています。
    歴史は、事実が明らかになることで
    常に進化しています。


    厩戸王(うまやとおう)が
    聖徳太子の本当の名前です。


    「伝説の学習参考書」と呼ばれた『大学への日本史』では
    人物名は「聖徳太子」とせず、本来の名である

    「厩戸王(聖徳太子)」

    としています。

    次第に「聖徳太子」の名前が消えて行くので
    「存在しなかった」となるんでしょうかね。


    そして

    ・冠位十二階などは「多くの人物」の手による合作
    ・憲法十七... 続きを読む
  • 2位

    聖徳太子が摂政となる593年の語呂合わせ

    聖徳太子が摂政となる593年の語呂合わせ ●国民期待の聖徳太子(当時国民という意識はあったのか?公地・公民だから大丈夫?) ●聖徳太子はコックさん(料理が得意だったり、そういう役目だったの?) ●ご苦労さんです聖徳太子(ご苦労さんて上から目線かな?596年と間違いやすい。) ●コックリさんと聖徳太子(ちょっと不謹慎な気が) ●五組に通う聖徳太子(本当?) ●国産大好き聖...

    A
    ベストアンサー
    敢えて、この中から選ぶとすれば、

    ●極彩色な聖徳太子

    が時代背景にも反映されますし、一石二鳥かと。

    何故に極彩色かと言えば、聖徳太子は「冠位十二階」を制定しています。603年に定められた位階制度です。推古天皇の摂政となった、丁度10年後ですね。位は冠の色で区別されています。

    1.大徳 (だいとく)(濃紫)
    2.小徳 (しょうとく)(薄紫
    3.大仁 (だいにん)(濃青)
    4.小仁 (しょうにん)(薄青)
    5.大礼 (だいらい)(濃赤)
    6.小礼 (しょうらい)(薄赤)
    7.大信 (だいしん)(濃黄)
    8.小信 (しょうしん)(薄黄)
    9.大義 (だいぎ)(濃白)
    10.小義 (しょうぎ)(薄白)
    11.大智 (だいち)(濃黒)
    12.小智 (しょうち)(薄黒)

    どうです。極彩色でしょ?最初の語呂合わせから10年後に冠位十二階は非常に覚えやすいですし、時代背景も映し出してますし、最適な語呂合わせと思われます。更に翌年604年には「十七条憲法」がやはり聖徳太子により制定されています。連動してて覚えやすいですよね?試験なんかでは、よく間違えやすいところです。

    次の文章の間違いを指摘せよ
    「推古天皇の摂政となった聖徳太子は604年に冠位十二階制度という位階精度を定め、冠の色で役職を区別した」

    もう間違えやすい紛らわしい問題ですが、もうお分かりですよね?冠位十二階は「極彩色な聖徳太子」が10年後に定めた制度ですから、604年では無く、603年が正解です。

    この語呂合わせで覚えればオールOKです。
    敢えて、この中から選ぶとすれば、

    ●極彩色な聖徳太子

    が時代背景にも反映されますし、一石二鳥かと。

    何故に極彩色かと言えば、聖徳太子は「冠位十二階」を制定しています。603年に定められた位階制度です。推古天皇の摂政となった、丁度10年後ですね。位は冠の色で区別されています。

    1.大徳 (だいとく)(濃紫)
    2.小徳 (しょうとく)(薄紫
    3.大仁 (だいにん)(濃青)
    4.小仁 (しょうにん)(薄青)
    5.大礼 (だい... 続きを読む
  • 3位

    聖徳太子→厩戸皇子→聖徳太子、の変遷について

    聖徳太子について、教科書への記述に関してです。 従来、聖徳太子と記述されたいましたが、最近、厩戸皇子に改められ、ついこの間、聖徳太子に戻りましたね。 なぜ、このような変遷(悪く言うと、右往左往)があったのか、経緯や理由などを教えて下さい。

    A
    ベストアンサー
    1999年に大山誠一氏が聖徳太子虚構説を出したのが大きいです。
    推古天皇の子である聖徳太子の存在が虚構であって、太子の実績等も後の代に創作されたものだという説を出しました。
    聖徳太子は否定したのですが厩戸皇子の存在までは否定しませんでした。
    その影響で聖徳太子という記述が用いられなくなってしまいましたが、虚構説が出た直後から反論があり、
    反論に対する十分な論証が出来なかった為、また元に戻ったという感じです。

    ↓wikiの聖徳太子のリンクページですが下の方に虚構説が少し出ています。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

    古代史では邪馬台国は存在していなくて、邪馬壱国だったという説が昔ありましたし、
    色々と調べると面白いですよ。
    1999年に大山誠一氏が聖徳太子虚構説を出したのが大きいです。
    推古天皇の子である聖徳太子の存在が虚構であって、太子の実績等も後の代に創作されたものだという説を出しました。
    聖徳太子は否定したのですが厩戸皇子の存在までは否定しませんでした。
    その影響で聖徳太子という記述が用いられなくなってしまいましたが、虚構説が出た直後から反論があり、
    反論に対する十分な論証が出来なかった為、また元に戻ったという感じ... 続きを読む
  • 4位

    「17条の憲法」は本当に聖徳太子が作ったのですか?

    「17条の憲法」や「冠位12階の制度」は、聖徳太子が制定したと学んできました。 しかしある本で、「これらを聖徳太子が制定したとはどこにも書いてない」とあり、ショックを受けました。 ではなぜ、これらは聖徳太子が制定したとされてきたのでしょう? これらが制定された時期、聖徳太子が政治の実権を握っていたのは間違いないのですか? 蘇我氏など他の大臣たちが制定...

    A
    ベストアンサー
     聖徳太子って謎の部分が多い人なので、いろいろな説が生まれてきます。「<聖徳太子>の誕生」と言う本は(大山 誠一著)は、聖徳太子不在論争のきっかけとなった本で、聖徳太子の存在を否定するものは幾つかあります。だからといって 十七条の憲法冠位十二階を「蘇我氏など他の大臣たちが制定したものじゃありませんか?」と言うことにはなりません。#2さんの言うとおりです。もし、聖徳太子という人物がいなかったとしても、そのモデルとなる、蘇我氏に抵抗するあるいは対等以上の立場をとろうとする皇族がいたことは間違いないと思います。

     そこで、聖徳太子をもしもう少し調べてみてもいいようなら、実在していることを前提にしっかり書かれていながら、信仰としての聖徳太子についてもしっかり書かれている、岩波新書の「聖徳太子」(吉村 武彦著)がおすすめです。
     マンガでは私は、「日出処の天子」(山岸涼子)(白泉社)をおすすめします。日本の古代研究の第一人者梅原猛先生のお墨付きももらっているマンガです。聖徳太子が超能力者的に描かれていてウソの話が多すぎると言う意見もあるが、彼の伝説にそういう話は結構あって、その他当然つくられた話の部分もありますが、その当時の時代の雰囲気がつかめるおもしろい作品です。池田理代子さんの作品もいいですよ。
    話がそれてしまいました。聖徳太子ってとてもおもしろい存在です。

    参考URL:http://homepage1.nifty.com/umayado/who/book/books.htm
     聖徳太子って謎の部分が多い人なので、いろいろな説が生まれてきます。「<聖徳太子>の誕生」と言う本は(大山 誠一著)は、聖徳太子不在論争のきっかけとなった本で、聖徳太子の存在を否定するものは幾つかあります。だからといって 十七条の憲法冠位十二階を「蘇我氏など他の大臣たちが制定したものじゃありませんか?」と言うことにはなりません。#2さんの言うとおりです。もし、聖徳太子という人物がいなかったとして... 続きを読む
  • 5位

    聖徳太子について

    聖徳太子の本を読んでいて、実は聖徳太子は存在していないと仮説を 立てた「逆説の日本史」という本からの質問です。 聖徳太子は、中国から来た渡来人の神様だったのではないかと思っています。 その訳は 日出ずる天子→宗教権威がある人に対して使われる言葉だからです。 その他、聖徳太子の像があるお寺と、法隆寺のお寺の違いは何なのか? という事に疑問を感じまし...

    A
    ベストアンサー
    あなたが最後に書かれているように、法隆寺が聖徳太子一族の怨霊を鎮めるために建てたものならば、存在したという事ではないですか?

    本名厩皇子といい推古女帝の甥で政治・経済・軍事・外交などすべてを担当していたのは、当時の中国で女性は相手にされないからです。
    ただこれほど偉大な人物が天皇になる前に死んだので多大の同情を招き怨霊信仰の対象になったと思われる。

    聖徳太子の聖徳は、謚で死後付けられた名前です。
    徳の付く謚を持つ天皇・皇族は、仁徳、安徳、顕徳、順徳、崇徳、文徳といますが、不幸な死に方をした人達ばかりで怨霊になる恐れがあります。  「徳」の字は、それを鎮める意味があると思います。
    なお、怨霊思想は、仏教には死に方に区別なく本人の信仰だけで、神道のみの思想です。

    したがって、聖徳太子は、日本人で存在したと考えられます。
    あなたが最後に書かれているように、法隆寺が聖徳太子一族の怨霊を鎮めるために建てたものならば、存在したという事ではないですか?

    本名厩皇子といい推古女帝の甥で政治・経済・軍事・外交などすべてを担当していたのは、当時の中国で女性は相手にされないからです。
    ただこれほど偉大な人物が天皇になる前に死んだので多大の同情を招き怨霊信仰の対象になったと思われる。

    聖徳太子の聖徳は、謚で死後付けられた名前... 続きを読む
  • 6位

    聖徳太子が建てた五重の塔に込められた意味に、菩薩の修行の階段は十あ...

    聖徳太子が建てた五重の塔に込められた意味に、菩薩の修行の階段は十あるとされる。 なので五重の塔は菩薩の階段の道半ばの半分しか登っていないのである。 聖徳太子は五重の塔の大きさを1/2にすれば十重の塔は建てられたはずである。 しかし聖徳太子は五重の塔を建てた。 思うに聖徳太子は五重の塔の五重は五ではなく五十という意味があって、五人の人物を菩薩にしよ...

    A
    ベストアンサー
    聖徳太子が建てた五重の塔って何?

    聖徳太子が四天王寺を建てましたが、建てた当時に五重塔は無かったです、五重塔の建築技術が日本に入ってくるのは約100年後



    五重なのは、下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示しています。
  • 7位

    聖徳太子が出てくるマンガ

    こんばんわ。 聖徳太子が出てくる『ギャグマンガ日和』を読み、他に聖徳太子が出てくるマンガはないか探しています。 シリアス、ギャグ、歴史、恋愛、何でもいいので聖徳太子が何かしらの形で出てくるマンガをご存知でしたら教えて下さい! ご回答宜しくお願い致します。

  • 8位

    ドラマ・聖徳太子の役者について!

    ドラマ・聖徳太子で、聖徳太子の弟役『来目皇子』を演じていたのは誰かわかりますか?

  • 9位

    日本人の頂きますは聖徳太子説にまた騙された。 まず、日本人の頂きます...

    日本人の頂きますは聖徳太子説にまた騙された。 まず、日本人の頂きますを最初に提唱した人物を探すに当たり日本の歴史を調べて、道元の典座教訓・赴粥飯法に頂きます文化の提唱が記載されて言われたので読んだが禅宗が食事の前に無言で食べることは有名な話でしかも入堂の段階でもう言葉を発してはならないので道元が頂きますなど口走ることはない。 で、次に日本の...

    A
    ベストアンサー
    この手の説には様々あって、どれも「確証」など存在しない。
    そう、あくまでも「推測」でしかない話。
    そんな話に「騙された」と言うお前さんがバカ。
    「推測」と書いたが、「こじつけ」も多いからね。
    だれもその現場に立ち会ってなどいないのだから。
    なので、こんな話を信じる奴はバカ。
  • 10位

    聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って...

    聖徳太子って天皇?】 聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。 皇子、太子ってことは天皇の祖先ということ? それとも聖徳太子とは別に当時に天皇はいた? 聖徳太子は厩の皇子と言われたのは聖徳太子は厩(馬小屋の前で産まれた)という意味ではなく厩の地域(馬を管理する地区)で産まれたという意味だそうで、聖徳太子は馬を管理するどち...

    A
    ベストアンサー
    実在の人物でない説が有力です。
  • 11位

    浄土真宗のお寺になぜ聖徳太子?

    浄土真宗のお寺はどこでも聖徳太子を阿弥陀様の横にお祭りしていますがどうしてですか? 親鸞聖人が聖徳太子を大変敬われたからだと聞きましたが それはなぜでしょう? 聖徳太子は在家の方で親鸞聖人も同じ在家だからだと聞いた事はあるのですが。 聖徳太子はあらゆる宗派、一部の神道にまで崇拝され、未来預言やオカルトまがいの話まであります。 専修念仏とか阿弥陀一仏...

    A
    ベストアンサー
    坊さん@浄土真宗です。聖徳太子は通常は阿弥陀さまの横には安置しません。内陣ではなく余間です。お祭りでもありません。
    信仰上の礼拝の対象ではありません。あくまで敬う意味合いで安置しているのです。
    聖徳太子さまは、親鸞聖人が「和国の教主」とまでおっしゃっていて、たいへん尊敬なさったお方です。
    親鸞聖人が二十年の比叡山での修行に決別して、師である法然上人とお出遇いになるきっかけが六角堂での百日間参龍における聖徳太子さまの夢告であったといわれています。つまり、親鸞聖人にとっては、聖徳太子さまはとても大切なお方だったのです。親鸞聖人は自らの和讃(正像末和讃)で聖徳太子さまのことを
    「和国の教主聖徳皇 広大恩徳謝しがたし 
     一心に帰命したてまつり 奉讃不退ならしめよ」
    と「和国の教主」として、仏教を日本でもさかんにしようとして594年に仏教興隆の詔(みことのり)を出し、四天王寺や法隆寺を建て、また、経典を研究し「三経義疏(さんぎょうぎしょ)」という注釈書をあらわした(その太子の仏教奨励策の結果で飛鳥地方を中心に仏教文化がさかえた。)聖徳太子さまを常々お敬いだったのです。そのお心を受け継いでいるのが真宗寺院なのです。
    したがって私たちも、聖徳太子さまをお敬いするのです。
    坊さん@浄土真宗です。聖徳太子は通常は阿弥陀さまの横には安置しません。内陣ではなく余間です。お祭りでもありません。
    信仰上の礼拝の対象ではありません。あくまで敬う意味合いで安置しているのです。
    聖徳太子さまは、親鸞聖人が「和国の教主」とまでおっしゃっていて、たいへん尊敬なさったお方です。
    親鸞聖人が二十年の比叡山での修行に決別して、師である法然上人とお出遇いになるきっかけが六角堂での百日間参龍... 続きを読む
  • 12位

    聖徳太子

    聖徳太子は日本仏教の祖と聞いたのですが、最澄は天台宗の開祖と言うように、聖徳太子は.なになに宗の開祖ぞすか、お願いします。

    A
    ベストアンサー
    こんにちは。

    私が書物などで知りえた知識のみではありますが、確か聖徳太子は「開祖」ではなく「祖」だと思いますよ。
    かなりの知識人で大陸の様々な教養を吸収し、儒教や大乗仏教である中国仏教に精通して、本人自身も仏教に対してかなりの篤信者でした。その為「三経義疏」と言う仏教の経典に関する解説書を著し、国歌事業として法隆寺などを建立することで、倭国民に対し仏教を根付かせる「基」を作った人・・・と言う意味で、「祖」と称せられるのだと思います。

    最澄や親鸞などの開祖と言われる人たちは、そう言ったもともとの中国仏教を独自の解釈等で新しい流派を解説した人たち指します。ですので○○宗開祖と言わる訳で、聖徳太子とは全く別物だと認識した方が良いのではないでしょうか?

    因みに下記に中国仏教に関する考察のサイトを貼っておきますね。
    http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/dic/mahayana.html

    ご参考になれば幸いです。
    こんにちは。

    私が書物などで知りえた知識のみではありますが、確か聖徳太子は「開祖」ではなく「祖」だと思いますよ。
    かなりの知識人で大陸の様々な教養を吸収し、儒教や大乗仏教である中国仏教に精通して、本人自身も仏教に対してかなりの篤信者でした。その為「三経義疏」と言う仏教の経典に関する解説書を著し、国歌事業として法隆寺などを建立することで、倭国民に対し仏教を根付かせる「基」を作った人・・・と言う... 続きを読む
  • 13位

    【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載さ...

    【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか? 西洋には人魚姫伝説がありましたけど、当時の聖徳太子はどのようにして西洋の人魚姫の存在を知っていたのでしょう。

    A
    ベストアンサー
    『日本書紀』によれば、619年に摂津国で、「子供のような姿で、魚とも人ともつかないものが網にかかった」とされています。聖徳太子の時代なので、ここから話が広がって、彼が人魚に会ったという伝説になったようですね。

    > 【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか?
    聖徳太子が人魚を見たという話は、『聖徳太子伝暦』(917年成立)にあります。
    http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/feature/CO005896/20140310-OYT8T01188.html
    ただこの人魚が、女性だったかどうかはわかりません。観音正寺の伝説では、「生前は漁師だった」とされていますし、男と思われていたようです。

    ちなみにリンク先では、近江国の蒲生川に人魚がいたことになっていますが、厳密に言うとこれは違います。蒲生川について『日本書紀』には、「人のような形の生き物がいた」とあるだけです。「魚とも人ともつかないもの」が捕まったのは、摂津国でのできごとです。

    > 西洋には人魚姫伝説がありましたけど、当時の聖徳太子はどのようにして西洋の人魚姫の存在を知っていたのでしょう。
    日本の人魚は、西洋のマーメイドとは本来関係がないようです。一種の人面魚のようなもので、人に似ているのは顔だけです。
    http://www.jiten.info/dic/world/ningyo_mermaid.html
    「上半身が人、下半身が魚」という姿になったのは江戸時代以降、西洋の知識が入ってきてからです。「人魚のミイラ」と言われるものがつくられ出したのもこのころです。
    なお、観音正寺にあったという人魚のミイラはこんな感じです。↓
    http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/graph/article.html?id=20140310-OYT9I01187
    『日本書紀』によれば、619年に摂津国で、「子供のような姿で、魚とも人ともつかないものが網にかかった」とされています。聖徳太子の時代なので、ここから話が広がって、彼が人魚に会ったという伝説になったようですね。

    > 【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか?
    聖徳太子が人魚を見たという話は、『聖徳太子伝暦』(917年成立)にあります。
    http://www.yomiuri.co.jp/... 続きを読む
  • 14位

    聖徳太子の両脇の人はだれ?

    ふと気になったのですが、法隆寺国宝聖徳太子二王子像という絵がありますよね。 あそこで聖徳太子の両脇に描かれている人物は左右それぞれ誰と誰なのでしょうか。 どなたか、正確に判る方いらっしゃいますか?

    A
    ベストアンサー
    正確なところは、1400年近く前の人ですから不明なようですが、言い伝えによれば
    左のおこちゃま、山背大兄王(太子の子ども)
    右は殖栗王(こちらも太子の子ども)

    のようですね。
  • 15位

    聖徳太子は中国の呉の中国人だったのでは? 伎楽の呉女の髪型と聖徳太子...

    聖徳太子は中国の呉の中国人だったのでは? 伎楽の呉女の髪型と聖徳太子が連れてた子供の2人が同じ髪型ですよね? 聖徳太子は呉から渡来した渡来人だったのでは?

    A
    ベストアンサー
    日本人がアメリカ人の真似をするのと同じで
    当時は中国というのは
    日本人にとっては憧れの国だったのです

    なんでも真似をしていました
  • 16位

    聖徳太子について

    聖徳太子って事実上蘇我氏の傀儡だった訳ですが、 蘇我氏が悪人となり聖徳太子がヒーローのような扱いになってるのはなぜでしょうか。 そもそも仏経信者なのに名前に「聖」が入ってるのはなぜでしょう? 何かキリスト教っぽい感じもするのですが。

  • 17位

    聖徳太子について

    聖徳太子が十七条の憲法で「和を以て貴しとす」と言っていますが、 なぜ、聖徳太子は「和」を重んじたのでしょうか? 「和」を重んじるに至った、背景などは分かっているのでしょうか? どなたか、詳しい方、よろしくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    十七条憲法がやや後世の作である事は確かですが、(当時無かった国司の語が使われている)それほど日本には権力をめぐる争いが多く「和」が無かったのは先賢の答え通りです。
    ヤマト「山門」が「大和」となったのもその為です。
    日本なる語が初めて見られるのは「旧唐書」日本伝であり、日の本の国と自称したのも、争いが無くなるようにとの願いもあったでしょう。
  • 18位

    聖徳太子

    現在、世間一般で知られている、聖徳太子像と言えば、昔の1万円札で有名な太子像ですよね。 しかし、ここ何年か、あれは聖徳太子ではなかった!と言われていますよね。 その事に詳しいかた、教えてください。 また、その事が詳しく書かれた文献や、HPがあれば教えてください。

  • 19位

    インドの釈迦の教えを日本で最初に取り入れた人物は聖徳太子ですか? 聖...

    インドの釈迦の教えを日本で最初に取り入れた人物は聖徳太子ですか? 聖徳太子が仏教を伝えるまでは日本人の誰1人として仏教の存在は知らなかったのでしょうか? 日本の仏教の歴史は聖徳太子から始まり、最澄と空海が中国に仏教を学びに初めて国から派遣されて、最澄が空海より1年先に日本に戻ったので最澄の天台宗が日本全国に広がった? 空海はもう死んでるかも知れない...

    A
    ベストアンサー
    仏教が伝来したと言われているのは2つの説がありますが、6世紀半ばということでいいでしょう。
    聖徳太子は蘇我氏と組んで仏教を政治利用しましたが、仏教が伝来した頃よりも50年ほど後の人です。
    東大寺などの国分寺や国分尼寺を作ることを命じた聖武天皇は当時あちこちにいた「偽坊主」を刷新するために唐へ高僧を派遣するようにお願いし、その気持に答えた鑑真は正しい僧を育てるために日本に来ました。現在も残る唐招提寺にて戒律の厳しい律宗を広めました。760年頃のお話です。
    東大寺は華厳宗ですが、もちろんその頃にはまだ真言宗も天台宗もありません。
    桓武天皇は794ウグイス平安京で有名ですが、最澄や空海が唐へ渡り、帰ってきた頃の天皇です。
    最澄は東大寺で修行し、唐に渡る前からすでに桓武天皇に登用されていたみたいですね。年齢も最澄のほうが空海よりも8歳ほど上みたいです。
    二人の仲は悪くはありませんでした。国宝でもある「風信帖」は空海が最澄に宛てた手紙です。
    二人は宗教観の違いにより仲違いし、いわゆる絶交関係になってしまいます。
    話は前後しますが、桓武天皇は784年に長岡京を都に、794年に平安京を都にしましたが、何故奈良の地を離れたかというと・・・以下はウィキペディアのコピペ

    平城京における肥大化した奈良仏教各寺の影響力を厭い、天武天皇流が断絶し天智天皇流に皇統が戻ったこともあって、当時秦氏が開拓していたものの、ほとんど未開の山城国への遷都を行う。初め延暦3年(784年)に長岡京を造営するが、天災や後述する近親者の不幸・祟りが起こり、その原因を天皇の徳がなく天子の資格がない事にあると民衆に判断されるのを恐れて、僅か10年後の延暦13年(794年)、側近の和気清麻呂・藤原小黒麻呂(北家)らの提言もあり、気学における四神相応の土地相より長岡京から艮方位(東北)に当たる場所の平安京へ改めて遷都した。

     そういうことで奈良にたくさんあった寺の勢力を嫌ったということですね。
    仏教が伝来したと言われているのは2つの説がありますが、6世紀半ばということでいいでしょう。
    聖徳太子は蘇我氏と組んで仏教を政治利用しましたが、仏教が伝来した頃よりも50年ほど後の人です。
    東大寺などの国分寺や国分尼寺を作ることを命じた聖武天皇は当時あちこちにいた「偽坊主」を刷新するために唐へ高僧を派遣するようにお願いし、その気持に答えた鑑真は正しい僧を育てるために日本に来ました。現在も残る唐招提寺に... 続きを読む
  • 20位

    聖徳太子の千円札

    聖徳太子の千円札で過去の質問内容を見ましたが回答が、千円の価値しかないという回答でした。 そこで少し疑問に思いましたが、業者の買取りのホームページを見ましたら、一桁ナンバーは価値あるもので千円以上の買取りと書かれてました。 つまり聖徳太子の一桁ナンバーは千円以上の価値はあるのでしょうか?

←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→