【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

年末調整しない人の源泉徴収票は
どうなるんですか?

A 回答 (3件)

ご質問にだけお答えし、長々だらだらと書くことはいたしません。



数字が記入されるのは以下の欄のみで、その他の欄はすべて無記入のまま交付されます。
・支払金額
・源泉徴収税額
・社会保険料等の金額

また摘要欄には「年調未済」と付記されます。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
    • good
    • 4

年末調整しない人の源泉徴収票こそ


★確実に本人に渡す必要があります。

その人は、所得税の調整が済んで
いないので、確定申告をしなければ
いけないのです。
★確定申告をするための
重要な証拠書類になるのです。

その会社が
・いくら給与・賞与を支払った。
・いくら所得税を源泉徴収した。
・いくら社会保険料を天引きした。
を証明する証拠書類となるのです。

年末調整をしていないために、
源泉徴収した所得税の過不足は
文字通り『調整』されていない
のです。

ですから、本人に確実に渡して、
確定申告の証拠書類として
確定申告書とともに提出し
所得税の『調整』をしなければ
いけないのです。
払い過ぎていれば、還付されるのですが、
足りなければ、追加で納税しなければ
いけません。
その場合、確定申告をしないと、
★脱税となってしまうのです。
No.1は間違っています。ご注意下さい!

年末調整をしていない人とは、
①扶養控除等申告書を提出していない人
②年末に会社にいない人(退職した人等)
②途中入社で前職の源泉徴収票を
 受取っていない人
④給与収入が2000万を超える人
等で、①、②あたりが意識が薄かったり、
渡せなくて困ったりするのですが、
そういう人ほど必要なものなのです。

会社として本人に渡す義務があります。
ご留意下さい。
    • good
    • 3

家庭のゴミになるだけです。



というのはともかく、基本的に年末調整は源泉徴収後に還付を受けるか、他の収入と合わせて追加で修正が必要な人が原則的に必要なだけで、それ以外の人はやらなくてもそのまま確定されるだけです。2000万以上の高収入の人は必要ですが。

もちろん、追加で納税が必要な人が無視すれば脱税ですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整をしない人の源泉徴収票

年末調整をしない人(確定申告する人)も源泉徴収票を作成しますが、
・生命保険料の控除額
・損害保険料の控除額
・住宅借入金等特別控除の額
・扶養親族の数
などの欄は、年末調整をする人と同様、記入しなければならないのでしょうか?
「給与所得の原生徴収票等の法定調書の作成と提出の手引」は見たのですが、特に何も書いてありませんでした。
分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

年末調整をしない人については、これらについては記載する必要はなく、金額を書く欄では、「支払金額」「源泉徴収税額」「社会保険料等の金額」のみで良いです。

それと摘要欄に「年調未済」と記入します。

Q年末調整で”本人からの申し出”で年末調整しない場合の処理

こんにちは。

年末調整についての質問です。
イレギュラー処理なので困っています。

(「住宅控除」や「医療控除」があり)自分で確定申告するので”年末調整をしなくて良い”との申し出が社員の複数人からありました。

そこで会社の処理としては
その社員の年末調整はせず
給与支払報告書の摘要欄には、「年調未済」と記載すればいいと思うのですが・・・

(いずれの者の給与も500万円を超えています。(1000万円以下です。))

○税務署にその社員の”「年調未済」と書いた「源泉徴収票」”を提出するのでしょうか?
○その者から年末調整をしないので、「給与所得者の扶養控除申告書」を提出してもらっていないのですが、甲欄で控除していて大丈夫ですか?やはり、年調しない場合でも上記書類は提出してもらわないといけないですか?


初心者的な質問で申し訳ございません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

先ず、社員は、その年の最初の給料日の前日までに「給与所得者の扶養控除申告書」(以下、申告書Aといいます)を会社に提出しなければなりません(社員の義務)。しかし、同時に二箇所以上から給与をもらう社員は、申告書Aは一箇所だけにしか提出できません。
根拠:所得税法第百九十四条第一項

会社は社員に申告書Aを提出するよう”指導”することはできますが(指導しないと提出を忘れる社員が多い)、社員が何らかの理由で提出しない場合、会社は提出を”命令”できません。

次に、会社は、申告書Aを提出した社員の毎月の給与に対して源泉徴収税額表の甲欄を適用して源泉所得税を算出しなければなりません。申告書Aを提出しない社員については乙欄(又は丙欄)を適用することになります(会社の義務)。
根拠:所得税法第百八十五条

