oodaikoです。昔から疑問に思っていることです。
ほとんどの医学教育は医学部で行なうのに、なぜ歯に関することだけは
歯学部という別の学部で教育するのでしょうか。
精神医学を別扱いするのならまだわかるのですが、歯だけを特別扱いする理由が
どうもわからないのです。なにか歴史的な理由でもあるのでしょうか。

もう一つ関連する質問です。歯学部出身の人は普通の医師免許は持てないでしょうが、
逆に医学部出身の人が歯科医になる(もちろん歯学部に入り直したりすることなしに)
ことは出来るのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「医科」と「歯科」が分化したのは、100年以上前です。

当時は、「歯科」は生命に関わりがなく、患者が痛いといってきたら、抜いてしまい、歯がなくなって噛めなくなったら、代わりの物を入れてやればいいという考えでした。だから、医者になるほど広く、人体全般について勉強する必要はないが、手先が器用でないと勤まらないという考えがあったと思います。その後、学問の発達、患者の受診目的の変化などで、医学の中でも、形成外科の一部、精神科などには、そこまで広く勉強しなくても、もっと簡易に資格を与えてもいいではないかという意見もありますが、いったん、制度として成立していれば、そのような運動は医学界としてみれば、既得権益の侵害になりますし、形成外科で歯科の一部を任すことは歯学界の既得権益の侵害になります。日本医師会、日本歯科医師会という強力な圧力団体がありますので、双方ともに既得権益の侵害を承諾するようなことはしないでしょう。また、健康保険の件ですが、現在ではこの金額の配分には、医師会、歯科医師会ともに、ゼロサム社会にあって、自己の配分を多くすることには、関心が高いのは当然です。ですから、形成外科に歯科の一部を含ませることなど、両者の境界を変動させることなので、利害の衝突が起き、新たな問題が生ずるのは自明の理です。政治家は、両者の分離は制度として定着していますので、一般国民の切実な要求がないのに、「再検討」など、あえて火中の栗を拾うことなどしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。つまり昔の分類をいまだに引きずっていると言うわけですね。
良くわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 15:32

「形成外科の位置付けは?」 >


口腔外科に対応するものと思います。
    • good
    • 0

>「形成外科の位置付けは?」


>「義手・義足やエピテーゼによる補完は?」

頻度と重みの違いでしょうね.
医療費全体と義手義足の比率はゼロに近いほどわずかですが,歯科における充填やら型どり,義歯,補綴物の割合は
100%に近いでしょう.

医者が指の型とるのと,歯科が歯の型とるのでは,歯科のほうがずっと高度な技術と精度なんですが,点数は医者のほうが高かったりして,歯科医の不満の元だったりします.

この回答への補足

御回答ありがとうございます。補足質問をさせて頂きたいと思います。

>医療費全体と義手義足の比率はゼロに近いほどわずかですが,歯科における充填やら型どり,
>義歯,補綴物の割合は100%に近いでしょう
確かにその通りなのでしょうが、形成外科は歯科以外のすべての医科の中の一分野
に過ぎないのに対し、歯科はそれだけで一分野になっていることを考えれば当然の結果だと思います。
ですからshoyosiさんのお答えで
>歯科の特徴は患部の失われた部分の修復によって形態と機能を元の状態をとり戻すという点
であることは分かったのですが、歯科だけが独立している理由としては今一つ納得できません。
そういうことならば形成外科の範疇に歯科を含んでいてもおかしくないと思うのですが。

なおついでに伺いたいのですが保険制度上でも歯科と他の医科では違う部分があるのでしょうか?
患者の立場から見れば同じ健康保険が使えるので違いはないように思えますが。

補足日時:2001/07/06 11:10
    • good
    • 0

便乗質問、失礼致します。

>shoyosiさん

>患部の失われた部分の修復によって形態と
>機能を元の状態をとり戻すという点があり、

…となると、新たな疑問が浮かんできます。

「形成外科の位置付けは?」
「義手・義足やエピテーゼによる補完は?」

このあたりの解釈についてもご教示頂ければ。
    • good
    • 0

 歯科の特徴は患部の失われた部分の修復によって形態と機能を元の状態をとり戻すという点があり、歯科が医科の一分科として包含されない理由でもあります。

日本や多くの国では歯科は医科の他の分科とは異なり、教育上でも法制上でも独立して別個のものになっています。一部の国の中には一般医科を卒業後、口腔科として専攻させる制度をとっているところもあることもあります。
 歯科が日本で学問として独立するようになったのは,1883年(明治16)に医術開業試験規則の中で歯科の試験科目が認められるようになってからで、89年に高山歯科医学院(現東京歯科大学)が設立し、さらに1906年に歯科医師法が制定されてからはっきりした形をとるようになリました。
 後半の質問ですが、全く別なものですので、入り直すことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。歴史や制度については良く分かりました。
しかし歯科が独立している理由はまだ納得できません。
No3のVapochillさんのところに補足質問しておきましたので、もしお分かりであれば
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/07/06 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私立大学・歯学部(偏差値低い)と九大・歯学部出身の歯医者なら、どっちがいいですか?

私立大学・歯学部(偏差値低い)と九大・歯学部出身の歯医者なら、どっちがいいですか?

Aベストアンサー

「どちがいい」というのは、どういう意味でしょうか?

  「腕がいいか、どうか」なら「その人次第」としか答えられません。

  「自分がなるなら、どちらがいいか」なら、もちろん九州大学です。議論の余地はありません。

Q口腔外科の医師は医学部出身それとも歯学部

病院で歯科と口腔外科を同じ先生が診察治療されていますが口腔外科も診られる先生は歯学部出身か医学部出身かどちらですか。
口腔外科では歯肉癌等の本格的手術もされますので医学部出身の先生とおもいますが教えて下さい。

Aベストアンサー

現役歯科医師です。口腔外科の医師は、基本的に歯学部出身でも医学部出身でもOKです。しかし、圧倒的に歯学部出身が多いのは事実です。口腔外科では、簡単なものでは抜歯から舌癌・歯肉癌・顎切除などの手術をやります。ですが、舌癌・歯肉癌・顎切除は形成外科の領域でもあるんです。こういうことで、形成外科がなく口腔外科しかないとこ(歯科大学など)では、歯科医師が上記の手術を行いますし、形成外科があるとこ(大学病院を除いて、形成外科があるところには、普通、口腔外科はない)は、医科出身の医師が手術をします。口腔外科で手術する場合は、ほとんど歯科医師が行ってます。余談ですが・・・口腔外科には、少数ですがダブルライセンス(医師免許と歯科医師免許両方もつ医師)がいます。これらの医師は、医学部出身の先生であるし歯学部出身の先生であるとも言えます。私も、ダブルライセンス狙ってる一人なんですけどね。

Qなんで歯学部は医学部と別なんですか?

ふと、疑問に思ったんですけど、なぜ歯学部は医学部から独立してるんでしょうか?

内科、外科、眼科、耳鼻科、皮膚科…etc は医学部で勉強しますよね。

じゃあ、歯も体の一部なんだから、なぜ医学部歯学科じゃダメなんでしょうか?

歯科医師免許と医師免許は別だからという説明もあると思うんですけど、じゃあ、そもそもなんで歯科医師免許と医師免許は別なんでしょうか?

眼科、耳鼻科とかの先生も、専門外の診療科のことは、ほとんどわからないと聞きます。
だったら、「歯科医師免許」として独立させずに、専門が歯の「医師」というのでもいいんじゃないですか?

Aベストアンサー

歴史的経緯の問題です。
歯の治療は、医療行為ではなく、技師(職人)の仕事と考えられていたからです。
眼鏡は眼科医ではなく、眼鏡屋さんで買いますよね。それと同じで、差し歯や入れ歯はそれを売る人が歯を診ていました。虫歯は直すものではなく、抜く物でしたから。

外科医も同様で、医者の中でドクターと呼ばれていなかった職種でした。日本でも欧米でも、刃物で身を害することができるのは、医療行為ではなく、床屋さんの仕事でした。髭を剃る延長で、できものを取ったり、膿を出したりしていました。床屋さんのサービスだったんです。床屋さんの店先にある赤と青のストライプの看板は動脈と静脈を表しているそうで、その名残だそうです。

Q歯学部と医学部が分かれているのは日本だけって本当?

歯学部と医学部が分かれているのは日本だけって本当ですか?
もし本当なら、分かる範囲で結構ですのでその理由や歴史的背景なんかも教えてください。

Aベストアンサー

いえ、違います。
先進国で分かれていないのはロシアぐらいです。
(発展途上国になるとそもそも歯学部がない国も多い。
例えば、ブータンには歯学部がないので、ブータンの歯科医師はインドなどで
勉強してくるようです)
ただ、他の先進国では歯科医師は追加で2年学校に通うだけで
医師免許が取れるところが多いです。
そのため、1割ぐらいがダブルドクターです。

私は歯学部を出て、ダブルドクターを目指し今医学部に在学中ですが
日本は二回大学にいかないといけないので、100人~200人ぐらいしか
ダブルドクターはいないようです。

Q医学部か歯学部か?

受験生を持つものです。
公立の進学校在学中(選抜理数クラス)で、地方の国立大医学部医学科志望ですが、万が一のことを考えて歯学部も一応受けたら?と言っても、歯医者はどうしても性に合わないし、病院勤務が夢だし開業は全く考えていないと言って全く眼中に無い様です。仮に将来医学部を出て専門を決める際、外科やERといった分野でも手先の器用さは求められると思うのですが(本人はそういった急を要する救命に関する分野を希望)・・・
何とか歯学部も受けるだけ受けてみるように(受かっても行かなくていいからと)説得する方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

医学と歯学は本質的に違わないというのは全く同感です。
ただのセクショナリズムだと思います。
例えば、歯の内科的治療(投薬治療ね)がどれくらい考えられてきたでしょうか。
これは癌の投薬治療がまるっきり遅れているのと同じ事です。

さて、
とはいえ、志は志です。
機械も電子も同じ工学部で飛行機にも自動車にもどちらも要るだろうと言ったところで、興味や志は変わらないのです。
もっと言いましょう。
あなたでも誰でもホモサピエンスのオスかメスなら誰でも同じだろう、
人間それで良いでしょうか。
何にどうして興味があるのか解らないのは人間の本質だと思います。
その解らない糸に引かれるのも人間の本質。
あなたの行為はその本質を土足で踏みにじることです。

好きこそものの上手なれ

まず挫折するまでやってみればいい。
医学部に入ることがゴールではありません。
そこで躓いたり迷ったりしたときに、原点は何か、視野を広く持ちましょう、というアドバイスは適切です。
一つの目標に向かって邁進しているときに、「狭い視野」からの余計な方向付けは大間違いです。
それは新幹線にわざわざ小カーブを儲けるような物です。
通常、医学部にしか受からない勉強や歯学部にしか受からない勉強があるわけではなく、スピードがついている内は黙って真っ直ぐ進ませればよいのです。
また、幼稚園生ではありませんから、進路は親が口を出すようなことではありません。
進路が決まらないという高校生の相談が散見されるように、親が口を挟めるような簡単なことではありません。
あなたの言い分は机上の空論でしかありません。甘く簡単に考えすぎています。

> 歯科医師になられた方を何人か存じていますが、その全ての先生方が結果として現職に満足されておられて

満足していない人は更に他の道へ進んだというだけでしょう。
自然淘汰です。

医学と歯学は本質的に違わないというのは全く同感です。
ただのセクショナリズムだと思います。
例えば、歯の内科的治療(投薬治療ね)がどれくらい考えられてきたでしょうか。
これは癌の投薬治療がまるっきり遅れているのと同じ事です。

さて、
とはいえ、志は志です。
機械も電子も同じ工学部で飛行機にも自動車にもどちらも要るだろうと言ったところで、興味や志は変わらないのです。
もっと言いましょう。
あなたでも誰でもホモサピエンスのオスかメスなら誰でも同じだろう、
人間それで良いでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報