デキる男は「おしり」に悩みを抱えてる!? デキる男が教えるおしりトラブル対策 3つのこだわり

本当にデキる男は、何をしてもカッコいい。その理由は一つ。格好つけていないから。
たとえばおしりトラブルになったとき。
隠すのではなく、ストレス社会に生きる現代人にとっては「がんばる人の勲章」として
前向きに捉え、スマートにおしりケアをしている。
今回は、そんな素敵な男性に、どんなおしりトラブルを抱え、
どのように対策しているかを教えていただきました。

斎藤さん 36歳。
メーカーからIT企業へと渡り歩き、現在の外資系商社へ。あらゆる社員から「デキる男」と認知されており、だからといって気取った様子もなく、年上から相談されることも多い。プライベートは謎に包まれている。
アサイーボウルで
  健やかモーニング

ブラジル原産の果物であるアサイーは、ポリフェノールや鉄分、食物繊維、カルシウムが豊富なスーパーフルーツ。アサイー自体の味はクセがないので、イチゴやバナナなどのフルーツと牛乳、ヨーグルトを混ぜて手軽に美味しく食べることができます。デキる男は朝食をアサイーボウルにする健康法をはじめています。

− デキる男は仕事もプライベートも完璧で、悩みとか苦労はないように感じますが、実際はいかがでしょう?

私がデキる男かどうかはさておき…。顔には出ていないかもしれませんが、プレッシャーというかストレスはありますね。関わるプロジェクトの一つ一つが大きくなっており、失敗すれば会社に大きな損失をもたらしますので毎日が戦いのようです。さらに、いつも周りからの期待を感じている分、常に期待以上の成果をあげなければならないので、知らず知らずのうちにストレスがたまっています。

− なるほど。きっと私たちの想像以上のストレスを抱えていると思いますが、ストレスが原因で何か体に不具合が生じることはありませんか?

よく食べるし、睡眠もしっかりとっています。生活リズムもなるべく崩さないようにしています。体への支障といえば数年前からストレスが原因で便秘になったりします。それと、忙しいときは食べられるときに食べようとするので暴飲暴食をしてしまい、よく下痢にもなってしまいます。便秘と下痢をくり返した結果、おしりに痛みを抱えるようになりました。

− お腹の調子が原因でおしりが痛くなるんですね?

そうなんです。便秘になったり下痢になったりとお腹の調子が不規則で…。それでトイレに何十分もこもったり、何度もトイレに入ったりと。そうしている内に、おしりに痛みが生じるんです。

− 確かに、何度もトイレに行くと痛くなりますよね…

最初はトイレから出た後にしばらくヒリヒリとするような感覚でした。我慢できなくもない痛みでしたが、長時間座っていると痛みが増してきて…。ときどき用を足したあとに出血することもあります。色々と調べてみると、どうやらこれは「痔」らしいと。

−なるほど!まさかストレスから痔につながるとは少し驚きです。痔とわかって、やはりショックでしたか?

自分が痔だとわかったとき、正直嬉しかったですね。尊敬する偉人の1人であるナポレオンも実は痔で悩んでいたと言われています。それに、痔になってしまうほどのストレスがかかるということは、それだけ周りから求められており、やりがいを得られるチャンスが多いということ。それは私にとって勲章みたいなものです。

− 痔が勲章、はじめて聞きました。とは言っても痛いのは辛いですよね。何か対策をされていますか?

まず、お腹の調子を整えるために、朝食はアサイーボウルを食べるようになりました。食物繊維が豊富で、入れるフルーツを変えて色々と楽しみながら食べています。

週末のランニングで適度な運動

どんな仕事も体は資本。体を動かすためにジムに通ったり、自転車で出勤するのもいいけれど、平日は多忙を極めるので適度な運動は週末に集中して行うのがデキる男のスタイル。走りながら頭の中を整理できるので、空気の清々しい早朝に走るようにしています。

− アサイーボウルとはオシャレですね!アサイーボウルでお腹の調子はどうですか?また、その他で心がけている事はありますか?

感覚としては穏やかにはなっていますね。あと、適度な運動をするようにしています。運動不足も便秘の原因と聞いたので。昔は会社帰りにジムに通っていましたが、プロジェクトが続くとどうしても疲れて通えなくなるので、今では休日にランニングしています。空気の清々しい早朝に走ると、頭の中が整理されるので仕事にも活かされています。

それでもなってしまう!おしり悩みにボラギノール®️

デキる男は効率を考えて行動するため、無駄な我慢をしないもの。おしりが痛いときはもちろん、少しでも違和感があれば、すぐにボラギノール®️を使うようにしています。そのため、カバンとデスクの中に注入軟膏を常備しています。万一の際に備えて自宅には坐剤も完備。

− 食事と運動、2つの対策で痔は解消されましたか?

一時期よりはよくなってはいますが、それでも痔が完全に解消されたかと言えば…。だから、痛みがあるときや出血したときはボラギノール®️を使っています。正直、はじめて使うときは少し抵抗感みたいなものがありましたが、痛みを我慢するのは体にもメンタルにもよくありません。仕事に集中するための最善策として使用しています。一番よくないのは我慢して悪化させることです。

− ボラギノール®️は痔の薬として有名ですよね。
TVCMでもよく見ます。

いつもカバンにはいっていますよ。少しでも痛みを感じたり、気になるときはさっと使うようにしています。

− 最後に、斎藤さんと同じくおしりトラブルに悩む方へメッセージを!

現代人にとっておしりトラブルは普通のことで、ちっとも恥ずかしいことではありません。人に言わないだけで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
仕事を楽しめる人には色々な新しい仕事が飛び込み、忙しくなりがちです。食生活が乱れたり、長時間のデスクワークが続いたりで、ストレスを抱えておしりが…。おしりがムズムズしたり、痛みはないのにトイレットペーパーに血がついたりと、そうした症状があったときはボラギノール®️に頼りましょう。

編集部からのおすすめ情報

ストレス社会でのおしりトラブルにボラギノール®️   !

仕事でのプレッシャーやストレスが原因でおしりがムズムズ・ヒリヒリしたことありませんか?もしかしたらそれは「痔」かもしれません。そんなときに役立つのが、痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状を緩和したい方におすすめする天藤製薬の「ボラギノール®️」。

約100年前にボラギノール®️を創製して以来、健康でありたいと願われるお客様のお気持ちを大切に、安全性と有効性に対し、こだわり続けられてきました。おしりに違和感を感じたら痔かもしれません。そんなときは「ボラギノール®️」を試してみて。

痔は大きく分けて3種類

痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」
肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」
肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。

4つの有効成分

ボラギノール®️Aシリーズは4種の有効成分が痔による
痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。

  • 炎症をしずめる「プレドニゾロン酢酸エステル」
  • 痛みやかゆみをしずめる「リドカイン」
  • 傷の治りをたすける「アラントイン」
  • うっ血の改善をたすける「ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)」

主に肛門内側の痔に
ボラギノール®️A坐剤

ステロイドを配合しています

類医薬品

主に肛門の外側・肛門付近の痔に
ボラギノール®️A軟膏

ステロイドを配合しています

類医薬品

肛門の内と外の痔に
ボラギノール®️A注入軟膏

ステロイドを配合しています

類医薬品

デキる男にとって、ボラギノール®️は頼れる相棒!!
  • 関連記事
  • おしりトラブル

提供:天藤製薬株式会社

おしりのトラブルについて詳しくはこちら トップへ戻る

皆様のご意見をお聞かせください

今回の特集について参考になりましたか?[必須]
記事を読む前に「ボラギノール」はご存知でしたか?[必須]
「ボラギノール」に興味を持ちましたか?[必須]
「ボラギノール」を購入したいと思いましたか?[必須]
性別[必須]
年齢[必須]
家族構成[必須]