高周波抵抗器とは、『高周波でも抵抗器の特性を十分に発揮できる抵抗器』だと思われるのですが、具体的にどのようなことから高周波用なのか?
また、どこから高周波用なのか(高周波用抵抗器の規格等)について
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

表皮 効果」に関するQ&A: 表皮効果-2

A 回答 (2件)

高周波まで特性が一定の抵抗です。



高周波に対する影響としては
1)抵抗体が巻いてあることによるインダクタンス。
2)リード線のインダクタンス。
3)抵抗体と他の導体間の浮遊容量。
4)表皮効果。
があります。
これらの原因による特性劣化を考慮した物を一般に高周波抵抗と呼びます。

また、これらの影響が出てくる周波数は一般に短波帯以上です。数十MHz以上になれば何らかの影響が出はじめます。中波帯ではあまり考慮しなくても大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
高周波用抵抗器がどのようなものか具体的に教えて頂きまして助かりました。
もう少し細かい質問を新たにしますので見て頂ければと思います。

お礼日時:2001/07/06 10:11

電気抵抗の高い針金をぐるぐるまいて抵抗器を作るのが捲き線抵抗で、雑音や誤差も少なく直流では非常にいい性能になりますが、これ自体がコイルになってしまい、交流での特性は純粋な抵抗にならず、コイルの成分(インダクタンス)を持ってしまいます。

このインダクタンスが無視できなくなる周波数が高周波で、一般的には、オーディオ帯域以上と思って頂ければいいかと思います。

形状は、コイルにまかないで、薄い薄膜を用いるものとか、炭素やセラミックスなどに金属の粉を混ぜて焼き固めたものなどがあります。

名称としては、薄膜抵抗器、ボディー抵抗器(体抵抗器)などがそうです。

あと、薄膜を用いた物でも、多層にまいてしまうと今度はコンデンサと同じことになり、浮遊容量というものが生じるので、やはり高周波では使えなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

表皮 効果」に関するQ&A: ぶどう酒の作り方。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高周波の伝送線路について質問します。周波数800MHz程度で、位相を遅

高周波の伝送線路について質問します。周波数800MHz程度で、位相を遅らせるため伝送線路(実際にはSMAケーブル)の長さを変えようと思っています。そのために以下の計算式を使います。

 伝送線路長=800Mの波長 × (360+位相)÷ 360 × 0.84(短縮率)---(1)

位相に360加えているのは、ケーブルをある程度長くするため、1波長分あらかじめ遅らせて、そこから希望の位相まで遅らせているためです。例えば、180度位相を遅らせる場合、ケーブル長は約47cmになります。

しかし、ある本に、伝送線路の位相は、往復で考える必要があり、伝送線路長は、1/2波長ではなく、1/4波長で180回ってしまうと書かれていました。その事を考慮に入れると、計算式は以下になると思います。

 ケーブル長=800Mの波長 × (360÷2+位相÷2)÷ 360 × 0.84(短縮率)---(2)

(1)と(2)ではどちらの計算式が正しいのでしょうか?
なお、ここでは計算式中の短縮率は問題としないとしてください。
あくまで、伝送線路の長さと位相の関係をお聞きしたいのです。

高周波の伝送線路について質問します。周波数800MHz程度で、位相を遅らせるため伝送線路(実際にはSMAケーブル)の長さを変えようと思っています。そのために以下の計算式を使います。

 伝送線路長=800Mの波長 × (360+位相)÷ 360 × 0.84(短縮率)---(1)

位相に360加えているのは、ケーブルをある程度長くするため、1波長分あらかじめ遅らせて、そこから希望の位相まで遅らせているためです。例えば、180度位相を遅らせる場合、ケーブル長は約47cmになります。

しかし、ある本に、伝送線路の位相は、往...続きを読む

Aベストアンサー

反射させるような場合は往復ですが、整合線路の長さのみで遅延させる場合(意図はこちらですよね?)は、片道でOKです。
疑問に思ったら、実験してみるのが良いですよ。

Q高周波用抵抗器の規格について

高周波用抵抗器について、
抵抗器内の(インダクタンス分,キャパシタンス分)による特性劣化を考慮したものが高周波用抵抗器だと理解したのですが、
(1)どれだけ考慮したものなのか?
(2)何Hz(ヘルツ)以上に耐えられなくてはならないという規格が有るのかどうか?
(3)スペック上なにか規定が有るのかどうか?
(4)どれだけの特性があれば高周波用と呼べるのか?
何か知っていることがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

