よくニュースなどで「○○被告に懲役何年の判決が・・」
って報道されますが、被告って呼び名は民事で
使われるのが正しいのではないのでしょうか?
刑事では被告人だと思うのですが・・・
いつから変わったのでしょう?

A 回答 (7件)

追加。


ついでに、「弁護人」についても、報道では「○○弁護士」と、肩書きで呼んでいるようです。法廷の役割としての、被告人とか弁護人とか言うのと、立場がちがうのでしょう。
    • good
    • 0

民事でも「○○被告」とはいわないはずで、ただ、「被告」でしょう。

(「被告人」も同じで)

○○選手とか、○○先生、とかの延長で、何か名前に「肩書き」をつけないと納まりが悪いから「告訴を受けた側として被告」というのをつけたのだと思います。
名前につけないときには、被告人というのじゃないでしょうか。
「○○さん」でもいいようなものだけれど、「犯罪者に敬称をつけるのか」(決まってなくても)という声がでるし、「呼び捨て」にするのもけしからん・・・。職業は亡くなっているし・・・、ということで「被告」をつけた。「被告人」だとごろが悪いし、「○○人」という肩書きもスマートでない。

 昔、ロッキード事件で有罪判決を受けた、田中角栄「被告人」は、新聞社も遠慮したのか「田中元首相」と表現していました。
    • good
    • 0

SYSHさんへ。



確かに、「被告・被告人の混用はかえって望ましいこと」というのは言いすぎだったかも知れません。ただ、世間では「刑事被告人=悪い奴」というイメージがあまりにも蔓延しているので、「民事上の被告=悪くない奴」と刑事被告人のイメージをダブらせれることで、無罪推定の原則を浸透させることが出来るかな、と思ってみただけです。

私も、一応、法学を修めたものですから、被告と被告人の概念が、沿革的にも実体法上も全く違うことは、当然の前提としています。しかし、SYSHさんも法学部の方ならご存じでしょうが、刑事裁判においては当事者主義・弾劾主義を強調するために、民事裁判とのアナロジーがよく使われます。従って、私の意見も全く根拠の無いことではないのです。

マスコミ用語としてはどうでもいいような気もしますが(他にも色々ありますし)。
    • good
    • 0

sukemasaさんに一言。



>>被告は民事上で訴えられた方というだけですから、何か犯罪を犯した(と警察に疑われている)わけでもありませんし、

>とあるのが気になります。
>というのも、それこそ被告人だって、刑事上訴えられたというだけで、何か犯罪を犯したと決まっているわけではないのです。

>従って、被告・被告人の混用はかえって望ましいことであり、被告という言葉のイメージを変えていくべきなのです。

 たしかに、被告人もまだ訴えられている段階では犯罪者ではありません。無罪判決もあるのですから、まったく善良な人が被告人となってしまう場合もあります。
 しかし、被告と被告人はまったく違うものです。被告は国に訴えられているものであり、被告人は民間の人同士で訴えられているのです。

 民事訴訟では、被告は、たとえていえば借金を返していなくて相手方に返還を求められたり、離婚の訴訟だったりします。確かに被告は悪いことをしていることもあるかもしれませんが、それは法律には触れていません。原告が勝訴した場合も原告は、当然得るべき利益が返還されるだけです。また、離婚訴訟などを考えてみれば、悪事を犯していないことも多いということは容易に知れるでしょう。
 それに対して刑事訴訟では、訴える側は国です。それに対して被告人は、「国に対して何かをしでかした」のではありません(その場合もないわけではありませんが)。国が直接被告人から被害を受けて、その損害分(当然得るべき利益)を取り戻そうとしているわけではありません。国は、秩序を守るために(法を守るために)被告人を訴えるわけであり、罰金を取った場合でもそれは被害者には還元されず、国におさめられます。

 したがって(うまくいえていないかもしれませんが)、被告と被告人はまったく違う概念です。これを混同することは望ましいなどとはいえないはずです。
    • good
    • 0

回答ではないのですが、SYSHさんの回答で、



>被告は民事上で訴えられた方というだけですから、何か犯罪を犯した(と警察に疑われている)わけでもありませんし、

とあるのが気になります。
というのも、それこそ被告人だって、刑事上訴えられたというだけで、何か犯罪を犯したと決まっているわけではないのです。

被告・被告人という言葉の語源はよく知りませんが、刑事裁判が民事裁判のアナロジーでとらえることができるのは重要なことです。お上がお白州に引き出すのと違い、被告人・検察官は、あたかも民事上の被告・原告と同様、対等な当事者なのです。判決が出るまで、被告が悪くないのと同様、被告人も悪くないのです。
従って、被告・被告人の混用はかえって望ましいことであり、被告という言葉のイメージを変えていくべきなのです。

以上のような考え方に反対する方が多いでしょう。確かに、日本の刑事裁判の有罪率は極めて高く、被告人といったらほとんど犯罪者でしょう。そして、そのような犯罪者に対し、黒を白と言いくるめようとする弁護士がいることも事実です。「被害者の人権」などという言葉も、このような文脈から出てきます(もっとも、加害者を処罰する権利は被害者にはないと思うのですが。国に被害の補償を求める権利は認める余地はありますが)。
しかし、それでもなお、国家権力というものの危険さは認識すべきだと思います。明日は我が身なのですから(男なら、痴漢に間違われるなんて、ほんとに人ごとじゃないのです)。
    • good
    • 0

 大学の法学部に在籍中のものです。



 crimsonさんのおっしゃるとおり、民事で訴えられたほうが被告であり、刑事の場合は被告人です。

 マスコミもこのように混同するから、日本国民は「被告=被告人」と誤認してしまい、被告=悪い人というイメージがいつまでたっても消えません。被告は民事上で訴えられた方というだけですから、何か犯罪を犯した(と警察に疑われている)わけでもありませんし、被告が勝訴した場合は、原告こそが悪人であり被告は善人であったという場合だってあります。

 被告という言葉を変えようという議論も以前は、なされていたようです。しかし名前を変えたからといってイメージは早々かわるものでもありません。しかしマスコミは公共の電波を利用しているわけですから、もっと言葉の使い方に正確になって欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに被告=なんかやった奴ってイメージありますね。
マスコミ関係にも当然法学部出身者いるはずなのに
なぜかどこのテレビ局も新聞社も同じになってますね。
不思議です。

お礼日時:2001/07/06 06:16

いえ、変わっていません。


これはmangan8000さんのおっしゃる通り、

民事 … 被告
刑事 … 被告人

が正解です。
いわゆる「マスコミ表現」として、「告訴された人」の
総称として「被告」という言葉が用いられており、双方
の間に“イメージ上の差異”がはっきりと認められてい
ない、という認識から、厳密な区別がされていないので
しょう。

ちなみに、「容疑者」というのも法律用語としては存在
でず、「被疑者」が正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やっぱりマスコミ用語だったんですね。
でも法律学びはじめた者によっては
間違いやすいですよね。
公の電波で表現してるわけですから・・
他に似たような例として強姦→婦女暴行
強制猥褻→いたずらとかありますが、
このように表記されるとそんなに重くない
罪のように感じられます。
これでいいんでしょうかね~

お礼日時:2001/07/05 23:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かない

刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かないの?

教えて下さい。

Aベストアンサー

刑事は被告が個人。
民事は被告が法人の場合もある。

Q懲役判決を受けた被告に賠償請求することはできるのですか?

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20060331/20060331i305-yol.html

最近のニュースに上記のようなものがありましたが、この被告は無期懲役の判決が下りており(上告中ですが)、これで刑罰は確定したはずだと思うのですが、無期懲役に加え損害賠償の義務を負うことは2重に刑罰を受けることになり、刑法のことはよく知りませんが通常このようなことは法的に認められていない筈だと思うのですがどうでしょう。

Aベストアンサー

不法行為責任というのが、本質的に、ご指摘のような不平等を含む制度であるということはよく言われていることです。それなのに、なぜ不法行為責任という制度が使われているのかというのは、不法行為法分野の大きな問題の一つです。

>宅間や宮崎の被害者は子供を殺されてお金ももらえないのに、今回の被害者は子供を殺されたが賠償金をもらえるというのはどう考えても納得がいきません。

「加害者に財力がなく賠償してもらえない被害者もいれば、加害者に財力があっても賠償請求してもらえう被害者もいるのは、不平等である」

という問題意識は、多くの人が持っています。

しかし、一般的には、この不平等を解決するために「加害者に財力がなくても保障が受けられるよう、公的被害者救済システムを整備すべきだ」という結論になります。

「一切賠償を認めない」というのも、不平等を解決する一つの手段ではありますが、これは、歴史の流れを逆行した解決手段です。

不法行為法というのは、確かに、不平等な部分が残る制度ですが、今はこの制度しかこれしかないわけで、それを認めないと、被害者の救済が全くできないことになってしまいます。

殺人とは少し違いますが、交通事故分野において、不法行為責任という制度の限界から自賠責法などが制定された過程を学ばれてみると、ご質問者が、どのような点に違和感を感じているのかというのが、よりはっきりするのではないでしょうか。

不法行為責任というのが、本質的に、ご指摘のような不平等を含む制度であるということはよく言われていることです。それなのに、なぜ不法行為責任という制度が使われているのかというのは、不法行為法分野の大きな問題の一つです。

>宅間や宮崎の被害者は子供を殺されてお金ももらえないのに、今回の被害者は子供を殺されたが賠償金をもらえるというのはどう考えても納得がいきません。

「加害者に財力がなく賠償してもらえない被害者もいれば、加害者に財力があっても賠償請求してもらえう被害者もいるの...続きを読む

Q民事裁判中、被告側から刑事告訴すると脅されました

民事裁判の原告です。

被告側は刑事告訴も辞さない、とのことですが、
内容は事実無根、でっちあげです。

このような行為は法的に問題ないのでしょうか?

しかも、裁判中の争点とはまったく別件です。

被告は近隣では問題行動で「有名」な方だそうで(裁判になってから被告を知る人から聞いた話)、
弁護士も懲戒歴のある強面の先生です。

書面における人格攻撃や虚偽などは酷いもので、
こちらの弁護士も私に読ませることをためらうほどです。

作り話で私を犯罪者に仕立て、刑事告訴も辞さない等、とても恐ろしく感じます。

玄関の施錠など何度も確かめずにいられない時もあります。

気持ち的には脅迫されているような状態です。

裁判ではよくあることなのでしょうか?
虚偽で原告を犯罪者と決め付けても法的に罰則はないのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判の準備書面でそのような脅迫をしてくるということですね。
他の人も書いてましたが、「むしろチャンス」と捉えるべきではないですか。
相手がオウンゴールをしてくれた又はこれからしてくれるという状態だからです。
弁護士は、弁護士同士のギルド社会があるので、準備書面に書いたことで脅迫などの刑事告訴すると、相手の弁護士もその共犯になり相手の弁護士から恨まれるので、嫌がるのですね。
だから、もう少し相手を泳がせて様子を見た後にですが、そのような刑事告訴を自分でやるか、弁護士にやってくれと頼み、やってくれないような「弁護士ギルドを依頼者の利益より優先する弁護士」ならば、他の弁護士に交代させた方がよいと思います。

Q私の友人の父が、民事裁判の被告となりましたが、被告が病気で、判断能力が

私の友人の父が、民事裁判の被告となりましたが、被告が病気で、判断能力がない為、法テラスの弁護士が
裁判所より、無償で選任されました。友人の話では、被告には、裁判費用はかからないと言われた、とのことです。しかし、友人は、父のことで、お世話になったお礼をしたいとのことですが、お礼に、現金を渡すことがよいものかどうか、または、菓子箱程度にとどめておくべきものか、判断がつかないとことです。どなたか、アドバイスを頂ければと、思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

似たような例として、刑事裁判の国選弁護人については、被告人や関係者から報酬を受け取ることが禁止されています(弁護士職務基本規程49条)。
国選弁護人には国から報酬が支払われているので「二重取り」になりますし、被告人から報酬を受け取るケースが出てくると(報酬を渡さないと真面目に弁護してくれないんじゃ……)といった邪推を招いて、国選弁護制度自体の公正さを害するからです。

民事扶助の場合も、法テラスと契約している一般弁護士であれば今回の事件処理の報酬、法テラス勤務の弁護士であれば毎月の給料を貰っていますので、依頼者から謝礼を受け取ると「二重取り」になってしまいます。国選弁護人の場合と同じですね。
そんな訳で、まともな弁護士ならまず間違いなく現金は受け取らないと思います。菓子箱程度なら人によっては柔軟な対応をするかもしれませんが、かえって迷惑になりかねないのでやめたほうが無難です。素直に感謝の気持ちを伝えるだけでよいのではないでしょうか。

どうしても御礼を、というのであれば「法テラスに寄附する」という手段もありますが、まぁそのあたりは趣味の分かれるところでしょうね。

似たような例として、刑事裁判の国選弁護人については、被告人や関係者から報酬を受け取ることが禁止されています(弁護士職務基本規程49条)。
国選弁護人には国から報酬が支払われているので「二重取り」になりますし、被告人から報酬を受け取るケースが出てくると(報酬を渡さないと真面目に弁護してくれないんじゃ……)といった邪推を招いて、国選弁護制度自体の公正さを害するからです。

民事扶助の場合も、法テラスと契約している一般弁護士であれば今回の事件処理の報酬、法テラス勤務の弁護士であれ...続きを読む

Q民事訴訟で訴えられた判決が出た判決を無視したらどうなるの?

 民事訴訟で判決がでたらそれに従わないといけないのでしょうか?。
 例えば1億円請求されて払わない、もしくは払える能力が無いとどうなるんでしょうか?。

Aベストアンサー

○「被告Bは原告Aに1億円を支払え」の判決が出た場合、「原告Aは被告Bに対し1億円の債権を持ち、逆に被告Bは原告Aに1億円の債務を負う」ことを裁判所が認めたことになります。
○しかし、裁判所は現実の取立をしてくれません。Bが任意に支払わない場合、Aは判決正本を付け裁判所にBに対する強制執行の申立てをしなければならず、取立すべき資産がなければ折角勝ち取った判決も「絵に書いた餅」です。
○なお、判決は10年間有効なので、有効期間内にBが資産を取得した場合には、いつでも上記の強制執行を申し立てて取立てが可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報