最新閲覧日:

黄体ホルモンや副腎皮質ホルモンを過剰に投与すると血栓症を引き起こすのですが、なぜそのようなことが起こるのかが分かりません。誰か知っている方、教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

zissyuuseiさんがHNのとおり、医歯薬系の実習生さんであることを前提とした回答です:


黄体ホルモンや副腎皮質ホルモンを一定量以上摂取すると血栓症が発現しやすくなるため、これらのホルモン剤は副作用として血栓症が明記されていますネ。
これらのホルモンにより血液中に存在するプロトロンビン、フィブリノーゲン、血液凝固因子のうち7、8、9、10因子が増加することと同時に、トロンビン凝集を阻害するという抗血液凝固作用を持つアンチトロビンIIIが減少することが血栓症を引き起こす原因といえると考えられます。
何故、これらの凝固因子の濃度が増えるかまで遡っては、調べてみないと‥
とりあえず、知っていることを書いてみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