水力学についてわかる人は教えて欲しいのですが、
管(円管)が曲がっている時に2次流れが出来るのですが、
その2次流れについて詳しく知りたいんですが・・・。

わかっていることは、管が曲がった時に遠心力(向心力)の
力によって管の外側の圧力と内側の圧力に差がでて、
それによって主流とは違う2つ目の流れが出来る。
と書いてあるのですが。(教科書に)
どうもよく意味がわかりません。
教科書の図をみると、綺麗に線対称に渦のようなもの(おそらく渦ではないと思いますが。)が出来ているのです。

かなり真剣に考えたのですがわかりません。
2次流れについて少しでも知ってるなら教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常2次流れというのは外的な要員によって起こるもので、


流れが管を曲がるときに生じる剥離渦とは別のものを指すと
思いますが、教科書によっては表現が異なる場合もあります
ので、何とも言えません。
私の理解している2次流れというのは、2次渦とも呼ばれ、
管が真っ直ぐのものでも起こりえます。これは管の微妙な
非対称形状(現実に完全対称というものはまず存在しないため)
や、場合によってはコリオリ力などの外的な要因により、
流れの主流方向と垂直な面で渦が観測されるというものです。
非対称性により不安定となった流れは、主流と垂直面においても
安定な流れを形勢しようとします。これが2次流れです…が、
ご質問中の教科書の記述が剥離渦でなければ、円管であること
により2次渦が生じるのでしょう。イメージ的には、
管の曲がりによって流体が外側に押しやられるとき、または元の流れに戻ろう
とするとき、円周にそって回転力が生じ、線対称な渦が生じる、といった
ところでしょうか。
流体ではなくパチンコ玉みたいなものを想像すると理解しやすいかと
思いますが、管を流れる玉は管を曲がるとき、円形の最も外側に移動します。
これは慣性力と円という特殊な形状を考えると玉の流れが想像できます。
そのとき、パチンコ玉の軌道によっては、勢い良く飛び出す場合や、円形に
沿って回りながら曲がっていく玉があると考えられますが、それが渦を起こす
のだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコリオリ力や遠心力、回転系に働く力について

物理学の専門書等を見ると、
原点Oを中心にしてXY座標系を一定角速度ωで回転させX'Y'座標系に変換するとき、X'Y'座標系から見た運動方程式は
Ma=F1+F2+F3
(F2はコリオリ力、F3は遠心力)
と表されることは頻繁に掲載されているのですが、一定角速度ではなく、時間微分が一定でない角速度で回転させたときのX'Y'座標系から見た運動方程式はどうなるのでしょうか?教えてください。
また、どの参考書、専門書を参考にしたか教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古い本ですが「野上茂吉郎著、力学演習、裳華房」。
回転座標系の微分をδ/δtとすると回転座標系の運動方程式は
m((δ/δt)^2)r=F-2m(ω×δr/δt)-mω×(ω×r)-m(δω/δt×r)
δω/δt=dω/dt
となるようです。でも通常の力学の本に載っていると思われます。

Q1次元流れ,2次元流れ,3次元流れ(流体力学)

流体力学では、まず1次元流れを習い,2次元流れ,3次元流と順を踏んでいくと思います。これまでに,あまり意識せず問題を解いてきたのですが,今となって少し気になったので質問させていただきます。

自分の頭が固いためか1次元流れ,2次元流れ,3次元流れをイメージすることができません。特に1次元流れです。1次元流れと聞くと,
流れが一直線のように思えるのですが,曲線もありえますよね。
それぞれの特徴を教えていただけると光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この世界の問題を考える限り、すべて3次元です。流体力学も一般論は3次元です。
しかし、次元が少ないほど取り扱いが簡単で、状況を把握しやすいのも事実です。したがって、1次元近似、2次元近似という近似手法が発達し、実用化されています。これらが1次元流れ,2次元流れと呼ばれるものです。
 たとえば円管の中の流れを考えるとき、軸方向の流れが支配的であり、それを把握しておけば周方向、半径方向の流れは無視しても大局的には問題ない場合が多いと思います。これが一次元流の例です。厳密には軸方向の流速分布Vz(r,θ)を各断面で積分して流量を求め、これを断面積で割って平均流速を用いて流動を記述します。
 また、流れの主方向がz方向で、x方向には十分広がっており、均一と取り扱うことができる時、yz面内における流速分布が主要な問題になります。これが2次元流です。
 

Q水の管で流量を倍にすると、管の圧力は何倍?

一般的に、水の管で流量を倍にすると、管の圧力は何倍になるのでしょうか?

Aベストアンサー

2乗倍になるでしょう。
2倍=4倍
3倍=9倍
ご参考まで

Q渦なし流れ

台風や竜巻は、なぜ渦なし流れなのでしょうか?

Aベストアンサー

 気象や大気シミュレーションをやった事はありませんが、水理学ならやりました。

 結局は、問題の規模に合わせた仮定だと思うのですが、渦なし流れの最も単純な例は、非圧縮性渦なし完全流体です。

(1)粘性効果は無視できる(完全流体)。
(2)大気密度一定(非圧縮性)。
(3)考えている領域の境界上の流れがなければ、内部の流れもない(渦なし流れの可能性大)。

 (1),(2),(3)を、台風や竜巻について考えてみると・・・。

(1)大気の粘性効果はもともと低い。かつ大きな領域を相手にした解析なので、粘性効果を無視した完全流体で十分だろう(だろうです)。これは河川の水の流れ(粘性効果は空気より大)にも言える事で、粘性が効いてくるのは、岸辺周辺の非常に薄い水の層に限られるので、河川全体の流れを問題にする時は、ふつう無視します。
 重要なのは、この時流体の駆動力となるものは、圧力しかない事です。台風や竜巻は、とりあえず気圧差(圧力)によって発生すると考えるのでは?。


(2)大きな領域を相手にした解析なので、大気密度一定と仮定しても良いと思える。

(3)圧力によって台風や竜巻が発生するなら、領域境界に低気圧も高気圧もないなら、当然境界上の流れも無く、発生しないのでは?。

 (2)と(3)が成り立てば、流体は速度ポテンシャルを持ち渦なし流れになります。(3)の根拠は、(1)なのでは?、と思えます(つまり、圧力のみで駆動される)。


 まぁ~、門外漢の意見なので割り引いて聞いて下さい。ただし一言だけ。

 台風や竜巻は、もちろん大域的には渦巻いてます。じっさい領域全体の渦度は0でないし、渦度は完全流体の場合、保存量ですらあります。
 でも局所的には「渦なし」になり得ます。「渦なし/渦あり」は流体の局所的な性質であって、大域的な渦巻き(これは流れの様子です)とは別に成り立ちます。

 気象や大気シミュレーションをやった事はありませんが、水理学ならやりました。

 結局は、問題の規模に合わせた仮定だと思うのですが、渦なし流れの最も単純な例は、非圧縮性渦なし完全流体です。

(1)粘性効果は無視できる(完全流体)。
(2)大気密度一定(非圧縮性)。
(3)考えている領域の境界上の流れがなければ、内部の流れもない(渦なし流れの可能性大)。

 (1),(2),(3)を、台風や竜巻について考えてみると・・・。

(1)大気の粘性効果はもともと低い。かつ大きな領域を相手にした解析なので、粘性...続きを読む

Q水力学、流れに対し斜めに設置されたもぐり堰

開水路の流れ方向に対して(直角ではなく)斜めに設置されたもぐり堰について言及している資料のURLや書籍など、或はそういった斜めに設置されたもぐり堰を計算できるシミュレーションソフト等、何でも良いので参考になりそうなものがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

この資料はいかがでしょうか。

http://www.nkk.affrc.go.jp/library/publication/seika/seikajyoho/2005/img/67_68.pdf
http://bit.yytel.net/yokoetu.html
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902285709410250
http://www.jsce.or.jp/committee/daijyuzeki/files/Chapter_II.pdf
http://www.nr-shuppankai.co.jp/html/doboku/suirigaku.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報