X線について勉強していたらミリシーベルトという単語が何度も出てきました。フィルムバッチや検量計を用いればよいようですが、X線装置の電圧・照射時間・距離などからミリシーベルトの値を導くことができるのでしょうか?実はかなり以前に感じていた疑問なのですが、今回実際にX線装置を使用することになり、この疑問を解決したく質問させていただくことに致しました。私が思っているよりも複雑な計算が必要な気がしますが・・・ちなみに私が使用する予定のものは40KVです(これは一般的に強い装置と言えるのですか?)。例えばこの発生装置から50センチ離れた所で1秒間X線を照射したとしたら何ミリシーベルトくらいになると考えられるのでしょうか?自分で質問しておきながら変な質問かなぁ・・・とも思えますが、どうかよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

医療 被曝」に関するQ&A: 医療被曝について。

A 回答 (3件)

●等価線量と吸収線量


1 ミリシーベルト 1 mSv は (1/1000) Sv (Sievert)。等価線量(線量当量とも呼ぶ)の単位です。
種々の放射線の人体への影響を統一して表そうという(無理のある)尺度ですから、もともとが目安です。(つまり等価線量の概念自体がホンマカイナといわれちゃう部分を含んでいます。)
 吸収線量 [Gy (グレイ:Gray) = J/kg]と線質係数[Sv/Gy]を用いて
(1) 等価線量[Sv] = 線質係数[Sv/Gy]× 吸収線量 [Gy]
 吸収線量というのは質量あたりの吸収エネルギーのことで、これは物理的に明確な概念です。線質係数は、放射線の種類によって生体への影響が異なることを補正するためのいささかエー加減な係数で(すが、幸いX線を基準にしているので)X線の場合1にします。つまり
(1') 等価線量[Sv] = 1[Sv/Gy]×吸収線量[Gy]

●照射線量
 ある特定のX線管において、X線管電圧を一定に保ったとき、照射線量(X線が空気をイオン化する能力を表します)は
(2) 照射線量 [R(レントゲン)] ∝ X線管電流[A(アンペア)] × X線照射時間[s(秒)]
という関係にあり、この右辺の値が分からなくちゃいけません。照射時間だけじゃダメなんです。(∝ は比例の意味です)

 さてご質問の40kVのX線管の出すX線ですけど、X線光子のエネルギーが最小0keVから最大40keVまで分布している。光子のエネルギーが低く透過力が弱いので、医療用としてはごく特殊にしか使われないほど。なにしろカラーテレビのブラウン管が出すX線とほぼ同じエネルギーですんで、数ミリの普通のガラス板でほぼ遮蔽できます。つまり、もし被曝すれば皮膚・皮下脂肪・筋肉でほとんどのX線光子のエネルギーが吸収されることになります。特に目の角膜は要注意ですね。メガネを掛けるだけで全然違うでしょう。
 電子がぶつかるターゲットの材質や、ターゲットと照射窓のなす角度によって、ターゲット内でのX線吸収が大きく異なり、さらにX線管(真空管ですね)の中から外に出てくるまでの間にX線が通り抜けた物質(ガラスや金属)によるX線の吸収の影響が非常に重要になってきます。つまり同じ電圧・電流を印加しても、照射線量は装置ごとに著しく違います。ことにこのぐらい低いエネルギーのX線になると、装置ごとの違いがますます大きくなります。
 これを念頭に置いて、の話ですが、ご質問のX線装置の単位時間・単位電流当たりの照射線量は、1mの距離において1 [R/A/s] 位じゃないかな、と見積もられます。もちろんこれはおおざっぱなオーダーに過ぎず、実測しなきゃ絶対ダメです。
50cm離れた所、という条件は、単位体積当たりの吸収エネルギーがX線源と吸収物体の距離の2乗に反比例するということ
(3) 照射線量 ∝ 1/(距離)^2
から、だいたい 照射線量[R] ~4 [R/A/s] (しつこいけど、この4という数字は極めて怪しい。0.1~10位であってもおかしくないですよ。)
 また、「X線源」というのは、電子ビームがX線管の中でターゲットにぶつかる焦点(focus)の位置のことです。だから問題のX線管の構造を知らないと、距離を正確に測ることすらできません。

