gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

添付図のボイラ図を見て、火炎部分に近い緑のあたりの管で蒸発するのかな、と思ったのですが、仮にそのあたりで蒸発したとして、蒸気ドラム内の湯の中を蒸気が通過する事にあるかと思います。
そうすると、給水でやや冷たい水にさらされる事になりますが、液体に戻ったりしないのでしょうか?

「ボイラの蒸気の流れについて」の質問画像
gooドクター

A 回答 (5件)

他の質問を拝見すると基本を飛び越えている質問が多いですね。


専門書の1ページ目から読むと理解できるのに・・・
この図は水の循環に限った部分的なものです。
汽水ドラムに入った水の流れを示しています。
蒸気は汽水ドラム上部だけです。蒸気は更に燃焼室内に蒸気管として
燃焼ガスで過熱され高温高圧蒸気にします。
つまりこの図は水の流れだけの図で蒸気の流れは省略されていると
いうことです。
段階的に学ばないと理解しにくいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

添付図をよく見てみると、確かに「蒸発管」ではなく「上昇管」と書いてあります。

>火炎部分に近い緑のあたりの管で蒸発するのかな、と思ったのですが、
この考えが誤りだったのですね。
納得出来ました。
ありがとうございます!

お礼日時:2017/11/04 22:33

追記、温度だけでなく、圧力、との関係、その他気化熱の知識も併せて考える必要があるのかも。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

この後そういった理論みたいなのが控えています。
また質問するかもしれません。その時はまたお願いします。

お礼日時:2017/11/04 22:36

過熱蒸気で高圧タービンを回し、その排出蒸気で低圧タービンを回す、さらに次のタービンを・・・。


でも蒸気の温度が下がり、圧力も下がります、3段目まで回しきれないかも?。
そんなときは途中で再加熱してやれば温度が上がり、圧力も上がります。
蒸気の温度の高さがこの順番でなければならないというものはありません。
その時その時の状況で必要な温度があるだけです。
大気中に放出する熱を回収利用するときは複数のものがあれば、温度が高いほど有利なものの順番が先になるだけです。
節炭器!、石炭火力発電時代の設備の話ですね、現在ではさしづめ、排熱回収器?、まさにコピペ丸投げ(コピーして、なんの加工もせず丸投げ)そのものですね。
    • good
    • 0

ボイラにもいろいろ、100℃の湯を沸かすだけのボイラー。


蒸気機関を動かすための過熱水蒸気を発生させるボイラー。
>仮にそのあたりで蒸発したとして、蒸気ドラム内の湯の中を蒸気が通過する事にあるかと思います。
湯沸しボイラーでは蒸発の必要ありません、むしろ蒸発しては困ります、だから、もし蒸発しても冷たい給水に触れて、給水を加熱しかつ水(熱湯)に戻る設計になっています。
    • good
    • 0

このボイラーは「湯を沸かす」事に最適化されたボイラーです。

そのため「前部水管群」が予熱を分担します。「高温水蒸気を発生させる」ボイラーですと蒸気ドラムの後に「余熱器・加熱器」が付きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/11/04 22:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング