大学で福祉の勉強をしています。介護保険、特に要介護認定の実施結果の概要を探していますが、厚生労働省のHPを探してもなかなか見つかりません。
実施後のデータを扱っているページをご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あまり、大々的には公表していないのではないでしょうか?


厚生労働省は実態を把握できていないのが現状かもしれません。それと外郭団体に任せている感があります。参考URLはその外郭団体です。PDFファイルで色んなデータを配布しています。

地方自治体(都道府県)からは、年に1回くらい要介護認定の状態(要介護者は何人で、申請者は何人、そのうち介護度1の人は何人などなど)を記載した文章が送られてきます。介護保険課などと名前がついた課に電話で問い合わせてみたらどうでしょう?おそらく教えてくれると思いますよ。
もし、施設実習などに行っているなら、その施設の事務員さんに頼んで見せてもらうという手もあります。

参考URL:http://www.wam.go.jp/
    • good
    • 0

検索をかけてみたらこういうHPがありましたよ。


自治体レベルでは結構データがありますね。
国レベルのデータは見つけきりませんでした。
ちなみにここのは東京都のデータのようです。
お役に立てれば…

参考URL:http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2000/04/60 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今後の親の介護について。 要介護2の認定を受けた障害者の親の介護を自宅でしていますが、ヘルパーさん

今後の親の介護について。

要介護2の認定を受けた障害者の親の介護を自宅でしていますが、ヘルパーさんに頼んだら、どれくらい料金がかかるのでしょうか?
週に2〜3回、6〜7時間くらいでお願いする事はできるのでしょうか?
わたし自身、介護のため、会社を辞めて今はバイトで収入を得ています。もう少し働けたらと思っています。
今は、親が家族以外の人に介護をしてもらう事を望んでいないので、ケアマネさんにもはなしていないのですが、今すぐにヘルパーさんにお願いしようとは考えていないのですが、今後の介護生活を考えて、ヘルパーさんのことを教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

介護度2なら月限度額一杯使っても負担は1万9千616円です。十分可能です。
   https://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/riyousha/riyoushitai/riyou/3.html
     要介護2を参照

他に「介護保険外サービス」を提供する団体があります。1H千円とか廉価です。

相談だけは近くの「地域包括支援センター」にいるケアマネージャーにされた
方がよいと思います。
介護は手が掛かることもあり、一人でやろうと思わないことです。また出来るもの
でもありません。
発動には時間も掛かりますから、準備だけはしておくことです。

また障害者支援の観点からの相談も受けたらどうでしょうか(私はこの方面は
詳しくないのです)。

Q要介護認定 自立と要支援の間?

先日知人が介護認定を受けたのですが、結果が「要支援1の経過観察中」という感じだったそうです。実際に保険証を見ていないので、どう表記されていたのかはわかりませんが、どういうことでしょうか?
介護サービスを受けるとすると自費になると聞きましたが、自立と要支援の間ということになるのでしょうか?
情報が少なく、もうしわけありませんが、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 介護保険に「要支援1の経過観察中」という、認定基準はありません。ですから、知人の方と一緒に認定を確認してください。「要支援1」なら介護保険が使えます。
 上記の”特定高齢者”の場合は、介護保険の認定基準では「非該当」となっているはずです。「介護保険サービス」は使えません。
 
 この”特定高齢者”という考え方は、去年の介護保険法改正でできた「介護予防事業」=介護や支援が必要になる可能性の高い高齢者を早期に把握して予防する目的で各自治体に義務付けられた事業です。各自治体で「基本健康診査」時に「基本チェックリスト」などを実施し”65才以上の一般高齢者”から選定して事業に参加してもらうものです。
 この件につきましては、自治体の「介護保険課」か「地域包括支援センター」に問い合わせて説明を受けてください。

 「住宅改修」につきましては、「要支援」ならば介護保険は使えます。実費20万円までの自己負担1割でご利用できます。
 ”特定高齢者”の場合は、介護保険の「住宅改修」と似ているのですが各自治体で「高齢者福祉」の観点で補助を出しているところが大半です、自治体によって名称が違うのですが「高齢福祉課」等でご相談ください。もちろん、「地域包括支援センター」でも相談にのってます。
 
 このURLは、川崎市の例ですご確認ください。 
http://www.city.kawasaki.jp/35/35kaigo/home/seido/riyousuruniha.htm

 介護保険に「要支援1の経過観察中」という、認定基準はありません。ですから、知人の方と一緒に認定を確認してください。「要支援1」なら介護保険が使えます。
 上記の”特定高齢者”の場合は、介護保険の認定基準では「非該当」となっているはずです。「介護保険サービス」は使えません。
 
 この”特定高齢者”という考え方は、去年の介護保険法改正でできた「介護予防事業」=介護や支援が必要になる可能性の高い高齢者を早期に把握して予防する目的で各自治体に義務付けられた事業です。各自治体で「基...続きを読む

Q要介護1の父と要介護3の母がいます。

私は仕事で妻と2人(3年前に結婚、子供なし)で沖縄に住んでいる43歳(3人兄弟の末っ子の長男)です。
姉たちは親が暮らしている三重県に住んでいます。
1人は旦那方の親と同居。1人(シングル)は子供2人を養っていますが、以前脳出血しており
自宅療養中です。
認知症の父(83歳)は自宅で1人暮らし、ケアマネージャー、ヘルパーさんに助けられながら
生活をし母のいる施設にお見舞いが日課です。(父は母の病状を忘れてしまったり、行き方なども
忘れてしまうことがあります)

母(62歳)は脳出血のため右半身不随、失語症です。現在は特養にお世話になっています。
昨年末母が倒れて、現在まで時間を作り母に月回会いにいっていました。
当初よりは安定してきており、車いすを使いトイレは見守り程度で行けるようになりました。
ただ、失語症のため他の方とコミニケーションがとりずらいです。母はガンバリ屋さんのため自分から話しかけますが言葉を聞き取ってもらえず自分の殻に閉じこもり始めています。
最近弱音をはき始めていて、今まですごく頑張った母にこれ以上がんばれとたやすく言えません...。
この問題は母が乗り越えなければ次には進めないと思っています。
現状では、毎日電話で母を応援しています。
父もボケながらも母の涙は刺激になるようで、自分がしっかりしないとと言い聞かせてるように
見えます。

本来、私が2人引き取って面倒を見るのが筋だと思いますが、妻(30歳)が在宅介護を
考えられないと言われ、話し合っても答えが出ず喧嘩になってしまいます。
妻の意見も気持はわかりますし、無理強いすることもできません。
沖縄に呼ぶことも考えていますが妻には反対されています。
呼んだとしても妻には頼らないつもりですが、突発的な事があった場合妻に頼る時も
ないとはいえません.....。
仕事を辞めて地元に戻ることはできますが、同居はしたくないといわれています。
妻を責めるつもりもありません。ただ、このまま親を見捨てることは絶対できません。

ここまで育ててくれた親のお世話をするには、今は離婚しか思いつきません。
妻は、仕事もしておりますし家事全般・家の事はすべてこなしてくれています。
不満は一切ありません。そんな妻と別れるしかないのでしょうか。

何か、いいアドバイスがあればお願い致します。

私は仕事で妻と2人(3年前に結婚、子供なし)で沖縄に住んでいる43歳(3人兄弟の末っ子の長男)です。
姉たちは親が暮らしている三重県に住んでいます。
1人は旦那方の親と同居。1人(シングル)は子供2人を養っていますが、以前脳出血しており
自宅療養中です。
認知症の父(83歳)は自宅で1人暮らし、ケアマネージャー、ヘルパーさんに助けられながら
生活をし母のいる施設にお見舞いが日課です。(父は母の病状を忘れてしまったり、行き方なども
忘れてしまうことがあります)

母(62歳)は脳出血...続きを読む

Aベストアンサー

介護職をしています。

大変な状況だと思い心中お察し申し上げます。

私も前に回答をされた方と同じように現状を維持することが大切だと思います。

確かに自分を育ててくれた親の介護に関してのあなたの思いはわかりますが、私が共感できないのはあなたの人生を大きく変えかねない離婚という大きな決断をしないと親の介護できないのであるなら、それはあなたの家庭をまず守ることを第一としないといけないと思うからです。

時々利用者さんに言うのですが、親には親の人生があるように子供には子供の人生があるのです。あなたは親を放置しているのではなく、施設や在宅介護の制度を使って立派に介護されているのですよ(放置や虐待で施設入所される方が大変多いです・・・それに比べるとほんとよくやられています)。

在宅のお父様の介護については1人で考え込まずに専門職のケアマネや大変な状態ですが、兄弟の方にも相談して方向性を決めた方がよいです(認知症は薬を飲んでも症状を遅らすことはできても治らないので少しずつ進行していききます。よって重度の認知症になった場合に備えて施設見学に行き入所の予約をしておくのも手です。まあ入れる施設は要介護にもよるのですが・・・)資金的余裕があれば、有料の老人ホ-ムもあります(様々なタイプのものがありますのでよくみてください)。

介護の仕事をしているものとして言わせて頂くと、私たちのように1日8時間だけの勤務だけでも、介護の仕事は結構ハ-ドです・・・それが在宅になると365日24時間家に認知症のお父様と暮らすことになります。しかも認知症は徐々に進行していくので、歩ける中度-重度認知症の方ほど在宅介護で難しいものはありません。仕事も辞めないといけないと思いますし、何度も同じことを聞かれ、時には罵倒され、そして勝手に外に出て迷子になる・・・(もちろん認知症出てくる症状は人によって違います)昔のお父様を知っている質問者の方ならその姿に逆に苛立ちを覚える可能性もあります。自分の親ならまだしも、奥様にとってはかなりのハードな決断を迫ることになります。特養なんかが入所に2-3年待ちなんかが当たり前なのは在宅介護がそんなに甘いものではないことを物語っています・・・・

あなたは今十分介護されていますので、まずは現状を維持し、まずは自分の家族を大切にしてください。そして、ケアマネや医療関係者と連携しながら、介護サ-ビスをうまく使い、できるだけ先手を打って行動してください(もちろん1人で考え込まずに周りに相談を・・)

少しでもいい方向に向くことをお祈りしております。

介護職をしています。

大変な状況だと思い心中お察し申し上げます。

私も前に回答をされた方と同じように現状を維持することが大切だと思います。

確かに自分を育ててくれた親の介護に関してのあなたの思いはわかりますが、私が共感できないのはあなたの人生を大きく変えかねない離婚という大きな決断をしないと親の介護できないのであるなら、それはあなたの家庭をまず守ることを第一としないといけないと思うからです。

時々利用者さんに言うのですが、親には親の人生があるように子供には子供の人生がある...続きを読む

Q介護の要支援1と要介護1の差は何?

私の母は仙骨骨折により歩行困難と脊柱管狭窄症の悪化して、歩行器なしで生活不能です
要介護1ならサービスの内容が多いですが、要支援1ならほとんど使用できない

私の母は要支援1と判定された。
介護休業給付金が下りない可能性もあります。
これ以上悪化させないように住宅改修は介護保険で申請しましたが、遅いです

Aベストアンサー

連投申し訳ありません。No,2の者です。No,1の方がおっしゃっる通り納得行かなければ不服申し立て出来ますし…人によって認定が変わります。(実際にコネをまわして介護度をあげてもらったという話も聞いてます)

それと…要介護認定の結果に納得がいかない場合、市町村に問い合わせを行えば認定に至った経緯の説明を受けることができます。

不服申し立てを行う場合は都道府県の介護保険審査会になります。ただ、気を付けていただいのは不服申し立てが可能なのは認定結果の通知を受けた翌日から60日以内となってます。

また、申し立てが妥当と認められた場合でも、新たな要介護度が通知されるまでに数か月程度の時間がかかることもあり、不服申し立てはあまり利用はされていないようですが納得できないものは納得できないと思いますので遠慮せずに申し立てして下さい。

連投してしまい申し訳ありませんでした。

Q要介護4の義父から要介護1の義母への暴力・・・家族の対応は・・・

私(33歳)は、夫(37歳)、娘(4歳)、義父(68歳)、義母(69歳)と生活をしています。
義父は5年前に脳内出血で左半身麻痺の後遺症が残り、現在要介護4です。
義母は6年前に脳梗塞を患い、当時は後遺症はなかったのですが、2年前より痴呆症状が出始め、現在要介護1です。
7年前に、私たち夫婦が結婚した当初は、義父母と離れて生活をしていましたが、夫が一人っ子ということもあり、病人が病人の面倒を看ながら二人で生活しているのは心配なので、4年前より同居しています。
義父の介護は主に義母が看ていますが、義父は週2日のデイサービスに行き、週2日のヘルパーさんと週2日の訪問看護に来てもらっています。それから、隔週で2泊3日のショートステイも利用しています。ただ、デイサービスはさぼってばっかりですが・・・。
私は普段仕事をしているので、直接介護にかかわることはほとんどありません。夕食の準備をしたり、義父の介護食を作ったり、休みの日に義母の買い物の手伝いをしたりするくらいです。
昔から義父はわがままというか、後先考えず、自分の好きなことしかしない、好きなものしか受け入れないという人で、狭い賃貸マンションに住んで、借金をしながら外車を乗り回し、大酒飲みで、タバコの本数も多く、外食や惣菜など味の濃いものを好んで、野菜は一切食べず、健康な生活とは無縁の人でした。借金しながらの豪遊生活っていう感じです。
義母が注意しても、怒鳴って黙らせる・・・という感じです。
まさに弱いものには強く、強いものには弱いタイプの人です。
まぁ、脳内出血になってもおかしくない、自業自得っていう感じもします。
私は結婚してから、何ひとつお世話になったっていう感覚はありません。それどころか借金返済(借金があることは同居するようになってから、気付きました)のために、私が独身時代に貯めたお金を全部そっちに回し、それでも足りなくて、フルタイムで働きながら返済をしているという感じです。(年金は、ほとんど介護の方でなくなるので)
でも、私はこの家にお嫁に来てしまったのだし、これが私の人生なのだから仕方ないと思って、適当に頑張っています。病気とはいえ、一日中、義父が義母に甘え、頼り、呼びつづけている姿を見ると、情けなくなります。
体も自由に動かないし(リハビリをやめてしまったから仕方ないけど)、気分転換もできないのだから、精神的に病んでしまうのもわかりますけど。

そんな中、最近、義父が義母に暴力をふるうようになりました。
いつも孫の手を持っていて、それで義母を叩くのです。義母の体はあざだらけ。私が「そのあざどうしたの?」と聞くと、泣きながら「お父さんが叩くのよ。」と言います。
義父としては、頼んだことを忘れてしまったりする義母にイライラして仕方ないようです。でも、義母は痴呆気味。そもそも、義母の痴呆は義父の介護のストレスなどからきているような気がするのですが・・・。
このままでは、義母の症状は悪化してしまいます。

ちなみに、私にとっては実の親ではないし、言いにくいこともあるので、夫に時々、義父母と話し合ったりしてもらっています。義父母は、その時は返事をするけれど、数日経つとまた忘れてしまっているようです。
先日は、義父母を引き離した方がいいのではないかと思い、義父に施設に入ってくれるように頼んだのですが、泣いて拒否されました。
義母を叩いたり、怒鳴ったりするわりには、泣いたり謝ったり・・・どうすることが最善の方法なのかわかりません。
何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

私(33歳)は、夫(37歳)、娘(4歳)、義父(68歳)、義母(69歳)と生活をしています。
義父は5年前に脳内出血で左半身麻痺の後遺症が残り、現在要介護4です。
義母は6年前に脳梗塞を患い、当時は後遺症はなかったのですが、2年前より痴呆症状が出始め、現在要介護1です。
7年前に、私たち夫婦が結婚した当初は、義父母と離れて生活をしていましたが、夫が一人っ子ということもあり、病人が病人の面倒を看ながら二人で生活しているのは心配なので、4年前より同居しています。
義父の介護は主に義母が看てい...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず、お父様とお母様を出来るだけ引き離す方向を考えていった方が良いですね。
デイサービスも別のところを利用するとか。お父様がデイに行きたがらないのなら、その時間の分をヘルパーさんに来てもらい、お母様を送り出してもらうとか。
弱いものに当り散らすのは、よくあることですが、では、逆に息子夫婦から言われることは受け入れざるを得なくなるのではないかと思います。お父様が、現状を理解できているのなら、
あなたが借金返済をしていること。そのため働かざるを得ないので、介護の手伝いはできないこと。お母様の病気(認知症)がだんだん重くなっていくこと。小さなお子さんが、おばあさまのアザをとても心配していることなどをお話してください。
脳血管性障害の方は、感情失禁があるので、泣いたり、暴力行為などもあります。お父様の認知力も低下してきているのではないでしょうか。
ご一緒にお住まいですと、辛いことが多いでしょうが、
第三者の立場に立って、お二人の行動などを観察することも必要です。
きておられるヘルパーさんや看護師さんの意見も尋ねてみると良いですよ。以前と異なる変化があるかもしれません。

とりあえず、お父様とお母様を出来るだけ引き離す方向を考えていった方が良いですね。
デイサービスも別のところを利用するとか。お父様がデイに行きたがらないのなら、その時間の分をヘルパーさんに来てもらい、お母様を送り出してもらうとか。
弱いものに当り散らすのは、よくあることですが、では、逆に息子夫婦から言われることは受け入れざるを得なくなるのではないかと思います。お父様が、現状を理解できているのなら、
あなたが借金返済をしていること。そのため働かざるを得ないので、介護の手伝いは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報