●照射線量Xと吸収線量
 吸収線量は、X線のエネルギーと、被曝する人体組織の組成に依存します。
 しかし、ご質問の条件のようにX線のエネルギーが低いと皮膚や脂肪や筋肉でほぼ100%吸収される。そうすると、これまたおおざっぱですけど1[R]の照射によって大体0.01 [Gy]ぐらいの吸収が生じると考えて良い。つまり、
(4) 吸収線量[Gy] ≒0.01 ×照射線量[R]
です。

●そうすると、50cmの距離において
(*) 等価線量[Sv] ≒1[Sv/Gy] × 0.01 × 照射線量[R]
       ~ 0.01 × X線管電流[A(アンペア)] × X線照射時間[s(秒)] / (距離[m])^2
ということになる。(~は、大体こんなもの、の意味です)
念を押します。これは凄くいい加減な見積りです。1桁ぐらい違っていても全然おかしくない。ホントは測らなくちゃダメなんですよ。

●計算間違いは毎度の事ですので、チェック宜しく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に本当にありがとうございます。正直質問の内容が良くないということで御回答いただけないかもしれないと思っていました。心から感謝いたします。とてもうれしいです。見た目におおがかりな装置に見え、とても強力なX線で人体に影響するのでは・・・という不安もありましたが、気持ちが楽になりました。被曝についての講習を受けたばかりということもあり、その不安はとても大きかったです。確か0.3Aくらいの電流が最大の装置だったと思います。ところで少し疑問が残ってしまいました。40KVで0.3Aの装置使用において短時間でX線フィルムがしっかりと感光するのですが、ブラウン管の出すエネルギーと同じなのですか?ということはブラウン管の前にフィルムを置いておいたら感光してしまうということですか???そう考えると40KV、0.3Aの装置から発生するX線の方がかなり強力な気がするのですが・・・・・ぜひお教え願います。よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/07/07 02:17

モノクロテレビは10kVぐらいで、これはブラウン管のガラスで十分減弱されます。

カラーテレビの場合には、ブラウン管自体のガラスの他に、もう一枚か二枚、ガラスが入れてありますよね。これで十分。
つまり40kVてのはもう、簡単に吸収されちゃうんです。だから皮膚や角膜の被曝が問題になる。深部に到達することはありません。
    • good
    • 0

線量を計算で求めることはできると思いますが、少なくともある場所での線量を知ろうと思うと電圧、照射時間、距離に加えて使った電子の数(電流?)、電子→X線の変換効率、コリメーションしていると思うのでそこでX線を失う割合、などが分からないと概算の数字も出ないと思われます。



ネガティブなアドバイスで申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の御回答本当にありがとうございます。ネガティブなアドバイスだなんてとんでもございません。ごもっともな御意見です。実は自分で質問しておきながら電流もわからなきゃいけないのでは?と感じておりました。調べたところ0.3Aくらいでした。専門ではないのでよく分からないのですが、40KV、0.3AのX線装置というのは強力な装置に分類されるものなのでしょうか?

お礼日時:2001/07/07 02:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4月からV-max(新車)が買えなくなるって本当ですか?

私はV-maxに乗りたくてバイクの免許(今は中型)を取りました。1年以内に大型免許を取ってV-maxを買おうと思っていたのですが、4月以降排ガス規制のために新車のV-max(逆車)の登録ができなくなるという噂を聞きました。この噂が本当か知りたいのです。
もし本当なら3月中にV-maxを買って、とりあえず大型免許を取って乗れるようになるまでガレージに置いておこうと思うのですが、ただ置いておくだけでもバイクは痛むと聞きました。これも本当なのでしょうか?
私は女でしかも小柄。でもV-maxのためにバイクの免許を取ったし、いつかV-maxを乗りこなせるようにと運転技術を向上させたくてライディングスクールにも通っています。これでV-maxに乗れなかったら・・・と思うと悲しくなります。
どんな情報でも構いません。ご存知の方教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

排ガス規制でV-MAX(逆車)が入らなくなるかはよく分りませんが、買ったバイクを長期にわたり放置すると色々不具合が生じるのは確かです。(体験済み)
ガソリンタンクからガソリンを抜いて放置すれば、タンク
内部に錆が出ます。かといってガソリンを入れたままだと
ガソリンが酸化しキャブレター内部に付着し、キャブのオーバーホールをしなくてはならなくなります。(かなり長期に放置した場合)
当然、バッテリーもはずして保管しなければならないし、
エンジンオイルも抜いた方がいいと思います。
クラッチがくっ付いてしまう事もあるので、クラッチレバーをグリップに引いた状態で固定したりとか、色々です。
よく周に1度くらいエンジンをかけ、数分間アイドリング
状態にすれば何とかなる・・・などと言われましたが
私の場合はあまり効果が見られませんでした。
なんにせよ、もし限定解除をする前にバイクを購入するなら(期間にもよりますが)それなりの覚悟は必要かと思います。
バイク(とくに大型)は楽しいのでがんばってください。

QX線発生装置

X線発生装置はいろいろな種類がありますが(現在はほとんどインバータ式が使われていますが・・・)、X線発生方式によってX線出力や線質が変わってくる理由を教えてください。

Aベストアンサー

素人の回答なので他で検証して下さい。高速の電子を金属にぶっつけて発生させる方式のX線発生(X線管球を使うものに代表)はその衝突電子スピードによって線質(X線の波長スペクトルとか強度)が変化します。
したがってこれを曝射中に一定に保つためにはなるべく純粋な直流をを印加する必要が有ります。 いわゆる直流安定化電源がほしくなる訳です。 ところがX線発生装置の場合、例えば120KV、100mAとかの電源がほしい訳で、、チョッコっと トランジスタやICで組む訳にはいきません。 そこで整流回路の電圧安定のため装置に電圧フィードバック化をし、加えてて脈流を減らす工夫が色々となされています。 例えば供給交流を三相にするとか、、それをデルタ-スターで受けてそれぞれ全波整流する三相12パルスなどがそれです。 現代ではインバーターによって簡単に供給交流より高い周波数の交流が作れこれを整流することで脈流を減らせるので主流となっています。 このように発生装置の回路によって脈流の減り具合や電圧安定度がそれぞれで それを印加したX線管球から出るX線の線質バラツキ具合(スペクトルの広がり 主に下方向)が変わってくる、、、と思います。 (最後 思いますで結んで 逃げています)

ここまで書いて気が付いたのですけど、、、もし質問の意図が”何故印加電圧変化にによって線質が変わるのか?”だったらこの回答完全に的をはずしていますね。
せっかく書いたからこのまま投稿します。

素人の回答なので他で検証して下さい。高速の電子を金属にぶっつけて発生させる方式のX線発生(X線管球を使うものに代表)はその衝突電子スピードによって線質(X線の波長スペクトルとか強度)が変化します。
したがってこれを曝射中に一定に保つためにはなるべく純粋な直流をを印加する必要が有ります。 いわゆる直流安定化電源がほしくなる訳です。 ところがX線発生装置の場合、例えば120KV、100mAとかの電源がほしい訳で、、チョッコっと トランジスタやICで組む訳にはいきません。 そこで整流...続きを読む

QV-MAXのライバル車は出てこないか??

僕のイメージですがV-MAXの対抗車はX4だと思います。
しかし、X4は生産中止となりV-MAXの対抗車が
なくなってしまったように感じます。
今後X4の復活やV-MAXの対抗車としてドラッグマシン
が新発売されたりすることはないのでしょうか?
個人的にはX4が好きだったので生産中止なったことは
非常に残念です。

Aベストアンサー

この車種なんかどうでしょう?
排気量の違いがあるのでライバルとはいえないかもしれませんが。

参考URL:http://www.presto-corp.jp/lineup/05_mt-01/index.html

QX線回折装置による被ばく

先日XRDで測定を行った際、測定終了後に試料を取り出すために装置のドアを開けるタイミングが私は少し早かったようです

その装置はドアを開ける為にボタンを押した後、ブザーが鳴り、直後にブザーが点滅し始めたら手動で開けるようにする仕様なのですが、私はブザーが鳴った段階で開けてしまいました


これによる被ばくは健康に影響が出るものでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

一回や二回そんな被爆をしただけで健康に影響が出るなんてことはないですよ。地球上の生物は誕生以来、宇宙や地殻からやって来る放射線に曝され続けて来たので、それへの対策はしっかりできているのです。人体にはRNAという修理屋が体内を巡回しており、遺伝子伝達ミスを見つけるとそれを修復して回っています。それが間に合わないほどの被爆はかなりの強さと頻度が必要なのですよ。レントゲン検査のときにはわざわざ被爆しているではありませんか。それは一瞬どころの時間ではないでしょう?

QV-MAXについて

私の知人がV-MAXに非常に興味があるらしいので、いくつか質問させていただきたく投稿しました。

・まず、インプレ集などでV-MAXは加速「感」が物凄いとよく見ますが、加速感が凄いだけで実質の加速はさほど凄くないのでしょうか?
CBR1000RRやR-1など各社SSと比べると厳しいものがあるかとは思いますが、排気量なりの加速は味わえるのでしょうか?

・あと、以前雑誌で時期V-MAXが発売されるという記事を見たのですが、皆さんの予想ではいつぐらいに発売されると予測されていますか?

それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の加速も凄いです。
ほとんどの人が満足できます。
しかし現在ではもっと速いバイクがあるのが現実です。
V-MAXの基本設計は85年から同じですから。

新型は、まだ出ないんじゃないですかね。

QX線装置の熱電子のエネルギーについて

文献に「熱電子がターゲット(タングステン)に衝突する時に毎秒400Jの熱が発生している」と書かれていました。
本当に400Jの熱が発生するのでしょうか?

X線装置の加速電圧を40kVとした時、電子1個が持つ運動エネルギーKは、
K=1eV*(40*10^3V)=40*10^3eV
1eV=1.60*10^-19Jなので
∴K=(40*10^3)*(1.60*10^-19J)=6.4*10^-15J
になると思います。
すると、400Jの熱になるためには
400J/(6.4*10^-15J)=6.25*10^16個の熱電子が必要。
つまり1s間にこれだけもの熱電子が陰極から飛び出していると考えればよいのでしょうか?

ご存知の方、数値を用いて理論的に教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素電荷はe=-1.602×10^-19(C)ですから、
電流に直すと、
I=6.25×10^16(個/sec)×1.602×10^-19(C/個)
≒10/1000=0.01(C/sec)=10mA
になります。確かに通常のX線装置に流す電流は
この程度です。

P.S.
理論的って、、、??

QV-MAXに似たバイク

この間雑誌を見ていたらV-MAXというバイクがあり、一目惚れしました。

V-MAXの形似た中型・大型のバイクってあるのでしょうか?

中型・大型バイクについて全くの初心者なので失礼な質問かもしれませんが、ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ああ、判りますその気持ち。
私も20ン年前にV-MAXにあこがれて限定解除したオッサンですので。
あまり似たのってないんですが、
意匠的に類似点があるとすると
FZX750とかT-MAX(これはスクーターですが)あたりでしょうかね‥‥。

QX線装置にある、総ろかの単位の意味を教えてください。

X線装置の装置仕様を
仕事で見ていたら、総濾過(そうろか)という項目がありました。

具体的には、下記のサイトをご覧ください↓
http://www.asahi-xray.co.jp/products/alioth.html

その中に
総濾過:2.8mmAl(min)
とありました。

ネットで検索した所によると、

ここで言う「ろか」とは、
x線の色んな強さが混じって(連続スペクトル)、放射される。
その中、エネルギーが弱いx線は、レントゲン撮影には役立たないが、
皮膚に吸収されやすいデメリットがある。
それを「ろか」して、必要なエネルギーのx線することで、無駄な被爆を防ぐことです。(だと思います。)


んで、
その単位、mmAl(min)の意味がよくわかりません。
アルミ被写体を・・・何を表す単位でしょうか?

Aベストアンサー

総濾過は「アルミ当量」という考えです。
2.8mmAlとは2.8mmアルミ当量と言い換えます。
この濾過はフィルターを用い、X線の場合は多くはアルミニュームを使用します。
つまりこの場合は2.8mm相当のアルミニュームのフィルターが入っているという意味です。
純粋なアルミニューム単独とは限りませんから、純粋なアルミニューム2.8mmの厚さと同じ吸収をする構造になっているという意味です。

(min)は単に最低の場合で、通常はそれ以上の厚さといことになります。
管電圧が90kv程度までであれば、この程度の総濾過が適切でしょう。

PS:「被爆」と書かれていますが、この「被爆」は爆弾や爆発を被る事です。
放射線の照射されることは『被曝』という漢字を当てますが、「被ばく」と書くことが多いです。

QV-MAX乗りの聖地

V-MAX乗りの聖地ってどこですかね?

Aベストアンサー

V-MAXに限ると難しいですが、ヤマハ車の母胎ということで静岡県磐田市の製造工場はいかがでしょうか?

東京圏、大阪圏のライダーとも集まりやすいエリアなのでオフ会も多く開催されているみたいです。

Q電子ビームを照射する装置について

こんにちは、
下記について教えてください。

1.ある金属目掛けて、電子ビームを可能な限り高密度で照射する場合、どのくらいの小さい面積に、何クーロンぐらいのものを照射可能なのでしょうか?

2.また照射は、瞬間的にしかできないのでしょうか?どんどん電荷を照射しながら、後方で電荷を蓄えながら連続的に照射は出来ないのでしょうか?

3.貯めた電荷を、一気に照射する装置は、「避雷器」の性能試験装置ぐらいしか、思い浮かばないのですが、このような装置は、他にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>全体の何%くらいの電子を抜き取ることが可能でしょうか?

「金属中の電子は何%抜き取ることが可能か(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3016078.html)」の質問者の方でしたか。
金属から電子を奪うと、金属はどんどん正(プラス)に帯電していきます(もともの中性だったのにマイナス電荷の電子がなくなっていくと、プラスの電荷が多くなっていきます)。金属が正に帯電するというのは、電圧で言うと、プラスの電圧になるということです。一方、電子を抜き取る部分の電圧はプラスです(電子はマイナスの電荷なのでプラスの電荷のほうに引っ張られる)。したがって、電子を抜き取られた金属の電圧がプラスの方向にどんどん上がっていくと、電子を抜き取る部分との電圧差が小さくなっていきますので、だんだん電子が出てこなくなってきます。

このような状況を「チャージアップ」といいます。このような状況だと、それ以上金属に電子ビームを照射できなくなるので、外部から金属に電子を供給する手段を設けます。何のことはない、金属の電圧を常にゼロ [V] に保持するように、電気回路の基準電圧(GND:グラウンド電圧)と同電位にするのです。つまり、電子を抜き取る部分の回路のGND電圧が出ている部分と金属とを、電線でつないで、同じ電圧にするわけです。そうすれば、不足した電子は、その電線からいくらでも供給されるので、金属はいつまでも中性を保つことができます。

>電子のみを、静止した状態で、1mm^2中に10^37個以上詰め込み保存することは可能でしょうか?

それについてはちょっと分かりません。電子はマイナスの電荷を帯びているますから、電子同士が近づくと、クーロン力による反発力が大きくなっていきます。金属中の自由電子(自由に動ける電子)は、金属原子とあまり強く結合していないので、自由電子同士があまり近づくと、反発力が大きくなってくるので、電子密度には上限があるのではないでしょうか。真空中の電子なら、クーロン力で制限される電子密度に相当するのを空間電荷制限電流というのでしょうが。

>全体の何%くらいの電子を抜き取ることが可能でしょうか?

「金属中の電子は何%抜き取ることが可能か(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3016078.html)」の質問者の方でしたか。
金属から電子を奪うと、金属はどんどん正(プラス)に帯電していきます(もともの中性だったのにマイナス電荷の電子がなくなっていくと、プラスの電荷が多くなっていきます)。金属が正に帯電するというのは、電圧で言うと、プラスの電圧になるということです。一方、電子を抜き取る部分の電圧はプラスです(電子はマイナスの電荷な...続きを読む


人気Q&Aランキング