最新閲覧日:

寺山修司さんの詩で、
1、古道具屋の詩(涙が愛より高いとか安いとか、そんな感じの話)
2、空のペンキの詩(ペンキを塗ると、塗ったものが空になってしまって、最後に好きな女の子をそのペンキで塗って空にしてしまう話)
3、消しゴムの詩(消しゴムでどんどんいろんなものを消してく話。2と同じく、好きな女の子を消してしまった気がする)
4、記憶を売る店の話(記憶を売ったり買ったりする店の話。不幸な男が出てきたはず。)

これらの詩が、どの詩集に収録されているか、なんと言う題名か、知ってる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1は「ニューヨークからの絵葉書」の「なんにでも値段をつける古道具屋のおじさんの詩」


2は「家なき子」の「青空を塗る男」???青空を塗るというところは一致しますが女の子は消えません。最後に失恋を思わせる記述はありますが。
3は「ことばの城」の「消えてしまった子供たち」???少女が消しゴムで消されてしまうというところが一致しますが、いろいろなものが消されていくわけではありません。寺山修司の詩には「消しゴムで消す」という記述が出てくるのが沢山あるのです。「ことばの城」の「みずえ」「消す」、「子猫の詩集」の「さよならという名の猫」、「水妖記」など。
4は「まだ思い出だったころ」の「忘却」???ちょっとこれは自信ないです。

ではないでしょうか?
これらはすべて「ハルキ文庫」の「愛さないの、愛せないの」(680円+税)に収録されています。

この回答への補足

買いました。そして見つけました。
どうもありがとうございました。

補足日時:2001/07/16 17:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますー!もうだれからもお返事こないかと思ってて、うれしい。

新書館の、愛さないの愛せないのだったら持ってるので、見てみました。
古道具屋のおじいさんは、発見!
でも、他のは見つからず・・・。いったい私はどこで見たんだろう?
もしまだ廃版になってなかったら、さっそくハルキ文庫のを買ってみます。

寺山さんの詩を知ってる人がいてうれしいです。
同年代には一人としていない・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報