おしりの悩み、あきらめたくない。 大人のためのおしりトラブル座談会

おしりの悩みといえば、痔を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

痔は恥ずかしい悩みではありません。成人の半数以上は痔を患っている(※)と言われているほど、
現代人にとって身近な悩みです。相談しづらいけど、なんとかしたい…。
今回は、おしりトラブルに悩む女性3人が集まり座談会を開催。
すっきりした毎日を過ごすために、いい方法はあるのかを語り合いました!
※諸説あります

  • 池田 麻衣さん [32歳]

    体のメンテナンスではじめたヨガの世界にはまり、今ではヨガインストラクターとして活躍中。

  • 小川 あやさん [29歳]

    3歳の息子がいる。趣味はテーマパークへお出掛けする用の子ども服を手づくりすること。

  • 佐々木 樹里さん [30歳]

    3歳と5歳の息子を育てながらケーキ屋の販売員として働く。趣味はこの春にはじめたヨガ。

OSHIRI TALK01 私たち、おしりトラブルに悩んでいます!

アイスクリームや冷たい飲み物が好きだけど、お腹をこわすから控えていて。

お腹をこわしたときに何がつらいかって、トイレに行ったときにおしりが…ね。

おしりが…ヒリヒリする?

うん、トイレのあとしばらくするとおさまるときはいいけど、ひどいときは椅子に座るのもつらくて。

痛いときもあれば、かゆくなるときもあるかな、あと、ティッシュで拭いたら血がついたことも。

そうそう、便秘が何日も続いたときにはね。なるべくトイレに行く回数を減らしたいから、アイスクリームは禁止してる(笑)

私はお酒を飲んだときがつらい。みんなで飲んでいると楽しくて思わず強いお酒に手を出してしまって。次の日にお腹をこわしてしまって大変。

楽しくてつい呑んでしまう気持ちはわかるけど、つらそう…。

実は、私もおしりトラブルの経験があって、出産したときが大変だった。2ヶ月くらいずっとおしりがつらくて、母乳を飲ませるのも大変だった。

私も出産のとき…思い出しただけでおしりが痛くなる(笑)

出産を経験してからおしりトラブルに悩むようになったってよく聞くよね。

おしりトラブルにお悩みの方はこちら

POINT 実は男女でなりやすい痔の種類には違いがあります。

【出典】男女別にみた三大肛門部疾患の外来における新患数(1960年~2004年社会保険中央総合病院・大腸肛門病センター症例)寺本龍生編:肛門部疾患診療最前線: 2007.

  • なんだかおしりがムズムズする。
  • 物を持ち上げようと屈んだ時に、おしりに痛みを感じた。
  • 痛みはないのにトイレットペーパーに血がついていた。
  • 排便時に強い痛みがあり、トイレに行くのをためらってしまう。
  • トイレの後でも、まだ便が残っている感じがする。

OSHIRI TALK02 現代人にとっておしりトラブルは当たり前?!

おしりのトラブルって、私だけじゃなかったんだね。

2人とも出産までは大丈夫だったの?

私はおしりのトラブルは一度もなかった。妊娠中に便秘になって、それからよく下剤を飲むようになって少しずつおしりがヒリヒリするようになった。出産のときに思いっきりいきんだのが決定的で…。しばらくは頻繁にお腹をくだすようになっていたけど今はだいぶ落ち着いたかな。

私なんて中学生の頃からずっと便秘で悩んでる。今はもう馴れたけど、トイレのたびにおしりが痛くてつらい思いをしてた。思春期だったから恥ずかしくて誰にも相談できなくて、一人で抱えてた。

若い頃は相談しにくいよね。私は友だちにも親にも話してたけど(笑)

おしりトラブルのときは色々と我慢しちゃうかも。本当に痛いときは立ったり座ったりするだけでつらくて動けない。

外出は考えちゃうね。テーマパークに遊びにいったときとか、高速道路のサービスエリアのトイレとか。混雑している場所に出掛けるときは億劫。トイレに行きたくなくても早め早めに行くようにしてる。

長時間座りっぱなしもしんどいよね。映画館とか海外旅行で乗る飛行機とか、痛くなってきたら我慢するしかない(笑) 今している販売員の仕事は立ち仕事だからましだけど、もしかしたら座るのが無理だから無意識にこの仕事を選んだのかも…。

さりげないことかもしれないけれど、おしりトラブルでやりたいことができなかったりするんだよね。

おしりトラブルにお悩みの方はこちら

POINT 妊娠中や出産後は痔になりやすい

妊娠中や出産前後には、おしり周りのトラブルが多く、特に妊娠中期・後期での痔の発症率は高いと言われています。

【参考】※1 Gojnic, M. et al.: Clinical Experimental Obstetrics and Gynecology, 32: 183, 2005.(海外データ)

おしりメモ

妊産婦が患う痔は、なんと95%以上がいぼ痔!
妊娠中は、赤ちゃんの成長とともに大きくなった子宮が、直腸や肛門部を圧迫することで、うっ血をきたし、痔になりやすくなります。

【参考】※2 Poskus, T.et al.: BJOG, 13: 1666, 2014.(海外データ)

OSHIRI TALK03 おしりトラブルに負けないために、どんなケアしてる?

おしりトラブルのために普段からできることってあるかな?

基本は、長時間同じ姿勢で座り続けないこと!

お風呂のときだと、デリケートな部分は手で洗うようにしてる。あと、お湯はぬるま湯にしてる。なるべく刺激を与えないようにすることが大事かな。

自宅ではトイレの温水洗浄機能を使うけど、屋外では使わないのでトイレに流せるタイプのウエットティッシュを持ち歩いてる。トイレットペーパーだと硬くて痛いし、おしりを切っちゃうことがあるから。

生活改善ではないけれど、朝ご飯をしっかり食べて、朝にちゃんとトイレに行くようにしてる。

痛みが長引くときは薬に頼ることってある? 私は使ったことなくて。

私も使ったことない。痛みを我慢しながら放置してる。薬は使ったことがないからなかなか手を出せなくて…。

私は使ってるよ。おしりに塗るタイプのものが多いけど、中に注入できるチューブタイプも使ったことある。出産を機におしりトラブルになる回数が増えて。

病院に行ったことはある?

病院に行くほどでもないかなって勝手に思っちゃう。デリケートな部分だからかな。それに、子どもがいると行くタイミングがないし、男性の先生だと恥ずかしいしね。

確かに。市販薬でケアできるならその方が嬉しいかな。

次いつおしりトラブルになるかわからないから、薬を常備していくのもケア方法のひとつかも。

おしりトラブルにお悩みの方はこちら
教えて!goo 編集部からのおすすめ情報

おしりの悩みにはボラギノール!

おしりの調子が悪くて、やりたいことを諦めたことはありませんか?
痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状を緩和したい方に
おすすめなのが、天藤製薬の「ボラギノール」。
約100年前にボラギノールを創製して以来、
健康でありたいと願われるお客様のお気持ちを大切に、
安全性と有効性に対し、こだわり続けられてきました。
おしりに違和感を感じたら痔かもしれません。
そんなときは「ボラギノール」を試してみて。

痔は大きく分けて3種類

痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」
肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」
肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。

4つの有効成分

ボラギノールAシリーズは4種の有効成分が痔による
痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。

  • 炎症をしずめる「プレドニゾロン酢酸エステル」
  • 痛みやかゆみをしずめる「リドカイン」
  • 傷の治りをたすける「アラントイン」
  • うっ血の改善をたすける「ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)」

肛門の内と外の痔に
ボラギノールA注入軟膏

ステロイドを配合しています

類医薬品

主に肛門の外側・肛門付近の痔に
ボラギノールA軟膏

ステロイドを配合しています

類医薬品

主に肛門内側の痔に
ボラギノールA坐剤

ステロイドを配合しています

類医薬品

OSHIRI TALK04 「痔かも?」と気になるときはボラギノールがあるから安心!

痔の薬と言えば「ボラギノール」がパッと思い浮かぶね。

TVCMが流れているからね。

私、使ったことあるよ。

患部に塗っても痛くなかった?

うん、私は何も感じなかった。

注入軟膏は思っていたより小さめだね。これなら使えそうな気がする。

注入だとちょっと抵抗感あったけど、痛みを緩和させたい気持ちの方が強いし、一度使ってしまえばすぐに馴れたかな。

痛みやかゆみを感じたり、出血して「痔かな?」って思ったら、ボラギノールを使ってみるのもいいかも。

お店で買うのが恥ずかしくても、今はネットで気軽に買えるしね。

まずは注入軟膏なら、注入もできるし、外にも塗れるから、いいかも。

注入軟膏は個別包装されているから、バッグに入れたりして持ち運びもしやすいしね。

外出の時に使えるのは嬉しいね。

母親も私と同じで悩んでるから、早速ひとつ買っておこう。

私は自分用と、あと旦那用に(笑)

提供:天藤製薬株式会社

おしりのトラブルについて詳しくはこちら トップへ戻る

皆様のご意見をお聞かせください

今回の特集について参考になりましたか?[必須]
記事を読む前に「ボラギノール」をご存知でしたか?[必須]
「ボラギノール」に興味を持ちましたか?[必須]
「ボラギノール」を購入したいと思いましたか?[必須]
性別[必須]
年齢[必須]
家族構成[必須]