先日、授業で動物細胞は植物細胞の葉緑体が無くなってできたという話を聞きましたがほんとなんですか?仮にほんとだとして、なぜ葉緑体が無くなったのですか?もし今、僕らが葉緑体を持っていればご飯とか食べなくてもいいのに・・・。動物は動いたりするからミトコンドリアが必要なのはわかるけど、葉緑体を無くす必要はあったのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そもそも、葉緑体というのは、進化の過程で葉緑素を持ったバクテリアを取り込んで生まれたのだ、ということを聞いたことがあります。

(1の回答ですね)

進化の道をみると、動物と植物と、というより、微生物から単細胞生物、多細胞生物へと進化する過程で、動物と植物に分かれていった、と考えるべきでしょう。
分類は人間がしているもので、分類するほうが、こういう中途半端なやつはけしからん、といっても仕方ないことです。細菌類にも、光合成するやつ、鞭毛でうごくやつ、いろいろいますから、その先にどんな生き物がいても不思議ではないです。
このへんは、興味を持つといくらでも深くなりますから、たのしいですよ。

植物でも光合成をしないものがありますが、動物並みのパワーをつかうためには、太陽エネルギーでは足りませんから(ソーラーカーをみれば、自分が動くのに精一杯で、何か仕事に使える力があるとは思えないでしょう)、他の作ったエネルギーを横取りしたほうが効率的です。(ご飯をたべずに、一日中、日向ぼっこがかりする生活もわるくないかもしれないけれど。)
    • good
    • 0

 お礼欄の疑問については、この質問を締め切ってから、新たに質問されるとよろしいかと思います。



 進化論に興味をもたれたようですね。こういう疑問を大切にしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 23:22

 先生がそうおっしゃった根拠は何でしょう?ミドリムシのような葉緑体をもつ生物が葉緑体を捨てたという根拠(仮説)でもあったのでしょうか。



 植物細胞の葉緑体は大気中の二酸化炭素を固定することができるシアノバクテリアが取り込まれた(入り込んだ?)ものと考えられています。これは動物植物両細胞に共通するミトコンドリアも同様で、こうした独自の遺伝子をもつ小器官は、太古の昔にそれぞれの細胞と共生していたものが入り込んだと考えられています。

 ・・・とすると、もともと動物細胞と植物細胞は別々の進化の道を歩んできたと考える方が妥当で、なぜ葉緑体が無くなったのかと考えるのは無理があるように思えます。

 先生にはもしかしたら別の根拠があるのかもしれません。失礼な言い方かもしれませんが、sleeperさんの聞き違いや勘違いの可能性(そうでなかったらゴメンなさい)も含めて、先生にもう一度聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません・・・勘違いだったみたいです。ノートとかプリントを見ても全然そんなこと書いてなかったです。お騒がせしてすみませんでした。m(._.)m ペコッ
ここで、新たな疑問なのですが、なんでミドリムシみたいな動物とも植物とも決められないような生物がいるのでしょうか?また、なんのためにミドリムシは動けるようになったのでしょうか?

お礼日時:2001/07/06 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPS(induced pluripotent stem)細胞誘導に用いた Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子はヒト由来ですか?

 iPS(induced pluripotent stem)細胞の誘導にOct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の転写因子の遺伝子を導入したとのことですが、この遺伝子はヒトの遺伝子なのでしょうか?
 今回のiPS細胞はヒトの皮膚の細胞に上記4種類の遺伝子を導入したとのことですが、元になるヒトの皮膚の細胞の核のゲノムにはこれらの遺伝子は存在しないのでしょうか?
 もし、ヒトの遺伝子でないとすると、何由来の遺伝子でしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したことはありません。ところが、遺伝子の発現制御というのはかなり複雑で、どうすれば特定の遺伝子の発現を自由にコントロールできるかはまだ未知の領域なのです。ですので、今回のiPS細胞では、実現可能性の検討というところで、手っ取り早く外部から遺伝子を導入して強制発現するという方法をとっているのです。
おそらくは、外部から遺伝子を導入することなくES細胞のような特性を持った細胞の作製法、あるいはゲノムに遺伝子を挿入することなく一過性の遺伝子発現だけでES細胞様の細胞を作出する方法の検討が激化するのではないかと思います。

遺伝的な特性に影響されて・・・の件もお考えの通りです。ただし、例え癌化しやすい遺伝的特性があったとしても、本当に癌化するかどうかはまた別の話ですので、「すでに」癌化した組織を培養組織と入れ替えることが無駄、というわけではないでしょう。

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したこと...続きを読む

Qなぜ動物細胞には葉緑体・液胞・細胞壁がないの??

学校の発展問題をPCで調べていますが分かりません。
なぜ動物細胞には葉緑体・液胞・細胞壁が無いんですか??
できればこちらの問題も・・・↓
なぜ、植物細胞には中心体が無いの??

正しい答えお待ちしています♪

Aベストアンサー

こんにちはです♪ 

>正しい答えお待ちしています♪
すいません、高校の生物とった以来なんで、専門的な知識を持った学者ではありませんが・・・

・葉緑体は光合成をする場所なのですが、動物(犬でも人間でも)は光合成しますか?しないっすよね。

・液胞は新しい細胞なら植物にもありません(混乱させてしまうかもしれませんが)。植物には動物と違って細胞壁があります。その中身として核とか葉緑体とか詰まっているんですが、老化してくるとその中身が縮んでくる。そのまま縮んだ形になってくしゃっとなるのが動物ですが(例:人間の肌のしわとか)、あいにく植物には細胞壁という固い枠が残っています(人間は細胞「膜」なので、中身に合わして形が変わるのです)。そのままでは中身がないすかすかになってしまうので、ちょうど壊れ物を包装するときに新聞などを詰めるように、液胞というものが出現するわけです。だから新しい細胞にはないんですよ。

・細胞壁がないわけ、はちょいと予想になってしまいます(上二つは私が高校の時の教科書には載ってましたよん)動物には骨があってしっかり形を整えられる。けど植物にはないですね、骨。そのままではくたっとなってしまって日に当たりません。だから植物がぴしっとなるよう細胞を固くして骨組みのようにしたのでは?

・中心体・・・懐かしい言葉です(涙)でもこれはちょっと生物学者の人じゃないと駄目かもです。

「なぜ動物細胞には葉緑体・液胞・細胞壁がないの??」が発展問題になっちゃったんですね・・・教科書問題って・・・(苦味)

ではではv ベンキョがんばってくださいね~

こんにちはです♪ 

>正しい答えお待ちしています♪
すいません、高校の生物とった以来なんで、専門的な知識を持った学者ではありませんが・・・

・葉緑体は光合成をする場所なのですが、動物(犬でも人間でも)は光合成しますか?しないっすよね。

・液胞は新しい細胞なら植物にもありません(混乱させてしまうかもしれませんが)。植物には動物と違って細胞壁があります。その中身として核とか葉緑体とか詰まっているんですが、老化してくるとその中身が縮んでくる。そのまま縮んだ形になってくしゃっ...続きを読む

Qガン抑制遺伝子と免疫細胞

以下の二つの点がわからないので教えて下さい。
(1)ガン抑制細胞を持っている細胞が免疫細胞なのか?
(2)ガン遺伝子を持っている細胞がガン細胞なのか?

Aベストアンサー

(1)に関してはよく意味がわからないので、(2)について回答します。

ほぼ全ての細胞は同じ遺伝情報を保有しています。その遺伝情報の中にガン遺伝子があるわけです。ですのでガン遺伝子はほぼ全ての細胞の中にあります。
癌遺伝子とは癌がもっている特徴(増殖、血管新生など)を発現させる遺伝子ととらえると良いかと思います(多少語弊があるかもしれませんが)。別に癌でなくてもガン遺伝子が働いている細胞もあります。

参考URL:http://www.tsuboi-hp.or.jp/main/HTML/PART/kensaHP/ganidensitte.htm

Q葉緑体を動物細胞の中に?

環境問題について友人がこんな提案をしてました。

『植物細胞にある葉緑体を動物細胞に入れることができれば
 二酸化炭素を減らせるし、地球温暖化防止にも役立つのでは?』

面白い意見だと思ったのですが、実際にこんなことは
できないですよね?
葉緑体を動物細胞にいれることができないのは具体的になぜなんですか?


どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

葉緑体のような細胞内小器官を持っている真核細胞の紀元は、様々な働きの原核生物が集まってできたとする「共生説」を知っていますか?もとは別々の生物だったのですから、それぞれに遺伝子(DNA)を持っていたと考える事ができます。1つの細胞に住むようになってからは、遺伝子を核に渡して仕事をまかせるようになりました。
しかし、ミトコンドリアと葉緑体は今もまだ自分達で遺伝子を持ち続けています。ですが、一部を核に渡してしまったので残っている遺伝子だけでは、その機能を維持していく事ができません。ですから、動物細胞に葉緑体を入れる事は不可能とされています。

ある植物細胞の遺伝子配列を全部明らかにして、葉緑体に関わっているものを切り出し、動物細胞のDNAに組み込む事ができるなら、葉緑体を動物細胞に入れる事ができるかもしれませんが。

Qヒト細胞の遺伝子組み換え具体例

質問いたします。
遺伝子組み換え生物に関する議定書である、カルタヘナ法について勉強しています。

(1)遺伝子組み換えを行ったヒト細胞って、例えば何が挙がるでしょうか。
生殖細胞では遺伝子組み換えを行ってはいけないのでしたっけ・・・
なんだか考えれば考えるほど、混乱しています・・・。
勉強不足で申し訳ないのですが、「遺伝子組み換えを行っているウィルスはベクターとして用いているウィルスベクター」といったかたちで、ヒト細胞に関して教えていただければとても助かります。
また、
(2)「分化する能力を有する、または分化した細胞等で会って自然条件において個体に生育しないもの」とは具体的にどういったものがあるでしょうか。
(カルタヘナ法における生物以外のものの分類です)

カルタヘナ法のURLです http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html

よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

具体例と言われても、
「(遺伝子(いろんな遺伝子の名前が入る)組み換えをした)ヒト細胞」
としか言いようがないのですが。。。

もしかして、質問者様はヒトの心臓とか腎臓とかを想像していませんよね?ヒトの培養細胞ってご存知ですか?

いずれにしても、具体的に何を見ていらっしゃって何について疑問に思われているのか
あげてもらえるといいかと思います。

遺伝子組み換えを行ったヒト細胞について言及しているところがありますでしょうか?

断片でなく、カルタヘナ法のこの部分ってあればわかりやすいのですが。。。

Q植物の根毛細胞や動物の吸収上皮細胞に穴はある?

twitterで会話したときに意見が食い違いました。

「根毛細胞や吸収上皮の細胞には
腎臓の細胞のような大きな穴は空いていない」
と思っていたのですが相手は「空いている」と言いました。

一般に細胞膜にイオンチャネルがあることはどちらも認識済みですが
それより大きな穴があるのでしょうか?

Aベストアンサー

植物についてはわかりませんが、哺乳類の小腸吸収上皮細胞には物理的な穴はあいてません。
そもそも細胞に穴があいてたら細胞質が流出して細胞が死んでしまいます。それに小腸には食べ物が流れてきますが、食べ物の構成物の全てが栄養ではないですよね。栄養ではないものまで細胞内に流れ込んできますよ。細菌やウイルスだっていますし。
栄養吸収についてはそれぞれの栄養(糖分、アミノ酸、脂肪など)に対応したレセプターやチャンネルによって特異的に取り込まれます。
脂肪については細胞膜を受動拡散で透過したりしますけど。また、細胞単位でなく上皮単位でも穴はありません。上皮細胞同士はタイトジャンクションによって結合し、隙間はありません。

腎臓でも細胞には穴は開いてないはずですが、もしかして有窓性毛細血管や穴あき型毛細血管と勘違いされてるのでしょうか?
細胞に穴が開いてたらその細胞は死にますよ。

QiPS細胞をつくるときに組み込まれる遺伝子とは?

昨日のニュースで話題になっていたiPS細胞ですが、分化済の細胞を初期化する過程で4つの遺伝子をレトロウィルスを利用して組み込ませるとありました。
この4つの遺伝子のうち1つはガン遺伝子(おそらく細胞増殖を目的としている?)だそうですが、残りの3つは何なのでしょう?調べてもよくわかりませんでした…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Oct3/4,Sox2,c-Myc,Klf4の4種類です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ES%E7%B4%B0%E8%83%9E

Q恋愛:単細胞動物と多細胞動物の分かれ目

 ふとしたことで疑問がわきました。
 まず、人間の恋愛について。人間って十人十色です。いろんな特徴をもつ人がいます。それで、自分に似ているところがあったり、あるいは自分にないものをもっている人に無意識のうちに惹かれて結びつき、子孫を残します。人間はさまざまな人がさまざまな個性に惹かれて結びつきます。
 人間の祖先のおサルさんの仲間たちや、鳥や動物も、求愛して振られたり成功したりしながら子孫を残します。
 そうしてどんどん下っていくと、単細胞動物に行き着きました。「単細胞」動物は、いったいどのようにパートナーを選んで子孫を残すのか?人間にとっては何の代わりもないどんぐりの背比べのような単細胞動物のように見えてはいるのだが、実は単細胞動物たちはそれぞれ違いがあるのか?(外国人が日本人を見るとみな同じ顔【目が一重で切れ長、平面顔】に見えるよというが、実は日本人って二重も一重もイロイロある、というように。単細胞動物だって、「同じように見えるかもしれないけど、実は、オレたち、イロイロあるんだよ」って思っているかもしれない・・。)単細胞動物はどのようにパートナーを「選択」するのでしょうか??誰でもいいんだけど、ちょうどタイミングよく近くにいたから結合したとか、その程度なのでしょうか?
 そうすると、恋愛という面からみると、単細胞動物と多細胞動物の分かれ目ってどこにあり、どの動物から多細胞動物と呼べるのでしょうか?
 ※なるべくなら、専門家の方か、専門誌などでこのことについて読んで知ってますって方の回答をお聞きしたいです。

 ふとしたことで疑問がわきました。
 まず、人間の恋愛について。人間って十人十色です。いろんな特徴をもつ人がいます。それで、自分に似ているところがあったり、あるいは自分にないものをもっている人に無意識のうちに惹かれて結びつき、子孫を残します。人間はさまざまな人がさまざまな個性に惹かれて結びつきます。
 人間の祖先のおサルさんの仲間たちや、鳥や動物も、求愛して振られたり成功したりしながら子孫を残します。
 そうしてどんどん下っていくと、単細胞動物に行き着きました。「単細胞」...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
単細胞でも「接合」という有性生殖を行なう場合があります。
私たち人間に例えればつまりHですね。
卵子と精子で受精するのではなく、1個の細胞同士が合体してDNAを交換して離れてゆき、それぞれ別々に分裂を始めます。

この場合、どっちがオスでどっちがメスか判りませんが、雌雄が分化している場合でもしていない場合でも「近所にいる」「相手も適齢期(細胞が接合する時期)」である事が絶対条件となります。

つまり我々の「遠距離恋愛」や「国際結婚?」は成立しないかも。(爆)

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む

Q一般に動物細胞というけれど、動物のすべての組織は同じ細胞で作られているんですか?

ふと疑問に思ったことがあります。動物細胞と植物細胞の作りを学校で学びますよね。この動物細胞ですが、動物には脳や眼球、内臓にリンパ腺、筋肉など、いろいろな器官がありますが、すべて同じ細胞で構成されているのですか?すべての細胞は同じ遺伝情報を持っているのは知っていますが、細胞はどうなんでしょうか?学校ではただ動物細胞と植物細胞の2つしか習わないので疑問に思いました。ネットで検索してみましたが何も見つけられませんので、ご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

引き続き
なかなか的を得た回答では無いかもしれませんが・・・

一般に習う動物細胞は、その特徴の一部を模式的に表したものです。細胞は多様ですので、まったく同じ構造ではありません。あくまで特徴なので、細胞壁が無かったり、葉緑体が存在していなかったり、などなどです。

ちなみに、神経細胞=ニューロンではありません。
ニューロンは神経単位で、主となる神経細胞にシュワン細胞などが巻きついた構造の単位です。調べてみてください。

確かに質問者さんが不思議に思われるのも納得できます。
最初は1つの受精卵から始まり、分裂を繰り返し細胞数を増やしながらも、位置情報を元に、異なる遺伝子が発現し、細胞が分化していくのです。その過程においてトランスポゾンなども関与しながら発現するので、DNA(ゲノム)レベルでは違いが出てくるとも考えられます。

現在再生医療の研究が盛んで、iPS細胞の作成は可能になっています。後は組織を作るための位置情報のコントロールの仕組みが明らかになれば、完全な臓器や体の部位の再生も可能となるでしょう。

質問者さんが疑問に思うように、一言に動物細胞といっても、様々な細胞が構造の細胞があります。その細胞が集まって組織を形成しています。その組織がかつまり一定の働きをする器官を構成し、この器官があつまり一つの個体として成り立っています。その一つの個体が形成されるまでの発生の過程における「分化のしくみ」が面白いところです。

引き続き
なかなか的を得た回答では無いかもしれませんが・・・

一般に習う動物細胞は、その特徴の一部を模式的に表したものです。細胞は多様ですので、まったく同じ構造ではありません。あくまで特徴なので、細胞壁が無かったり、葉緑体が存在していなかったり、などなどです。

ちなみに、神経細胞=ニューロンではありません。
ニューロンは神経単位で、主となる神経細胞にシュワン細胞などが巻きついた構造の単位です。調べてみてください。

確かに質問者さんが不思議に思われるのも納得できます。
最初は1...続きを読む


おすすめ情報