日本の家庭用電源の電圧は一部を除き100Vです。
ほぼフォッサマグナを境に、東日本はドイツから技術支援を得たため50ヘルツ、西日本はアメリカからで60ヘルツになったことは良く知られています。
では電源電圧はそのような経緯で100V(東西共通)に決められたのでしょうか?
現在ドイツ・アメリカとも、100Vを電源電圧としている地域はないようですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

うーん、日本人にとってなじみやすい数値だからじゃないでしょうか。


国内で発電開始した時代にも変圧器はありましたから、発電機の輸入国だけの問題じゃないと思います。

1ダースというまとまりが好きな欧米では、12の倍数、またはそれに近い数値がすきなのかも。

ネジのサイズは1/8インチ刻みが基本となっていますし、私たちは10の倍数が気持ちいい区切りですが、
海外ではそれが異なるのが、いったんであると思います。

当時、白熱電球など周波数にあまり関係ない機器が多く出回っていたので、電圧さえ共通なら、周波数が異なっていとも、あまり問題は無かったのではないかと思います。
    • good
    • 1

日本に電気が普及しはじめた時、ほとんどの使用目的は電灯(白熱灯)でした。

それに応じて配電設備の絶縁性能、電線サイズ、安全性を検討した結果100Vに落ち着いたのではないでしょうか?
    • good
    • 0

私が外国を知らない昔ラジオテレビの真空管のヒーターは6.3Vが多かった。

その理由を、100割る2、割る2、割る2、割る2を四捨五入した数と思ってた。これは正しいかな。外国の真空管はどうかな。
    • good
    • 0

>00V近辺で給電されていたのでしょうか?


わからないから.京都発電しョのかん公安ないを
http://www.city.kyoto.jp/suido/sosuirekishi-1.htm
    • good
    • 0

一般家庭へは原則として3相3線式200V


いわゆる動力給電はNGです
単相200V給電ですので
この場合はN極から見て残り線間は100V
N極以外の線間は200V、
Nと対地間は0V
N以外のおのおのの線と対地間は100Vです
    • good
    • 0

#1です。


訂正です。
>>発電所では『三相三線』で発電しています。
その中の一本を利用すると『100V』に成ります。
*100Vの時はその中の一本ともう片方は『アース』されています。
発電所では『三相三線』二百ボルトです。

この回答への補足

皆様、回答をありがとうございます。

なんだか動力線と電灯線の電位に関して盛り上がっていますが、初期の「発電所」は三相200V近辺から始まったという解釈をすればよろしいでしょうか?

ということは、初期には「変電所」や「変圧器」はなく、発電した電力がそのままの電圧で単相に分配され、末端に100V近辺で給電されていたのでしょうか?
(若干の電圧降下はあったでしょうけど)

変圧はもしかして抵抗を噛ませていたとか?

エジソンが直流を支持していたとか...

興味が尽きないので、質問から少し外れても良いので、いろいろ教えてください。

よろしくお願いします。

補足日時:2004/09/15 15:50
    • good
    • 0

>発電所では『三相三線』で発電しています。


その中の一本を利用すると『100V』に成ります。

間違えてますよ!
    • good
    • 1

たしか.関西と関東で電圧が異なり.一方が110V.一方が100Vだったはずです。


結果として.2種類の電球を作らなくてはならず.通信機のトランスも切り替えなければならず.面倒で軍の関係で100Vに統一したと記憶しています。
    • good
    • 1

参考URLの下のほうに、それらしきことが書いてありました。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/m_maki/haha/haha_c.htm
    • good
    • 0

不確かな情報ですが、若し本当の理由が有った時はごめんなさい。


日本は『単相二線式』で配電されています。
発電所では『三相三線』で発電しています。
その中の一本を利用すると『100V』に成ります。
*逆に言えば200Vで送電するとコストが高かったのでは、
と考えますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧不平衡率とは?

(3相の)電圧不平衡率について教えてください。

電気工学ハンドブックでは、電圧不平衡率は、単に
逆相電圧÷正相電圧 としか書いてありません。

まず逆相電圧÷正相電圧の物理的意味もよくわかりません。
なんで上記の式で求められるかもわかりません。

電圧計で3相の線間電圧のみわかっていたとして電圧
不平衡率はどのようになりますか?

Aベストアンサー

正相電圧は三相の相順どおりに回っている平衡電圧成分、逆相は電圧の大きさは平衡してるのだけど、相順が逆に回ってる成分ですね。両者(と零相電圧)の和で、任意の三相電圧をあらわすことができると。
で、逆相電圧/正相電圧 というのは、電圧不平衡率の定義式かと。

三相の線間電圧がわかっていれば、(+電圧には歪が無ければ)
・各線間電圧を辺とする三角形を書く。
・(とりあえず、零相電圧は0と仮定して、)三角形の重心を基準点とする。
・基準点から三角形各頂点までのベクトルが各相の電圧
・各相の電圧と位相差が決まるので、正相電圧、逆相電圧を計算できる
・これから不平衡率を求める。
という手順で算出できるかと思います。
(零相電圧を0と仮定せずに、基準点を任意に置いても正相、逆相電圧は求まるような気もするけど、、)

Q電圧200Vと100Vについて

電気の損失を防ぐため、変電所からの電圧は6600Vで持ってきて、トランスで100Vや200Vにしてやって家庭などでは引き込まれています。

そこで素朴な疑問です。

1.そのまま6600Vとはいかなくても100Vや200Vまでも下げなくてはならないのでしょうか?安全面以外に理由はあるのでしょうか?

2.照明回路は100V用と200V用がありますが、どのように使い分けられるのでしょうか?1.の質問と同様に電圧が高い方が電流が少なく出来る分良い気がするのですが、どうなのでしょう?

Aベストアンサー

直接家庭内に持ち込むと絶縁が持ちません。
容量の電流の計算で.銅線1本から5-10cm離れている平板の容量を計算して(1mとして数pF程度だったかな.昔1回計算して以来計算していないので)で.6600Vの電圧がかかっていると何mA流れるか.
この電流を人体の許容電流(数値忘却.医療機器の絶縁規格, JIS 番号忘却)と比較してみて.....
と計算して行くと.6600vなんて家の中にゴロゴロしているとビリビリして仕方ないことになります。

しかも半導体の耐圧がせいぜい5Vとか2.3Vとかで.電線2本の間に置いただけで壊れてしまう製品もあります。

Q物体に印加可能な電圧の限界について

物体に印加可能な電圧の限界について

こんにちは、
ある物体Aに、高電圧を印加しようとした場合、物体Aが伝導体でも絶縁体でも、印加可能な電圧の限界があるのでしょうか?(高電圧発生装置自体は、無限に出力可能とします。)
(1)高電圧発生装置⇒導線⇒物体A⇒導線⇒高電圧発生装置とした場合、物体Aに超高電圧を印加する場合、導線には高電圧が印加され短絡し溶ける。
(2)導線が短絡しないように、抵抗値を増やす。すると導線の電圧が上がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が下がる。
(4)予定の高電圧発生装置の電圧を上げる。
(5)(2)⇒(4)の繰り替えし。

Aベストアンサー

下記以下のように考えてみてはどうでしょうか?

電流=電圧/抵抗でRが小さくなり発熱するのは、導線間の電圧が一定のときの話(ショート)です。
今高電圧装置からある一定の電流(ACかDC)が供給されるため、電圧=抵抗×電流により
導線間に電圧が生じます。よってこの場合、発熱=電圧×電流=抵抗×電流×電流

ですので、抵抗が大きいと発熱します。抵抗を小さくすると
(2)導線が発熱しないように、抵抗値を減らす。すると導線の電圧が下がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が上がる。


>電流=電圧/抵抗なので、電圧は関係あると思います。
>発熱=電圧^2/抵抗
>とも書けますので
 上式から電流と抵抗の関係を考える場合は、導線に流れる電圧は変化しない時です。

>但し、導線が融けそうになっても周りを絶縁体で囲って強烈な圧力をかけて液体にならないようにすれ>ば、幾らでも電圧を印加できるのでは?と考えております?
 無理です。

Q三相200vから100v電源

はじめまして、よろしくお願いします。

今度、工作室に動力を引きます。 今までは、100vでした。

そこで質問なのですが、動力から家庭用100vをとるのは、可能でしょうか? また、契約的に問題ないでしょうか? 知り合いの電気工事士にたのむので、無理を言うつもりはありません。ダメなときは、諦めるつもりです。

現在、100v電動工具を複数使用すると、ブレーカーが落ちます。

三相200v電動工具を導入、それに伴い、動力を引くので、それからも、100v電源が取れれば、助かるのですが・・・。 

また、OKの時、どういった商品で、100vにまで落とせばいいでしょうか? 使用するものは、100vも三相も電動工具です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 動力から家庭用100vをとるのは、可能でしょうか?
・違約です。
→大きな違約金を支払うことになります。

> 知り合いの電気工事士にたのむので、
・電気工事士資格を剥奪されます。
まあ、電気工事士なんて誰でも取れる簡単な資格だから、剥奪されてもあまり関係ないかな。

=理由=
・相間バランスが崩れる。
三相から単相を作ると、三相の各相のバランスが崩れます。
相間バランスが崩れると、変電所や発電所に大きな負担を掛けます。
だから、無秩序にみんなが行うと、大変なことになります。

・単相100/200Vの電灯契約と三相200Vの動力契約は料金単価が違うためです。
電灯契約は、アンペア基本料金は安価だが使用料金は高い。
電灯契約は、アンペアブレーカーなどの電流制限器を取り付け、契約最大電流以内ならばドライヤーでもテレビでも、使用機器は自由に使える契約です。

動力契約は、kW基本料金が高額だが使用料金は安い。
動力契約は、使用機器の合計電力(kW)で契約します。
使用機器を電力会社へ申し出る必要があり、契約外機器を勝手に使用することは出来ません。

最後に、電力会社は相間バランスを豆にチェックしているので、三相から単相を作ると直ぐにバレます。
ご注意ください。

> 動力から家庭用100vをとるのは、可能でしょうか?
・違約です。
→大きな違約金を支払うことになります。

> 知り合いの電気工事士にたのむので、
・電気工事士資格を剥奪されます。
まあ、電気工事士なんて誰でも取れる簡単な資格だから、剥奪されてもあまり関係ないかな。

=理由=
・相間バランスが崩れる。
三相から単相を作ると、三相の各相のバランスが崩れます。
相間バランスが崩れると、変電所や発電所に大きな負担を掛けます。
だから、無秩序にみんなが行うと、大変なことになります...続きを読む

Q3端子レギュレーターの入力電圧と出力電圧

3端子レギュレーターは、入力電圧が出力電圧+1.5V程度以上ないと定電圧にできないとのことですが、入力電圧が出力電圧に満たない場合の出力電圧はどうなるのでしょうか。
例えば、7805の場合、入力電圧が4Vであれば、出力電圧は4Vとなるのでしょうか。それとも、それより低くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

メーカーのデータシートで調べるか、
実際に実験されてはいかがでしょうか。

手元のTA78L005AP(最大150mAなので参考程度に)のデータシートでは、
最小入出力間電圧差(つまり電圧降下) 標準1.7V(40mA出力時) となっており、
出力電流が増加すると電圧降下は大きくなります。
また、温度が低下しても電圧降下は大きくなります。

入出力電圧のグラフを見ると、4V入力時は、
出力1mAで2.4V、出力100mAで0.1V程度の出力となっています。

Q200V→100Vトランスを24V→12Vで使用

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が見当たらないので
AC200V→AC100Vの単巻きトランスを流用してやることが最も安価に行えるのではないかと考えております。

AC200V→AC100Vのトランスも、24V→12Vのトランスも巻き数のの比率は同じとはずなので
問題なかろうと思っているのですが、このような使い方をした場合に、
何か問題は発生するでしょうか?

なお、センサーは全数交換ではなく、不調になった約半数を入れ替える予定なので、
送りの電圧(供給電圧)を変更することはできない状態です。

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が...続きを読む

Aベストアンサー

AC200V用トランスをAC24Vで使うのはNo1の回答者様が述べているように巻き線数が多すぎてまともに動作できないと思われます。
巻き線数が多いと鉄心を磁化する励磁電流が不足して電圧変動がとても大きくなります。(少しでも電流を流すとガタッと電圧がおちる)

センサーの電源とのことなのでそれほど大きな電流はないと思われるので専用のトランスを特注されてはいかがでしょう。複雑な巻き線構成ではないのでそんなに高い値段にはならないでしょう。
市販のトランスで済ませるなら普通の100V⇒⇒⇒24Vセンタータップつきのトランスを買って2次側だけを使う手があります。0Vと24VのタップにAC24Vを加えると0Vとセンタータップが12Vになります。
なお、これを行う場合は1次のAC100Vのタップはしっかり絶縁してください。電流は少ないですがモロに100Vの電圧が出てきます。

Q変圧器について教えてください 変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、 負荷を繋いだ

変圧器について教えてください
変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、
負荷を繋いだ時に変圧器の二次側から出ている端子に現れる電圧ではないのでしょうか。

http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h26/kikai/h26k_no08.html

この問題の図面の「定格二次電圧」は変圧器のインピーダンスの手前にあります。
これではインピーダンスの電圧降下した後の電圧が負荷に供給されてしまいませんか?
参考書には定格二次電圧はインピーダンスより後に書いてありますが…


また、参考書のように定格二次電圧が負荷に供給される電圧だとすると定格電圧+インピーダンス電圧降下分の電圧が二次巻線に現れるという事でしょうか。
しかしそうなると変圧器の容量(巻線の電圧×定格電流)が違ってきてしまうか定格電略が違ってきてしまうような。

Aベストアンサー

> 参考書の図面が合っていてこの問題の図面の「定格二次電圧」はおかしいということでしょうか
「定格」という言葉にだまされないように。
文章をよく読んでリアクタンスによる電圧降下を引いた電圧(添付図のαV2)を意味しているのか、降下する前の電圧(E1)を指しているのかを理解することです。それがわかっていれば騙されることはありません。ともかく言葉に騙されないように気をつけましょう。

このような誤解を防ぐため現場では「無負荷電圧」とか、「定格負荷電圧」と言います。前者はE1のこと、後者は定格負荷時のαV2です。
変圧器の理論ではE1が基準ですから本の著者によってはこれを定格電圧と言っているのかもしれません。ご存知のようにE1は変圧器の巻数で決まります。
ともかくどんな言葉であっても「どこと どこの間の 電圧」なのかを把握しておくことが大事です。

Qコンセントの電圧100Vは今後も変わらないですか?

コンセントの電圧100Vは今後も変わらないですか?
日本のコンセントの電圧は100Vですが外国は200Vが多いようです。
200Vの方が使い勝手がよいと思うのですが、以下質問です。
1.日本は今後も100Vのままですか?
2.200Vの国は最初から200Vだったのでしょうか、又は有る時期に変更したのでしょうか?

Aベストアンサー

日本で初めて電灯が灯ってから100年以上が経過してます。

1、既に100Vの家電品が普及してる現状で電圧を変える事は大混乱を招くので、今後も100Vは継続します。
現在でも、大型エアコンやIH調理器等は200Vを使用してるので、将来的には100Vと200Vの併用が一般的になる事は間違いないです。
日本の場合は、東日本の50Hzと西日本の60Hzの周波数統一さえ難しいのです。

2、海外の200Vはありません。
220~240Vが殆んどで、国によって220Vから240Vを使い分けてます。
例、インドネシア
電圧127/220/240V
コンセントA/C/SE

香港
電圧220/230V
コンセントBF/C/B3

また、イタリア・スペイン・のように125/220VをコンセントC/SEで使い分けしてる国もあります。
韓国は110/220VをコンセントA/C/SEで使い分けてます。
北米のアメリカとカナダは110/120Vでコンセントは日本と同じAタイプです。
200V以上のコンセント普及率は高くないようです。
これ等は、最初の発電システム及び電力供給開始からで変更は出来ないです。
日本の50/60Hzと同じ家電品普及率の問題でしょう。

電圧が高いメリット
同じ電力を供給するなら電線が細くて済む。
電圧が高いデメリット
感電した場合に危険、感電死のリスクが高くなる。
日本の100Vは電力計算が暗算出来るメリットがあります。
例、100V・10A=1,000W

200Vで感電の経験があれば200Vの危険性が理解出来ると思います。

日本で初めて電灯が灯ってから100年以上が経過してます。

1、既に100Vの家電品が普及してる現状で電圧を変える事は大混乱を招くので、今後も100Vは継続します。
現在でも、大型エアコンやIH調理器等は200Vを使用してるので、将来的には100Vと200Vの併用が一般的になる事は間違いないです。
日本の場合は、東日本の50Hzと西日本の60Hzの周波数統一さえ難しいのです。

2、海外の200Vはありません。
220~240Vが殆んどで、国によって220Vから240Vを使い分けてます。
例、インドネシア
電圧127/220/240V
...続きを読む

Q負荷電圧と回復電圧をオシロスコープで測定できますか?

車のバッテリーなんですが、負荷電圧と回復電圧を測定することでバッテリーの寿命を予測できるとありました。
バッテリーアナライザは安くないし、理屈をみるとオシロスコープでも測定できそうな気がします。
来週オシロスコープが到着するのですが、測定可能でしょうか?

オシロスコープをバッテリーにつないだまま、エンジンをかけて、最低電圧(負荷電圧)と一定の電圧に回復(回復電圧)した電圧で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的な理屈は、ご質問者さんが書かれているとおりではあるのですが、アナライザーでは同時にバッテリーの内部抵抗の測定や回復に要する時間などのデータも取り込んでバッテリーの現状や寿命の予測をしています。
オシロでも直流の電圧測定は可能ですが、画面では横一直線の棒線が0.5秒ごとに上下する様子を観測できるだけになるのではないでしょうか。(普通のオシロでの掃引時間は最大でも0.5秒程度だったはずです)
電圧の変化を観測するだけであれば、ごく一般的なアナログ(指針式)のサーキットテスターで電圧(指針)変化を見るのと同じことになりますので、そちらのほうが簡単ではないでしょうかね。

Q電圧3相4線式380V/220Vから3相200Vをとりたい

タイ国で、3相200Vの装置を使用したいのですが、
タイ国の商用電圧が3相4線式380V/220Vとなっております。
この電圧から3相200Vをとる方法を教えてください。

Aベストアンサー

1次側 380/220 2次側200の3相トランスを使う

造船所に問い合わせればそのような装置を紹介してくれる


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング