出産前後の痔にはご注意!

電車のガタンガタンという音は線路のつなぎめと車輪が擦れる音でしょうか。それともレールがきしむ音でしょうか。

A 回答 (8件)

レールのつなぎ目に車輪が落ちて先のレールに当たった時の衝撃で出る音です。

単純なレールの金属音だけではなく、枕木や地面に伝わった衝撃の音も混ざっていると思います。

ちなみに「ガタン」は実は「ガ」と「タン」では別の車輪が通過するときに発しています。多くの列車の台車は1車両の前部と後部にそれぞれ2軸の台車があります。この2軸の台車が線路のつなぎ目を通過するときに「ガタン」と鳴ります。さらに「ガタンガタン」は、2両編成以上の連結部が通過するときの音です。1両の前部後部の台車の間隔よりも、1両目後部と2両目前部の台車の間隔の方が狭いためこういうリズムになります。なので、例えば3両編成の列車の場合は一つのつなぎ目を通過するときに「ガタン、、ガタンガタン、、ガタンガタン、、ガタン」という音になります。
    • good
    • 3

ジョイント音といい、線路のつなぎ目(ジョイント)にできた空隙や微小な段差を車輪が通過する際に発生する音です。



ロングレールの場合、伸縮継目という斜めに合わさった隙間のない継ぎ目を使いますが、それでも少しは音がします。
http://news.mynavi.jp/series/trivia/008/
    • good
    • 1

こんばんは。


電車運転士をしております。

確かに首都圏の路線や列車本数の多い幹線では、レール同士を溶接して繋げた“ロングレール”化が進んでいるのですが、急曲線部では採用が難しく、幹線でも昔ながらのレールの継ぎ目、そして昔ながらのレールの長さです、

ガタンガタンという音は、レールとレールの継ぎ目を車輪が通過するときの音で間違いありません。
言わずもがなレールは鉄で出来ているのですが、あれだけの長さで長く伸ばした形状の鉄の塊ですから、温度の影響を受けやすく、寒い時期は短く暑い時期は伸びるモノです。
含有成分を変え、北海道向けと九州や四国など温暖な土地のレールは、仕様を変えて温度に対して対策をとっています。
    • good
    • 3

他の回答にもありますように「ガタンガタン」はレールの継ぎ目を車輪が通過するときの音です。

しかしながら最近は長さ1キロメートル以上にもなる「ロングレール」が多くなっていますので、継ぎ目が「ほぼ」ない状態になります。その区間に入ると「シャーッ」という連続音になります。ロングレールの「斜めの」継ぎ目に差し掛かったら、たまに「カタン」というぐらいでしょうか?

また、カーブで車両に外向けの遠心力が働くと車輪がレールに押し当てられることになりますので、車輪の「フランジ」と呼ばれる縁の部分とレール側面がこすれて「キン、キーン」という音もします。

鉄道を表現する「オノマトペ」では「ガタンガタン」や「ガタンゴトン」は最もポピュラーですね…
    • good
    • 1

ロングレール化されていない、古い昔の規格の地方のローカル線でしょうね。


低規格路線は、25mに、5〜10mm程の隙間があり、そこに鉄道の車輪が通ると、ガタンゴトンという音がします。
ロングレールにも1km〜20km間隔で鋭角の斜めの伸縮つなぎ目が左右にありますが、カタッコトと軽い感じです。
    • good
    • 1

前者です。


一般に物がきしむ音は擬音で「ガタン、ガタン」ではありません。

参考まで。
    • good
    • 2

何処の路線?


幹線や首都圏では継ぎ目のないロングレールが殆ど。
信号回路での絶縁部分も斜め継です。
ただ、ポイント部分はどうしても欠損部が生じますが(新幹線は欠損部分のないノーズ稼働)、此れとて車輪の踏面がレール上にあるので、ガタンガタンの音は殆どしません。

音がするのは、レールの水平の通りとか台車の蛇行動、急カーブでフランジがレールを擦る音、その他諸々の要因に拠ります。
    • good
    • 1

線路のつなぎ目と車輪が擦れる音です。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄道はなぜ滑らないの?

お世話になります。
日ごろ不思議なのですが、鉄道の車輪はゴムタイヤも無く、歯車のような形態でもない鉄の輪です。同じくレールもツルツルです。それらが接していて、なぜ空回りせずに進むことができるのでしょうか?平面はともかく、高架に上がるときは若干でも勾配があります。こんなときも滑らずに進むことができるのはなぜでしょうか??

Aベストアンサー

車のように急発進や急停車出来ないのは、車より摩擦係数が少ないからです。その代わり車の数分の1のエネルギーで走る事が出来ます。
レールと車輪の摩擦だけを頼りに走行する方式を粘着運転方式と言い、箱根登山鉄道の80パーミルが営業鉄道としては、世界最急勾配です。

動力集中方式の機関車運転では、滑り易い勾配では砂を撒きます。青函トンネルでは、定期的に溜まった砂の清掃をしています。
また、電気機関車では動輪の空転を検知し、空転している動輪のモーターへの電力供給を一時的に遮断し再粘着を促します。そうしないと他の動輪に負荷が掛かり全ての動輪で空転が発生するからです。

なお、枯葉や虫などで空転し、運転不能に陥る事故は、それほど珍しい事では有りません。

Q電車のガタンゴトン音

電車に乗っているとガタンゴトンとタイヤとレールの音がします。
ガタン ガタン ガタン 休み ガタン ガタン ガタン 休み・・・
というテンポに聞こえるのですが、なぜ音が3つなのでしょうか。
1個の台車に2つの車輪がついているので、2つになると思うのですが。
となりの車両のが聞こえてるとすると4つになるはずです。
それとも私の聞き間違いでしょうか。
聞き間違いなら、ただしくはどう聞こえるのでしょうか。
私、音痴なので音の表現が無茶苦茶だと言われることがあったりします。

Aベストアンサー

3両編成以上の電車の中間車両に乗っていると
ガタンゴトンの音が3回聞こえます。
パターンが2種類あります。
A 中間車両の、前の方に乗っている時
  1 この時は、まず前の車両の後の台車のガタン
  2 次に乗車している車両の、前の台車のガタン
  3 それから一回休んでから、乗車している車両の
    後の台車のガタン
  これを続けると1、2、休、3、1、2、休、3、1、2・・・
  この時の3、1、2がガタンガタンガタンと聞こえます。
B 中間車両の、後の方に乗っている時
  1 この時は、まず乗車している車両の前の台車のガタン
  2 一回休んでから乗車している車両の、後の台車のガタン
  3 最後に続けて、後の車両の前の台車のガタン
  これを続けると1、休、2、3、1、休、2、3、1、休・・・
  この時の2、3、1がガタンガタンガタンと聞こえます。
今度乗る時に、音の聞こえる方向を確認してください。
それだけでも楽しくなりますヨ!
また、ポイント付近では、もっと複雑な音がしますし、
急カーブの所では「キーン」とレールと車輪のフランジ(つば)
がこすれる音もします。
ロングレールでも、よく聞くと、溶接のつなぎ目での音が
規則的に、かすかに聞こえる場合もあります。
あと、車掌のアナウンスの時に「列車無線」の音とか・・・

3両編成以上の電車の中間車両に乗っていると
ガタンゴトンの音が3回聞こえます。
パターンが2種類あります。
A 中間車両の、前の方に乗っている時
  1 この時は、まず前の車両の後の台車のガタン
  2 次に乗車している車両の、前の台車のガタン
  3 それから一回休んでから、乗車している車両の
    後の台車のガタン
  これを続けると1、2、休、3、1、2、休、3、1、2・・・
  この時の3、1、2がガタンガタンガタンと聞こえます。
B 中間車両の、後の方に乗って...続きを読む

Q停車時、不愉快な異音を出す電車。発生要因を教えて。

名古屋鉄道小牧線に就役する300系(名市交7000系含む)電車ですが、全車両上飯田方2両目の床下部分から発生する「ブーン」という異雑音はどんな機器から発せられるどういった内容のノイズでしょうか?
異音が発生する機器の目的意義と簡単な発生原理を教えてください。

我慢できる範囲内です。我慢できる範囲内ですが時折我慢できず他の車両に移ります。
地下線停車時に、狭い構内に響き渡り大変耳障りです。正直あの音量は他形式よりひどすぎます。異音の周波数帯域的が脳幹部分に響き大変不愉快です。
イライラし非常に気分を害します(私だけかな…クレーマーといわれるのも困る(笑))

いや、私だけでなく、クレームというほど上がらないだけで、停車時に不快だけど我慢されてみえる乗客はまだほかにいらっしゃると思います。

走行中は騒音にかき消されますが、停車時に聞こえてくるあそこまで不愉快なノイズを出す電車形式および鉄道会社を知りません。
防音対策を取るか、コストダウンの思想に反して高価かもしれないけど別の機器に交換を名鉄にお願いしたいくらいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
他社ではありますが電車運転士をしております。

平安通駅側から2両目、
ブーンという音、
脳幹に響く音、

SIV(補助電源装置)の動作音ですね。
いま、当該車種の床下機器配置を確認したので、これだと思います。

SIV⇒架線の直流1500Vを、交流の低圧に変える装置。
その交流の電気は、車内の蛍光灯や空調装置の大元の電源に、
また、その交流を整流し、直流にし電車の制御回路の電源にもなる、電車において無くてはならない機器になります。

無くすことは出来ません。

納入会社によってはSIVの騒音の大小は変わってくるので、取引会社を変えれば問題は確かに解決できそうに見えますが、鉄道会社と車両メーカーや納入業者は、万が一の供給体制やアフターフォロー、車両新造にあたっての高額な支払いが当然かかわってきて、その取引関係はそうそう変えないモノです。
取引関係を変えた⇒アフターフォローが無くなるでは、最終的に利用客に迷惑を蒙るからです。

名鉄から、そのSIVの納入会社に苦情なり、設計変更の依頼を掛ける事は出来ますし、
もし、本当に質問者様が仰るような状態ならば、すでに名鉄側から納入会社に苦情も入れていると思います。

何分、1両製造するにも1億以上はするもので、部品一つとっても大変な価格になります。
明日明後日に改善できるモノではないのです。

なので、当面は乗車する車両を変えるなどを取っていただくしか、お悩みを解消する術はありません。

こんにちは。
他社ではありますが電車運転士をしております。

平安通駅側から2両目、
ブーンという音、
脳幹に響く音、

SIV(補助電源装置)の動作音ですね。
いま、当該車種の床下機器配置を確認したので、これだと思います。

SIV⇒架線の直流1500Vを、交流の低圧に変える装置。
その交流の電気は、車内の蛍光灯や空調装置の大元の電源に、
また、その交流を整流し、直流にし電車の制御回路の電源にもなる、電車において無くてはならない機器になります。

無くすことは出来ません。

納入会社によってはSIVの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング