番組の途中で、変なアニメが流れますよね。
あれって一体どういう脈絡で出てくるものなのですか?
個人的にはああいうのキライじゃないんですけど、
全く話が読めないし、この番組で出てくる意味も分かりません。
単なる「シュールさ狙い」なのでしょうか・・・?

A 回答 (2件)

単なる「一息」なのでわないでしょうか?


うたばんはスタッフのあじがかなり前へ来ている番組ですし、他とは違ったテイストを出そうとしているのではないでしょうか?
私は結構「うたまるくん」好きです・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですか。
しかしそれにしてもすごく際だったテイストですね・・・
私も嫌いではないのですが、あのノリは深夜番組系のような気もします。

お礼日時:2001/07/11 19:04

あれはうたばんのテンションの高さがよくあらわれてると思います。


友達とかにもいるじゃないですか?突然わけの分からん事言ってみんなを笑わせるやつ、あんな感じですね、ストーリーは皆無です(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ストーリーはやっぱり無いのですね。
「突然わけの分からん事」言う奴はたくさんいますが、この場合は裏の裏の裏をかいて、誰も着いて来れなくて・・・といらぬ心配をしてしまいます。(笑)

お礼日時:2001/07/11 19:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

布袋の『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』
じゃないですかね。

映画キルビルのテーマソングだったかと。

Q逃走中という番組に出てくるハンターについて

逃走中という番組に出てくるハンターについて
瞬発力、持久力ともにハンパないハンター達。
彼らって、一体何者ですか?経歴など分かる方いませんか?

Aベストアンサー

日体大の陸上競技部の中、長距離走の学生だと聞いた事があります。

Q番組の前にでてくる「保護者の皆様へ、この番組は~」の注意書きの基準は?

最近、サスペンスドラマの冒頭などには

「保護者の皆様へ この番組については児童および青少年の視聴に配慮が必要と思われる場面があります。ご注意ください」

との表示が出てくることがありますが、このコメントに何か基準はあるのでしょうか。サスペンスドラマということは、殺人シーンでしょうか。でも、人がバッタバッタ切られる時代劇や、アクションシーンの多い(時には人死にの出る)アニメにはついていなかったと思うのですが…。

ちなみに是非を問う質問ではありません。まあ、あんまり意味なさそうだなぁとは思いますが。

Aベストアンサー

刃物での殺人シーンがある場合ではないでしょうか?
多分、そのコメントが出るようになったのは、長崎・佐世保の小六同級生の
殺害事件以降だと思います。加害者の女児が、サスペンスドラマを見て
犯行方法を思い立った・・・と言うような記事を見たことがあり、それ以降
暫くは刃物を使用したサスペンスドラマが延期になったりしたと聞いたことがあります。

ですので、サスペンスドラマに関しては、再びこのような事件があった場合
槍玉にあげられるのを防ぐために、コメントを出し始めたのではないかと
思います。「この番組はフィクションです・・・」云々と同じ程度ではないでしょうか。

時代劇は、刀なので身の回りに無いため(格好も現在とは異なるし)
あまり重要視されないのかもしれませんね。

Qきっとくる のテレビ番組

きっとくるきっとくる という言葉が入るテレビ番組があったと思いますがどうしても
何の番組だったか思い出せません。知っているかた教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.youtube.com/watch?v=Al--tAUBMkI
主題歌です。

たけしの本当は怖い家庭の医学

http://asahi.co.jp/hospital_old/

Q空気読めよって最初誰が流行らせたんでしょうか?

KYという流行り言葉がありますが、起源はがあるとすれば何処になるんでしょうかね?

私の記憶では、随分前の話ですが、ナインティンナインの矢部がメッセンジャーという映画の中で、(他に草薙剛、飯島直子主演)「お前空気読めよ」っていうシーンがあったのが始めてだったような気がします。
気のせいかもしれませんが、なんかそれから世の中に広まっていったような気もするんですが・・・。
実際はどうなんでしょう?

Aベストアンサー

そうですね、場の空気を読むというのは、恐らく元々芸人の言葉でしょう。
(ナイナイ矢部が最初に使ったと言う意味ではありません)
ここ10年前後のバラエティの中で、内輪ネタやネタばらし(敢えて)が広まって行く中で芸人用語が徐々に市民権を得て、最終的に略語にまでなったという感じでしょうか。
それこそ「ボケ」「つっこみ」にはじまり、「ネタ」「ひく」「ウケる」「さぶい」「すべる」などなど数多くの用語が市民権を得ています。
そういう意味では誰か特定の人が流行らせたというわけでも無いのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報