忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

部活が楽しくありません
陸上部に所属しているのですが怪我を繰り返し全然練習できません。
部活は嫌いではなく、仲の良い友達も多いのでやめたくは無いのですがこれから入ってくる後輩達にどんどん抜かされていくと思うととても続けて行ける自信がありません
どうすればいいのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • どうしても肉離れが再発してしまいます

      補足日時:2017/11/04 10:30

A 回答 (4件)

あなた次第ですね


スポーツに怪我はつきものです
いかにそれを克服するかで精神的にも強くなれるのではないですか
たとえ今部活を辞めたとしても必ず後悔すると思いますよ
早く治して練習することです
この部活を最後まで続けたことはあなたの将来にとって必ずプラスになりますよ
もうすでに挫折を知っているあなたは少しくらいのことでは挫折しないからです
    • good
    • 0

練習用を削減する、


および休養日を増やす方向で調整するべきです。

これについては、
多少手荒な真似をしてもいいです。
いっそ弁護士を同伴して学校側と交渉にあたってもいいです。

むしろ、そんな怪我が頻発するような練習をさせているという時点で、
その部活で行われている事は現在問題にされている
「スクールパワハラ」に当たる可能性があります。

近年のプロ野球にしてもそうですが、
実は練習量の多いチームほど、
成績が低迷する傾向があります。

努力は裏切ることもあれば、
練習は嘘を付くこともあります。

もちろん、何の努力も練習もなしに、
何かができるようになることはありませんが、
あくまでも、努力、練習と言うのが、
こう言うものだという事は必ず念頭に置くべきです。

そもそも、練習において最も重要な事は頑張る事ではありません。
一番重要なことは自分の中で折り合いを付けて、
落とし何処を探すことです。

それができないのであれば、
いっそ、そんな練習や努力はしなくていいです。

尚、日本と言う国において「学校」「先生」と名の付くものは信用しない方がいいです。
いじめ自殺に、いじめ殺人、その都度平然と行わる隠ぺい工作に、
巨大組体操の問題にしてもそうですが、
日本と言う国において「学校」「先生」とは、こう言うものです。

その上でですが、
自分の生き方は自分自身が決めるものです。
誰を師とし、
誰の言葉に従うかも、
全ては自分が決める事です。

結局の所、質問者さんが将来どう言う人間になりたいのかと言う問題でもありますが、
今から少し前にプロ野球で近鉄バッファローズが消滅しそうになったとき、
選手会がストまで起こして、
最終的には新球団の創設まで漕ぎ着けましたよね。

何が言いたいのかと言うと
打った、投げた、だけがプロ野球選手ではないという事です。
そこまで含んでプロ野球選手です。

社会人全般も同じです。
書類を書いた、残業をした、だけが社会人ではありません。
そこまで含んで社会人です。

質問者さんが将来、打った、投げた、だけの人間になりたいのであれば、
特に何もする必要はありません。
ですが、質問者さんが将来、それ以上の事をできる人間になりたいのであれば、
今のうちから、その練習をしておくことです。

昨今、特にブラック企業だのパワハラだのが横行する世の中です。
今から少し前までの日本であれば、
打った、投げた、だけでも生きていけたのかもしれませんが、
これから先の日本では、それだけでは難しいとも思いますよ。
    • good
    • 0

怪我はスポーツにつきものっていいますからしょうがないです。


でも最初から後輩にまけるって決めつけて諦めてしまったら良くないと思います。
精一杯頑張ってください。応援してます。
    • good
    • 1

怪我をしたのは自分の責任ですし、


部活をする前によく柔軟をしたほーが良いと思います。
前僕も陸上部に入っていたのですが、自分も最初はダメダメ後輩に負けるくらいでしたが、人の倍努力しアンカーになりました。
ですから「今自分に出来る努力をしたらいかがですか。、人の倍やるということに意味があると思います。」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング