プロが教えるわが家の防犯対策術!

進路で悩んで爆発しそうです。明らかに自分はデザインやものづくりに向いていて興味もあるのですが、もう高3の11月で、今までずっと芸術系に足を踏み入れず、経営学部(ちゃんと言えば、経済学部の経営方面の学科)を志望しています。

経営学部に入って将来商品企画がしたいというのが、若干こじつけ気味ではありますが私の経営学部の志望理由です。でも、模試を受けるたびに、将来を考えるたびに、やっぱりプロダクトデザインがやりたいなとか、伝統工芸の職人になりたいなとか思ってしまいます。


中学までずっと、勉強ばかりして、いい成績をとることを目標としてきたので、芸術的なことに向いていて、興味があるということに気づけませんでした。いや、実は高2の時点で気づいてはいたのですが、今までの生き方と違うなと思ったり、趣味でいいやと思ったりして、画塾に通うなどの行動を起こせませんでした。

今の将来の夢は、芸術方向でいうとプロダクトデザイナーになること、伝統工芸の職人になることです。

経営学に関わりがありそうな方向でいうと、伝統工芸で生計を立てられるような会社を起こすこと、イベント会社に就職してイベントの企画、運営をすることです。自分の考えを人に指示して動かすことも得意で好きなのです。

現在第一志望としている大学は、名古屋市立大学経済学部です。第4希望くらいに、静岡文化芸術大学のデザイン学科があって、偏差値高くないし、就職もあまり良くなさそうなのですが、デザインが学べるということで、たまに静文を第一にしちゃおうかな、とも思います。

以上が私の悩みです。

乱文で本当にすみません。聞きたいことをまとめます。

経済学部にいても、行動次第でものづくりの分野を仕事にすることは可能でしょうか。

そもそも大学の学部、そんなに人生に影響するのでしょうか。

大学生になっていろいろ行動して、仕事や将来を決めるのではダメなのでしょうか。遅いのでしょうか。

大学で興味を持った仕事が学部とあまり関係なかったらどうすればいいのでしょうか。


ただ今絶賛人生に迷っております。アドバイスをお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • やっぱりデザインがやりたいと分かっているのに経済学部を選ぶなんて変ですよね、、、
    中学までの勉強勉強な過ごし方に影響されて、経済学部に入るほうが無難で真面目な選択に思えて選んでいるに過ぎないのです。
    ここで人生転換、興味の向くままに芸術の方面に踏み出そうかな、、、

      補足日時:2017/11/06 03:59
  • 優しいアドバイスばかりで元気が出ます!本当にありがとうございます!
    落ち着いて考えて、とりあえず経済学部を目指して勉強し続けたいと思います!
    自分がまだ、作品を作る側になりたいのか、会社を設立して人を動かす側になりたいのか、はっきり決まっていないので、経済学部に通いながら、知り合いのデザイン関係の会社(会社の看板をデザインしているところです)でバイトをして、親から和裁を習い、日本を回って伝統工芸の体験をしてみたいと思います!

    また質問なのですが、デザイン会社の求人を見てみると、実務経験ありということが条件としてよく書かれているのですが、バイトって経験者になるのでしょうか!

    色々考えすぎな気もしますが、経済学部に入って、デザインの仕事がしたくなった時、出来なくなるのが怖いのです。
    見ず知らずの方に頼ってばかりで申し訳ないのですが、またご意見よろしくお願いします。

      補足日時:2017/11/06 20:35

A 回答 (5件)

勝手なお話ですから、スルーして下さい。



例えば、中途半端な運転で免許を取って合格した場合は、割と運転が危なくて間違っている事が多い。
なので、それを職業とすると、熟練者が注意して修正するには時間がかかるのと教え難い事が有ります。

これは、どの職業でも言える事ですが、多少の仕事を覚えている人に教えるには、非常にエネルギーが必要です。
また、途中入社の人を雇う場合も同じことが言えます。なので、一般的には、新入社員を募集する事を選択します。

そこで、仕事の経験と言うのは有利でもあり、不利でもあります。理由は、その企業によって独自な手法で
やっている事が多いです。なので、経験者を募集している場合は、非常に神経を使いながら接しないと問題を
起こす場合が有ります。案外、これを解っていない人が多い。
    • good
    • 0

学校は、社会に出る為の基礎を学習するだけです。

実社会の全てを学校で勉強出来る訳ではありませんし不可能です。なので企業は、学力を重点的に考えながら雇用はしません。あくまでも可能性です。

また、雇用の際は、会社に貢献し成果を期待できる可能性のある人材か?を見極めながらその人材に「先行投資する」考え方です。人材を間違えると、「投資が無駄」になる。なので、叱責しながら稼ぎ出せる様に指導し、激励しながら「成果を出せる社員」にする。

従って、学歴とは、入社する時だけのキッカケにはするが、入社後に学歴が有利になる事はあり得ない。学歴と仕事は、全く無関係ですから一般社会では重点を置かない。


そこで、貴方のご希望は....

>伝統工芸で生計を立てられるような会社を起こすこと、イベント会社に就職してイベントの企画、運営をすることです。

貴方の目標がより具体的ですから、何を、どの時期までに、どうすると、成功か?を考えて下さい。出来れば、具体的な内容を紙に書いて整理すると良い。但し、時系列が必要です。50年もかかる計画は、実際問題では、役に立たない。時は金なりです。

社会に出て、働かない限り解らない事だらけですから、働いてそれを習得する。これが、大事だと思いますので頑張って下さい。

例えば、デザイナー学校へ行っても、基礎中の基礎を学んでも金にはなりません。技術などを実際に学ばない限り成功できないと思います。また、技術は有ったとしても、売れる物でないと意味が有りません。

会社を経営したいんですから、起業をする場合には、3原則の人・物・金をどうすれば
良いかという経営学が、必要だと思います。また、収支の問題で企業分析が出来ないと会社は、倒産することになります。

解る事は、自分で全てを習得出来ませんから、資金が有れば、収支が解らない時は、税理士、或いは会計士を雇えば、貴方が容易に理解出来る事になります。また、貴方の技術が未熟なら、熟練した立派な技術を持った人材を雇用すれば良い事です。

なので、技術屋さんと、経営者とは、全く別な考え方の中で、営利を目的とする。自分に無い物は、資本投下し人材を手に入れる。それで、企業に有利な様に活用すれば良い事です。

その為の基礎的な考え方を、大学で勉強するのは良い。理由は、物事への判断力、決断力、思考力を高めるのが学問ですが、実社会においては、基礎が有れば、理解度が早い事になります。

なので、「No.2の回答者Qたまごさん」が仰っている通り、技術屋さんを目指すなら「丁稚奉公」が、早いと思えます。技術の取得が目標です。

しかし、経営者に成るには、かなり困難な事が多いと思います。また、その技術を習得し、実際に成果を出して稼ぎ出すことが、可能な場合と、そうでない場合が有りますから、ただ単に技術を取得するだけの物でもありません。

簡単に言うと、技術屋さんと経営とは、全く違う分野だと考えて下さい。素晴らしい技術を持った人材を引き抜いて会社経営をすると、儲かる可能性が大きいと言えます。

技術屋さんは、自分の力で素晴らしい物を生み出して成果を出す。なので、安定した収入を得る事が出来る。手段と方法が違いますから、混同しない事が大切です。

また、経営者を目指せば、経済学は必要不可欠となります。また、大学は、色々な人が居ますので、技術屋さんを目指すとしても、思考力を鍛えるには、非常に有効的で学習する場として、感性等を磨くには良い機会だと思います。

なので、全く無駄ではありません。或いは、4年間の間に自分の軌道修正も出来る非常に良い期間を活用できる事にもなります。あまり狭い考えの中で判断しない方が良いと思います。

ご自分で判断しながら前に進んで下さい。健闘を祈ります。
    • good
    • 0

発想の転換をもいいかもしれませんね。


ご存知かは分かりませんが、世界的な日本人デザイナーの山本耀司さんやコムデギャルソンの川久保玲さんなどは確か大卒のはず。
大学で学べる教養や人脈は確かに良いものです。
遊ぶだけのためならもったいないですが、大学で学べることはないとも言い切れません。
その場合は二足の草鞋を履くつもりで、伝統工芸の職人さんの世界に脚を入れつつ、大学で学べることを学ぶ。
それなら文学部や社会学部などでも良いかもしれません。
もし進学するのなら経済や経営に縛られないで選択してみては?
    • good
    • 0

やりたいことが決まっていないのなら全然遅くないと思います。


が、経営学部に入っても実質あまり経営と結びつくかというと疑問です。
多分、退屈なんじゃないかと。
経営のノーハウを教えてもらえるわけではないので、いくらでもその分野なら独学可能です。
伝統工芸の職人さんになるのなら大学に行くより弟子入りしたほうが良いのでは?
四年間がもったいない気がします。
それって高校球児がプロ入りか進学か迫られているよりもかけ離れている気がするのですが(野球は大学でもできますしね)。
やりたいことが定まっているのに大学に行ってから決める必要は何故なのかちょっと分かりにくいです。
焦らず、やりたいことがあるのならその道でどうすればスペシャリストになれるのか考えて行動することが大切なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

私以前、美術品商でした。


貴殿が将来制作した物を査定し買い叩くのが仕事でした。

職人と販売事業はかなり別物です。

恐らく
デザインを習っても金儲けとは別物かと

将来、覚悟を決めて自社ブランドで店をだして勝負するのも有りですけどね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング