ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

be surprised at A
be surprised by A

このat と by との違いはなんですか?
どうしてもsurprisedまでは分かるのですが、その後の前置詞が覚えられなくて…

A 回答 (3件)

by の方が at より驚きの度合いが大きいようです。



be surprised at:(何かで軽く驚く)(OXFORD)
(of something unexpected) cause (someone) to feel mild astonishment or shock.
例文:
‘I was surprised at his statement’

be surprised by:(不意に驚かされる)(WEBSTER)
例文:
to find, attack, or meet (someone or something) unexpectedly
The troops were surprised by an attack from the north.
    • good
    • 0

これは、アメリカでも間違った使い方をされている前置詞の例です。


正しくは、以下ですが

According to Don LePan's "The Broadview Book of Common Errors in English", the grammar rule here is the difference between the two is 1. Surprised at = the person is disappointed or scandalized whereas 2. Surprised by = shocked at unexpected outcome.

約、50%のネイティヴェがこの法則を無視していて、今ではどちらでも同じ意味になっています。
これは、be surprised が まで、受け身の感じが残っていて、受け身の時に使う by を使うためです。be interested よりも、be surprised が受け身感が強いためです。


以下に、使用間違いの例が出ていますが、
https://lingohelp.me/preposition-after-adjective …

Atで覚えておいて十分です。
    • good
    • 0

be surprised at A


Aという現象(を見て)驚いた。

be surprised at A standing up with his own two legs
Aが自力で立っていることに驚いた

be surprised by A
Aから驚かされた
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbe surprised の次に来る前置詞

学校で”~に驚く”という熟語として
be surprised at ~ と習いました。
が先日教科書に、
You will be surprised by my body.
という文が出ていました。
by と atではニュアンス的に
何が違うのですか??
生徒に聞かれて困ってます。
あさってには答えてあげたいので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A NO1#の方の答えでいいと思います。
ただ
「The dog surpprised me. を受動態にせよ」の答えを
I was surpprised at the dogとする問題は30年近く前(1970年代まで)にはありました。が今は姿を消しているはずです。意味が違うことが指摘されたからです。The dog surprised me の受動態はI was surpprised by the dogです。

The dog surprised me
「その犬は私をびっくりさせた」のsurpriseは「驚かせる」という動詞

I was surpprised by the dog.
「私はその犬にびっくりさせられた」
はsurprise動詞「驚かせる」の受動態surprisedは純然たる動詞の過去分詞でthe dogは行為者を表す。
surprisedが動詞であることの証拠に強調したければvery muchかmuchが用いられる。(たしか昔の中学ではmuchを使うと教えていた)
I was very much(/much) surpprised by the dog.
(ただしnativeにより個人差あり)

I was surprised at the dog.
「私はその犬にびっくりした」
これはsurprisedが過去分詞、つまり「受身」の意識を失って「びっくりした」という(能動の)意味で完全な形容詞になった(or なりつつある)文です。従って、この文を”能動態に戻す”ことはできませんし、ましてthe dogsurprised meの受動態などでは決してありません。(interestingが「興味づかせる」という現在分詞ではなくではなく「興味深い」という形容詞なのと同じことです)このsurprisedが形容詞であることの証拠に強調したければveryが用いられる
I was very surprised at the dog.。

atは、学校文法では「感情の原因」を表すと言われます。新しいところ(認知意味論)ではatが, I get up at 6「私は6時(という時点)に起きる」I arrived at the town 「私はその町(という地点)に到着した」などのように「1点(に意識が集中すること)」を表すことから、次のように解釈されることもあります。
He was surprised at the dog.において
「彼が驚いた(能動の意識!)」時、「『彼』の気持ちは『その犬』(という1点)に集中していた」

生徒には、「be surprised at の文は『受動態』ではなく『be+形容詞』であり、「『驚いた』のではなく『~に驚かされた』と受動であることを強調したければbyを使うこともある」と言えばいいと思います
(byを使うことは現在では『まれ』とする辞典もありますが、googleでhit数を見ると意外と多い! ご自分で確認してみてください)

なおat以外にabout,with(古風!)を使うこともあるとする辞典もある。(学校のテストでは×でしょが)

ご指摘の
You will be surprised by my body.
という文はどういう文脈で使われているのでしょうか?

また学校の先生でしたら
雑誌「高校英語」で連載されたクエスチョンボックス
の集大成である「英語語法辞典」(1,続、3集あり、またその簡略版は安価で手に入ります)「英語語法活用大辞典」(上記の索引)に詳しく書かれていますので、図書館でご覧になってはどうですか。

A NO1#の方の答えでいいと思います。
ただ
「The dog surpprised me. を受動態にせよ」の答えを
I was surpprised at the dogとする問題は30年近く前(1970年代まで)にはありました。が今は姿を消しているはずです。意味が違うことが指摘されたからです。The dog surprised me の受動態はI was surpprised by the dogです。

The dog surprised me
「その犬は私をびっくりさせた」のsurpriseは「驚かせる」という動詞

I was surpprised by the dog.
「私はその犬にびっくりさせられた」
はsurprise動...続きを読む

Q関係代名詞と分詞の違い

こんにちは。
今中3で、関係代名詞を習っているのですが、その前に習った分詞との違いがわかりません。
[分]I know the boy swimming in the river.
[間]I know the boy who is swimming in the river.
この二つの文ってどちらも「私は川で泳いでいる男の子を知っています。」ですよね?
違いも使い分けもわからないのですが、どう違うのか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
英文、間違っていたらすいません。

Aベストアンサー

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのですから、「ニュアンス」としては、多少の違いがあることもあります。しかし、伝えている「事実」に異なるところはありません。
1つの事柄を伝えるのに、複数の表現方法があることは、どの言語でも同じです。そうですね、たとえば、「私は川で泳いでいる男の子を知っています」という内容を日本語で伝える場合、「川で泳いでいる男の子がいるでしょう? 私は彼を知っているんですよ」といっても、同じことが伝わりますよね?
同じことを伝えるのに、文法的に、あるいは状況によって、はたまた話している相手との人間関係によってなど、さまざまな理由で少しずつ違う表現をすることがあります。
その表現の違いが、ある種の特徴を持っている場合に、文法学者が違う文法構造だと考え、違う文法用語がつけられることがある、その程度のことだと思ってよいと思います。

今回の文例で言えば、「分詞表現」のほうが短くて簡単ですね? 簡単な表現は、簡単な内容を伝えるのに便利です。話し手と聞き手が、男の子が川で泳いでいる状況を同時に見ていて、「おれ、あいつのこと知ってるよ」という時には、the boy swimming in the riverで十分に意味が伝わります。
ところが、#2さんが出した例のように、「昨日川で泳いでいたあの男の子、僕は彼のことを知っているんだ」と言いたい場合は、伝える内容が少し複雑になりますね。「彼を知っている」のは現在の話なのに、「男の子が川で泳いでいた」のは過去の話ですから。
このように、ちょっと複雑な内容を伝えたい時は、簡単な表現である「分詞表現」では対応しきれないこともあるのです。その場合は、より幅の広い内容を伝えられる「関係詞表現」を使えばよいのです。その答えは、#2さんのとおりで、
I know the boy who was swimming in the river yesterday.
となります。これは、「分詞表現」では伝えきれない内容なのです。
学校では、「より簡単な内容を伝えられる簡単な表現方法」を先に教えたいのだと思います。その結果、関係詞よりも分詞を先に教えるのでしょう。
ですから、関係詞を学んだ時点で、「実は、前にならった分詞表現は、関係詞を簡略化した(省略した)表現だったのだ」と思えばよいのです。

ここまでがわかった時点で、#4さんのおっしゃることを、次の文例で考えてみましょう。
「私には、英語を上手に話す弟がいる」
→[○:関係詞]I have a brother who speaks English well.
→[×:分 詞]I have a brother speaking English well.
上記のような日本語の内容を表現するには、分詞を使った第2文ではダメで、関係詞を使った第1文が正解となります。

こうした例まで含めて考えると、関係詞表現と分詞表現が「完全互換」ではないことがわかると思います。
むしろ、anna825さんがあげた例文のような場合には、関係詞表現でも分詞表現でも、同じ内容を伝えることができるのですが、それ以外では互換性がないことも多いのです。
日本の英文法の教科書は、異なる文法事項を説明するのに同じような例文を提示して、その違いを説明しないことが多いので、混乱するのもムリはありません。似たような表現形式を教える時に、「どこまで同じでどこから違うのか」ということをきちんと教えてほしいものですね。
こうした疑問が生まれてきたときには、似たような例文を眺めて「これとこれはどこが違うんだろう?」と悩むだけでなく、もっと多くの例文を自分で考えてみて、それぞれを比較してみると、納得できることがあります。
とはいえ、中3ではまだまだ自分で例文を思いつくこと自体が難しいと思いますので、積極的に先生やこういった場所でお聞きになればよいと思います。

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのです...続きを読む

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Qbe known to or be known by

「be known by」と「be known to」の違いは分
かるんですが、辞書(ジーニアス)に「The true story was known by the few
concerned but not to the public」という例文があったんですが、どうして「by the
few concerned」の方はbyになってるんですか?byでもtoでも間違いではないんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

by the few concernedは関係する一部の人達という特定の人を指しています。
一方でto~は~に対して知られている、即ち不特定多数の人々の集まり(群衆)が単位として扱われています。
日本語でも「それは一部の人々により知られているだけ。」の方が「一部の人々に対して知られているだけ。」よりも自然だと思います。
仮にthe few concernedでtoを使いたければ、・・・to the group of few people concerned(関与している人々の集まりに知られている)でしょう。

Qseemの使い方。

 seemの使い方が全くわかりません。
「~のようだ」という意味自体はわかるのですが、that節であったり、toで結ばれていたりするあたりで混乱してしまいます。 加えて、that節で時制が一致しないことが多いのも理解できません。
 どなたかわかりやすく説明してもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

基本的な説明だけですが書いてみます。大体において
1.形式主語(It)+ seems - that S V (真主語節)
2.人,物 などの現物主語(S) + seems to be - となるようです。

It seems that he is ill. →  He seems to be ill.
◆ seemsとisは同じ時制 (彼は病気であるように見える。)
It seems that he was ill.→  He seems to have been ill.
◆ seemsよりwasは前の時制(彼は病気だったように見える。)
It seemed that he was ill.→ He seemed to be ill.
◆ seemedとwasは同じ時制 (彼は病気であるように見えた。)
It seemed that he had been ill.→  He seemed to have been ill.
◆ seemedよりhad beenは前の時制(彼は病気だったように見えた。)
普通の不定詞は前の動詞seem /seemed と同じ時制ですが、完了形の不定詞はseem/seemed よりももっと過去を表します。

基本的な説明だけですが書いてみます。大体において
1.形式主語(It)+ seems - that S V (真主語節)
2.人,物 などの現物主語(S) + seems to be - となるようです。

It seems that he is ill. →  He seems to be ill.
◆ seemsとisは同じ時制 (彼は病気であるように見える。)
It seems that he was ill.→  He seems to have been ill.
◆ seemsよりwasは前の時制(彼は病気だったように見える。)
It seemed that he was ill.→ He seemed to be ill.
◆ seemedとwasは同じ時制 (彼は病気であるように...続きを読む

Qin the distance と at a distance の違い

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading in my direction.

との文例を示し、
「定冠詞theと不定冠詞aの違いに注目して覚える。」
とのことが書かれているのですが、
両者の違いがよく分かりません。

私が知っている知識としては、
定冠詞theは話し手と聞き手、若しくは書き手と読み手の両者が共通認識を持てる。
不定冠詞aは多くのものの中の任意の一つ。
ということだけなのですが、in the distance と at a distance の違いが分かりません。

丸暗記ではなく、単語のイメージを基に理解する方法があるようでしたら、
教えてください。

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading i...続きを読む

Aベストアンサー

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』とその範囲を表しています。in the garden, in my room と同じようにthe distance の範囲に含まれものを指しています。
a castle in the distance 遠くにある城、a ship in the distance 遠くの船、など。
一方 at は点、地点などを表しています。その地点は不特定であるので at a distance となります。
つまり自分からの距離を表しています。その意味から離れたところ(遠くではなくて)自分からある距離離れているところという意味です。

at a distance of 10meters 10メートルはなれば場所
a man standing at a distance 少し離れたところに立っている人

in the distance (自分からどのくらい離れているかは関係なく)遠くに
at a distance (自分からどのくらい離れているかが問われている)離れたところに

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』...続きを読む

QS keep O ~ing と S leave O ~ing の違いについて。

S keep O ~ing と S leave O ~ing の違いについて。
教えて下さい。又、
『赤ちゃんを泣かせたままにしておいては、いけません。』
これは、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

S keep O ~ing は「積極的に働きかけることで、ある状態を維持する」のに対し、
S leave O ~ing 「ある状態のまま放置する」のです。

『赤ちゃんを泣かせたままにしておいては、いけません。』 は
「赤ちゃんをほったらかしにするな」ということでしょうから、
Don't leave your baby crying. などとすれば良いでしょう。

Qregardless of ~ と in spite of ~ の違い

どちらも、「~にもかかわらず」という訳だと思うのですが、どなたか違いをご説明頂けないでしょうか?

尚、次の穴埋め問題の正解は、in spite of ではなくて、regardless of だそうです。
She will carry out her plan, ( ) expenses.
彼女は出費にかかわらず自分の計画を実行するだろう。

Aベストアンサー

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見ましょう。
一応どちらも引っかかります。
regardless of の方が多いのは確かです。
despite expenses
irrespective of expenses
notwithstanding expenses
などもヒットします。
in spite of nationality, (race, gender,
occupation, religion and education)なども見つかります。regardless of age やin spite of ageなども検索されます。

英英辞典でも調べましたが、regardless of のところにin spite of と載っています。こうなると厄介ですね。意味的にも近いと言えるでしょう。

http://www.alc.co.jp/より
in spite of ~にもかかわらず
regardless of ~にかかわらず

regardless of expense
金に糸目をつけずに、費用がいくら掛かっても、
費用には頓着なく、費用を惜しまず、費用を無視して、費用をいとわない

どちらが自然かという問いであれば、regardless of expensesだと言えるかも知れませんが、文法上一方を間違いにする根拠はありません。

だったら、その自然はどこから身に付くのかと言われたら、日頃から英語に接している量だと思います。
広義の意味では、日本語でも問題にされてここでも問題になっている「○○円からお預かりします」をどう思うかと聞いているようなものです。

試験対策の点から言えば、熟語として覚えるしかないと思います。日本語の訳からどちらかを選択するのは私では出来ません。

regardless of someone's age 若者であれ中高年であれ
in spite of one's age 老躯を引っさげて

Regardless of circumstances, you have to learn these idioms by heart.
In spite of all my efforts, however, I failed completely.
事情がどうであれ、こうした熟語を覚えなくてはなりません。
でも、あらゆる努力しましたが、私は全く駄目でした。

参考URL:http://www.alc.co.jp

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見...続きを読む

Q接続詞providedなどについて

 provided,providing,suppose,supposingのそれぞれに意味の違いはあるのでしょうか?
 辞書などには「providedはifよりも文語的で意味が強いく『~という条件で』という意味」と書いてあり、それに関しては理解はできました。
さらに調べると「providing=provided」そして、「supposeもsupposingも=if」とありました。
 結局すべてほぼifとイコールと考えていいのかどうか是非教えてください。

Aベストアンサー

> 結局すべてほぼifとイコールと考えていいのかどうか是非教えてください。

結論から言えば「ほぼイコール」。その通りです。
でもニュアンスがちょっと違います。

日本語の接続詞「しかし」は「だけど」「けれども」「ところが」「しかしながら」「でも」などと「ほぼイコール」なのに、雰囲気で使い分けている事ってありますよね。この場合も同じだと思います。

ご質問のケースでも、何かを「仮定」して話をするという点ではどの単語も同じ役目を持ちます。でもその単語の元の意味からいって、ほんの少しずつ感じが異なります。

ifは日本語では「もし・・・だったら」とか「もしも・・・だとしたら」に感覚的に近いと思います。日本語でも「仮定」を表す文で最も一般的で、一番使いやすい言葉ですよね。

対して、supposeやsupposingは「仮に・・・としよう」とか「・・・と仮定した場合」と言った日本語表現に近いでしょう。でも言いたいことはifと同じですよね。それぞれに相当する日本語表現の違いを見て分かるとおり、ifよりちょっと持って回ったような感じがします。

さらに、providedやprovidingでは「・・・という条件が与えられた場合」「・・・という条件下では」といった感覚でしょうか。上記の2つに比べて更に堅苦しい感じがしますが、やはり「仮定」を表す点に変わりありません。辞書の言うとおり文語的で、なにやら科学の学術書にでも多用されていそうな重苦しい感じを受けませんか?

というわけで、「仮定」を表す点では「ほぼイコール」。でもニュアンスはちょっと違うぞ、というのが結論です。

> 結局すべてほぼifとイコールと考えていいのかどうか是非教えてください。

結論から言えば「ほぼイコール」。その通りです。
でもニュアンスがちょっと違います。

日本語の接続詞「しかし」は「だけど」「けれども」「ところが」「しかしながら」「でも」などと「ほぼイコール」なのに、雰囲気で使い分けている事ってありますよね。この場合も同じだと思います。

ご質問のケースでも、何かを「仮定」して話をするという点ではどの単語も同じ役目を持ちます。でもその単語の元の意味からいって、ほんの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング