今、大学のゼミで抗酸化剤について調べています。私は
プロブコールについて深く調べていこうと思ってるのですが
いい資料がなかなか見つかりません。どこで見つければいい
のでしょうか?体内での働きや研究などについて詳しく知り
たいです。良い情報があれば是非教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


あなたの学部学科がわからないので,役立つかどうかわかりませんが,PubMed(↓)で「probucol」を検索すると多数ヒットします。

とりあえず「Limits: Review, Japanese」で絞り込んで残った日本語の総説6件をご紹介しておきます。

Ohya T, Egusa G.
[Mechanisms of anti-atherogenic action of probucol].
Nippon Rinsho. 1999 Dec;57(12):2831-6.

Nakaya N.
[Anti-hyperlipidemic drug].
Nippon Rinsho. 1999 Jul;57(7):1570-6.

Kanaki T, Saito Y.
[Anti-atherogenic drugs].
Nippon Rinsho. 1998 Oct;56(10):2635-9.

Sakuma N, Noguchi Y, Hibino T.
[Inhibitory effects of vitamin C and vitamin E or probucol against oxidative stress].
Nippon Ronen Igakkai Zasshi. 1997 Sep;34(9):729-32.

Koizumi J.
[Probucol treatment of hyperlipidemia].
Nippon Rinsho. 1994 Dec;52(12):3279-84.

Nakamura H, Suzukawa M.
[Atherosclerosis, with special reference to vitamin E].
Nippon Rinsho. 1993 Apr;51(4):997-1003.

いづれも「日本臨床」ですね。
 

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q HIVウィルスと感染後の体内状況

 
 性行為などで、HIVウィルスに感染したとき、その行為直後から、HIVウィルスが、体内に侵入しますね。これが感染とみていいのでしょうか。

 HIVウィルスは、感染直後から、ずっと体内に生息しているのですよね。

 抗原検査で、今現在体内にHIVウィルスはいないといわれました。

 しかし、一週間弱という期間です。

 医者からは、検査したので心配ないと言われていますが。

 日々、自殺を考えています。

 知識のある方、どうかよろしくお願い致します。
 
 命を懸けた質問です。

Aベストアンサー

一週間弱では感染の有無は分かりませんよ。
でも、自殺する必要はないですよ。
今は薬で治すことはできませんが、発症を抑えられますから。

Q体内に針発見MRI撮影により。

この度、62才の母が半月板損傷により手術する事になりました。参照→http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2262686
手術前検査によりMRIにて撮影した所、膝に縫い針が一本入ったままになっている、と言われました。
悪さはしないし、このまま置いておいて良い、と言われ取り除いては下さらないみたいです。
ただ、いくら悪さはしないと言っても今回の手術で取り出して欲しいんですがそれは不可能でしょうか・・
そして、この縫い針ですが、本当に縫い針なのか、注射針なんではないのか・・と不安になってしまっております。母は縫い物はしますが、針がささったら痛みはわかる健康体です。そんな事が実際起こりうる事なのでしょうか・・
そして、これが注射針としたらこれが原因で半月板が損傷してしまった!!?なんて可能性あるんでしょうか・・
先生になんといって質問してよいやら・・
皆様、何でも構いません。どうぞご教授お願い致します。

Aベストアンサー

折れ針のように小さい物の場合、3次元的に位置を把握して取り出すのは非常に難しいものです。(X線透視下でしたら何とかなるかも知れませんが。)
まさか磁力で引っ張り出されてきたとか?(その昔、強力な電磁石で金属片を摘出した なんていう噂は聞いたことがありますが、MRIのように磁力線の方向が一定でないものの場合、そんなことが起こるかしら?独り言でした。)

そのもの自体は既に、周りに再度刺さらないよう繊維が包み込んで固定している状態でしょうから、それが特に悪さをしていないのでしたら、ほおって置いて全然オッケーです。

もし関節裂隙内に刺入・留置しているのでしたら「それを取りましょう」と真っ先に言われるはずです。っていうか、それ以前にきちんとした関節運動自体が難しいと思います。

ですから想像ですが、多分膝小僧の周りの肉辺りに、幼い頃に落ちている針を刺したのでは???

どこに針が存在するのかは、担当医に尋ねるしかないと思います。ついでに縫い針と限定した理由についてもお聞きになるとよろしいでしょう。

説明に怪しいところがないのであれば、注射針のせいではないと思いますよ。

折れ針のように小さい物の場合、3次元的に位置を把握して取り出すのは非常に難しいものです。(X線透視下でしたら何とかなるかも知れませんが。)
まさか磁力で引っ張り出されてきたとか?(その昔、強力な電磁石で金属片を摘出した なんていう噂は聞いたことがありますが、MRIのように磁力線の方向が一定でないものの場合、そんなことが起こるかしら?独り言でした。)

そのもの自体は既に、周りに再度刺さらないよう繊維が包み込んで固定している状態でしょうから、それが特に悪さをしていないのでしたら、...続きを読む

Q体内被曝は何ベクレルから危険なの?

尿から調べる体内被曝(セシウム両方あわせて)何ベクレルから危ないの?
ベラルーシの資料とかもあったら教えてください。

Aベストアンサー

放射線の値がどの程度から危険かという質問は、科学的に言うと答えられない話なのです。
なぜなら、放射線による被害というのは「確率的」に発生するからです。
たとえば、1マイクロシーベルトの被爆で、1000人に一人ガンになる、とします。
(被曝量はベクレルではなくシーベルトです。また、この値はたとえ話ですから、値自体は根拠ありません。)
しかし、10マイクロシーベルトの被爆だと100人に一人がガンになり、100マイクロシーベルト被爆すると10人に一人がガンになる。
というような関係が成り立つことがわかっています。
この場合、どの程度の被曝量までが「安全」でどこからが「危険」といえるでしょうか?。
さらに、たとえ話をすれば、1000本の竹ひごで「くじ」を作り、そのうちの1本が「当たり」で当たったら死んで下さい、と言われたら、そのくじは「かなり安全だ」と判断しますか。
一万本に一本くらいなら安全?。100本に一本だとかなり危険?、それともその程度ならまだまだ安全と考えられますか。
放射線被曝と健康被害は実のところこういう関係なのです。ですから恐がりな私は政府が出している「暫定基準」などというのは真に受けません。

放射線の値がどの程度から危険かという質問は、科学的に言うと答えられない話なのです。
なぜなら、放射線による被害というのは「確率的」に発生するからです。
たとえば、1マイクロシーベルトの被爆で、1000人に一人ガンになる、とします。
(被曝量はベクレルではなくシーベルトです。また、この値はたとえ話ですから、値自体は根拠ありません。)
しかし、10マイクロシーベルトの被爆だと100人に一人がガンになり、100マイクロシーベルト被爆すると10人に一人がガンになる。
というような関係が成り立つことが...続きを読む

Q体内でのカルシウムとリンの関係について。

人間の体内で、カルシウムとリンの働きや、この二つの関連について教えてください。
この二つは、拮抗作用か相互作用のどちらになるのでしょうか??それとも、これら以外の関連があるのでしょうか?

Aベストアンサー

難しい話ができなのでご容赦を。

骨は、カルシウムとリンで構成されていることはご存知のようですので、
血液中でもリンとカルシウムは一定の割合を維持しようとするため、リンが過剰に存在すれば、血中のカルシウムが骨の生成に使われる事なく、排泄される方向に向かいます。

したがって、拮抗や相互という言葉は似付かわしくないと思います。

Q体内に異物(虫)が入ったとき胃はどのような作用をするのですか?

栄養には3大栄養素(糖、蛋白質、脂質)があり、食物が体内に入ると胃でそれぞれの消化酵素によって分解されると聞きました。もし3大栄養素とは全く関係ない小さい虫などを飲み込んでしまった場合、どの消化酵素が分泌するのでしょうか?その虫も胃でとかされるのでしょうか? 以前、テレビでゴキブリを飲み込んだ人が死んでしまい、死亡後、ゴキブリが口の中から出てきたという話を聞きました。虫などは胃では消化されないのでしょうか?

Aベストアンサー

虫の体の部分によって、人間には消化できる部分とできない部分があると思います。
胃酸とペプシンによって消化される割合もかなり多いと思います。
芋虫なんかを常食にしている民族もありますが、ああいった柔らかそうなものは消化吸収できる部分が多く、蛋白源として十分に有効でしょう。甲虫類は吸収できない部分が多いと思います。
ゴキブリを飲んだ人は付着していた細菌の中毒になって死んだのではないでしょうか?
AVにはゴキブリ食べてるシーンが出てくるものがありますが、特に問題になったことも聞かないし、その女優さんは死んだりしてないんじゃないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報