一般的には高周波用という規格はないはずです
トランジスターの型番だって一応高周波用は2SA,2SC、低周波用は2SB,2SDとする
ということになっていますがどこまでが低周波でどこからを高周波とするという規格はありません。
あくまでメーカーの判断によるものです。ですから「低周波用」トランジスターより遮断周波数が
低い「高周波用」トランジスターもあったりします。(^_^;

ただメーカーでは「高周波用」とうたっている以上は当然お客さんから
「どこまでフラットなら高周波やねん!」
と突っ込まれることを想定しているでしょうから
「当社では○○MHzまでフラットな特性を持つ抵抗を高周波用と称しております」
という答えは用意しているでしょうが、この数値は当然メーカーによって違うはずです。
そもそも電気で使う周波数帯は非常に広く、目的によって主とする周波数帯も違うので
一様に「高周波」という言葉は当てはめられません。
一般的には先の質問に対する回答にあったようにオーディオ帯より高い周波数帯と
考えられると思います。

とはいえGHzオーダーまでフラットな特性をもつ抵抗ならどこのメーカーでも「高周波用」と
称するでしょう。携帯電話などはGHzオーダーのテクノロジーですがさすがにこれくらいの
周波数であれば誰が見ても立派な?高周波といえるでしょう。

なお高周波では普通の抵抗はインダクタンスを持つのでこれを逆に利用してチョークコイルの
代わりに使ったりすることもあります。ラジオの回路図を見ると電源の低周波増幅部と高周波
増幅部の間に低抵抗が入っていることがありますがあれなどはまさにそういう目的で使っています。

一般的には高周波用という規格はないはずです
トランジスターの型番だって一応高周波用は2SA,2SC、低周波用は2SB,2SDとする
ということになっていますがどこまでが低周波でどこからを高周波とするという規格はありません。
あくまでメーカーの判断によるものです。ですから「低周波用」トランジスターより遮断周波数が
低い「高周波用」トランジスターもあったりします。(^_^;

ただメーカーでは「高周波用」とうたっている以上は当然お客さんから
「どこまでフラットなら高周波やねん!」
と突っ込まれる...続きを読む

Q高周波用抵抗器について

高周波抵抗器とは、『高周波でも抵抗器の特性を十分に発揮できる抵抗器』だと思われるのですが、具体的にどのようなことから高周波用なのか?
また、どこから高周波用なのか(高周波用抵抗器の規格等)について
教えて下さい。

Aベストアンサー

高周波まで特性が一定の抵抗です。

高周波に対する影響としては
1)抵抗体が巻いてあることによるインダクタンス。
2)リード線のインダクタンス。
3)抵抗体と他の導体間の浮遊容量。
4)表皮効果。
があります。
これらの原因による特性劣化を考慮した物を一般に高周波抵抗と呼びます。

また、これらの影響が出てくる周波数は一般に短波帯以上です。数十MHz以上になれば何らかの影響が出はじめます。中波帯ではあまり考慮しなくても大丈夫です。

Q抵抗の特性について教えてください.

こんにちは.私は機械工学を専攻している学生です.電気回路に詳しい方に質問があります.ある計測器からの信号の電位(0~10V)を0~5Vまで落とすために,可変抵抗(ボリューム)を組んだのですが,出力が線形とならずに非線形(上に凸の2次曲線)ででてきます.抵抗というのはこのような特性があるのでしょうか?また,こういう特性があるとしたら,他に電位を落とす方法(位相遅れがないもの)はないのでしょうか?よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

補足拝見しました。
計測器の許容負荷値も問題なさそうですね。

可変抵抗器を、固定抵抗器2ヶに置き換えてもダメですかね?
その抵抗値を、1k→10k→100kと変えてみても同じ状況だったら、ゴメンナサイ。分からんです。

Q高周波?

高周波インバータとか高周波発電とか
高周波だと何か利点があるのでしょうか

Aベストアンサー

周波数が高くなるとトランスのサイズが小さくなるのと共に、平滑回路のコンデンサーも小さくて済みます。確か飛行機は400Hzが使われていました(現在も400Hzか否か不明です)。
また、蛍光灯のインバーター回路は数10KHzでチラツキが無くなります。

気をつけなくてはいけないのは、20KHz以下だと可聴周波数帯の為、トランス等の振動音が耳についてしまうので、一般に20KHz以上の周波数を使います。
また、ウエルディング機にも高周波を使います。
欠点は、電磁波として飛び出やすくなりますし、あまり周波数が高くなると制御用トランジスターのターンオフ時間や半導体の少数キャリアの影響、キャリアの消滅時間の問題等で効率が悪くなります。


どのあたりの周波数から高周波と言うかは不明ですが、商用電源の50/60Hzに比べ周波数が高ければ高周波と言います。

Q高周波でも使える増幅回路

高周波でも使える増幅回路を作りたいのですが、どのような回路がよいのでしょうか?
ちなみに現在は、負帰還増幅回路を使っているのですが100倍になる予定なのですが、実際にやってみると(9MHzにて)7倍でした。
これに関しても良い改善策がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

下の周波数は音声帯域からでしょうか?DCからでしょうか?
100倍は電圧利得でしょうか?電力利得でしょうか?また、最大出力電圧あるいは電力はいくらでしょうか?

高速オペアンプはどうでしょうか?ゲインは確実に出せます。しかし、出力インピーダンスが意外に大きいため、あまり大きな出力は出せません。

情報が少ないので確定的なことは言えませんが、ディスクリートでやっておられるなら、帰還の位相がずれてゲインが落ちているか、結合回路の周波数特性が悪いのではないでしょうか?入出力のアイソレーションが悪くて過帰還になっていることも考えられます。9MHzとなると電波ですからねぇ。

「広帯域アンプ」で検索してみたら何か情報が当たるかも知れませんよ。

Q高周波回路はなぜ電力で考えるのですか?

高周波回路はなぜ電力で考えるのでしょうか?

「高周波測定では正確な電流・電圧測定が困難だが、
電力は高周波でも正確に測れる」

という、ただ単純な測定の平易度が理由なのでしょうか?

Aベストアンサー

高周波回路ではインピーダンスの異なる部品を接続する事が行われます。
この時、インピーダンスマッチングを行わないと信号源から供給される電力が有効に利用できません。
受信機の場合は受信レベルが低下する事により信号のS/Nが悪化して性能が低下します。
送信機の場合は必要以上の電力を送りだすことになり無駄が生じます。また無駄な電力は負荷から反射してきて、場合によっては送信機を損傷します。

このような理由でインピーダンスマッチングを行うのですが、インピーダンスマッチングを行うと電圧が変化します。
その為、電圧で表示する場合はその時のインピーダンスとともに表示しないと意味のない値になってしまいます。
電力で表示してあればこのような面倒くささがなくなります。

Q高周波でのLPFについて。

1.5GHzのLPFを作成しました。素子数5個のπ型で作ったのですが、高周波だったので浮遊容量が発生したのか、1.5GHzのLPFとして作用しませんでした。素子の値は、L=2[nH],C=0.5,1,0.5[pF]で作成したのですが、この時、浮遊容量はどれぐらいの値で作用しますか?
解析したところ、使ってる素子より大きな値になったのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?


よくわかっていないので、基礎も教えていただきますと助かります。

Aベストアンサー

誰も回答しないようなのでアドバイスを。ここよりも科学や物理学の方が回答が付きますよ。

使っている素子のサイズはどのくらいでしょうか。実装用の1005などなら浮遊容量は小さいと思いますがリード線などが付いているものだと浮遊容量が大きく、影響が大きくなります。

>>解析したところ、使ってる素子より大きな値になったのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?

大きな値とは何の値ですか。

Q高周波回路の配線長

高周波(~1GHz)で動作する2つのICの入出力を結ぶ配線の長さについて質問がございます。
高周波になると波長が短くなるので、配線長による位相の変化が大きくなると参考書にありました。
しかし、フィルタなどを形成せず、ストリップライン等のみで2つのIC間を結ぶだけであればλ/4を気にする必要はないと考えているのですが、正しいのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃればアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>配線はコプレーナ導波路で構成し
>ストリップライン等のみで2つのIC間を結ぶ

質問者さんは、”整合ラインで結合する”ことをイメージなさっておられます。
ですから、「長さはまったく気にしなくてよい」が正解です。
勿論、接続するICもラインと整合がとれていることが要件ですが・・・(これは蛇足(^_^;))

Q切削抵抗と切削温度の特性について

切削抵抗と切削温度の特性について、旋盤を使った実験を試みるとします。どんな実験装置を用い、どのような実験を行えば特性についての詳細を求めることができるのでしょうか。

Aベストアンサー

私が学校で習っていたころは何十年も前のことなので、参考になるかどうかわかりませんが、一番簡単なのは、旋盤で、切削油を使う場合と使わない場合(切削材料や回転数など他の条件は同一として)、加工中のバイトの刃先(チップ)の表面温度(表面温度計が便利か?)を測り、切子の形状を比較してみたらどうなっているか、また、加工面の状態(仕上がり具合)を調べてみるなどしてはどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報