ですから、会社が、申告書Aを提出しない社員の毎月の給与に甲欄を適用するのは違法です。

更に、会社は、申告書Aを提出した社員の年間の給与に係わる所得税について、年末調整をしなければなりません(会社の義務)。
根拠:所得税法第百九十条

ですから、申告書Aを提出しない社員については年末調整することはできません。まして、「(どうしても)何度も何度も催促しても期限までに出さない社員さん」については年末調整する”義務”はありません。

その場合は税務署に、「年調未済」と書いた「源泉徴収票」を提出するのではなく、「源泉徴収票(と給与支払報告書)」に”乙欄”適用と表示して提出するのが正解です。


>その者から年末調整をしないので、「給与所得者の扶養控除申告書」を提出してもらっていないのですが、甲欄で控除していて大丈夫ですか?

「甲欄で控除していて」はいけません。

>やはり、年調しない場合でも上記書類は提出してもらわないといけないですか?

年末調整できない社員から保険料控除申告書などの年調関係書類が提出されても受取ってはなりません。

先ず、社員は、その年の最初の給料日の前日までに「給与所得者の扶養控除申告書」(以下、申告書Aといいます)を会社に提出しなければなりません(社員の義務)。しかし、同時に二箇所以上から給与をもらう社員は、申告書Aは一箇所だけにしか提出できません。
根拠:所得税法第百九十四条第一項

会社は社員に申告書Aを提出するよう”指導”することはできますが(指導しないと提出を忘れる社員が多い)、社員が何らかの理由で提出しない場合、会社は提出を”命令”できません。

次に、会社は、申告書Aを提...続きを読む

Q源泉徴収票を提出しなかったらどうなりますか?

源泉徴収票についての質問なのですが、
これから新しい会社に正社員として勤めるのですが、
源泉徴収票を提出しなければなりません。

今まで、
A社にアルバイト(社会保険あり)8カ月で退職し、
B社に正社員(社会保険あり)1週間で退職しています。

どちらも自己都合の退社ですが、
B社の給与は5万程度です。

A社は源泉徴収票を提出しますが、
B社も提出しなければならないでしょうか?
また提出しないとどうなるのでしょうか?

経歴書に書かなかったので
提出しなかった場合がどうなるか不安です。

大変、無知な質問ではありますが、
至急返答を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票とは
給料を支払う時に所得税や社会保険料を引いて渡すので
その給料の額と既に支払った所得税や社会保険料の金額を
証明する物です。
なので、源泉徴収されていなければないと言ってもかまいません。
所得税の期間は1月1日から12月31日なので
年の途中で退職、就職をした場合には既に払った所得税や社会保険料を
2社で合算して精査しないと税金を払いすぎている場合が多いので
年末調整で調整して多く払っている税金があれば貴方に返します。
必要なのは今年になってからの分です。
去年の年末に渡されたものであるのならそれは必要ありません。
自分で来年確定申告しても問題ありません。

年末調整されていない給与所得以外の収入が20万円以下は非課税なので
確定申告する必要がありませんが
源泉徴収されていれば既に所得税を支払っているので
年末調整しなければ損でしょう。

Q源泉徴収票の年調未済とは?

いつもお世話になっております。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えてください。
源泉徴収票の件ですが、今年の9月で会社を退職いたしました。
源泉徴収票をいただいたのですが、摘要欄に「年調未済」と手書きで
書かれています。
これはどういった意味なのでしょうか?次の会社へもちろん渡しますが
何か言わなければいけないのでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表記そのままです

年末調整されていません
年末調整は 年末の最終支払給与で行われますから、年の途中での退職の場合には、年末調整は出来ません

その源泉徴収票は
支払給与総額、質問者が納付済の年金・保険料の額、納付済みの所得税額が記載されています

新たに就職した会社に渡せば、新しい会社の給与支払額等と合算して、年末調整を行います

経理・人事の担当者は、渡されれば判ります、特に補足することはありません、不明な点があれば問合せが来るでしょう

Q給与支払報告書の提出義務の範囲

給与支払報告書の提出義務の範囲についてお尋ねいたします。

(1)昨年、数人のアルバイトを数ヶ月雇い、
ひとり当たり多くても総額15万円程度の給与でした(中には1万円程度も)。

既にアルバイト雇用は昨年10月時点で終了しており、
今年の1月1日時点では、雇用しておりません。

調べたところによると、
1月1日時点で雇用していない、かつ
年間の給与支払金額が30万円以下の就労者については、
提出義務はないとありました。

この場合、給与支払い報告書を市町村に提出しなくてよろしいのでしょうか?

(2)また、上記のケースで提出義務がない場合、疑問に感じることがあります。
(給与支払い者の立場からすれば、どちらでもいい話です)

給与を支払われている者が、他の会社でも同様にアルバイトをしていたとすると、

今回、私が支払った少額の給与をプラスした額が、当人の昨年度の正確な収入になるは
ずですが、

給与支払い報告書を私が提出していない以上、役所は、他社での給与額しか知りえない
はずです。

したがって、実際の払うべき税額を払わなくてもいいということになるのではないでし
ょうか?

どうぞ、よろしくお願いいたします。

給与支払報告書の提出義務の範囲についてお尋ねいたします。

(1)昨年、数人のアルバイトを数ヶ月雇い、
ひとり当たり多くても総額15万円程度の給与でした(中には1万円程度も)。

既にアルバイト雇用は昨年10月時点で終了しており、
今年の1月1日時点では、雇用しておりません。

調べたところによると、
1月1日時点で雇用していない、かつ
年間の給与支払金額が30万円以下の就労者については、
提出義務はないとありました。

この場合、給与支払い報告書を市町村に提出しなくてよろし...続きを読む

Aベストアンサー

>源泉徴収票の作成義務はありますよ。
>たとえ給与の額が1円であっても(極端ですが)給与を支払った場合源泉徴収票は作成しなければなりません。

>確かに「1月1日時点で雇用していない、かつ年間の給与支払金額が30万円以下の就労者」については、税務署及び市町村には提出を『省略することは出来ます』が、受給者本人には交付しなければならないのです。

>源泉徴収票の作成目的は、御社の責任のもとでその従業員に対する給与の支給額、社会保険料等の額、源泉徴収税額を証明することなのです。(でなければその人は確定申告も出来ないでしょう)

>参考URLの6頁「3 その他の注意事項」の(5)を参照ください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/tebiki2007/pdf/03.pdf

Q前職の源泉徴収票がない場合の年末調整

タイトルどおりなのですが、前職の源泉徴収票が
ない場合、給与明細で年末調整を行ってもらえますか?
前職は解雇だったので、源泉徴収票を送ってもらう
ように依頼しづらいのです。。(退職時に、一度
源泉徴収票は発行してもらいましたが、紛失してしまいました。)
給与明細で代用してもらえるのでしょうか??
教えて下さい。

Aベストアンサー

やはり基本的には源泉徴収票で確認して年末調整してもらう事となりますので、再発行してもらうしかないと思います。
直接話すのがいやでしたら、返信用封筒を同封して手紙で再発行を依頼する方法もあると思います。

確定申告の際も、基本的に給与明細では認められず(給与明細だけを持っていっても、例えば賞与等の支払があってもわかりませんし、それだけでは実際に何月まで働いたのかさえわからない訳ですので)源泉徴収票でなければ出直してくるよう言われるだけです。
但し、会社が倒産してしまって物理的に源泉徴収票の発行ができない等のやむを得ない事情がある場合に限っては、給与明細による申告も認められますが。

Q年末調整も確定申告もしなかったら市民税が・・・

教えてください。派遣会社で勤めています。
平成20年度の年末調整・確定申告をしませんでした。

通常は「年末調整お願いします」と会社側に申告すればしてもらえるのですが、申告を忘れてしまっていました・・・。
そして会社から自分で確定申告するようにと通知が届き、ネットで計算すると確定申告で7000円ほど返ってくると出たのですが、役所に行く時間もないしそれくらいなら別にいいかと思ってしませんでした。

今年で21になるのですが、今月頭に初めて市民税納付通知書が届きました。
税金関係はすべて社会保険から引かれていると思っていたのですが、派遣会社だと大抵は自己納付なのですね。
それはいいんですが、年末調整or確定申告をしなかったために1年で9万円ほど、1期約2.5万円ほどの請求がきてしまいました。
去年は職を3つくらい転々としていて今の仕事のほうが手取りが少ないです。
絶対払えないわけではないですがかなり厳しいです・・・。

自分のずぼらな性格が災いしたので今回は勉強代として全額払う気でいるのですが、参考のまでに質問です。
市税事務所に出向いて申告忘れと説明し源泉徴収票など用意すれば今から減額も可能でしょうか?
(もちろん無理だとは思いますが、市税事務所は結構考慮してくれると聞いたので)

また、掛け合えば分割払いも可能と聞きましたが特別な理由が必要ですか?
できれば月1~1.5万くらいになればと思っています。

詳しい方よろしくお願いします。

教えてください。派遣会社で勤めています。
平成20年度の年末調整・確定申告をしませんでした。

通常は「年末調整お願いします」と会社側に申告すればしてもらえるのですが、申告を忘れてしまっていました・・・。
そして会社から自分で確定申告するようにと通知が届き、ネットで計算すると確定申告で7000円ほど返ってくると出たのですが、役所に行く時間もないしそれくらいなら別にいいかと思ってしませんでした。

今年で21になるのですが、今月頭に初めて市民税納付通知書が届きました。
税金関係はす...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答にあるとおり、行くのであれば税務署に行くと良いですね。
市では市の税金の清算しかできませんが、税務署だと時間差はありますが国の税金と市の税金両方の清算が可能です。
行く際には源泉徴収票だけでなく、国民年金や生命保険の証明書などもあれば一緒に持って行きましょう。印鑑と口座番号の控えもお忘れなく。
なお、期限は5年間ですので、今すぐでなくても大丈夫です。

税金の額は、申告しなかった分の罰金といったものはありません。
申告の資料等がない状態での、現状での正しい税額と思ってください。

分割は、あくまで市役所等との相談になります。
市の判断で特別な理由が必要な場合もあるかもしれませんが、
払う誠意もみせて、実情をしっかり話せば基本的には対応してもらえるかと思います。

Q乙欄は年末調整に入れられないのはなぜでしょうか?

従業員の年末調整を行おうと思ったのですが、前職の源泉徴収票が乙欄でした。
乙欄の場合には年末調整には入れられないと聞いたのですが、なぜ入れられないのでしょうか?

乙欄であっても源泉徴収票には、給与金額や源泉徴収税額、社会保険料の金額が記載されているので、金額の把握はできます。ならば年末調整の計算は出来るはずです。
なのに年末調整の対象に出来ないというのはどうしてでしょうか?

Aベストアンサー

念のため、乙欄給与で年末調整できるのは、現職の「その年の中途まで」の乙欄給与(所基通192-2(1))と、同じ年に前職など「当該他の給与等の支払者」が甲欄給与を支払っている場合の「その年1月1日以後給与所得者の扶養控除等申告書の提出を受けるまでの間にその者に対し支払う」乙欄給与(所基通192-2(3))に限られます。

前職の乙欄給与で年末調整できるのは、扶養控除等申告書の提出が要件となっていることから、前職退職時が甲欄でありかつ乙欄給与も発生している場合に限られます。

なお、国が仮に還付させたくないのであれば乙欄を全部除外するほうが効果的であるところ、実際にはそうしていないのは、前述のとおりです。

Q年末調整やらずに確定申告してもいいの?

旦那が今年8月からバイトで仕事をしていて、そこから年末調整の申告書を書くよう言われました。
ちなみに社保に入っていません。
私はパートで月7万くらいの派遣をしています。同じく申告書を書くように言われました。
2人とも年末調整の申告書を出さずに、確定申告をやっても問題ないのでしょうか?
年末調整で戻ってくる還付金は、確定申告で戻ってくる還付金と同じですよね?
ちなみに去年もお互い派遣(今の所ではなく)で働いていて、年末調整はせず自分たちで確定申告しました。。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

年末調整の申告書とは、おそらく2枚あると思いますが、その内の扶養控除等申告書については提出すべきと思います。

基本的には、扶養控除等申告書を提出していて、年末まで在職している場合は、会社として年末調整する事が義務となりますので、本来は会社で年末調整してもらわなければならないものです。
ただ、本人が希望すれば、あえて年末調整しない会社も少なくないとは思いますが。

最初に戻りますが、扶養控除等申告書は、基本的には年初又は入社時に提出すべきもので、年末調整というより、毎月の源泉徴収を税額表の甲欄で行うためのもので、年末まで在職していれば年末調整も行う、というものです。
扶養控除等申告書の提出があれば、月額87,000円未満であれば源泉徴収税額は0円となりますので、仮に月7万円であれば源泉徴収税額はない事となりますが、この提出がない場合は、税額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、例え少額であっても最低でも5%の源泉徴収をされる事となりますし、税額も高くなります。

ですから、扶養控除等申告書については、提出しておかないと、毎月の源泉徴収税額が高くなり、手取額が減ってしまう事となります。
(もちろん確定申告すれば、精算はされますが)

年末調整の申告書とは、おそらく2枚あると思いますが、その内の扶養控除等申告書については提出すべきと思います。

基本的には、扶養控除等申告書を提出していて、年末まで在職している場合は、会社として年末調整する事が義務となりますので、本来は会社で年末調整してもらわなければならないものです。
ただ、本人が希望すれば、あえて年末調整しない会社も少なくないとは思いますが。

最初に戻りますが、扶養控除等申告書は、基本的には年初又は入社時に提出すべきもので、年末調整というより、毎月の...続きを読む

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング