『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

元得点王の大久保嘉人についてです。
得点王を大久保が取れたのは川崎フロンターレにいた環境だからであって、大久保の得点能力が極めて優れていた訳ではない・・・と私は思うのですが違いますか?
恐らく彼は2度と得点王は無理だと思います。

A 回答 (4件)

確かに、


大久保のためのチームを作らない限り、得点王は無理かもしれませんね(笑)
また、
リネカーについても、体力の衰えはあったでしょうし、Jリーグ=年金リーグと当時呼ばれていましたから仰りたい事は良く分かります。
ただ、前年トッテナムで28得点していることを考えると、そこまで得点能力が落ちてるとは言えないんじゃない?

ちなみに、大久保選手ですが、体力が衰え始めている30代でも得点王を取ったところが、ある意味凄い。それも3年連続。

私が、今までの日本人選手の中で一番決定力(得点能力)が高いと思った三浦和良選手と比べても遜色無い成績だと思うけどね。
(あのときのヴェルディは今の川崎くらい強かったからなぁ)

まっ、質問者様の結論は、最初から、大久保=ダメと言いたいようですので、もうこれ以上は回答いたしません(苦笑)
お付き合いありがとうございました。
    • good
    • 0

鹿島ファンならば話が早い。


日本代表にもなったことがある柳沢敦、元選手は、シュートを打てるチャンスがあっても、打たないことが結構ありました。

彼は日本を代表するサッカー選手でしたが、彼が今の川崎Fに居ても大久保選手ほどは得点出来なかったと思いますよ。

要するに、得点能力とは、
言い換えれば、(クリスティアーノ・ロナウドしかり)いかに自己中にシュートを打つことが出来るのか?
という能力でもあるのです。

大久保選手はそういう意味では、パスよりもシュートを選択するでしょう。
柳沢や香川に比べて、精神的な得点能力はかなり高いと見ています。
結構、これは重要なファクターですよ。

なお、仰る通り、川崎Fには憲剛はじめ代表レベルのパサーがゴロゴロ居るので、大久保は欲しいタイミングでボールをもらえるし、現在も小林選手は19点で得点王争いをしています。
ただね、大久保選手は、おんぶにだっこという訳ではなく、自分で切り込んだり、身体で押し込んだり、泥臭いゴールも沢山あったイメージがありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。貴殿の仰りたい事は分かります。
但し、例に挙げられているリネカーとかは日本に来た時点で出枯らしでした。要は日本に来る外国人プレイヤーは殆ど他国で使えなくなったから日本に来たプレイヤーが殆どです。
ですので日本で活躍出来なくても当たり前という事です。
大分話しが逸れてしまいましたが、大久保の得点能力が高い事は認めますが、今後彼が得点王になることはありません。
彼が得点王になれたのは、なるべくしての必要条件が揃ったからです。

お礼日時:2017/11/09 11:29

以下は、ゲーリー・リネカーというワールドカップで得点王を取った選手の記録です。


【年度】【所属チーム】  【所属リーグ】【試合数】【得点数】
1978-79 レスター・シティ  FL2部     7     1
1979-80 レスター・シティ  FL2部     19    3
1980-81 レスター・シティ  FL1部     9     2
1981-82 レスター・シティ  FL2部     39    17
1982-83 レスター・シティ  FL2部     40    26
1983-84 レスター・シティ  FL1部     39    22
1984-85 レスター・シティ  FL1部     41    24
1985-86 エヴァートン    FL1部     41    30

1986-87 バルセロナ    プリメーラ    37    22
1987-88 バルセロナ    プリメーラ    36    16
1988-89 バルセロナ    プリメーラ    26    6

1989-90 トッテナム     FL1部     38    24
1990-91 トッテナム     FL1部     32    15
1991-92 トッテナム     FL1部     35    28

1993  名古屋       J リーグ     7     1
1994  名古屋       J リーグ     11    3

thunder-birdさんの論理だと、
この、ワールドカップの得点王で、イングランドプレミアリーグでも大活躍していた男が、
名古屋では得点出来なかったというだけで、得点能力が低いってことになりますね。

いくら得点能力が高くても、欲しいタイミングでボール(パス)が来なければ、得点したくても得点出来ないでしょ。
MFならば引いてボールを貰って、自分でドリブルすることも出来るが、FWは引いちゃダメ。

リネカーは、敵DFの裏に走りこみ、何度もボールを貰おうとフリーランニングを繰り返すも、パスが来ないんだから得点したくても出来なかったですね。

言い方を換えれば、
甲子園で星陵高校の松井選手が全打席敬遠されたことがありましたが、あれでは、ホームランを打ちたくても打てないですよね。まあ、あれと似てるといえば似てるけどね。

大久保選手ですが、とりあえずFC東京でも7点取ってます。
それに、川崎F時代に大久保選手が奪ったゴールについても、それほど、ごっつぁんゴールが多かったとは思えないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。正しい言い分だと思います。ですが、大久保が得点王になれたのは超攻撃的な川崎フロンターレの布陣のFWだったからです。神戸にいても現在のFC東京にいても川崎に居た時と全然得点力が違います。それから大久保には得点力があっても、それが充分発揮出来たのは川崎に居た時だけです。私は鹿島のファンですがJ1最強の攻撃チームは浦和より川崎フロンターレだと思っています。総合力では鹿島が一番だと思っていますが、ずば抜けた得点力は川崎が一番です。その川崎でさえタイトルに関してはファイナリストに定着しています。話が長くなりましたが、大久保に秀でた得点力があっても、もうそれが発揮出来る環境に恵まれる事はありません。大久保がマジョルカに移籍した時でも目立つような働きが出来ませんでした。サッカーは団体競技なので攻撃力98点のFWが居ても進撃力が2点のチームでは絶対輝けません。重ねて書きますが、大久保が得点王に再度輝く事はもうないです。

お礼日時:2017/11/08 11:36

環境が大きな要因のひとつである事は間違いないと思いますが、


私は大久保選手の優れた得点能力については疑う余地はないと考えます。
20点超えでの得点王は立派だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
20点超えでの得点王は川崎フロンターレの他のメンバーが居たからであって大久保がチームを離れたら現状の通り、得点の量産は出来ていません。・・・このところが大久保の勘違いだと言っているのです。川崎移籍前の神戸でも得点王の働きはしていないし、現所属のFC東京でも得点王どころではないです。もはや川崎へ戻れる筈も無く、今後、得点王になることもないです。

お礼日時:2017/11/06 14:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング