私が現在乗っているバイクの調子が最近急に悪くなりました。

エンジンがかかりにくいのです。セルスタータではまず無理です。
スタンドを立ててキックでかけてまれにかかる程度です。
しかもかかった瞬間ものすごくエンジンの回転数があがります。
またリヤブレーキをかけてタイヤの回転を止めてしまうと
エンストしてしまいます。

エンジンオイルを最近ものすごく安いやつに変えたのが原因なので
しょうか?

誰かアドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

車種がわからないので、一般的な話になりますが・・・



始動性が悪く、かかるとエンジン回転数が急激に上昇する
という症状からみて、2次エアの混入の疑いがあります。
例えばヤマハのスクーター系だと、
インシュレーター(インテークマニホールド=キャブとエンジンを接続している部品)がゴム製なので、
経年変化でひび割れを起こし、そこから空気を吸ってしまいます。
そうなると、混合比が変わりますので、始動性、アイドリング、回転の上昇下降に悪影響をおよぼします。
    • good
    • 0

セルがかからないならバッテリー切れは?あとは雨ざらしにしてキー穴から水が浸食して電気系がいかれてるとか、オイルを混在しちゃって固まりがこびりついてるとかプラグが死んでるとか、キャブにひびが入ったとか、う~んバイク屋で見てもらったほうが安全では?実際私もそういう症状が出てだましだまし乗っててコケました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
やはりディスカウントショップで買った怪しいオイルのせいでしょうか?
自分でやってだめだったらバイク屋にもっていきます。

お礼日時:2001/07/06 14:48

考えられること。



・エンジンオイルの入れ過ぎ(規定値まで減らす)
・プラグがヘタってきた(交換)
・エアフィルタが詰まっている(清掃)

その他

・燃料コックにサビかゴミが詰まっていないか調べる。(ストレナーをホースに取り付ける。1000円くらい)
・水抜き剤を入れる(エンジン・燃料噴射ノズル浄化剤入り)
・燃料と空気の混合を調整するネジのような部分に異常は無いか(ネジ付近の燃料漏れ。変にいじったとか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
明日にでも調べてみます。

お礼日時:2001/07/06 14:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンのエンストと回転不安定

ホンダ スマートディオ 水冷4サイクル(形式AF56系)で購入してから8年以上かと思います。
去年の秋ごろからエンジンのかかりが悪くなり、知り合いに尋ねたら座席シートをあけて底のゴムを外すとキャブレターが見え、その上部についているネジを右に回して回転をあげてもらいました。当初は順調でしたが寒くなってきてから又もエンジンのかかりが悪くなったので自分でネジを適当に右に回して走っていましたが走行途中からエンジンの回転が高くなりすぎたので今度はネジを左に回して回転を下げました。
しかし寒さが一段と厳しくなってきたためか朝にエンジンがかからないのでネジをかなり右に回してスタート、しかし途中で上がりすぎて左に回すとエンスト状態。こんな事を1日に何度も繰り返しました(何度も自分で調整しましたがエンジン回転が安定するネジ位置の丁度良い場所が見つかりません)。
最近では無理から回転をあげて何とか始動するものの信号等で止まると必ずエンストします。
近くのバイク屋さんに尋ねたら「自爆ですね。修理には時間とかなり費用がかかる」と言われました。
このような状態では素人での修復は無理でしょうか。何分古いバイクなのであまりお金をかけたくありません。走行自体は快調に走るのでもっと乗りたいのですが買い替えも検討しております。
何か良いアドバイスをお願いします。

 

ホンダ スマートディオ 水冷4サイクル(形式AF56系)で購入してから8年以上かと思います。
去年の秋ごろからエンジンのかかりが悪くなり、知り合いに尋ねたら座席シートをあけて底のゴムを外すとキャブレターが見え、その上部についているネジを右に回して回転をあげてもらいました。当初は順調でしたが寒くなってきてから又もエンジンのかかりが悪くなったので自分でネジを適当に右に回して走っていましたが走行途中からエンジンの回転が高くなりすぎたので今度はネジを左に回して回転を下げました。
しか...続きを読む

Aベストアンサー

はい、バイク屋さんのいうとおりですね。
完全に自爆です。
やたらにキャブをいじって燃料を濃くしたり、うすくしたりするとそうなります。

初期症状の時に持っていけばそうはならなかったのに素人の知り合いとやらに
触らせたのが運のつき!

燃料を濃くすると当然燃えやすく寒冷時はかかりがいいです。
しかしそのままにしてエンジンが温まってくると今度は濃すぎて不完全燃焼を起こします。
燃え尽きないわけですね。
するとカーボンがまずプラグに付着します。
これが繰り返されるうち、ブリッジと言って絶縁されてるはずのところにカーボンが
付き火花が不安定、かつ弱い火になります。
当然かかりも悪いです、そしてその悪さを感じてあなたはなおのこと濃くしてしまったのです。

するとどうなるか、不安定に火花が飛ぶということは変なタイミングで電気が走る
ということになり、これがイグニッションコイルをだめにします。

すると火花が飛ばなくなりエンジンはかからない、ということになります。
火花が不定期かつ弱く飛ぶのですから当然燃料の調節などできなくなります。
燃料多めにエンジンかかったものの、不安定な火花ですから今度は薄くすると
エンストしてしまいます。

またカーボンは排気口にも付着しますから全部の排気が出て行かず
シリンダー内に残ります。
すると燃料の気体の量が次のストロークで足らなくなります。

つまり400ccのバイクなら
300CCはガソリンとの気体だが100ccは前のストロークで排気できなかった
排気ガス、ということになり、酸素も入っていませんから燃えにくくなり
これが繰り返されやがて止まってしまうわけですね。

なので、修理明細にこうかかれます。
イグニッションコイル 1  12800円
スパークプラグ    1    630円

(1)エンジンヘッド脱着カーボン除去 1式
(2)イグニッションコイル脱着交換 1式
(3)エアクリーナ、キャブレター脱着分解洗浄組立調整(オーバーホール) 1式
(4)試運転点検調整    1式
 
(1)~(4) 修理技術料   1式  24000円

副資材及び諸経費    1式   2000円

小計          39400円
消費税          1970円
合計          41370円

というわけで、このバイクの修理代はこのくらいかかると思いますので
これを用意してバイク屋さんにお願いしましょう。

このまま放っておくと今度はバルブ、次にピストンという具合に
修理が厄介になって修理代がかさむようになります。

ここでくいとめて早くバイク屋さんにもって行きましょう。

結論としては、素人じゃもう無理!ってことです。

はい、バイク屋さんのいうとおりですね。
完全に自爆です。
やたらにキャブをいじって燃料を濃くしたり、うすくしたりするとそうなります。

初期症状の時に持っていけばそうはならなかったのに素人の知り合いとやらに
触らせたのが運のつき!

燃料を濃くすると当然燃えやすく寒冷時はかかりがいいです。
しかしそのままにしてエンジンが温まってくると今度は濃すぎて不完全燃焼を起こします。
燃え尽きないわけですね。
するとカーボンがまずプラグに付着します。
これが繰り返されるうち、ブリッジと言って絶縁...続きを読む

Qエンジンがかかりづらい時がまれにあります

2007年式エスクード、2.7XGに乗っています。走行距離は約56,000kmです。
年に1,2回位なのですが(本日発生)、正常にエンジンが始動する時に比べて、明らかにセルを回している時間が長くてもエンジンが初爆する様子が無く、かかりづらい時があります。
セルを回し続けてその状態でアクセルを踏むと、ぼこつきながらエンジンが始動します。
始動してしまえば、アイドリング等も正常で問題ありません。
以前にディーラーに伝えてみてもらいましたが、コンピュータにエラーは無かったようで、
原因は判りませんでした。
関係あるかわかりませんが、以前一度だけですがガソリンを満タンにしても
燃料計の針が直にFまで上がらずに翌日までかかって、少しづつFまで針が上がりました。
あまり発生頻度が多くは無いのですが、直るに越した事はありませんので、
ご意見をお願い致します。

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが、最近はいろいろなセンサーを駆使して電気的な処理をして、コントロールしています。
アクセル動かして、始動・・・から、スタート時<アイドリング時の混合気をコントロールする電気回路の不調(ただし、気まぐれ症状)も考えられます。
もう少し、頻度が高くなれば、どんな状況の時、どんな対処でどう変化する等の情報を集めるしか・・・。
点検用のコンピューターもありますが、ズバリ症状が出ていないと、気まぐれ症状では困難かと・・。

Q車のエンジンのキーの穴にロックがかかりエンジンがかけられません。

車のエンジンのキーの穴にロックがかかりエンジンがかけられません。

突然車のエンジンをかけるキーの穴にロックがかかり、キーをまわせず、エンジンをかけられなくなってしまいました。以前も同じ事が何回かありましたが、別の人が試すと普通にかかったりしていました。解除方法を知っている方がいましたら教えてください。車は、フランスで乗っていまして、日産のMICRAという古い中古車です。

Aベストアンサー

「ハンドルロック」でしょうか。

ハンドルロックとは、イグニッションキーを抜いた状態で、ハンドルが回らない様にロックする事で、盗難を防止する為の機構の事です。

あまりハンドルロックを意識していないかもしれませんが、イグニッションキーを抜いてハンドルを少し回してみると、ハンドルはロックしてしまい、右にも左にも回らなくなります。

つまり、イグニッションキー抜いている状態だとハンドルをロックし、盗難しようとしても自動車を運転できなくしてしまう仕組みです。

ハンドルロックを意識していないドライバーが、降車時にたまたまハンドルを握って降りたりしてしまうと、次に運転する時、キーが回らずハンドルも回らない・・・となります。

ハンドルロックを解除する時には多少のコツが必要です。ハンドルを回しながらキーをひねるとロックは解除します。

この時、右回しで解除しやすかったり、左回しで解除しやすかったりするので、両方試してみる必要があります。

Q原付のエンジンがかかりづらい&エンスト頻発

中古で購入したホンダのDio。年式不明ですが、だいぶ古いです。走行距離は少なくとも1万キロ近く。私が購入してからは5000キロ乗っています。3月に購入。

最初の1ヶ月ぐらいは特に何も問題なかったのですが、2ヶ月ぐらいたつ頃から、エンジンが一発でかからなくなりました。それでも2,3度やればかかったので、あまり気にしませんでした。しかし、だんだん必要な回数が多くなってきて、今はキックでかけるほうが多くなってきています。

また、同じく2ヶ月ぐらいたつ頃から、信号待ちの間にエンストしてしまうという症状がたまに出ていましたが、最近はその頻度がかなり上がり、始動の時でもエンジンがかかったので出発しようとするとエンスト・・・みたいなことも増えてきました。

エアクリーナーの掃除はしました。点火プラグは大丈夫ですか?と購入店に相談したら、まだ大丈夫と言われました。他に考えられる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

3月に購入で、まだそのパイク店との交流があるのなら、クレーム扱いで言ってみてはどうですか?
まだ半年たってませんよ。なるべく速いうちに・・・半年過ぎるともうやばい。

自分でやるというのなら、キャブレターのオーバーホールはさけて通れません。
吸排気系全部見るはめになるかもしれません。結構知識も時間もかかります。
距離を乗られるみたいなので、使えないと不便だし、そう言う、まとまった時間も取れないのではないですか。
しかも自分で修理して、回復する保証はまったくありません。技術と経験次第です。

原付で15000キロはかなりの距離です。バイク店では新品への買い換えを進められるレベルでしょう。
でも半年たってないんだから、交渉次第でなんとかなるのでは?

Qキックでも、エンジンがかからないです。半年ほど放置してます。

友人から中古のホンダの原付バイクを譲り受けました。
「キックで、かかるから」といわれていて、確かにその時
はかかっていたのですが、半年放置しておいたら、キックでもエンジンがかかりません。(あとちょっとでかかりそうってかんじなんですけど・・・)

素人で、メンテナンス等わからないのですが、まじ、どうすべきでしょうか??
半年も置いておいたのがまずかったのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

キャブレターが詰まっているか、プラグから火花が飛ばなくなったか、エアクリーナが汚れすぎて空気が入らないか、マフラーがオイル又は異物で詰まっているのどれかです。
まず簡単なエアークリーナーの掃除から、シートとカバーを外して、キャブレターの先に付いているエアクリーナーを外します。
中にスポンジが入っているタイプならば灯油で軽く揉み洗いして、乾かします。取りつける時にすこしエンジンオイルを付けて軽く絞って取りつけます。
その他のタイプは交換した方がよいでしょう。

次にプラグの火花を見ます。エンジンからプラグレンチを使って外します。
プラグキャップを付けてエンジンにアースを取ります。
片手でキックを下ろして強い火花が飛んでいるのを確認します。
火が飛んでいないなら新しいプラグを用意するか、プラグの端子のギャップ調整及び清掃を行います。
新しいプラグで火が飛ばない場合はCDIなんかの電気系トラブルの可能性がありますのでバイク屋さんに相談してください。
キャプレターが詰まっているか点検するには、まずキャブレターを外します。
灯油と容器を用意してキャブレターを分解して各部品を灯油の中で洗います。(しばらく付け置きします。)
*注意* プラスチックとゴムは溶けますので絶対灯油の中に入れないようにしてください。
スロージェットが一番詰まりやすいのでその穴が綺麗に開くように荷札の針金で綺麗に掃除します。
エアーで綺麗にゴミを飛ばして組み上げて下さい。

マフラーの排気口からオイルがこぼれている様なら中がオイルだらけですのでマフラーを外してバーナーで焼くとオイルが無くなります。
一般の家庭では出来ないと思いますのでオイルを溶かす洗剤を入れる方法もあるようです。バイク用品店で相談してください。
ここまでやればかなりの確率でエンジンは掛かると思います。
掛からなかった場合はガソリンタンクのガソリンを新しいものに変えて見てください

キャブレターが詰まっているか、プラグから火花が飛ばなくなったか、エアクリーナが汚れすぎて空気が入らないか、マフラーがオイル又は異物で詰まっているのどれかです。
まず簡単なエアークリーナーの掃除から、シートとカバーを外して、キャブレターの先に付いているエアクリーナーを外します。
中にスポンジが入っているタイプならば灯油で軽く揉み洗いして、乾かします。取りつける時にすこしエンジンオイルを付けて軽く絞って取りつけます。
その他のタイプは交換した方がよいでしょう。

次にプラグの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報