高周波用抵抗器について、
抵抗器内の(インダクタンス分,キャパシタンス分)による特性劣化を考慮したものが高周波用抵抗器だと理解したのですが、
(1)どれだけ考慮したものなのか?
(2)何Hz(ヘルツ)以上に耐えられなくてはならないという規格が有るのかどうか?
(3)スペック上なにか規定が有るのかどうか?
(4)どれだけの特性があれば高周波用と呼べるのか?
何か知っていることがあれば教えて下さい。

A 回答 (1件)

一般的には高周波用という規格はないはずです


トランジスターの型番だって一応高周波用は2SA,2SC、低周波用は2SB,2SDとする
ということになっていますがどこまでが低周波でどこからを高周波とするという規格はありません。
あくまでメーカーの判断によるものです。ですから「低周波用」トランジスターより遮断周波数が
低い「高周波用」トランジスターもあったりします。(^_^;

ただメーカーでは「高周波用」とうたっている以上は当然お客さんから
「どこまでフラットなら高周波やねん!」
と突っ込まれることを想定しているでしょうから
「当社では○○MHzまでフラットな特性を持つ抵抗を高周波用と称しております」
という答えは用意しているでしょうが、この数値は当然メーカーによって違うはずです。
そもそも電気で使う周波数帯は非常に広く、目的によって主とする周波数帯も違うので
一様に「高周波」という言葉は当てはめられません。
一般的には先の質問に対する回答にあったようにオーディオ帯より高い周波数帯と
考えられると思います。

とはいえGHzオーダーまでフラットな特性をもつ抵抗ならどこのメーカーでも「高周波用」と
称するでしょう。携帯電話などはGHzオーダーのテクノロジーですがさすがにこれくらいの
周波数であれば誰が見ても立派な?高周波といえるでしょう。

なお高周波では普通の抵抗はインダクタンスを持つのでこれを逆に利用してチョークコイルの
代わりに使ったりすることもあります。ラジオの回路図を見ると電源の低周波増幅部と高周波
増幅部の間に低抵抗が入っていることがありますがあれなどはまさにそういう目的で使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼をするのが遅れましたが、大変ためになり、有難うございました。

お礼日時:2001/10/08 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗器のワット数を変更すると危険でしょうか?

使用してきた抵抗器が壊れてしまったので新しい抵抗器を購入しようと考えています。
しかしながら同じ抵抗器は海外でしか販売されていないようで、送料があまりに高すぎるため国内でできるだけ安く購入できるものを探しています。

これまで使用してきた抵抗器はワット数が5W、抵抗が4.7Ωの抵抗器です。
抵抗器を差し込む穴が直径6mmなので国内で販売されている5Wの抵抗器だと6mmを超えるものが多く入らないため、3W/4.7Ωの抵抗器を購入しようと思ったのですが…
ふと「ワット数を変更すると危険なのでは?」と思い付き…

こういったものの知識が全くないため、詳しい方に助言をいただこうと質問しました。
これまで使用してきたワット数より少ないワット数の抵抗器を使用すると危険でしょうか?

どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般論で言えば同じ以上のワット数以上の、同じ種類の抵抗器に交換するべきです。

5Wの抵抗器に3W消費させた時と、3Wの抵抗器に3W消費させた時の温度の上がり
方は3Wが上回りますので、発火しないまでも発熱で故障しやすくなるなど弊害が
出ます。

抵抗器は種類によって定格ワット数である程度頑張る物と、短時間しか持た種類が
ありますので、部品知識をお持ちで無ければ種類は変えないほうが良いでしょう。

最近は対抗が小さいサイズに切り替わってきていますので、5Wの小型品が入手で
きるかもしれませんが、3Wが入ると言うことなら、2.4+2.4Ωとか2.0+3.0Ωを直
列にする方法はどうですか?

Q抵抗の特性について教えてください.

こんにちは.私は機械工学を専攻している学生です.電気回路に詳しい方に質問があります.ある計測器からの信号の電位(0~10V)を0~5Vまで落とすために,可変抵抗(ボリューム)を組んだのですが,出力が線形とならずに非線形(上に凸の2次曲線)ででてきます.抵抗というのはこのような特性があるのでしょうか?また,こういう特性があるとしたら,他に電位を落とす方法(位相遅れがないもの)はないのでしょうか?よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

補足拝見しました。
計測器の許容負荷値も問題なさそうですね。

可変抵抗器を、固定抵抗器2ヶに置き換えてもダメですかね?
その抵抗値を、1k→10k→100kと変えてみても同じ状況だったら、ゴメンナサイ。分からんです。

Q【電気】摺動抵抗器(しょうどう抵抗器)って何ですか? 摺動とは滑らしながら動かすこととあります。 摺

【電気】摺動抵抗器(しょうどう抵抗器)って何ですか?

摺動とは滑らしながら動かすこととあります。

摺動抵抗器は滑らしながら動かす抵抗器?

滑らしながら動かす抵抗ってどういうことですか?

どこで使うんですか?

摺動抵抗器を使ってる製品って何がありますか?

Aベストアンサー

・一般に「ボリューム」と呼ばれる部品です。

 ラジオなど直接丸いツマミを廻して音を大きくしたり、
 小さくしたりしませんか?

 エレキギターなどにも付いています。

 小型のものは電子基盤などに直接付いていて、製造時に調整されます。
 (ケースを開けないと見えませんが、ポテンショメーターと呼ばれます)

 まれに直線スライドするボリュームもありますが。。。

 いずれにしろ、物理的に抵抗体を電極がこすっているので、
 接触不良などになりやすく、最近では減りました。
 
 接触不良になったボリュームは、ガリガリと音が出るために
 そのようなボリュームは「ガリボリ」とも呼ばれます。
 
ちなみに
 摺動(しゅうどう)抵抗ですが、ボリュームのほうがなじみがあるでしょう。

例:ボリュームの構造
http://www.esp.ac.jp/club_esp/maintenance/lecture13.html

Q高周波でのLPFについて。

1.5GHzのLPFを作成しました。素子数5個のπ型で作ったのですが、高周波だったので浮遊容量が発生したのか、1.5GHzのLPFとして作用しませんでした。素子の値は、L=2[nH],C=0.5,1,0.5[pF]で作成したのですが、この時、浮遊容量はどれぐらいの値で作用しますか?
解析したところ、使ってる素子より大きな値になったのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?


よくわかっていないので、基礎も教えていただきますと助かります。

Aベストアンサー

誰も回答しないようなのでアドバイスを。ここよりも科学や物理学の方が回答が付きますよ。

使っている素子のサイズはどのくらいでしょうか。実装用の1005などなら浮遊容量は小さいと思いますがリード線などが付いているものだと浮遊容量が大きく、影響が大きくなります。

>>解析したところ、使ってる素子より大きな値になったのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?

大きな値とは何の値ですか。

Q高周波用抵抗器について

高周波抵抗器とは、『高周波でも抵抗器の特性を十分に発揮できる抵抗器』だと思われるのですが、具体的にどのようなことから高周波用なのか?
また、どこから高周波用なのか(高周波用抵抗器の規格等)について
教えて下さい。

Aベストアンサー

高周波まで特性が一定の抵抗です。

高周波に対する影響としては
1)抵抗体が巻いてあることによるインダクタンス。
2)リード線のインダクタンス。
3)抵抗体と他の導体間の浮遊容量。
4)表皮効果。
があります。
これらの原因による特性劣化を考慮した物を一般に高周波抵抗と呼びます。

また、これらの影響が出てくる周波数は一般に短波帯以上です。数十MHz以上になれば何らかの影響が出はじめます。中波帯ではあまり考慮しなくても大丈夫です。

Q切削抵抗と切削温度の特性について

切削抵抗と切削温度の特性について、旋盤を使った実験を試みるとします。どんな実験装置を用い、どのような実験を行えば特性についての詳細を求めることができるのでしょうか。

Aベストアンサー

私が学校で習っていたころは何十年も前のことなので、参考になるかどうかわかりませんが、一番簡単なのは、旋盤で、切削油を使う場合と使わない場合(切削材料や回転数など他の条件は同一として)、加工中のバイトの刃先(チップ)の表面温度(表面温度計が便利か?)を測り、切子の形状を比較してみたらどうなっているか、また、加工面の状態(仕上がり具合)を調べてみるなどしてはどうでしょうか?

Q可変抵抗器の作動範囲を設けることは可能ですか?

DC12Vのケースファンの回転数を、電圧の制御で変える場合について。

ファンの消費電力は非常に少なく、電流も0.01A程度なので、
三端子レギュレータなどは使用せず、可変抵抗器のみをファンに直結で回転数を変えます。
0.01Aなので、可変抵抗器は焼けません。

可変抵抗器を回し、電圧を下げすぎると、ファンが止まってしまうので
可変抵抗器の抵抗値の作動を、下限4.1kΩ、上限4.7kΩの範囲にしたいのですが、
固定抵抗器などを回路に加えて、上限、下限を設けることは可能でしょうか?
つまみの可動範囲を物理的に制限するのは無しです。

可能でしたら、簡略でも回路図を添付頂けると幸いです。
たとえば、10kΩの可変抵抗器で、作動範囲を下限4.1kΩ、上限4.7kΩにしたい場合など。

Aベストアンサー

例えば
(VR と 640 Ω の並列) と 4.1 kΩ の直列
とやると
・VR = 0 Ω のとき 4.1 kΩ
・VR = 10 kΩ のとき 4.7 kΩ くらい
になる. 640 Ω とか 4.1 kΩ という抵抗器はあまり見ないけど
640 = 620 + 20, 4.1 = 3.9 + 0.2
と思えば右辺の値は E24 で作れるからわりと簡単に探せると思う. 最悪金皮を使えばなんとでもなる.

Q半加算器は、繰り上がりを考慮しない2進数1桁の加算と、1桁の繰り上がりを出力することができる。 繰

半加算器は、繰り上がりを考慮しない2進数1桁の加算と、1桁の繰り上がりを出力することができる。

繰り上がりを考慮しないと書いてあるのに1桁の 繰り上がりを出力することができる。変じゃないでしょうか?

Aベストアンサー

「繰り上がり入力」と「繰り上がり出力」です。同じ名称ですが別の信号(情報)です。
すなわち半加算器は 2つの2進数1桁を加算して 1桁の結果 と 1桁の繰り上がり を出力します。

これに対し 下位桁からの繰り上がり も含めた3つの信号(情報)を加算して 1桁の結果 と 1桁の繰り上がり を出力する回路を全加算器と言います。

Q抵抗器のオーム数について

機械に取り付けられていたオリジナルの抵抗器が「5W」「4.7Ω」なのですが、
この抵抗器を「5W」「5.6Ω」のものに変えても問題はありませんか?
(※変更の理由は抵抗器が破損したため)

詳しい方、どうかご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その抵抗が使われている回路など、使われている条件が分からないと使えるかどうかの
判断はできません。
用途によってはラフでよい場合もありますので、可能性が無いわけでは在りませんが。

詳しくないようですので、抵抗値、ワット数、抵抗器の種類が以前と同じものを探すの
が最良でしょう。
特に抵抗器の種類について書かれていませんが、同じワット表示でも種類が異なると同
じ様には使えない場合がありますので、部品選択には注意が必要です。

Q真鍮の軸受け特性、圧力特性

真鍮の特性がわからないため、質問させて頂きます。

真鍮は柔らかいと思っているのですが、どういうメリットで鉄軸等の滑り軸受けとして使われているのですか?自分の予想では、軸受けが真鍮なら痩せていくような気がします。また、グリスやオイルが回っている軸受けの場合、鉄軸の滑り軸受けは鉄でもよい気がするのですが、焼きつくと聞きました。この理由も教えて下さい。

また、配管では電磁弁やボールバルブなどによく真鍮が使われています。このメリットもご教授下さい。

Aベストアンサー

軸が鉄鋼の場合,軸受も同材料の場合,接触が発生した際に焼きつく恐れがあるということです.そのため,接触が発生したときに被害が最小限になるように,比較的やわらかい黄銅が使用されます.さすがにEHLが生じるようなところに使用する例は聞いたことはありませんが….

グリスやオイルが使われていても動圧型の流体軸受は大抵負圧発生部ができ,キャビテーションなどが起こりやすくなるため,軸と軸受の接触が起こる可能性は潜在的に存在します.

非接触軸受は軸受材が磨耗によってやせることは基本的にありませんし,接触タイプのすべり軸受(黄銅が使われてるか知りませんが)ならば,磨耗は想定内ということになります.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報