【贈与税 株式】の人気Q&Aランキング

1~20件(全646件)

  • 1位

    株式贈与税

    昨年、祖父が不動産を売却しその代金500万を元でに口座を開設していなかったため、私の証券口座にて株式運用をしました。 今年、株式についての確定申告する予定なのですが、私の口座を貸しただけなのですが贈与とみなされ贈与税がかされる可能性はありますか。 なお銀行振り込みではく金銭は現金で入金しました。 よろしくお願いします。

  • 2位

    祖母からの株式贈与税について。

    祖母(母方)から約1200万円相当の株券をもらいました。 少しでも贈与税を少なくするため、私を含め家族3人に分けて、さらに、110万以下になるよう何年かかけて名義換えをしようと考えていました。 が、私の母から祖母は実は病気でそう長くない、ということを先日聞きました。 亡くなってからでは、法定相続人ではない私には、いろんな問題がふりかかってくることが予想さ...

    A
    ベストアンサー
    ♯1の方の回答でよろしいかと思いますが、ご質問の解釈により別の計算結果になります。

    総額1200万円、その内今年110万円×3=330万円の贈与済み、としますと

    残り870万円を来年に3人に均等に贈与すると
    ・・・870÷3=290万円
    ・・・(290-110)×0.1×3人分=54万円(合計税額)


    となります。

    今年と来年との2年に、各均等に600万円を3人で分ける場合も計算してみましたが、税率が同じ10%の段階になるため、合計は同じ税額になりました。(他に受贈がない場合)

    総額と分け方などの解釈はこれでよろしいでしょうか。
    ♯1の方の回答でよろしいかと思いますが、ご質問の解釈により別の計算結果になります。

    総額1200万円、その内今年110万円×3=330万円の贈与済み、としますと

    残り870万円を来年に3人に均等に贈与すると
    ・・・870÷3=290万円
    ・・・(290-110)×0.1×3人分=54万円(合計税額)


    となります。

    今年と来年との2年に、各均等に600万円を3人で分ける場合も計算してみまし... 続きを読む
  • 3位

    株式贈与税について

    購入時110万円以上の株を買ったのですが 現在の価格は110万円以下です。 この場合、譲渡した際に贈与税はかかるのでしょうか? 宜しくお願いします。

    A
    ベストアンサー
     
    現在価値が80万円なら80万円相当の贈与があるのだから80万円に対して課税されます、利益が出たか、損失が出たかは関係ありません。
    家屋でも同じ、20年前に5000万円で買った家屋の現在値打ちが2000万円なら2000万円に対して課税されます。
     
  • 4位

    株式贈与の贈与税について

    証券電子化直前(2008年11月ごろ)に、母方の祖父母が高齢のため、両者所有の株券(上場株式)の管理が難しく私に管理してもらいたいと話がありました。 ・株式購入価格:およそ1500万円 2008年11月頃の評価額:約400万円 ・その為に株券を私名義に変更して、祖父母の株券管理用に私の名義で特定口座(源泉あり)を証券会社に開設しました。 ※A口座 祖父母が私に株式の売却を依頼した...

    A
    ベストアンサー
    >1.A口座にある株式は私が祖父母より贈与された事になりますか…

    はい、立派な贈与です。

    >1.1.もし、そうであれば、便宜上その名義変更をした時価で…

    簡単な覚え書きで税金を逃れるほど、日本の国は甘くありません。

    >内容:私が祖父母より株券を買ったのは名変時、その対価の支払いは1年後)※実際に支払うのは可能です…

    個人の税金は 1/1~12/31 をひとくくりにして判断されます。
    昨年の大晦日時点で、画餅の契約書があっても無効で、贈与が成立しています。

    親族間の借金で大事なことは、「ある時払いの催促なし」や「出世払い」は認められないということです。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4420.htm

    >1.2.例えば、覚書で「株券の管理が高齢でできないので…

    家裁で成年後見人に選任されていれば、不可能ではないでしょう。

    >2.A口座の株式を売却すると、確定申告に使う証券会社からの…

    特定口座の年間報告書だけでは、履歴までは分かりません。
    とはいえ、申告後に税務署から追求されれば、正直に答えなければなりません。

    >私個人で譲渡益が発生する予定なので、A口座にある評価損を売却して相殺したいのが目的…

    ということは、祖父母の資産運用を代行しているのでなく、自分のものにしていることを自ら認めています。
    堂々と贈与税を払った上で、合法的に運用しましょう。

    あくまでも祖父母の代行と主張したいのなら、A口座は祖父母名義で開設し、自分の儲け分と相殺などと欲の深いことを考えないことです。

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >1.A口座にある株式は私が祖父母より贈与された事になりますか…

    はい、立派な贈与です。

    >1.1.もし、そうであれば、便宜上その名義変更をした時価で…

    簡単な覚え書きで税金を逃れるほど、日本の国は甘くありません。

    >内容:私が祖父母より株券を買ったのは名変時、その対価の支払いは1年後)※実際に支払うのは可能です…

    個人の税金は 1/1~12/31 をひとくくりにして判断されます。
    昨年の大晦日時... 続きを読む
  • 5位

    ベンチャー共同経営者同士の株式売買と贈与税

    【背景】 X社は最近事業を発足させたベンチャーであり、株主構成は下記の通り。 A 20株 x 5万円 = 100万円 ←共同経営者 B 20株 x 5万円 = 100万円 ←共同経営者 C 20株 x 5万円 = 100万円 ←共同経営者 D 1株 x 5万円 = 5万円 ←共同経営者 E 5株 x 5万円 = 25万円 ======================== ・X社の共同経営者はA〜Dである。 ・ただし、Dは設立時にイコールパートナーになるために不足して...

    A
    ベストアンサー
    #1です。お役に立ったなら幸いです。

    眠いところで投稿しましたので、見直したら、Dさんと書くべきところをEさんと書いたり、
    「誤:19万 → 正:19株」
    「誤:66分の1から85分の1 → 正:66分の5から85分の5」
    と間違えたりしていますね。

    意味はわかっていただけたと思いますが、すみませんでした。

    その他の内容に間違いはないと思います。

    従業員役員に対するストックオプションの規定は商法280条の19。
    ↑定款に譲渡制限の定めのある会社は343条の決議(特別決議)あることを要す、と定められています。


    いちばん簡単なのは、Dさんに(法人ではなく、ABCさんが個人として)お金を貸すことだと思います。

    どっちみち増資なので、役員会と株主総会の議事録はきちんと2部作り、全役員と監査役にも署名捺印割り印してもらって、法務局に届けてください。


    起業ってやり甲斐ありそうですね。頑張ってください。v(^-^)

    参考URL:http://zoushitetsuduki.seesaa.net/article/72582378.html
    #1です。お役に立ったなら幸いです。

    眠いところで投稿しましたので、見直したら、Dさんと書くべきところをEさんと書いたり、
    「誤:19万 → 正:19株」
    「誤:66分の1から85分の1 → 正:66分の5から85分の5」
    と間違えたりしていますね。

    意味はわかっていただけたと思いますが、すみませんでした。

    その他の内容に間違いはないと思います。

    従業員役員に対するストックオプションの規... 続きを読む
  • 6位

    株式を使った贈与税の軽減

    株式を贈与することで贈与税を軽減させることができると聞いたのですがどのようにすればよいのでしょうか? 現金や土地・家屋を贈与する場合と較べて得になるのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    上場株式を利用した贈与
    http://www.smbc-friend.co.jp/info/tax/jojokabusikizoyo.html

    このようにすれば、贈与税は安くなりますが、贈与後すぐに売却する場合は、株式の贈与か否か事実認定が異なるものと考えられます。
  • 7位

    株式で得た利益の夫婦分配は贈与税がかかりますか?

    10年前に株式投資を始めました。 その時は深く考えずに、 妻と私の貯金を出し合って、私の口座で株式を売買していました。 現在は資産が相当な額になったため、私に万一のことがあったり、 将来トラブルにならないように、資産の約半分を新しく作った 妻の口座に移してそれぞれ運用しています。 もともとは夫婦のお金だったので深く考えていなかったのですが、 この...

  • 8位

    贈与税についてのこの文章の意味が分かりません・・・

    **************************************************************** <子供名義の貯金に贈与税がかかることについて> 親からもらう財産でも受け取る側に贈与税が! 他人からタダでもらった預貯金や株式などにはすべて贈与税がかかる。 これは親子間でも免れない。 だが、毎年60万円の基礎控除があるので この範囲内であれば原則的に贈与税はかからない。 ただし、子供名義の 通帳を親が管...

    A
    ベストアンサー
    まず、60万円という金額ですが、今年の税法の改正で、110万円に変わっています。

    税金の中に「贈与税」と云う税金が有ります。
    これは、人からお金や財産などを貰ったときに、もらった人にかかる税金です。
    物で貰ったときは、時価などで計算します。
    ただ、子供が親から貰う、学費や、家族の生活費は除かれますが、常識の範囲を超える生活費は課税されます。
    贈与税には、基礎控除が1年間に110万円有ります、つまり110万円以上貰うと税金がかかります。

    そして、何人もの人から貰う場合も有りますが、一人で1月から12月末までに、貰った金額で計算します。

    さて、質問の、この文書の意味は、この贈与税のことを云っているのです。
    親が子供名義の預金をしている場合、つまり子供が親からお金を貰った(贈与された)ら、贈与税がかかりますということです。

    ただし、贈与税の基礎控除が1年間に110万円有りますから、110万円以上の金額に対して課税されるということです。
    税率は課税される金額が多くなるに従って、税率も高くなります。
    例えば、130万円貰ったら、基礎控除の110万円を控除して残りの、20万円が課税金額となり、この場合税率が10%ですから、贈与税2万円をお金を貰った人が納めることになります。

    また、子供名義の預金をするときに注意する点は、通帳を親が管理していたり、印鑑が親と同じ場合は、実質的に親の預金と見なされ、この時点では贈与にはなっていません。
    つまり、毎年110万円以内だから大丈夫と思っていて、いつのまにか残高が200万円になったときに、子供に渡すと、その渡したときに贈与をしたことにされて、110万円以上だからと、贈与税を取られてしまいます。

    ですから、小さな子供は別として、自分で管理できる年齢の子供の場合は、通帳は本人に預けておく必要があります。

    また、現金で子供に贈与する場合は、110万円以下の証拠を残すために、銀行振り込みで渡すのが無難です。
    まず、60万円という金額ですが、今年の税法の改正で、110万円に変わっています。

    税金の中に「贈与税」と云う税金が有ります。
    これは、人からお金や財産などを貰ったときに、もらった人にかかる税金です。
    物で貰ったときは、時価などで計算します。
    ただ、子供が親から貰う、学費や、家族の生活費は除かれますが、常識の範囲を超える生活費は課税されます。
    贈与税には、基礎控除が1年間に110万円有ります、つまり110... 続きを読む
  • 9位

    未公開株式売買について

    ●時価または時価より高い価額で売却した場合 [売却した個人] 税額 =(売却価額-購入価額-売買にともなう経費)×26% =売却益×26% [取得した個人] 課税なし ●時価または時価より低い価額で売却した場合 [売却した個人] 税額 =(売却価額-購入価額-売買にともなう経費)×26% =売却益×26% [取得した個人] 税額 =(時価-売却価額)×税率(10%〜70%) ここで注目したいのは、時価より低い価...

  • 10位

    これって贈与税課税の対象?になるのでしょうか・・・

    株式投資初心者です。 質問なのですがややこしいため順を追って説明いたします。 1.まず私が自分名義で証券口座を開設しました。 2.次に私の証券口座にて私が国内現物株式を購入しました。 3.次に私の弟が同じ現物株式を購入したいと言い出しましたが、弟は証券口座を持っていなかった為、 弟の証券口座が開設されるまでの間に株価が上昇してしまう事を心配して、 私に...

    A
    ベストアンサー
    >私の場合にも贈与税がかかってしまうのでしょうか・・・

    まぁそうなるでしょうね。
    税務署は鬼より怖いです。
    いくらそのような痕跡があっても「税金を徴収する方向」に解釈します。
    「~の場合は~と見なして課税」なんてよくあります。
    つまり「真実はどうだろうがxxと決め付けて」って事です。

    ヘタしたら
    >ちなみに弟の銀行口座から私の銀行口座への金額の移動についてはATMの明細書と
    >Webでの明細書に全て記載されています)と思うのですが
    これすら「贈与だよね」って言われかねませんよ。

    思いつきですが、
    「証券代理購入契約」みたいな「契約書」を今からでも作って
    金額や期限など記せば
    屁のつっぱりくらいにはなるかも知れませんね。
    まぁ新たに「資格もないのにそういう契約は無効」と一蹴されるかもですが。
    >私の場合にも贈与税がかかってしまうのでしょうか・・・

    まぁそうなるでしょうね。
    税務署は鬼より怖いです。
    いくらそのような痕跡があっても「税金を徴収する方向」に解釈します。
    「~の場合は~と見なして課税」なんてよくあります。
    つまり「真実はどうだろうがxxと決め付けて」って事です。

    ヘタしたら
    >ちなみに弟の銀行口座から私の銀行口座への金額の移動についてはATMの明細書と
    >Webでの明細書に全て記載さ... 続きを読む
  • 11位

    第三者割当

    第三者割当増資が有利な価格で行なわれた場合に、これを引き受けた個人に贈与税が課税されると思いますが、これは同族会社で行なわれ、かつ株式を引き受けたのが同族会社の親族の場合だけ贈与税が課税され、株式を引き受けたのが同族会社の親族でない場合は贈与税は課税されないのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    相通9-4では新株を引き受けた者がとありますので親族でない場合は特に除かれていません。
    しかし同族会社の親族以外の者になりますと配当還元方式になる可能性が高いですから贈与税課税を受ける可能性は低いと思います。
  • 12位

    親の会社の株を他人から購入する場合の贈与税について

    親が小さい会社を経営しています。 株式会社で、株は父親が会社設立の際に母、および信頼できる友人数名に引き受けてもらっており、そのうち数名は実際に会社で取締役として働いてもらっていました。 しかし、この度、そんな取締役のうち一名が高齢につき引退することとなり、同時に保有していた株式も手放していただくことになりました。 この浮いてくる株式の引き受...

  • 13位

    株式会社の株の譲渡について

    株式会社で私は現在、取締役の役職にあります。 父が発行株の8割をもっており 私は2割をもっています。 個人経営なので株券は発行されていません。 父のもっている株券・8割分を私の所有に譲渡する方法を 教えて下さい。 また譲渡すると、贈与税がかかってしまうのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    不発行ですから、譲渡の契約書を作成して、それの両者が署名捺印をして、譲渡の証拠にします。
    この場合はその対価が問題です。
    基本的には税理士に株価を評価してもらってその価格で売買をします。
    それよりも安価で売買するっと差額部分が贈与となります。評価額で譲渡すれば贈与税がかかりません。
    贈与税を嫌う場合は免税点以内で少しづつ名義を変更することは可能ですが時間がかかります。

    ただし、その場合の譲渡金額の相当する資産がお父さんに残りそれが相続財産になります。
    またお父さんには株式の譲渡益が出る可能性があるので、これも税理士に相談ですね。
    現実にはこのように贈与税、株式の譲渡益への課税、将来の相続税の負担等を考えて、有利な方法を考えます。
    これ以上は税理士と相談されたほうが良いですよ。
    不発行ですから、譲渡の契約書を作成して、それの両者が署名捺印をして、譲渡の証拠にします。
    この場合はその対価が問題です。
    基本的には税理士に株価を評価してもらってその価格で売買をします。
    それよりも安価で売買するっと差額部分が贈与となります。評価額で譲渡すれば贈与税がかかりません。
    贈与税を嫌う場合は免税点以内で少しづつ名義を変更することは可能ですが時間がかかります。

    ただし、その場合の譲渡金額の... 続きを読む
  • 14位

    同族会社の株式贈与について

    同族会社の会長です。 相続対策に備え保有株を徐々に社長(長男)に贈与したいと考えています。 現在筆頭株主ですが,何年かかけて最低税率の範囲内で贈与していきたいと思います。 実際に贈与する株式数が決まったらなるべく今年中に手続きを行いたいのですが,贈与の日付はどうすればいいのでしょうか? 贈与の事実を証明するものとして何か書類を作成したほうがいいのでし...

  • 15位

    株を親の名義から自分の名義へ

    株を親の名義から自分の名義へ変えた場合、贈与税がかかるとのことですが、その贈与税はどの時点の株価にかかってくるのですか? 名義を変えた日ですか? 入庫した日ですか? 教えて下さい。

    A
    ベストアンサー
    このような動画があります。

    売買にかかる経費4 相続税・贈与税の株式評価額(00:06:45)

    参考URL:http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00045/v00080/v0008000000000334071/
  • 16位

    会社に貸し付けたお金はどうなるの?

    会社役員をしています。 会社の業績が悪く、本来受取る報酬(わずかですが)を受け取らず会社への貸付金としてきています。 会社は息子が経営していますが、貸付金の返済は良いよとした場合、贈与税がかかると税理士に言われましたが、これは避けようの無いことなのでしょうか? なお、会社は解散しても良いとも考えています。

    A
    ベストアンサー
    債権を放棄(会社から見れば債務を免除)する株主以外の株主には、贈与税のかかる場合があります。下記URLをご参照ください。
    http://www.ide-tax.com/column/2014/354/

    ただし、債務免除を受けてなお会社が債務超過である場合には、課税されません。
    http://fujii-cpa-office.com/taxation/saimumenjyo/

    解散を視野に入れていらっしゃるのですね。そうでしたら、会社がそもそも債務超過でないか、または債務免除を受けると債務超過にならなくなるのであれば、解散し清算に入ったときに、他の債務をすべて整理してなお残余財産があるかどうかで方針を決めてもいいと思います。この点を税理士に相談なさってもいいと思います。


    なお、連帯納付義務は、贈与税の場合には、贈与を受けた側の納税義務を贈与した側が連帯します。ご質問の場合、贈与を受けた会社には、法人税の課税される可能性がある一方で贈与税の課税される余地はありません。そのため、贈与税の連帯納付義務の生じる余地もありません。

    「税務のプロの税理士」は、ご質問者さんや息子さんに連帯納付義務のないことは分かっていると思います。
    債権を放棄(会社から見れば債務を免除)する株主以外の株主には、贈与税のかかる場合があります。下記URLをご参照ください。
    http://www.ide-tax.com/column/2014/354/

    ただし、債務免除を受けてなお会社が債務超過である場合には、課税されません。
    http://fujii-cpa-office.com/taxation/saimumenjyo/

    解散を視野に入れていらっしゃるのですね。そうでしたら、会社がそもそも債務超過でないか、または債務免除を受けると債... 続きを読む
  • 17位

    株式証券の名義変更

    父親は生存、株式証券の名義変更をすれば贈与税は発生しますか? 配偶者・孫に名義変更の場合も贈与税は発生しますか? 相続税と贈与税ではどちらが得でしょうか? 株式証券の名義変更についてくわしく教えてください。

  • 18位

    幸福実現党とは?

    憲法9条改正、北朝鮮のミサイルから日本を守る、消費税・相続税全廃などの主要政策をあげていますが、皆さんはこの政党をどう思いますか?

  • 19位

    持株比率が逆転していました。

    迂闊なことに、気が付いたら、社長である私の持ち株数比率が逆転していました。 1,共同経営者の持ち株比率35%、社長である私の持ち株比率41%で、長らく 会社を経営してきました。 平成8年に他の株主より贈与を受けたと称し、他株主所有分より、少しづずつ 自分の株式に繰り入れたようで、結果、持株比率が、彼45%、小生41% と逆転してしまいました。 会社の経営権を奪われ...

    A
    ベストアンサー
     似たような質問が以前にもあったと思います。
     譲渡制限のある会社では取締役会の承認の無い株式譲渡は無効です。
     ですから、会社としては従前の株主を株主として扱えばよいのです。もし彼の言う譲渡を受けたというのが本当だとしても彼の取れる手段は事実上の株主として、名目上の株主に影響力を行使できるだけです。
     株式譲渡制限は知らぬ間に持株比率が変わっていたというまさに今回のような事態を防止するためのものです。
     4の贈与税は株式譲渡の有効性とは全く無関係です。
     5の増資は株主割当で行ったのでしょうか、そうだとすれば新株引受権は従来の株主にあり、新株も従来の株主のものになると思います。
     7も会社にとっては譲渡は無かったのですから、当事者間で実際に譲渡がなされたか否かは関係の無いことです。
     8成立しません
     9事実がよく把握できていませんが、会社に損害を与えている訳ではないので当たらないと思います。
     10時効とは無縁の問題です。無効な行為は何も無いということですから、時間が経つと無から有生ずるということはありません。
     取消権が時効にかかるということはありますが、このケースとは異なります。
     
     似たような質問が以前にもあったと思います。
     譲渡制限のある会社では取締役会の承認の無い株式譲渡は無効です。
     ですから、会社としては従前の株主を株主として扱えばよいのです。もし彼の言う譲渡を受けたというのが本当だとしても彼の取れる手段は事実上の株主として、名目上の株主に影響力を行使できるだけです。
     株式譲渡制限は知らぬ間に持株比率が変わっていたというまさに今回のような事態を防止するための... 続きを読む
  • 20位

    同族会社の株について

    義理の両親が始めた会社を、私と主人でつぐことになりました。 上場もしていない、家族だけの小さな会社です。 現在株は義両親と祖母が保有しているのですが、 その株もいずれわたしと主人に全部渡したいと言っています。 1.この場合、私達は義両親と祖母から株を買うことになるのでしょうか? 2.譲渡の場合、贈与税のようなものがかかるのでしょうか? お金をかけずに株...

    A
    ベストアンサー
    1.株式を買い取ることは可能です。
    この場合、株式の時価よりも安く買うと、時価との差額が贈与税の対象になります。
    贈与税の非課税枠(一人で1年間に110万円以下)内であれば、贈与税は課税されません。

    2.無償で贈与を受ければ、贈与税の対象となります。
    贈与された株式の価格が、贈与税の非課税枠(一人で1年間に110万円以下)内であれば、贈与税は課税されません。

    贈与税がかからないようにするには、1年間に110万円以内に収まるように、何年かに分けて行ないます。

    同族会社の株式の時価を計算するには、特殊な計算をします。
    詳細は、下記のページか、参考urlをご覧ください。
    http://www.crosstalk.or.jp/database/zeisei/03/26/01.htm

    専門的な知識が必要になりますから、税務署か、税理士に相談されたらよろしいかと思います。

    参考URL:http://www.imanaka-kaikei.co.jp/news-bac12-06.htm
    1.株式を買い取ることは可能です。
    この場合、株式の時価よりも安く買うと、時価との差額が贈与税の対象になります。
    贈与税の非課税枠(一人で1年間に110万円以下)内であれば、贈与税は課税されません。

    2.無償で贈与を受ければ、贈与税の対象となります。
    贈与された株式の価格が、贈与税の非課税枠(一人で1年間に110万円以下)内であれば、贈与税は課税されません。

    贈与税がかからないようにするには、1年間に11... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 33 次の結果→