ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ソーダ石灰、十酸化四リン、塩化カルシウム、濃硫酸の内、フッ化水素を気体にするために選べる乾燥剤はソーダ石灰以外全てで正しいでしょうか?

A 回答 (2件)

カルシウム塩とも反応して、フッ化カルシウム(蛍石)という非常に安定な物質になるため、「塩化カルシウム」も使えないと思いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(_ _)

お礼日時:2017/10/21 08:58

「フッ化水素を気体にするため」に乾燥剤を選ぶってどういうことなんだろうか. 沸点は 20度くらいだから, 温める (季節によっては

ほかっておく) だけで気体になると思うんだけど.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(_ _)

お礼日時:2017/10/21 08:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「十酸化四リン」の読み方

「十酸化四リン」の読み方に関してです。
じっさんかよんりん? じっさんかよりん? じっさんかしりん? 
正しい読み方は何しょうか。
化学の専門家の方達はどのように読んでいますか。ご教示くださいますようお願いいたします。

Aベストアンサー

じっさんかしりん

Q化学・十酸化四リン

十酸化四リン P4O10についてです。これはなぜ「十酸化四リン」と読むのでしょうか。十酸化は分かりますが四リンがちょっと良く分かりません。単純にリンが4つあるからでしょうか。
また、これは共有結合だと思いますが、P原子とO原子は化合して、十酸化四リンになる前はそれぞれどんな状態だったのでしょうか。

Aベストアンサー

参考URLに構造式が書かれています。
分子が4個のリン原子と10個の酸素原子からできているためにそのように呼ばれます。
以前は五酸化二リンと呼ばれることが多かったですが、これは分子というよりも、その組成に基づいた名称ということになりますね。

>十酸化四リンになる前はそれぞれどんな状態だったのでしょうか。
これに関しては回答不能です。何から作ったかによって違うはずですから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%9B%9B%E3%83%AA%E3%83%B3

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。

Q炭酸水素ナトリウムが水にあまり溶けないことと、弱アルカリ性であることは関係ある?

中学の理科で、分解のところの勉強をしています。

教科書やワークで、炭酸水素ナトリウムの実験があり、

■炭酸水素ナトリウム:水にあまり溶けない、弱いアルカリ性
■炭酸ナトリウム:水に溶ける、アルカリ性

ということが書いてあります。

この、溶けやすさと、アルカリ性の強さには何か関係があるのでしょうか。
それとも、全く関係ないのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○溶けやすさとアルカリ性の強さの関係
炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも水によく溶けます。
炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。水に溶けなければ使うことはできません。
溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。(溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。)

酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。
pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとかの溶解度を考えている濃度よりもかなり薄いです。
水酸化ナトリウムの水溶液はアルカリ性です。
水溶液1Lの中にNaOHが4g溶けている状態でpH=13です。
このpHの値は強いアルカリ性を表しているものです。でも100g中に0.4g溶けているという数字で考えるとかなり薄いということが分かります。この程度の濃度で考える限り炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも溶け方に違いはありません。(炭酸水素ナトリウムは水100gに10gほど溶けます。)

この程度の濃度で考えていて溶解度がずっと小さければアルカリ性の強さには響いてきます。(水溶液の混合で沈殿が生じるような化合物の場合と考えていいでしょう。)

NaOHやCa(OH)2と同じような形をした化合物が沢山あります。たいていの金属はこの形の化合物を作ります。
水に溶けにくいものが多いです。
水に溶けなければ水酸化物イオンOH-がでてきませんからアルカリ性は弱いという事になります。
水酸化物の溶解度と水溶液のアルカリ性の強さは連動しています。
溶解度の大きい水酸化物は周期表の左側2列の中にある金属元素の化合物です。(それ以外のところにはありません。)
Mg(OH)2は水に溶けにくいです。弱塩基であると分類しています。

炭酸ナトリウムNa2CO3の水溶液はかなり強い目のアルカリ性になります。でもCaCO3は水に溶けにくいですから水溶液のアルカリ性は非常に弱いです。(普通はCaCO3の水溶液を考えるなんてことはしませんね。でもいくらか溶けているということで言うと水溶液があります。)

○溶けやすさとアルカリ性の強さの関係
炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも水によく溶けます。
炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。水に溶けなければ使うことはできません。
溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。(溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。)

酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。
pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとか...続きを読む


人気Q&Aランキング