【起業 アメリカ】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    アメリカ起業してグリーンカードの取得

    アメリカ人の友人から聞いたのですが、 もし、アメリカの国籍を持たないものが、アメリカ起業し、アメリカ人を雇うとグリーンカードを取得できると聞いたのですが、それは本当でしょうか?

    A
    ベストアンサー
    『EB-5 immigrant investment visa』を満たせば取得可能です。
  • 2位

    アメリカ起業する際の書類について

    タイトル通り、アメリカ起業しようと思っています。 ビジネスライセンスを取得したいと思っていますが、具体的にどのような書類の提出が必要なのでしょうか? 提出すべき書類のダウンロードが可能等の参考URLがあれば教えて下さい。

    A
    ベストアンサー
    小生は現在日本におりますが、米国で会社を設立しました。簡単に言えば、小規模なもので在ればSmall Business Consultantという業種の方がおりますので、相談されたらよろしいかと思います。ご自分で行う場合は、日本で言うところの登記所が在りますので、設立したい旨伝えると用紙がもらえます。必要事項を書き込んで50ドル程度15年ほど前でしたが、払いました。つまり100ドルも在れば日本で言うところの株式会社が設立出来ました。大規模なものでは、弁護士をみつけて相談する必要が在ります。また会計士、あるいは税理士も規模がおおきくなれば必要になります。専門の方に頼まない場合は登記や、税務上の書類など、結構面倒な作業が在ります。
    小生は現在日本におりますが、米国で会社を設立しました。簡単に言えば、小規模なもので在ればSmall Business Consultantという業種の方がおりますので、相談されたらよろしいかと思います。ご自分で行う場合は、日本で言うところの登記所が在りますので、設立したい旨伝えると用紙がもらえます。必要事項を書き込んで50ドル程度15年ほど前でしたが、払いました。つまり100ドルも在れば日本で言うところの株式会社が設立... 続きを読む
  • 3位

    アメリカ起業

    アメリカ起業予定の者です。 現在既にあるレストランを買収し、そのまま引き継いで経営する、という方法で ロサンゼルスにてビジネスをする方向で、今動いています。 先日気にいるレストランが見つかり、オファーをかけたのですが、 売り手のオーナーさんから、その金額では売れない、との返事が来ました。 元々出したオファーも、買値をすべて最初に払ってしまう...

  • 4位

    アメリカ起業

    私は、将来アメリカで会社を作りたいと考えています。 そこで、ビザとかの申請はどのようにすればよろしいのですか? 普通は、会社に入ってそこで申請手続きをするとあったのですが、起業する場合どのようにすればよいのでしょうか? 何かありましたら、補足いたしますので、アドバイスお待ちしております。

    A
    ベストアンサー
    こちらは,今日は独立記念日で祭日でした。 返事が遅くなり,ごめんなさい。

    詳しい返事をいただき,状況が良く割りました。 では,それに基づいて,考えを言わせてください。

    >まず、語学についてですが、今の段階ではネイティブの話についていけませ>ん。私は文系の生徒ですが高校は商業学校だったので、英語の勉強は中学校>で終わっていました。

    ほとんど場合,中学の英語で十分です。 高校で習う英語はすでに,意味のない(ちょっと言いすぎですが)英語になってしまっています。 

    >でも去年にカナダの女性と付き合い英語に多く接して>いるうちに飛躍的に>英語力が伸びました。
    英語(外国語)を習う野に,一番手っ取り早い方法は,恋に落ちることです。(笑) つまり,自分がコミュニケーションをしなくてはならないと実感するからです。 言葉を習う実力は,誰にでもあります。 習いたいという思う気持ちが本当なのか,一時的なものなのかの違いですね。

    >しかし、英語を読むことは非常に苦手です。
    自分の弱い点(強くしなくてはならない点)が分かっていますね。今のうちにこの点を直さなくては,文字でコミュニケーション(今では,ほとんどメール)でメーカーと,商談できなくなります。

    >日本で働きながら、勉強すればとアドバイス頂いたこともありましたが、私>はそこまで器用ではなく、何事も一本に絞ってしまう傾向があるので、自分>では無理ではないかと考えています。
    では、はっきり言って,いまから、フルにコミュニケーションせざるをえないインターナショナルの仕事はやめた方がいいですね。又,仕事の中で,一番器用さを必要とし,又、何から何まで自分でやらなくてはいけない起業も,とてもじゃないですが、無理ですね。 語学の問題より,この性格的なものを改善する方が,将来にとって,何をするにも,有利になると思います。
    はっきり言って,サラリーマンになって,専門的な仕事を一本に絞って仕事して,スペシャリストになるほうが,いいのじゃないかと思います。 起業って,そんなに生易しいものじゃありません。 一億ぐらいの金があれば,あとは,出来る人材を雇えばいいことですが,それでも,人をいかに効率に動かすかと言う,金では変えない能力を持っていなくてはなりません。

    日本で働き,日本で必要は知識・経験を積み重ね,語学は語学で,日本にいようとアメリカにいようと,本当に習いたければ,十分習えます。 日本でも習う気持ちがなければ,こちらにいるESLの生徒と同じ事になります。 日本で英語を出来る人たちのほとんどが,日本で習ったということを忘れないで。
     
    >日本に流すについてですが、すべて(最初は)ネットを通して取引を行いた>いと考えています。ネットで商品購買層が望めそうなサイトに広告を載せ集>客しようという考えです。貿易に関する知識は、学生としていったときに
    >LOSでそのような業者さんにアドバイスをもらいながら知識を深めるつもり>です。
    出来ればいいですね,としかいえません。

    >私のプランでは、2,3年後会社と契約を取るために交渉に入ると予想を立>てています。ちょうどそのころにその商品は完成すると考えています。
    ひとつ,疑問があります,ないですか? 2,3年後とのことですが,それまでに,他の会社が契約をしないと言う確率は? 又,メーカーは出来上がるまで,何か世界中に公表しないと言う確率は? 日本の大手(小さいところでも)魅力的な条件(パテント料を全額払うとか,年間何千万円の宣伝費を投資するとか,インターネットだけでなく,が依存のセールスネットワーク使うとか)で、口約束を破りざるをえないと言う事は?

    >専売契約を取る際は、弁護士と一緒にプレゼンしようと考えています。理由>はその商品は少々人の体に影響する商品なので、製造物責任法の問題等等、>非常に契約をとるのは至難になるのは予測しております。
    専門にすでにやっている会社にとっては,問題じゃありませんよ。 又,彼らの人脈で、政治家も動かせますよ。 製造物責任法は日本においてですね。 それでは,当事者として,知っておかなくては,弁護士が知っていても,それに対しての対応の責任はあくまでも貴兄にあります。 本当の事を言うと,弁護士と呼ばれている人たち,結構,無知な人がいますよ。(怒られるな,これは、でも,本当なんだから仕方ない)

    >人脈や競争相手は無数にいる事を考えていると、厳しさをすでに感じており>ます。でも、難しいからこそ挑戦してみたいのです。
    よかった。 それでいいのです。 難しいからやるんですよね。 小生もそうです。 そうじゃなくちゃ,人生、面白くないじゃないですか。 

    >今は、親を説得するという大きな壁に直面しています。頑張ります!!説得>して見せます。彼も起業家だし、応援してくれるのを期待しています。
    父上が企業家だからこそ,反対してはいないけど,納得していないのではないかと思います。 起業して分かる事ですが,お客でも,父上でも,説得してもしょうがないのです。 言葉で説得するのではなく,体で見せて,納得させな来れば。 「どんなに大変でも,やりぬく,だから,応援してください」と言う事を体で見せた事はありますか。 父上は親です。 応援する事が,息子のためになることであれば,何が何でも,お手伝いしてくれると思います。 毎日,ラジオでFENを聞いていますか(目がさめてから寝るまで)? 英語のビデオを見ていますか? 英語の本を読んでいますか? インターネットでアメリカのサイトを見ていますか? 

    努力は,アメリカに来てからじゃなく,今しなくてはならないのです。 頑張る力を今、つけなくてはならないのです。 その事が,父上に実感として受け入れれば,OKはすぐ出るはずです。 アルバイトも,レストランの皿洗いでもいいじゃないですか。 一生やるんじゃないですからね。

    >最後に自分の夢は4万人を雇う商社を作ることです。そのために目標をひと>つひとつクリアして行こうと思ってます。
    いいですね。 サラリーマンで成功するより,はるかに大変な起業。やることは沢山あります。ありすぎます。 苦労も,サラリーマンの何十倍もします。 やれば出来るんじゃなくて,何をしなくてはならないかを見抜く力がない限り,何を目標としなくてはならないか分かりませんからね。

    >補足になっていないような気がしますが、人脈作り、ビジネス英語などのア>ドバイスありましたら、よろしくお願いします。
    人脈作りは,より多くの人に会う,その人が好きであろうと嫌いであろうと。そして,その人がいかに自分にとって{得になる」かを見えるようになる力をやしなう。 何年もかかるかもしれませんよ。 ビジネス英語は,まず英語を使えるようになること。 ビジネス日本語もありますよね。でも,普通の日本語が出来ないで,ビジネス日本語は出来ませんよね。 アメリカに来ても,英語がつかえるようにはなりません。 まず,出来る事を今日本でやる。 やる気がないのなら,やめなさいと言うのが,小生のアドバイスです。 アルバイトを日本でやることで,勤め先(大人の世界・ビジネスの世界)の勉強が出来ます。 アルバイトただ単にお金を作る場所と考えていたら,時間の無駄です。 仕事場で,いろいろなことを習う、人脈を作る代位一歩になる可能性はあります。 頑張って書事をすれば、そこのオーナーに目に入り、いろいろな事(起業についても)を教えてくれるはずです。 又,何を習わないかも押してくれるはずです。

    ロスで,貿易事務的なことをやっても、貿易会社の事務員の資格は取れるでしょうけどね。

    非常に長くなりましたが,4万人がついてくるようになるには,そこまで行くまでのいばらの道が待っています。 簡単に成功したという話はどこにもあります。 しかし,その当事者になるには,宝くじであたるより少ないのです。 他の成功者はすべて,髪にはかけない量の苦労があるのです。

    やりたくないこともやる力をつけてください。 頑張ってください。
    こちらは,今日は独立記念日で祭日でした。 返事が遅くなり,ごめんなさい。

    詳しい返事をいただき,状況が良く割りました。 では,それに基づいて,考えを言わせてください。

    >まず、語学についてですが、今の段階ではネイティブの話についていけませ>ん。私は文系の生徒ですが高校は商業学校だったので、英語の勉強は中学校>で終わっていました。

    ほとんど場合,中学の英語で十分です。 高校で習う英語はすで... 続きを読む
  • 5位

    アメリカ起業する際の税金

    現在、ぼくは日本在住で、アメリカに会社を設立してアメリカ向けにオンラインストアを始めようと思っています。 そのストアの製品や販売方法、決済方法などはすべて整っています。 ただこれをすべてするにはアメリカ法人になる必要があります。 そこで僕はネバダ州でLLCを立ち上げるために色々リサーチをしています。 そこで未だに不明なのが税金です。 日本在住の日本...

  • 6位

    アメリカ起業、日本で運営する場合の税金

    アメリカのデラウェア州では簡単に安く会社設立できることを知ったのですが、アメリカで設立した会社を日本で支店の登記をせず運営して利益をあげた場合、税金はどうなってくるのでしょうか?

  • 7位

    アメリカでの起業

    アメリカでレストランを開業したいと考えているのですが、なかなか情報収集が思うようにいきません。 コンサルタントなどに以来をすると1時間100ドルくらい以上のお金がかかってしまうため、極力自分で計画を進めて行きたいと思っています。 今は事業計画書を作っている段階で行き詰っています。 よい情報収集の方法をご存知でしたら是非お教えください。 よろしくおね...

  • 8位

    アメリカから日本向け海外通販 起業時の手続き

    アメリカ在住で、夫はアメリカ人、私はグリーンカード保持者です。 アメリカに移り住む際、出国届けを出し、日本に住民票はありません。 税金はアメリカにのみ納めています。 この度、ネットショップ(個人事業)を始めようと考えております。 アメリカで仕入れた子ども服などを、ネットショップなどを使用し、日本へ販売する予定で、 その売り上げは日本の銀行口座に入...

  • 9位

    アメリカ在住 日本でネットショップ起業できますか?

    主人の仕事の関係でアメリカへ在住しております。 主人は労働許可があるVISAなのですが、わたくし自身はアメリカでの労働許可がないVISAのため 日本の住所を拠点にネットショップを開設し、日本のお客様向けに仕事を始めたいと考えております。 商品をアメリカで仕入れ、アメリカから日本へ発送し、お客様からは日本の銀行へ振り込んでいただく方法を取ろうと考えており...

  • 10位

    最近起業しました。頼まれて、アメリカのナノテクノロジー技術から生ま...

    最近起業しました。 頼まれて、アメリカのナノテクノロジー技術から生まれた消臭剤を輸入します。 機能は優れていますが、価格もある程度高価です。 どのような分野が向いているでしょうか? 臭いで困っている具体的用途があるでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    人間用に考えると、薬事法などで導入するまでで大変です。
    また、産業用では、コストとの見合いで直感的に不可能。

    と思うのです。
  • 11位

    ビジネスモデル特許

    今、画期的なビジネスモデルを提案して起業しようと思っているのですが提案中のビジネスモデルによく似ている起業アメリカで見つけてしまいました。 扱う商材とお金の儲け方は同じでした。 この場合はビジネスモデル特許に引っかかるのでしょうか

    A
    ベストアンサー
    ご質問の趣旨は

    1.kkk96さんの提案がアメリカの会社の特許に抵触していて、提案するとアメリカの企業に訴えられて、まずいことになるのかどうかを知りたい。

    2.アメリカの会社がkkk96さんの特許に抵触するので、訴えてやめさせることができるかどうか知りたい。

    のどちらでしょう?

    2であるのなら、#1の方の回答の通りで、kkk96さんは提案しただけで特許の申請をしていませんから、アメリカの会社に対してkkk96さんが打つ手はありません。

    1であるなら、その企業が特許を取得しているかどうかは、アメリカ特許商標庁で調べればわかります。
    http://www.uspto.gov/#
    ご質問の趣旨は

    1.kkk96さんの提案がアメリカの会社の特許に抵触していて、提案するとアメリカの企業に訴えられて、まずいことになるのかどうかを知りたい。

    2.アメリカの会社がkkk96さんの特許に抵触するので、訴えてやめさせることができるかどうか知りたい。

    のどちらでしょう?

    2であるのなら、#1の方の回答の通りで、kkk96さんは提案しただけで特許の申請をしていませんから、アメリカの会社に対してkk... 続きを読む
  • 12位

    起業

    アメリカでは起業で失敗しても家も財産もそんなになくらなく 再度、起業する人が多いと聞くが 日本で一度失敗し もう一度日本で起業しようとした場合 投資など受けられるのでしょうか。

    A
    ベストアンサー
     NHKのテレビで見たことがありますが、「日本では1度失敗すると再起できないのに対して、アメリカでは」というふうに言っていました。

     アメリカでは、事業を潰すと「欠点を反省して、次は成功する可能性が高くなる」と考えるそうですね。

     で、資金提供の仕方も「投資」だそうです。

     ですから、ダメになったときに損をかぶるのは投資者(成功した時の見返りも巨大になる可能性)。

     日本は「一度失敗した人は、また潰すんじゃないか」と考えるようですね。

     資金提供も「貸す」方式なのだそうです。

     資金提供者が受けるのは利息だけですが、失敗しても損はありません(破産されると元金も戻りませんが)。

     だから企業をめざす人は渡米して、そういう企業を志す人に対して投資する組織のあるアメリカに行くのだそうです。

     但し、アメリカでは例えば大学教授でも研究費獲得のため、自分でいろいろな組織に研究の重要性・成功の可能性などをアピールして、自分で援助者を捜さなければなりません。

     日本のように、銀行に顔を出してイエスかノーか審査を、みたいな簡単な話ではありません。

     その分野については素人である投資者にも分かるように説明する能力が不可欠ですし、断られても断られても別な人に説明に行くみたいな不撓不屈の精神が必要で、性格によってはアメリカは不向きだという場合もありそうでした。

     そんな話をNHKでやっていたのはかなり前ですが、少なくても日本側の状況はまだ変わっていないと思います。

     
     NHKのテレビで見たことがありますが、「日本では1度失敗すると再起できないのに対して、アメリカでは」というふうに言っていました。

     アメリカでは、事業を潰すと「欠点を反省して、次は成功する可能性が高くなる」と考えるそうですね。

     で、資金提供の仕方も「投資」だそうです。

     ですから、ダメになったときに損をかぶるのは投資者(成功した時の見返りも巨大になる可能性)。

     日本は「一度失敗した人は、ま... 続きを読む
  • 13位

    アメリカのヤフーの中で探したいカテゴリーがあります

    yahoo.com の中で探したいカテゴリーがあります。 カテゴリは 「起業」とか「独立開業」とか 実際探しているのは、アメリカ起業情報が載っているサイトです。 例) アントレプレナー誌 とか ご存じの方教えてください

    A
    ベストアンサー
    これでは、如何でしょうか?

    参考URL:http://search.yahoo.com/search?y=y&p=entrepreneur&e=944695&f=0%3A2766678%3A2718086%3A8101%3A27755752%3A73812%3A73935%3A9
  • 14位

    世界に会社を置く企業の利益はそれぞれの国の利益によって分配している...

    世界に会社を置く企業の利益はそれぞれの国の利益によって分配しているのでしょうか? 例えば ・アメリカ起業した。 ・日本にも同じ会社を建て、日本人を雇い、社長も日本人である。 ・するとアメリカでは不景気になったが、日本では好成績だ。 ・アメリカ本社では赤字状態でも日本では利益が得られている状態ならば、日本で得た利益は起業したアメリカ本社の利益な...

    A
    ベストアンサー
    世界的な大企業の場合、各企業、各国によって変わってくると思います。
    例えば昔のトヨタは日本で作って、アメリカで売っていたので
    貿易摩擦でトラブルになりましたが
    今では、有る程度アメリカに貢献しているので、貿易摩擦が少なくなっていると思います。
  • 15位

    アメリカンドリーム(起業成功)を達成した日本人

    こんにちは。 最近、アメリカンドリーム(起業成功)を達成した日本人があまりいないなぁとふと思いました。 自分が知っているのは、ロッキー青木ぐらいです^^; やはり、異国民という事がネックなのでしょうか? 自分的にはもうちょっとアメリカンドリームを達成した日本人がいてもいいような気がするのですが・・・。 将来アメリカ起業してみたいと思っているので、ぜ...

    A
    ベストアンサー
    アメリカではイチローに次ぐと言われるほど有名人が、
    起業に成功した吉田さんがいます。

    参考URL:http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=07798
  • 16位

    人生のどん底からの打開策をアドバイスお願いします。

    私は50才代の男です。 アメリカ在住で起業がうまく行かず、仕事を探しに日本の来てます。 50才代のまともな仕事はありません。 パートで稼ぐくらいが精一杯です。 しかしアメリカに残した家族を養うために仕送りをしなければなりませんが、パートでは自分の 食い分で精一杯です。 もう経済破綻も間近です。 似たような経験をされた方、または以外の方どなでもいいです...

  • 17位

    アメリカ市民権の価値

    こんにちは、アメリカの永住権を持ってる高校2年生です。 台湾人と日本人のハーフで台湾と日本のパスポートをも持っています。 今台湾のインターナショナルスクールに通っているのですがアメリカの大学に行くか日本で帰国子女大学受験するかで迷っています。 親は二人とも私がアメリカの大学へ行って四年間住んで成人する前に市民権を得て欲しいと望んでいます。 親に...

  • 18位

    アメリカのビザと就労について

    はじめて質問させていただきます。 まず私は今アメリカにF-1ビザで留学しており、現在も大学在籍中です。 ちょうど7ヶ月目ぐらいです。 卒業までの4年、ここにいる予定です。 ちなみに日本国籍の日本人です。 先日、アメリカでの起業を決意し、いろいろ動き出しましたが、F-1ビザでは一切の就労が禁じられているんです。 そこで、どうやったらアメリカで就労権が得られ...

    A
    ベストアンサー
    参考 URL にあるように、就労可能ビザのうち一般的なものは

    短期就労ビザ (H)  -  あらかじめ定められた専門職または高度な技能に基づく短期間の雇用または米国で不足している労働者の短期的な補充または雇用主による研修のためのものです。就労または研修には、将来の雇用主が提出した請願書に基づく米国の移民局の事前承認が必要です。

    企業内転勤者ビザ (L-1)  -  企業内転勤者ビザの区分にりより、複数の国で事業を行なう多国籍企業が管理職・幹部社員を米国に転勤させることが可能になります。雇用主は、ビザ申請書の提出前に、まず米国の移民局から社員の転勤の承認を得る必要があります。

    貿易駐在員・投資駐在員ビザ (E-1およびE-2)  -  米国が通商航海条約を結んでいる国に国籍があり、主として米国と条約国間のサービスや技術に関して相当額な貿易を行なうこと、多額の資本を既に投資している、または投資のプロセスを進めている事業の展開や監督のために渡米しようとしている人に非移民条約貿易商・条約投資家ビザが発給されます。

    となります。F-1 で卒業しただけでは L-1 の取得は不可能です。また H はあくまでも雇用が前提です。従って No.1 の回答には大きな誤解があります。

    詳細は質問者自身で調べていただきたいのですが、確か F-1 で卒業しますと、一年間有効の労働許可がでる筈です (名称は忘れました)。U.S. の大学を卒業後こちらで就職している日本人は、多く一年目はこれで対応し、雇用者の VISA Support を得て H-1b を取得し、就労を継続、これは一回更新可能で 3 年間ですから、この都合 6 年の間に Permanent VISA (Green Card) を取得しているケースが多いようです。

    起業となりますと、L (両国にまたがる会社内での転勤)、H (将来の雇用者の保証、すなわち雇用者の存在が必要) は無理で、強いて言えば E-2 (investiment) しか考えられません。しかし、現在この審査は結構厳しくなり、資本投下だけでは、なかなか認められません。一旦どこかに雇用され H-1b を取得後、会社を設立し Roll over は不可能ではありませんが、実際のところはわかりません。

    具体的に実行可能な Idea は相当に難しく、無料で一回は相談に乗ってくれる移民弁護士事務所もありますから、そちらへ問い合わせたほうが、確実でしょう。

    参考URL:http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-h2.html
    参考 URL にあるように、就労可能ビザのうち一般的なものは

    短期就労ビザ (H)  -  あらかじめ定められた専門職または高度な技能に基づく短期間の雇用または米国で不足している労働者の短期的な補充または雇用主による研修のためのものです。就労または研修には、将来の雇用主が提出した請願書に基づく米国の移民局の事前承認が必要です。

    企業内転勤者ビザ (L-1)  -  企業内転勤者ビザの区分にりより、複数の国で事業... 続きを読む
  • 19位

    日本経済の他者性(比較)がない

    日本経済ってむしろドイツより高機能や故障のすくないものを作り、でもアメリカほど起業ができないというようなくらいの認識かと思います。 近くに先進国はかろうじて、アジアNIESがあるくらいでそれも人口など小国も多く、比較対象も少ないような気がします。 ですので万能主義とかただ列挙されているのか金融、起業のダイナミズム、製造業、ホスピタリティ、観光など...

    A
    ベストアンサー
    中国を除くと日本以外のアジアの国々は経済規模が小さく人口も少ないので、一国では大きな市場を形成できないのです。日本ではガラパゴス現象と言って非難されていますが、日本だけに適合したものだけで製品市場が成り立つからです。その点では韓国や台湾よりも恵まれた国なのです。
    リスクを取らない国民性との指摘ですが、日本はリスクを取れない社会なのです。不動産担保や連帯保証人や一族責任などと起業に失敗した時のリスクが高すぎるのです。少しずつ改善されつつありますが、社会の目が許さないのです。成功しつつあるベンチャー企業でも少し資金繰りで行き詰まると大手に取られています。銀行も本気で育てようとはしていてません。
    国際的分業は必要ですが、何時かは競争相手になる国と分業するのではなく、競争相手にならない資源国と分業するのが好ましいのです。たとえばオーストラリア、チリ、インドネシアなどの環太平洋の資源国です。
    中国に負けていては日本の将来はありません。中国にのこのこと出て行った企業は馬鹿者だと思っています。
    中国を除くと日本以外のアジアの国々は経済規模が小さく人口も少ないので、一国では大きな市場を形成できないのです。日本ではガラパゴス現象と言って非難されていますが、日本だけに適合したものだけで製品市場が成り立つからです。その点では韓国や台湾よりも恵まれた国なのです。
    リスクを取らない国民性との指摘ですが、日本はリスクを取れない社会なのです。不動産担保や連帯保証人や一族責任などと起業に失敗した時のリス... 続きを読む
  • 20位

    卸売をしている会社について

    当方米国在住なのですが、日本製のアパレルを日本から輸入してアメリカ起業してネット販売したいと思っています。 Webで見つけた会社で業種の欄に卸売・小売業、業務内容の欄には衣料品の製造、卸売、従業員2人と書いてあります。 こういった感じの会社にいきなり電話して、商品を卸してもらえる確立は低いのでしょうか? 日本へ行って、実際会って「卸してください」...

←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→