低体温療法は脳死前の治療で、脳死後に生き返った人はいないと思っていましたが、呼吸器をはずすことはしないが、その他の点で脳死状態の人が低体温療法で直ったと聞きました。本当でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どっかのテレビ番組で見た内容なので、


真偽のほどは不明であることを強調しておきます。

答えとしては、「回復した事例はある」らしいです。
要は、「脳死」の線引きの問題ですね。

低体温療法で回復する程度に
脳に損傷を負った患者が回復したことはあるが、
低体温療法を用いなければ
そのまま脳死状態になっていったはず、
少なくとも、それまでの医学の常識では。
という感じの内容でした。
    • good
    • 0

まず、たしか低体温の人には脳死判定をしないはずですので、脳死状態の人が治ったというのは正確な表現ではないと思います。


低体温療法というのはその名の通り、脳にひどい損傷を負った人を低体温に保つことで、脳の回復を図ろうと言うものです。
機序はよく覚えていませんが、確か代謝を押さえるとかそう言う事だったと思います。
あまり大して効かないんじゃないかと言う声もあり、効果ははっきりしませんが、積極的に行っているところもあります。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低体温療法について

たびたび質問すみません
現在祖母が心停止による低酸素脳症で入院しております
3日たち今日病院に行くとわきの下の氷嚢がとられており、体温を元に戻していました
この病院自体が心臓を専門とする病院で脳外科の病院ではないためこの判断が正しいのか恐ろしく不安です。
検査は脳波の検査はしておらず、血液検査と心臓エコーだけです(両方とも異常なし)
病状は自発呼吸あり、対抗反射あり、足を押すと指が嫌がるように動く、意識レベルJCS200です

低体温をやめてしまっていることが今一番の不安です。医師を信用してないわけではないですが脳外科ではなく心臓専門医なので不安で仕方ありません。
どなたか至急アドバイスをよろしくお願いします

Aベストアンサー

 低体温療法を行った場合、どのくらいの期間低体温を持続させた方が良いかに関する明確な基準はありません。低体温の期間が長くなればそれだけ感染等のリスクが増加する可能性もありますので、長く冷やせば良いというわけでもありません。したがって実際のところ48~72時間程度低体温療法を行った後、復温度させている施設が多いのではないかと思います。

 

Q心肺停止から蘇生しましたが

昨年末、母(77歳)が急性心不全で倒れました。救急車の中で心肺停止になり病院で心臓マッサージにより蘇生は致しました。停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろうと医者は言っております。3日前に麻酔が切れて少し眼が開くようになりました。呼びかけに少し反応しているように思えるのですが、まだ、意識は回復しておりません。医者はどうなるかの明言を絶対しようとしません。この先どの位回復するのか、不安でなりません。
同じ様な体験をされた方がおられましたら、その時の経験を教えて貰えないでしょうか?
どうぞよろしく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

通常は心肺停止が約3~4分間前後続くと
脳にいく酸素がその分少なくなるため
脳に重大なダメージを与えるか
死につながる可能性が高いと言われるようです。

心肺停止からの救命率は?
http://www.hachiouji-seikei.com/search/detail.php?order=eny1&recid=405

 ですので、その基準を今回のケースに杓子定規にあてはめると
「停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろう」
という医師の回答も当然とも言えます。

ただ、ここ最近のケースでもあるように
心肺停止、2時間以上経過後になんらの後遺症も
残らずに退院される人も中にはいるようですが、
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060609ik04.htm
http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/20060609/p3
http://kazux.tea-nifty.com/blog/2006/06/post_8cad.html

海でおぼれた中学生、奇跡的回復
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20060825152421.asp

奇蹟の回復のポイントは
現場が雪山&冷水等 寒さの中での出来事だっただけに
「低体温症になって、脳が必要とする酸素消費量が少なくて済み、
脳への影響が抑えられた」
更に「搬送中に心臓マッサージ&マウスツーマウスが継続されて
いた」にあるようです。

 つまりは今回のケースの場合
「昨年末」でもあり寒い時期であって(暑い時期ではなかった点)
としては「低体温」になる可能性は高いですが、
問題は倒れていた間、ストーブ&暖房&浴室
等のあるあったかい部屋に
いたか否かも大きな鍵になるような気が致します。
(「あったかい部屋」ですと「低体温」から遠ざかる
わけですし)

低体温症(冬眠状態)の逆利用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E4%BD%93%E6%B8%A9%E7%97%87

低酸素脳症で損傷を受けた大脳の障害程度は
(様々な外的&内的条件によって個人差がありますので
一概には言えませんが)
意識が本当にはっきりするのに3ヶ月くらいかかっている
人も珍しくありませんので
(心肺停止後の植物状態の回復は、
大体3ヶ月がリミットといわれています。)、
現在の不安の気持ちを少しでも
払拭しつつも、希望を捨てずに時の経過を
待つ姿勢も大切かと思います。

手を握ってあげたり、話し掛けてあげること。
担当医と相談した上で、四肢の拘縮防止のためにも
四肢を少しでも動かす(リハビリ)。
等 できる範囲の事をしたうえで
絶対に回復するんだ という強い信念(極論すれば、強い信仰心)
を持つことが大切だと思います。

余談ですが、親交の深かった近親者の肉声ほど
「植物状態の方の無意識の世界」に届くものはないと
言われています。
できれば、カセットやCD-Rに「親交の深かった近親者の肉声」
を録音して耳元で何度も何気に聞かせてみるのも効果的かも
しれません(もちろん、主治医の許可の下で)。

そして貴殿御自身の「不安感」を少しでも除去する意味でも
毎日朝早く近くの神社に参拝に行くのも悪くは
ないと思いますよ。
「神様はいないかもしれない。でも、神社の境内で
お辞儀をする行為そのもの」自体に深い意義が
あるように思えて仕方がありません。

通常は心肺停止が約3~4分間前後続くと
脳にいく酸素がその分少なくなるため
脳に重大なダメージを与えるか
死につながる可能性が高いと言われるようです。

心肺停止からの救命率は?
http://www.hachiouji-seikei.com/search/detail.php?order=eny1&recid=405

 ですので、その基準を今回のケースに杓子定規にあてはめると
「停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろう」
という医師の回答も当然とも言えます。

ただ、ここ最近のケースでもあるように
心肺停止、2時間以上経...続きを読む

Q低体温療法 バルビツレート療法について

何のために低体温療法を行うのですか?どんな効果があるのですか?低体温療法ってどれぐらいの期間行うのですか?低体温って大体どれぐらい低体温にするのですか?
何か副作用が無いのですか?
バルビツレート療法で使う薬剤はどのようなものを使うのですか?大体どれくらいの量を使いますか?また、バルビツレート療法の効果も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両方とも治療を行った経験のある医師です
体温療法は脳保護目的に重症頭部外傷、低酸素脳症、心臓外科手術等で行われています
バルビツレート療法は重症頭部外傷など頭蓋内圧亢進時またはけいれん重積などに対して行います

効果
頭部外傷に対しては34度程度の軽度低体温が平成6年ごろから日大の林先生を中心にさかんに行われました。外傷後組織障害の進展を抑制する、というもので、動物実験の結果などに基づくものでしたが、その後 臨床の効果についてはまとまった報告が出ず、議論のあるところで、効果はかなり限定的なものではないか、最近はやや敬遠されています
文献をお探しの際はゼヒ日付にもご留意ください。ここ数年のものと5~10年前では評価が大きく異なっている場合があります
具体的方法については以下の参考URLを参照してください
http://med2.sb.gunma-u.ac.jp/97/CC97/0507yamagishi.html
http://www2.kpu-m.ac.jp/~picu/nerve/ner-d.html
脳保護最優先の治療法ですから多くの合併症があります
肺炎 電解質異常 不整脈 イレウス(いわゆる腸捻転)肝機能障害 床ずれ等等

期間については経過(頭蓋内圧)次第では多少増減があるでしょう

心臓外科手術時はもっと体温を下げますし、期間も手術中だけです
効果のほうも確定的です
http://www.kokura-heart.com/2004live/seminar1b.html

バルビツレート療法については使う薬の種類の名前がバルビツレートなわけですが、
商標名ではイソゾール量は1アンプル250mgを導入時は2から4時間
維持期は8時間程度で静注だったとおもいます(手元に資料が無いので自信なし)
効果としては間違いなく頭蓋内圧は下がります。しかし、脳血流も減ってしまいます。
低体温よりは管理は楽ですがそれでも呼吸器管理は必要です
かなり信頼できるコクランデータベースによると、かならずしも結果を改善する効果は明らかでないようです
http://www.niph.go.jp/toshokan/cochrane/JP/REVABSTR/JP/jp000033.htm
けいれん重責についてはもっと結果は良いと思いますがそれでももともとが死亡率の高い疾患なのでここのケースで悪い結果になる可能性は少なくありません。
両方とも標準的治療となるにはあまりにも結果が出ていない治療法です。

両方とも治療を行った経験のある医師です
体温療法は脳保護目的に重症頭部外傷、低酸素脳症、心臓外科手術等で行われています
バルビツレート療法は重症頭部外傷など頭蓋内圧亢進時またはけいれん重積などに対して行います

効果
頭部外傷に対しては34度程度の軽度低体温が平成6年ごろから日大の林先生を中心にさかんに行われました。外傷後組織障害の進展を抑制する、というもので、動物実験の結果などに基づくものでしたが、その後 臨床の効果についてはまとまった報告が出ず、議論のあるところで、効果は...続きを読む

Q人は心肺停止状態でどれくらい生きれますか?

長崎市長が銃弾に倒れた事件で、
心肺停止状態であるという報道が何時間も続きました。
人間は心肺停止状態でどれくらい生存できるものですか?
4時間も5時間もずっと心肺停止ということはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常温で心肺停止状態に成ると、脳の機能は3~5分で停止するとされています。死亡の宣告は担当の医師の判断によるもので、蘇生術を続けている間は、生物学的には死んでいても人間として(社会的に)死んではいません。その場合は蘇生術を止めたときが死亡です。
「家族が到着しない場合に4時間、蘇生処置をやった」と有りますが、それは家族に対するデモンストレーションで(更には学生に対しても)
やっている方は蘇生しない事は承知の上でやっているものです。
長崎市長の場合も病院に着いた時点で、医師団はダメだとは知りながらも、余り早くに死亡宣告をすれば、全力を尽くさなかったと非難される恐れもあり、社会的影響も考えて4~5時間頑張ったのでしょう。
これらの事は、通常よくやられる事です。

Q低酸素脳症と考えられる入院中の祖母について質問です

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いている 正常心拍の状態)

現状(丸2日目)
・心拍数62 内部血圧112/32 外部血圧132/42 体温34度弱
・SPO2は100をキープ
・自発呼吸のみで呼吸可能 近日中には呼吸器を喉にうつせるとのこと
・ICUから1週間以内で出られるのではないかとのこと
・喉から栄養食のようなものを入れていけるとのこと
・瞳孔反射は現在あり
・瞳孔は病院到着時は6mmほど開いていたが現在では正常に戻っている
・痛みに対しての反応はいまだなし
・意識は回復していない
・けいれんを抑える薬のおかげでけいれんは抑制されている
・手足のむくみはなく、爪の色はピンク
・氷嚢などにより34度以下の低体温を維持している
・手を握るなどの反応はなし
・尿も正常量でており、排便もあり、目に黄疸なし
・目を閉じることができており、眠っているような姿
・医師によると最悪の事態は回避したとのこと
・これから先、低酸素脳症の患者をケアできる病院やリハビリ施設を探す話も出てきている
・意識を回復するかは本人の次第とのこと

■さてここからが質問なのですが
・低酸素脳症の治療が有効手がないとは知ってますが、効くのではないかといわれる治療、または期待されてる治療などを知っていたら教えてください。
・他の原因でもいいので低酸素脳症で目覚めた事例や自身の体験などがあったら知っていて不都合でなかったら教えてください。
・目覚めるとするとどのようなきっかけで目覚めることがあるのか体験や事例を知っていたら教えてください
・祖母の状態についてなにか言えるようなことがありましたら教えてくださるとうれしいです。

長くなりましたが、どうかお答えしてもらえると幸いです。

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いてい...続きを読む

Aベストアンサー

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けられたのでしょう。ただし現在のような状態だと肺炎を合併したりその他の臓器に障害を生じたりすることもあり、それが原因で致命的な状況になる可能性も十分あります。従って今暫くは油断のできない状態が続くのではないかと思います。

 もう数日たてば徐々に低体温を解除していくことになると思いますが、体温を戻した状態の下、入院から2-3週間経過した時点で多少なりとも意識の改善が見られて、簡単ながらもコミュニケーションが取れるくらいまで回復してくるようであれば、その後の改善も期待できるのではないかと思います。一方その時点でも全く眼を開けず反応に乏しいようであれば、重篤な意識障害が遷延する可能性が非常に高くなってくるのではないかと思います。

 一旦低酸素脳症により障害されてしまった脳の機能を改善させることは困難です。従って決定的な治療法というのは残念ながらありません。数少ない根拠のある治療法は超早期の低体温療法ですが、これは既に行われているようですね。

 急性期が過ぎて全身状態が落ち着いてきたらできるだけ外部からの刺激を与えてください。全身状態が許せばベッドを起こしてみたり、車いすに乗せてみたり、話しかけてみたり、ご本人が好きだった音楽をイヤホンで聞かせてみたり・・・。そういったことが有効かも知れません。勿論、主治医の許可が出てから行って欲しいと思いますが。

 尚、自発呼吸があるのに人工呼吸器を装着しているのはおかしい、という指摘が他の回答者からありましたが、決してそんなことはありません。自発呼吸があっても体内の酸素化や患者さん自身の換気量が不十分であったり、二酸化炭素が貯留してしまったりする場合には、補助喚起や持続的に気道内に陽圧をかけておくことを目的に、人工呼吸器を装着することは普通にあると思います。



 

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けら...続きを読む

Q脳死と診断された後

脳死と診断された後に意識が戻った等の話ってあるんでしょうか?
もしあれば出来れば詳しく教えてもらいたいです。
調べても脳死の定義とかそんなんしか出てこないんで……。

Aベストアンサー

脳死は、疾患名ではないので「脳死と診断される」のではなく、「脳死と判定される」ものです。

言葉だけの問題に限定すると、脳死とは脳という臓器が死んでいることを指します。

たとえば、指の付け根をきつく縛り上げて血液の流れを止めてしまうと、しばらくすると先が完全に死にます(虚血による壊死)。この場合、当該の指は死んでいて、血流を再開しても、どのように治療しても再生しません。

同様に脳死になると、脳は臓器として再生することはありません。

医術の進歩により、心あるいは肺が機能しなくなっても、「死」ではない状態が作出されました。その状態から、たとえば人工呼吸、人工心肺などでサポートしつつ、治療を続けることによって、一旦は止まった心・肺の機能が回復する可能性があり、実際、現場では医療者は奮闘しています。

ところが、外部から機械によって循環と呼吸をサポートして「温かい体」の状態を保っていても、脳という臓器が死んでしまうと、その患者さんは二度と再び生き返ることはありません。

「植物状態」と呼ばれる意識を失った状態では、脳(特に生命中枢)が生きていれば、外部からのサポートを続けることが可能ですが、脳死になると、遅かれ早かれ外部からのサポートも無効になります。

脳死になってから循環・呼吸のサポートを続けた患者さんを解剖すると、脳は溶けてドロドロになっています。

通常の経過で亡くなられた患者さんでは、脳は解剖図譜で見られる形で取り出されます。ところが、脳死になってから呼吸・循環を続けていることによって、脳だけが変性してドロドロになるわけです。

というわけで、脳死になった後で意識が戻ることはあり得ません。

ここからが問題です。
比較として例に出した指であれば、紫色から黒色に変色し、うっ血して膨れ上がり、痛みが生じ、その後痛みが消失して、待っていればポロッと落ちてきます。すなわち、指が死んだことを確実に判定できます。

ところが、脳が死んでいるかどうかは、直接見たりすることはできないので、外からの様々な所見から推測することになります。alfotoさんも、いろいろ調べられているようなので、ここで脳死判定基準を繰り返すことは致しませんが、脳死判定基準は、判定の手がかりの目安であって、脳死の定義ではありません。

脳死と判定されて意識が戻ったとすると、「判定した医師に過失があった」か、「判定基準そのものが誤っていた」ことになります。

上で述べたように脳死になると、遅かれ早かれ全身の死を迎えます。ということは、脳死の起点から明らかな全身の死に向かって、全身の臓器は徐々に(あるいは急速に)衰えていきます。

そのため、移植医療に携わっている医師は、少しでも早い段階で脳死と決めて臓器を頂戴したいと考えています。

臓器提供を想定していなければ、脳死が先に来ても、そのまま待っていれば済むことです。

少しでも早く臓器が欲しい側の便宜を受け入れて、脳死の判定基準が甘い(基準を満たしていても、まだ脳は本当に死んでいないのではないか)という意見があり、議論となっています。

判定基準の考え方は国によっても違いがあります。医学的な見解の相違だけでなく、法制化の有無にも違いがあります。

判定をしようとする行為自体が、患者に負担をかけて死を招く不法行為であると主張する人もいます。

「脳死」から意識は戻らないが、判定は大丈夫? というのが、現時点の知見です。

脳死は、疾患名ではないので「脳死と診断される」のではなく、「脳死と判定される」ものです。

言葉だけの問題に限定すると、脳死とは脳という臓器が死んでいることを指します。

たとえば、指の付け根をきつく縛り上げて血液の流れを止めてしまうと、しばらくすると先が完全に死にます(虚血による壊死)。この場合、当該の指は死んでいて、血流を再開しても、どのように治療しても再生しません。

同様に脳死になると、脳は臓器として再生することはありません。

医術の進歩により、心あるいは肺が機...続きを読む

Q心肺停止から蘇生、しかし意識は戻らず全身痙攣を

83歳の父です。昨日夕方5時過ぎに自転車に乗っていて転倒。通行者に救急通報していただきましたが救急車到着時には、心肺停止状態でした。が、その後、蘇生はしたものの意識は戻らず、痛みに対しても反応しません。最初は、左がわのみの痙攣でしたが、17時間後位から全身へ激しい痙攣が起こり始めました。痙攣止めで一時は治まるものの気休め程度です。入院当初のCTには脳の異常は見られず、何が起こっているのかわかりません。脳への酸素不足で、脳細胞が破壊されていてこんなにも時間がたって痙攣が起こってくるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃれば、お教えいただけないでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

あくまでも、可能性として見て下さい!

転倒した時、既に心肺停止状態又は、心肺停止に近い状態であったと仮定したら、脳への酸素が5分以上運ばれなかったという事になります。
心肺停止から、3分がタイムリミットとなり、蘇生した場合でも、脳への酸素不足での細胞の死滅があり、当初のCTでの検査は、頭部の強打による脳挫傷の有無を調べたのでしょう。
脳の細胞死滅は、時間経過と共にCTやMRIで判明するものです。
無酸素状態が、恐らくはお父さんの場合は脳細胞にダメージを与え、蘇生した後でも昏睡に落ちていると思われます。

Q16歳男子だと髭は成人より薄いですか?

16歳男子だと髭は成人より薄いですか?

Aベストアンサー

そりゃ薄いだろうねー。
成人はそってそって強く濃く太くなっているからね。

Qニックネームが無い!

質問者のニックネームが表示されていない質問が何件か存在していますが何故でしょうか?

【16歳男子だと髭は成人より薄いですか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9660083.html

【母親の身長が150cmの男性の平均身長を教えてください。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9660171.html

【女子中学生の息は平均的に何に似た感じの匂いがしますか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9661145.html

【母親の身長が150cmの場合、息子の最終身長は一般的に何cmぐらいになりますか?170cm前後あれば】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9661602.html

Aベストアンサー

#3です。出かけている間に面白いことになっていますね。

#5、#6さんは元の質問をしたご本人ですね?
プロフィールページのURLが一緒ですから。
回答者のときにはニックネームが半角スペースになっていて、リンクも生きています。

長いアンダーバーになるというのも気になるので環境を変えてみました。
いつもはWin7+Firefoxです。
Firefoxでは何も見えませんが、IEやGoogle Chromeだと
ニックネームが表示されるべきところに長い空白があります。
カーソルを合わせるとリンクを示すアンダーバーが見えます。
マイページのニックネーム欄も一行以上空白です。
回答5、6の文中にも長い空白があるとわかりました。
Firefoxはこういった「連続する空白」をちゃんと読み込んでいないようです。

質問者さんも私と同じFirefoxをお使いなのでしょうか。それとも他のもの?
ブラウザで見え方が異なるのは困っちゃいますねえ。
なお、OSをWin7からWin10に変えてもFirefoxでは見えませんでした。

↓Win7+IEの場合(質問者のニックネームにカーソルを合わせています)

#3です。出かけている間に面白いことになっていますね。

#5、#6さんは元の質問をしたご本人ですね?
プロフィールページのURLが一緒ですから。
回答者のときにはニックネームが半角スペースになっていて、リンクも生きています。

長いアンダーバーになるというのも気になるので環境を変えてみました。
いつもはWin7+Firefoxです。
Firefoxでは何も見えませんが、IEやGoogle Chromeだと
ニックネームが表示されるべきところに長い空白があります。
カーソルを合わせるとリンクを示すアンダーバーが見えま...続きを読む

Q子供が新生児仮死状態です。

先日、子供が生まれましたが、新生児仮死状態でした。
現在の状態は、呼吸は自分でしてますが、ミルクは鼻から入れてる状態でNICUに入院しています。1日目は泣いていましたが、痙攣もあり今は薬で眠らせて泣きもしません(薬で眠らせてるせいでしょうか?)アプガール・スコアはかなり低いと言われました。
今後のことを考えると、このまま寝たきりになるのかな、自分では動けなくなるのかななど、不安で不安でたまりません。ある程度の覚悟もしなければとも思います。情報は少ないかも知れませんが、同じような新生児仮死状態で、お子様を生んだ方、現在のお子様の育ち方などを差し支えない程度で結構ですので教えてください

Aベストアンサー

 はじめまして。私は11ヶ月の男の子の母親です。
 私は、昨年12月に出産しましたが、子供は「新生児仮死」でした。
 私の場合、「臍帯脱出」というトラブルになり、緊急帝王切開をしましたが、仮死状態ですぐに他の病院へ転送され、NICUに入院となりました。ちなみにアプガールスコアは4くらいだったようです。
 救急車で転送される途中ですぐに大きな声で泣き始めたということでしたが、質問者さんのお子さんと同じように、その後痙攣が起こり、抗痙攣剤を使って痙攣を抑えていました。ミルクももちろん鼻からチューブを使って飲ませていました。

 あの時のことを今思い出すだけで本当に心が痛み、そして質問者さんの不安でたまらないお気持ちも本当によく分かります。

 一日目は泣いていて今は泣いていないということですが、薬のせいではないと思います。きっとおなかがいっぱいで気持ち良く寝ているのでしょうね。新生児のころはまだミルクを飲んだら寝るという繰り返しですから。不安になると色々心配になってしまいますよね。

 うちの子は今11ヶ月ですが、元々ほかの子に比べて頭が大きかったせいか、首が完全に据わったのは5ヶ月くらいだと思います。寝返りは6ヶ月でした。ここまでは乳児検診でも他の子より少し遅いくらいで特に何も指摘はありませんでした。
 しかしその後のお座りはなかなかできず、発達遅延が見られるということでMRIの検査をしました。幸い脳には異常は見られず、お座りは平均7ヶ月のところ10ヶ月をすぎてからやっとできるようになり、現在に至ります。周りの子に比べると、手の動き、体の動きがやはり幼いように思います。そして現在週1のペースで運動の発達を促すようにリハビリに通っています。

 お子さんはまだ入院されたばかりだと思いますが、入院中(退院前)にはきっと聴力や脳の検査をすると思います。まずはその検査の結果が後遺症の目安になると思います。

 私も質問者さんと同じように出産後は、本当に悲しい気持ちで何度も涙を流しました。でも、出産してから9日目にして初めて我が子を見て触れて本当に我が子が愛おしく今できることを精一杯やってあげようという気持ちになりました。
 もちろん今でも質問者さんと同じように不安でたまりません。周りの子と比べてしまったり、育児本を読んだりして落ち込んだりすることはしょっちゅうあります。私はいまだ「覚悟」はできていません。ゆっくりでも一生懸命成長している我が子の力を信じたいという気持ちです。

 一日も早くお子さんが退院して一緒に過ごせる日が来るように、私も心から願っています。長文失礼いたしました。
 
 

 はじめまして。私は11ヶ月の男の子の母親です。
 私は、昨年12月に出産しましたが、子供は「新生児仮死」でした。
 私の場合、「臍帯脱出」というトラブルになり、緊急帝王切開をしましたが、仮死状態ですぐに他の病院へ転送され、NICUに入院となりました。ちなみにアプガールスコアは4くらいだったようです。
 救急車で転送される途中ですぐに大きな声で泣き始めたということでしたが、質問者さんのお子さんと同じように、その後痙攣が起こり、抗痙攣剤を使って痙攣を抑えていました。ミルクももち...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報