擬似負荷抵抗という用語がでてきたのですが、擬似負荷抵抗とは負荷抵抗とはなにが違うのでしょうか?その筋の方お願いします。

A 回答 (4件)

負荷はそれぞれあると思いますが、純抵抗の負荷は少ないと思います。


擬似負荷とは本来の負荷に近いもので代用するという意味です。
たとえば、抵抗と直列にコンデンサを入れて周波数特性を持たせるとかです。
    • good
    • 0

どういった分野のお話か書いてないので判りませんが、実際に使用する時の負荷に比べて、研究室や製造現場で負荷を掛ける時に、100%同じ条件の負荷を掛けることは困難な場合が多い。

また、電気的な抵抗なのか、機械的な抵抗なのか、流体の抵抗なのか、負荷抵抗と言っても様々な負荷があります。
 電気的な抵抗の場合も、コイル状なのか、配線の長さ、温度環境、様々な環境がありますので、あくまでも「擬似」の負荷になってしまいます。機械的な負荷も、慣性力、回転抵抗、振動、剛性など等、これまた様々な要因があります。流体負荷にしても然り。
 あくまでも、データ取りや、試験用の負荷ということで、実負荷では無いという意味で「擬似抵抗負荷」という表記がされているのだと思います。
    • good
    • 0

どの筋か判らないので、私の筋だと・・・



いわゆるダミーロードと言われる物の事だと思います。

電気を流すと何かする物にちゃんと電気が来てるか、などをチェックするために本来の物の代りにつなぐ抵抗器です。その本来の物によってにたような電力消費をする性質を持つ物を使い、また特に大電力の場合は、発熱する場合が多いので、安全に熱を逃がす仕掛けであることも大事です。

例えば、電波を出す送信機を調整しようと思ったとき、送信機をアンテナにつないじゃうと本当に電波が出ちゃって、他の電波通信を妨害したりしかねません。そんな時にアンテナの代りに電球をつかったりします。

また、用途によっては、冷却機付きの抵抗器だったりします。

交流か直流か、あるいは周波数、電力などによっていろんな物があります。

分野をもう少し絞って頂けるともう少しいい回答が頂けると思います。
    • good
    • 0

その筋の人じゃないんですが :-)



「疑似」であることが違います。つまり、本物じゃない。

例えば、ポンプ用の発電機の挙動を調べるときに、本物のポンプをつなぐ
のではなく、ポンプが稼動したときにそうとうする抵抗をつないで調べて
みる。そのときの負荷抵抗は「疑似負荷抵抗」ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度上昇に伴う固定抵抗器の抵抗値変化

Q1 表示は「等比級数」でされるのでしょうか?
一般には、[○○ %/℃]で表現されるでしょうか。
もしそうであれば、変化率[1%/℃]のときの、0℃から100℃までの抵抗値変化は、
  1.01^99=2.68倍
となるでしょうか?
考え違いがあればご指摘ください。

Q2 ホーロー抵抗の温度係数を観測するため、6桁DMMを2台使い(1方は電流計、1方は電圧計として)、電流を増加させながら、抵抗器両端の電圧・電流(抵抗値と消費電力算定のため)と表面温度を測って行ったところ、温度上昇と共に抵抗値が下がることが確認されました。
ホーロー抵抗は負の温度係数を持つのでしょうか?

Q3 定格電力:100Wの70%で、定格温度:175℃に達してしまいました。
一般に、ホーロー抵抗器は(放熱器なしでは)、定格電力までの使用は出来ないものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>-になる要因は何なのでしょうね?
全くの憶測ですが、抵抗線は固められているので、温度で長さ方向に伸びず、断面積方向に広がり、抵抗値が小さくなるのかもしれません。
固有の温度特性は+のはずですが、熱膨張も含めたらーもある、ということが考えられます。

Qデジタルテスターでの抵抗値の値が理論値と違う

 カラーコード「茶黒金金」の抵抗器の抵抗値をデジタルテスターにて測定をし、理論値である1.0Ω±0.5%以内になるはずなのですが測定値では1.20Ωと出てきてしまい誤差率が20%になっていました。
ほかの抵抗器で行うと誤差率以内に入っているのですがこの「茶黒金金」だけ変です。

 原因がわかる人がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 理由はいくつか考えられます。

(1)テスターの内部抵抗の影響
 テスターといえども、測定対象に全く影響を与えずに測定できる訳ではありません。抵抗を測定するときには、テスター内部の電源から供給した電流値(もしくはそれによって測定回路に発生する電圧値)を読み取っていると思います。このとき、テスター内部にも過電流保護抵抗などを含む測定のための回路、レンジ切替えスイッチ、テスト棒、測定対象の表面よごれによる接触抵抗などの様々な抵抗が加算されます。
 測定対象が「1オーム」という低い抵抗値の場合、これが結構影響します。少なくとも、テスター自身に既に0.5%以上の測定誤差が含まれていると思います。(ご質問文のように、テスターの表示器が小数点以下2桁なら、そもそも1オームに対して1%の精度でしか読み取れないし・・・)
 抵抗器が100オームやキロオームのオーダーだと、相対的にこれらのテスター内部回路の影響は小さくなります。「ほかの抵抗器で行うと誤差率以内に入っている」とありますが、それは抵抗値の大きい抵抗器ではありませんか?

(注)お使いのテスターはデジタル式とのことですが、アナログ式を使う場合には、No.5さんのように測定する抵抗レンジごとに測定テスト棒を短絡させて「ゼロオーム」の補正をする必要があります。抵抗の測定に対する内部回路の影響とは、その程度微妙なものです。

(2)抵抗素子の製作誤差
 「1.0Ω±0.5%」というのは理論値ではなく、製品の仕様値ではありませんか? 通常であれば、公称誤差0.5%が標準偏差(1シグマ)の場合には「製品の68%がこの範囲内」ということです。2シグマ(標準偏差の2倍)の場合でも、「製品の95%がこの範囲内」ということに過ぎません。
 従って、ある一定の確率で公称誤差の範囲外となることは十分あり得ます。

 理由はいくつか考えられます。

(1)テスターの内部抵抗の影響
 テスターといえども、測定対象に全く影響を与えずに測定できる訳ではありません。抵抗を測定するときには、テスター内部の電源から供給した電流値(もしくはそれによって測定回路に発生する電圧値)を読み取っていると思います。このとき、テスター内部にも過電流保護抵抗などを含む測定のための回路、レンジ切替えスイッチ、テスト棒、測定対象の表面よごれによる接触抵抗などの様々な抵抗が加算されます。
 測定対象が「1オーム」という低...続きを読む

Q同じ電流を流した時抵抗の違いによる電源装置の負荷について

同じ電流を流した時抵抗の違いによる電源装置の負荷について

実験で加熱炉(炭素型に電流を流して発熱させ熱源としている)を使っているのですが電源装置で流せる電流値の制約から、必要とする温度まで加熱を行うことができません。

そこで炭素より抵抗値の高い材料を使うことで、同じ電流を流した場合でも炭素に比べて高い温度まで加熱を行えると思ったのですが、電流を流す物の抵抗値が高くなることで、同じ電流を流した場合でも電源装置に掛かる負荷は大きくなってしまい、電源装置が耐えられないのかなと思ったのですが、どうなのでしょうか?

電源装置は指定した定電流がながれるような回路になっていますがその仕組みについてよくわかっていないため質問させていただきました。

Aベストアンサー

>電源装置は指定した定電流がながれるような回路になっていますが・・・

一般に、電源といえば「定電圧電源」または「定電圧に近い特性を持つ電源」(負荷が変わっても電圧を一定に保つ)が多いのですが、稀に(そういう目的で)負荷が変わっても定電流性を維持する「定電流電源」というものもあります。
質問者さんが使用しておられる電源は、この「定電流電源」なのでしょうか。
もしそうであれば、銘板にそのことがはっきり書いてあるはずです。

もしそうであれば・・・
定電圧電源に最大容量(AまたはW)が規定されているように、定電流電源も最大容量(VまたはW)が規定されているはずです。
銘板を確認してみてください。

定電圧電源は負荷が大きく(負荷抵抗が小さく)なり、規定の電流を超えると急激に電圧が低下します。(大抵の場合保護回路があるので壊れることはない)
定電流電源は負荷が大きく(負荷抵抗が大きく)なり、規定の電圧(または容量W)以上になると、それ以上に電圧を上げることができなくなります。(これも大抵の場合保護回路があるので、壊れることはない)

質問者さんが行っておられる実験は、(多分)定電流電源の能力を上回る負荷がかかっている(抵抗が大き過ぎる)ため、電圧が上がらなくなっているのではないかと思われます。
これは、定電流電源の出力電圧を測ってみるとわかります。
負荷が大きくなる(抵抗が高くなる)に従って、電圧がどんどん上がるはずなのが、どこかで頭打ちになることで確認されます。

多分、この加熱炉に使用するには容量不足であり、より高い電圧(および電力)を供給できる電源が必要なのではないでしょうか?
加熱炉の銘板に記載されている「電圧・電流・電力」と電源の銘板に記載されている「電圧・電流・電力」を照合してみてください。
電源の数値すべてが、加熱炉の数値すべてを上回っている必要があります。

>電源装置は指定した定電流がながれるような回路になっていますが・・・

一般に、電源といえば「定電圧電源」または「定電圧に近い特性を持つ電源」(負荷が変わっても電圧を一定に保つ)が多いのですが、稀に(そういう目的で)負荷が変わっても定電流性を維持する「定電流電源」というものもあります。
質問者さんが使用しておられる電源は、この「定電流電源」なのでしょうか。
もしそうであれば、銘板にそのことがはっきり書いてあるはずです。

もしそうであれば・・・
定電圧電源に最大容量(AまたはW)が規...続きを読む

Q平ベルトで回転力を伝達する機構の負荷抵抗力

を求めたいですが、負荷抵抗の原因は何が考えられるのですか?

Aベストアンサー

多分、負荷抵抗力はベルトとベルト車間のすべり、ベルト張力の変化に伴うヒステリス損、軸受け部の摩擦抵抗などに因る動力損が起きるので軸受けがすべり軸受けであるか転がり軸受けであるかに因り負荷抵抗は大きな違いが出てくると思います。
見当違いでしたらごめんなさい。

Q物理学と電気工学とで表記が違う用語

なぜこのようになったのでしょうか。表記は物理学―電気工学の順です。
モーター モータ
コンデンサー コンデンサ
キャパシター キャパシタ
トランジスター トランジスタ
コンピューター コンピュータ
電場 電界
磁場 磁界
また,一般ではデジタルと書かれる用語は,物理学・電気工学ともディジタルです(情報・通信もディジタル)。

Aベストアンサー

Frequencyの訳として,電気工学では「周波数」と言いますが,物理は「振動数」ですね。

electric chargeの訳として,「電気量」は電気工学ではあまり使わず,「電荷」と言うことが多いです。
電気工学で扱う数値は,ある意味ですべて「電気の量」ですから,
電気量といわれても漠然としすぎてなんだか分からなくなるからでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報