英単語ってどういうふうにみなさんは覚えていますか?これはオススメという覚え方があれば是非是非ご教授してください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 障害」に関するQ&A: 視覚障害者のことを英語でなんと言いますか?

A 回答 (25件中11~20件)

「あくまでも質問と回答の場であって、論争の場ではない。

」とのことですが、特に争いをしている意識はありません。
英語好きの人間がそれぞれ意見を述べていると考えてください。

「状況にあった英語表現を身に付けるためにも、例文を何度も音読して、覚えた方が正確で確実に覚えられるのです。」
この辺が見解の相違なんだと思います。
基本的に、英単語というものは、一回で覚えることはできないと考えます。英単語は、何度も何度も繰り返し出会っていくうちに覚えていくものです。

極論すれば、1日で同じ例文を100回読んで単語を覚えるよりも、異なる日に100の異なる例文中で同じ単語に触れる方が効果が高いと思うのです。

単語を覚えるのに費やす時間は同じでも、方法によって効果がことなります。

英英辞典を勧めないのは、英英辞典を使う時間がもったいないからです。
一つの単語を調べるのに、英英辞典を引っ張りだしてきて、英英辞典に記載されている英文を100語読むとします。多分1分や2分はかかるでしょう。

この時間を読書に費やせば、英文を200~300語程度読むことができます。単純に考えて、効果は数倍ということです。

もともと、辞書を引くという行為に要する時間自体がもったいないのです。
このような理由で、最低限の単語の意味ぐらいは、前もって単語集などを使ってまとめて覚えてしまうことを勧めるのです。

単語に対する正確な語感は、同じ単語に繰り返し出会っていくことによって自然と身についてきますし、速読速聴に励むことによって、英文を理解する際に日本語訳を介してしまうということはなくなります。

なお、英語の百科事典を用いることは、非常に有効な方法だと思います。日本語でも知らない単語を覚えるときには大変助かります。

『「まわりの人々と同じようなことをやっていたのでは、他の人よりも同じぐらいの向上しか期待できません。」という文の中の「向上」というのは本来的にどういう意味でしょうか。とにかく日本語訳でもいいから短時間で多くの英単語を覚えるということでしょうか。』
日本語訳でもいいから短時間で多くの英単語を覚えた後、大量の英文に接することによって語感を身につけることです。

最低限の単語の意味を知らずに英文を読んだり聴いたりしても全く意味がありません。
「知らない単語は聞こえない」ということです。
知らない単語については、何度聴いても、まったくわからないままになってしまいます。要するに、ここに機会損失があるのです。
英文を読んでいるときにも、一頁に知らない単語が2個も3個もあるというのではお話しになりません。読むスピードが極端に遅くなり、読んでいるというよりは、解読しているという感じになります。

なお、知らない単語が出てきても前後関係から推測した方がいいと教える人がいますが、そのようなやり方は大変効率が悪いです。知らない単語が多く出てくるようなら、まだその英文を読むレベルに至っていないのです。

なお、artistさんもコメントしていましたが、英英辞典は、所詮国語辞典に過ぎません。同意語を羅列しているだけに過ぎません。
かならずしもある単語を別の単語に置きかえられるものではないので、もとの単語のニュアンスとは大分ニュアンスの異なる言葉で説明されている場合もあります。
難しい単語(特に、名詞)を調べるときにはあまり役に立ちません。

また、文字の大きさの話ですが、辞書に限らず、同じ内容のことを表現するのに、一般的に日本語よりも英語の方が字数を要します(英語と日本語では、アルファベットの数が違う。また、日本語は漢字も使えるので字数が少なくて済む)。

つまり、英語の方が字数を要するため、どうしても文字が小さくなるのです。

TIMEとかNEWSWEEKとか見ても、文字が小さいですよね。もっとも、文字が小さくても構わないという方はどんどん読んでください。
    • good
    • 0

補足です。



「英語を身につけるんだ」という強い動機づけのできている人は、
「アフリカに住む草食性の首の長い哺乳類」というわかりにくい説明で
挫折することもないかもしれませんが、
充分なモチベーションが無いまま英語に取り組んでいる人には、
このような説明は挫折の要因になりかねません。

私は「英和辞典+英語の百科事典」を学習者に薦めますが、
中でも特に、モチベーションの低い方にお薦めします。

高い志のある方が挫折しない程度に英英辞典を使うことは賛成です。
    • good
    • 0

すごいことになっていますね。


はじめて私と同じような意見の持ち主に出くわしたので、
一言言わせてください。

私もtanktanさんと同様世間一般の人から見れば、「アンチ英英辞典」派です。
もちろん英英辞典の長所も知っていますが、英英辞典は所詮「国語辞典」なんですよね。
例えば、英英辞典でgiraffeを引くと、
「アフリカに住む草食性の首の長い哺乳類」などというような説明が書かれています。
しかし、こんな説明ではお話になりません。
辞典はわかってなんぼのものですから、
「キリン」という日本語か、キリンの写真かイラストがあるべきなのです。
というわけで私は「英和辞典+英語の百科事典」こそ学習者向けだと思っています。
私はおすすめの辞典を紹介しないようにしているのですが、
上記の「英和辞典+英語の百科事典」に『コリンズコウビルド』という英英辞典を
組み合わせると最強です。

英英辞典は所詮国語辞典と言いましたが、学習者向けのものはかなりましになっています
(というより学習者むけでないものは使い物になりません。)
が、それでも学習者むけ英和辞典に比べればまだまだもの足りません。

語源や根幹にある意味を紹介している辞典を使うことで、
日本語訳にとらわれる危険性も減ります。
(単語集の使用を否定するような意見ですが。)

あと、和訳にまったく頼らずにいると、英語では表現できるのに、
日本語で表現できないなんてことがあります。

masmasさんへ
より有益な回答を得るための回答者同士の意見交換は、歓迎すべきものではないですか?
    • good
    • 0

いやあ、参りましたね。

私はこのサイトは「あくまでも質問と回答の場であって、論争の場ではない。」と今までもwebmasterに主張してきたのですが、自ら思わず論争にはまってしまうところでした。
私はあくまでもchisaburouさんの質問に役立てばと思い、反論めいたことも書いてきました。それは、tanktanさんも同じだと思います。ただ専門家の立場と一般の英語学習者の立場の見解の相違だと思っています。
でも、tanktanさんの#11の回答を読みお互いの意見が完全にoppositeでないことを確認できました。
私は自分の最初の回答#2で「必ずネイティブが実際に使っている例文と一緒に覚えます。それは、その方が記憶に残りやすいのと、どんな状況でどんな単語を使ったらいいかがわかるからです。」と「状況にあった英語表現を身に付けるためにも、例文を何度も音読して、覚えた方が正確で確実に覚えられるのです。」と書いています。それとtanktanさんの#11の回答の中で書いておられる「英英辞典を利用することによって得られる効果は、大量の英文を読んだり聞いたりすることによって補うことができる。」というご意見は相反することではありません。英英辞典に対する見解の相違はあったとしても、多くの生きた英文に接することは私も重要だと考えています。
ただ「まわりの人々と同じようなことをやっていたのでは、他の人よりも同じぐらいの向上しか期待できません。」という文の中の「向上」というのは本来的にどういう意味でしょうか。とにかく日本語訳でもいいから短時間で多くの英単語を覚えるということでしょうか。それなら私はその意見に賛成できません。何故ならば、一旦日本語で覚えてしまった単語(名詞はともかく、抽象的な意味を持つ動詞や形容詞など)は、英語を聞いたり、話したりするときに日本語訳を介してしまう癖を付けてしまいます。ただ単に英語で書かれた論文などを読むときにはいいでしょうが、英語しかわからないネイティブと直接話したりするときには大きな障害となるでしょう。
実際に私も中学、高校とそういう覚え方で単語を覚えてしまいましたが、結局テストに役立っただけで、英語そのものには全く役立たないどころか、ほとんど忘れてしまった英単語の中でも未だに覚えているのは、その単語と日本語訳だけです。中年になって改めて英語を勉強しようと思い立ったときに「これは、初めからやり直さなくてはだめだな。」と痛感しました。ですから英会話スクールに通い始めた頃は自分の言いたいことや相手の言っていることを一旦日本語に訳してから理解するという癖がなかなか取れなくて、communicationがスムーズにうまくできなかったです。
例えば、私の手元にある電子辞書の和英辞典で「おもう」という単語を検索すると、feel, appear, seem, think, believe, conceive, figure, reckon, hold, doubt, take, suspect, wonder, be supposed to be, intend, expect, be going to do, imagine, guess, suppose, presume, assume, I'm afraid..., hope, want, would like, wish, incline, be love with....とかなりの単語や句が出てきます。もちろん最初はこうやって和英辞典で「おもう」という日本語に対応する英単語を検索する必要がありますが、そのあとはそれぞれを英英辞典で調べていった方が、さらに新しい単語を覚えることができるので充分、語彙力の向上に役立つと思いますし、単語の持つ微妙なニュアンスやどういうときに使えるかということも同時に知ることができます。もちろん、和英辞典でも単語の持つ意味の違いを説明してありますが、あくまでも日本語訳なので限度がありますし、それ以上の未知の単語を知ることはできません。逆に英英辞典で調べ続けていくことによって、極端に言えば無限に英単語を覚えていくことができます。
また「英英辞典だけを読んでいたのでは、適切な訳が考えつかないことがあります。」「通訳や翻訳をする際、最適な訳語が常に頭に浮かんでこないと不便である。」と書いておられますが、英語学習者のほとんどが最終的に目指すところは、通訳や翻訳家になることではなく、英語を英語のまま理解して国際的なcommunicationができるようになることです。むしろ日本語訳をするということは翻訳家を目指すのなら別ですが、それはもっと高等技術のいることです。そういう人ならなおさらのこと、英語を英語のまま理解できた上で更に高等な翻訳テクニックを身に付ける必要があると思います。なぜなら、日本語と英語は文法も違えば表現の仕方も違うし、その基盤となっている文化そのものが違うから、ということは言うまでもなく御存知だと思います。そういった元々違う文化から生まれた言葉を日本語に訳させている日本の英語教育は、街で外国人に話しかけられても理解しようとする前に逃げてしまう日本人をますます増やすだけです。
この間、私が通っている大学での社会人対象の英語の講座が終わったあと、見知らぬ外国人が私の前を歩いていたので、もしや今秋から受けることになっている英会話講座の英語の先生ではないかと思い、「Excuse me.」と声をかけてみました。私が見知らぬ外国人に声をかけたのはそのときが生まれて初めてでしたが、そのあとはすらすらっとその人と会話することができました。そのとき私の頭の中には日本語は全くありませんでした。
それに私の持っている英和辞典、和英辞典、英英辞典とも文字の大きさはほとんど変わりません。英英辞典は見慣れてないので、読みにくく感じるだけではありませんか。慣れの問題だと思います。
長々と失礼しました。
    • good
    • 0

またまた補足します。

masmasさんはとっても英語に対して非常に思い入れがある方だということが伝わってきます。非常に嬉しい限りです。

masmasさんの言われていることは、一般の人々に受け入れられている正論(正攻法)だと思います。masmasさんには英英辞典よりも英和辞典を利用することは邪道に思えるかもしれません(たいていの教育者は、英英辞典の利用を勧めますので)。

しかしながら、まわりの人々と同じようなことをやっていたのでは、他の人よりも同じぐらいの向上しか期待できません。いかに少ない時間で大きな効果をあげるかという点が大事なのです。私も英語を学習中は、一日中、英語のことを考えていました。もちろん、相当な時間をかけなければ英語は身につきませんが、人より英語が早く上達するには、「どのようにしたら英語が短期間で上達するか?」ということに重点をおいた方法論も必要なのです。

例えば、単語を覚えるときには、他の人が英英辞典を進める中、私は、英和辞典を最大限活用しました(辞書を引く時間自体がもったいないため、市販の単語集に全て目を通しました)。辞書を丸ごと覚えることも効果的です(1万語レベルの辞書→2万語レベルの辞書→3万語レベルの辞書・・・と段階をふんで無理なく覚える)。
なお、英和辞典を推奨する理由は以下の通りです。

理由1
日本人であり、日本語に対する理解力が優れている
従って、単語を覚えるときは、日本語の方が頭に残るし、印象も強い
英英辞典を効率的に活用するには、nativeと同レベルの理解力が必要となる(使うだけならば簡単だが日本語の方が理解は早い)


理由2
英和辞典の訳は素晴らしいものがある。
意外に思うかもしれません。
英語と日本語は1対1に対応するものではありません。
しかしながら、英英辞典だけを読んでいたのでは、適切な訳が考えつかないことがあります。

私は、英和辞典を作った人に、よくぞ、こんな適切な訳を考えたものだと敬意を示したいことがあります。

理由3
通訳や翻訳をする際、最適な訳語が常に頭に浮かんでこないと不便である。

理由4
英英辞典を利用しても、かならずしもある単語を別の単語に置きかえられるものではない。それならば、英英でも英和でも使い勝手は変わらない。

理由5
英英辞典を利用することによって得られる効果は、大量の英文を読んだり聞いたりすることによって補うことができる。

理由6

英英辞典はフォントが小さいものが多く、目が疲れるし、やる気が無くなってくる。



もっとも、英語に対する情熱を持ちつづけることが一番大事なんですけどね。

もちろん、さらなるご意見をお待ちしています。
    • good
    • 0

またまた専門家の方に失礼かとは思いますが、一言言わせていただきます。


「単語を覚えるときに英英辞典を用いるのは勧められません。例えば、コケとかシダとかいう単語を英文でいくら沢山説明されてもなかなか理解できません。」というのは、例外であって一般的な重要な動詞や形容詞、前置詞などのニュアンスの違いを本当に知るには、英英辞典が絶対に必要です。コケとかシダなどは植物の固有名詞ですから、日本語の単語にそのまま対応する英単語があるはずです。その場合は和英辞典や英和辞典で充分です。私はそれらを使ってはいけないとは言っていません。ほとんどの重要な単語は英英辞典で調べて、意味のわからない単語が出てきたら、また調べるということを繰り返すことによって、語彙数の増加と、英単語の本来の意味と、「用例」によって使われる状況などを知ることができます。もちろんこういった作業には根気がいりますが、英語上達に王道はありません。単に英和辞典や和英辞典にのみ頼ることは、英語を理解するというより、日本語訳を理解したに過ぎません。特に抽象的なことを表す単語は英英辞典で調べた方が正確で安全です。もちろん英英辞典で調べていっても、意味のわからない単語に行き当たることもあると思います。そのときになって、初めて英和辞典を使えばいいのです。
今、英英辞典を買う人が以前よりも多くなってきているのは、英和辞典だけでは限界があり、日本での入試テストなどを突破するには充分であっても、実際にネイティブに通じる英語を使えるようになるためにはまた改めて勉強し直さなければならないことにむなしさを感じる人が多くなってきているためだと思います。
私は普通の英英辞典(Collins English Dictionary と Oxford Advanced Learner's Dictionary)と英英辞典付きの電子辞書を活用していますが、自分の言いたいことをどうやって表現すれば、自然な英語になるのかを調べるのには便利この上ないです。もちろん必要に応じて英和辞典や和英辞典も使っています。特に外国のメル友と英語で毎日メールをやり取りしたり、ときどき国際電話で話したりしているので、必要不可欠なものになっています。
    • good
    • 0

さらに補足いたします。



単語というのは1日で完全に覚えるということは不可能なのです。何度も何度も繰り返して見たり聞いたりしていくうちに覚えていくものなのです。

人間の頭脳というものは、残念ながら、一度で完全に覚えられるようにはできていないのです。そのような理由で、初めの段階では、ある単語の最低限の意味を覚えることができれば上出来なのです。

現在の学校教育では、教科書に出てきた単語しか勉強しないので、中学高校で6年間かけたとしても限られた単語しか覚えられないのです。
このような方法では、5万語など、到底おぼつかないでしょう。

未知の単語を初めから文脈を通して覚えた方がよいという方もいますが、もともと一つの文脈だけで覚えようとしても不完全なのです。

数十、数百回、いろいろな文章の中で同一の単語にであったとき、自然に見についていくものなのです。

そのような理由で、最初の段階では、最低限の辞書や単語集に載っている単語の一番大切なの意味を覚えることを勧めます。

その後の段階で、速聴、速読を行うことを勧めます。膨大な英語に接することができれば自然と語感も身についていきます。もともと本というものは1日に一冊ぐらいよまなければ意味がないのです。中学と高校で6年間かけて6冊の教科書に出てきた5000程度の単語を文脈を通して覚えるよりも、単語を覚える作業と読書する作業を分担して行うことによって、20000程度の単語を覚えた上、500冊程度の本を読むことのほうが効率的なのです。勿論、20000語ぐらい覚えたとしても、自由に使える単語は、3000~4000語程度になります。大学卒業時に50000語を覚えていれば、5000語ぐらいは使えるでしょう。
中学と高校の6年間で教科書の文脈を通して単語を覚えた場合、5000語全部覚えられたとしても、その中で自由に使える単語は2000語程度でしょう。

また、単語を覚えるときに英英辞典を用いるのは勧められません。
例えば、
コケとかシダとかいう単語を英文でいくら沢山説明されてもなかなか理解できません。日本語ならば簡単に理解できます。
    • good
    • 0

専門家のtanktanさんには失礼かもしれませんが、あえて言わせてもらいます。

「よく、単語を覚えるのに文脈で覚えた方がいいという方がいるのですが、方法論としては間違っています。」というのは極論だと思います。確かにこの方法では一日に覚えられる単語数は少ないかもしれませんが、そんなに多くの単語を短時間で頭に詰め込むより、ひとつのセンテンスをじっくりと噛み締めることによって、同じ「単語を覚える」ということでも、その重みが違ってきます。単語の数なんて一日にたった10個でも確実に覚えられ、応用できるのなら、その方が数をこなすよりもずっと効率的です。それにこの方法を続けていくと自然に英語に対する距離感が縮まって行きますので、一日に覚えられる単語数も日増しに多くなってきます。つまり、単に単語を覚えるのではなく、自分が英語そのものに慣れていくからです。英文を介さずに単語だけで覚えても、例えば、ひとつの単語でいくつもの意味(というか日本語訳)を持つものなどは、どういう場面でどういう意味になるのかわからずじまいになってしまいます。
「単語を覚えることと語感を高める(単語の実際の使われ方を覚える)ことは別の次元の問題」とは思いません。結果的に英文という同じ次元に至るものです。例えば日本語の「やる」という言葉をアメリカ人が単にそれだけの英語訳だけを知っていたとしたら、実際に日本語を使うときに大きな間違いを起こしてしまう可能性があります。それを英単語に置き換えて考えてみて下さい。
tanktanさんもおっしゃっておられるように、結局「膨大な量のリーディングとリスニングを重ねる」のなら結果的にはどちらも時間がかかることにおいては一緒だと思います。単語だけ覚えられれば、英語の文の意味がわからなくてもいいというのなら別ですが、最終目的は、英語を英語の感覚で理解することなのですから、ひとつひとつのセンテンスをじっくり聞いたり読んだりすることで英語の語感をつかみ、わからない単語は英英辞典で調べればいいのです。そうすれば、自ずと語彙数も増えていきます。予め単語だけを覚えておくのではなく、英文の中に初めて出てきた知らない単語の意味を英文の意味を理解するために初めて調べる方が頭に残ります。
つまり私が言いたいのは単語を覚える前に英語の言い回しや語感というものをリスニングやリーディング、更にスピーキングでつかんでおいた方が結果的に単語の持つ本来の意味(日本語訳ではなく)が確実に効率的に頭に刻み込まれると言うことなのです。
実際に使われている英語の感覚を掴む前に、単語ばかりを詰め込むことが今までの日本の英語教育にプラスになってきたでしょうか。ほとんどの人が学校を卒業するとせっかく覚えた単語や文法をすっかり忘れてしまっているのが現状ではないのですか。
    • good
    • 0

補足します。



よく、単語を覚えるのに文脈で覚えた方がいいという方がいるのですが、方法論としては間違っています。確かに、文脈で単語を覚えると、実際の単語の使われ方が覚えられるという利点があるのですが、人間の頭というのは、1日に何百もの文を覚えられるようにはできていません。この方法では、1日に覚えられる単語量というのはせいぜい数十程度に限られてしまいます。


単語を覚えることと語感を高める(単語の実際の使われ方を覚える)ことは別の次元の問題です。

単語を文脈で覚えていくことも大切なのですが、そのようなやり方では、一万語覚えるのに何年もかかってしまいます。赤ん坊が単語を覚えるのと大人が単語を覚えるのとは根本的に異なります。

とりあえず、辞書や用語集に載っている最低限の意味を頭で覚えてから、実際の文脈で単語の使われ方を確認していくという方法が早く単語を身につけるコツなのです。少なくとも、辞書に載っているような最低限の訳語は覚えておかなければなりません。効率の点から考えると、単語集を眺めることによって、最低限の単語の意味を覚えた後、本を読んだり、映画を聞いたりして実際の単語の使われ方を身につけていけばよいのです。

もちろん、辞書に載っている単語の意味を覚えただけで終わりではありません。その後に、膨大な量のリーディングとリスニングを重ねることによって、意識せずとも、語感が身についてくるのです。

英語を読んだり聞いたりする際、知らない単語が続出するようでは話しになりません。最低限の単語の意味を前もって身につけておいた上、未知の単語がない状態で読んだり聞いたりすることによって飛躍的な学習効果が得られるのです。
    • good
    • 0

ただ、眺めたりするだけでなく、


色々と五感に刺激を加えることが大切だと思います。

単語を書きながら、声に出して読む。
そして、頭の中では、その動作などをイメージする。

例えば、
discuss だったら、ディスカス と発音しつつ、
discuss と紙に書き、議論しているところをイメージします。

あと、他の方もかかれていますが、
単語は「使われ方」が問題なので、
文章を読んだときに知らない単語があったら、
その場面で使われ方とともに覚えていくというのが、
よいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語の単語辞書の本で英単語の読みが書いてある本はあるけどパソコンの辞書での英単語の読みが書いてあるサイトはありますか?

英語の単語辞書の本で英単語の読みが書いてある本はあるけどパソコンの辞書での英単語の読みが書いてあるサイトはありますか?

Aベストアンサー

パソコンのオンライン辞書の場合、読み方をカタカナで書いてあるものを探すよりも、ネイティヴの発音をそのまま聞ける方が便利だと思います。

http://www.merriam-webster.com/

こちらは英英オンライン辞書ですが、検索した後、スピーカーのアイコンをクリックすると発音を聞くことができます。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q短期間で英単語・英熟語を覚えなければならないのですが

現在、中3の受験生なのですが、新しく家庭教師をとりました。家庭教師には、自分が高校をTOPを目指すと言ったので、厳しくいくといわれました。(怒鳴ったり的な厳しさではありません)
英語は、週に1回の1時間半授業なんですが、土曜日に出された宿題が、「まずは英単語と英熟語を覚えろ」でした。内容は、「25日土曜日の夜にある授業までに、英単語を60個、英熟語を70個覚えろ」という内容です。もちろん、適当に130個覚えろというわけではなく、それぞれにちゃんと覚える単語熟語が決まっています。確認テストもするそうなので、最低でも50点ずつ(50個ずつ正解。あわせて100個正解)はとりたいと思っております。
(熟語は、be interested in ~ や be over~ など、さまざまです)
しかし、自分は理系なので、そういった系の暗記は苦手です。どうすれば、速く正確に、これだけの単語及び熟語を覚えられるでしょうか?こんな状態が毎週続くそうなので、全く自身がもてません。
英単語、英熟語を暗記しやすい方法をお願いいたします。

Aベストアンサー

私が勧めるのは
(1)声を出しながら英語を書きなぐること
(2)音読をしてゆき、わかるものをはじいてゆき、わからないものを徹底的に「声を出しながら書きなぐってゆく」こと

短期間で覚えるにしろ何にしろ、口を動かしながら手を動かす。手を動かしながら口を動かす。口で、指で、耳で、目で・・・あらゆる感覚を使ってとにかくがむしゃらにやることが必要でしょう。130個ということであれば、それは一気にやることが必要です。何度も何度も繰り返す以外に方法はないでしょう。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q英単語を覚えたいのですが、自分が分らずに調べた単語をそのままリストとし

英単語を覚えたいのですが、自分が分らずに調べた単語をそのままリストとして保存できるインターネットサービスが無いか探しています。
「gooのマイ単語リスト」や「単語力」は、単語テストをして出来なかったものをリスト化できますが、探しているのは自分で調べたモノをリスト化したいという事です。
辞書機能と単語リスト作成機能が一緒になったようなものを探しています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

インターネットサービスではありませんが、無料のダウンロード辞書でMy単語帳が作れるものがあります。自動保存ではなくそのつど単語帳に登録の必要がありますがワンクリックするだけです。

単語一覧だけではなくカード型での表示も可能です。択一方式の単語テストまで付いているので学習にも使えてなかなか便利ですよ。

参考URL:http://www.kingsoft.jp/dictionary/

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q英単語の覚え方について教えてください。単語帳はキクタンを使います。今は

英単語の覚え方について教えてください。単語帳はキクタンを使います。今はだらだらとノートに書いて練習しているのですが、効率が悪い気がするのですがもっと頭に残りやすくて続けやすい練習法はないですか?
高2です。

Aベストアンサー

えーと僕も英語学習中ですが、受験英語とは違いますが、いろんな単語勉強中です。
一番覚え易いのがパソコンのメモ帳を使って、そこに関連画像を選んで貼ってその隣にスペルを入力して
保存しています。その後何度もそれを開く。一度にたくさんの画像が見れますので覚えるのは簡単かと。
日本語は入れないほうがいいです。
しかし覚えていてもすぐには頭からでてきませんので、やはり繰り返しが重要です。
やはり状況をその言葉とともに何度も浮かべないと頭に入ってきません、大事なのはイメージ力です。
ですので、視覚量の多いこの方法だとまとめるまではちょっと時間かかりますが、まとめてしまえば
100でも200でもすぐ見ることができます。

あと何を覚えたいかですよね。高校生でしたら、受験等もありますから、上記の方法で暗記力を強化
されればよろしいかと、

ただ、実際に海外で英語を使って会話をしたいなどですと変わってきます。日本人の発音では通用しませんし間違った発音を覚えると聞き取りに関しても何を言っているかわかりません。
そうなると、音も絡んできますので、発音のCD等を使って音と画像をLinkさせて発音と一緒に覚えてしまって、その後スペリングにはいったほうがよろしいかと、僕はこの方法で発音して意味を浮かべて日本語化
してます。

どちらにしても、画像と単語の関連ずけは有効かと思います。

実際質問者様には時間がたくさんあります。(これは、私もですが、私は質問者さまよりかなり年上です。
おそらく質問者様も質問者さまの世代でたくさん悩みもありやりたいこともあり時間がないと思われるかもしれません。実際私もそうでしたから)大人は何年も英語を勉強してるのに実際使える人が少ないです。

ですから単語の発音とスペリング同時に覚えたほうが実用的です。最初はすこし面白くありませんが慣れてくれば英語のアニメとか映画
も字幕なしで普通に見れますよ。そしたら面白くなってきますよ私が再度英語を勉強しだした当初そうでしたから。

がんばって下さいね。

えーと僕も英語学習中ですが、受験英語とは違いますが、いろんな単語勉強中です。
一番覚え易いのがパソコンのメモ帳を使って、そこに関連画像を選んで貼ってその隣にスペルを入力して
保存しています。その後何度もそれを開く。一度にたくさんの画像が見れますので覚えるのは簡単かと。
日本語は入れないほうがいいです。
しかし覚えていてもすぐには頭からでてきませんので、やはり繰り返しが重要です。
やはり状況をその言葉とともに何度も浮かべないと頭に入ってきません、大事なのはイメージ力です。
ですの...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q英単語の意味は全部覚えますか? 例えばrunとかたくさん意味がある単語とか でもやはり翻訳家とかを目

英単語の意味は全部覚えますか?
例えばrunとかたくさん意味がある単語とか
でもやはり翻訳家とかを目指すには全部覚えないといけないですよね?

Aベストアンサー

翻訳家ですが全部覚えていませんし、覚えようと思ったこともありません。
読むべきものが読めれば暗記は不要ですよね?
日本語の小説や新聞を読むのに広辞苑を丸暗記しますか?

逆に、英語でも日本語でもいいのですが、
好きな絵本や好きな雑誌を読んでいて、
意味のわからない単語に出くわすことがありますよね。
そうすると、辞書を引きますよね。
そして意味を覚えますよね。
でも、お勉強じゃないのだから忘れますよね。
するとまた意味のわからない単語に出くわしますよね。
それで辞書を引きますよね。
すると前に調べた意味だったりしますよね。

すると、さすがに問題だと感じて、その意味を頭に叩き込みますよね。
その回数が増えれば、その意味は脳内に浸み込みますよね。
そもそも、読書に伴って覚えた単語ですから、
情景もろとも覚えますよね。
例えば、「そういえば、あの時も主人公のお姫様がrunしたんだった」みたいに。
そうすると、runはあなたにとって、当たり前の単語になっていきますよね。

ところが、そうやっていろいろな状況のrunに出くわした挙句に、
runのものすごーーく珍しい使い方に出くわしたとしますよね。
すると、さすがに珍しすぎて興味を持ちますよね。
すると、その珍しい使い方もなんとなく覚えますよね。
そして頭の片隅に蓄積されますよね。

単語って、そうやって覚えるものだと思うんです。
そうすれば、読書量なり、会話量なり、映像や歌の鑑賞量なりも増えて、
翻訳作業に本当に必要なもの、すなわち「読解力」が養われると思うんです。

ただね、あなたがまだ中高生で、それほど英語力がないのだとしたら、
受験や試験がありますので、短期間で多くの単語の意味を覚えないといけません。
その場合は、読書や鑑賞よりも辞書の丸暗記の方が手っ取り早いかもしれません。

でもね、全部の意味を覚える必要はありませんよ。
教科書に出てくる意味だけを暗記するだけでも、かなりの実力が付くはずです。
教科書ってすごいんですよ。
そして、できれば、教科書の長文を繰り返し音読してください。
そうすると英語のリズム感や読解力も自然と身につくので、
将来、翻訳をやる際に、とても役に立つはずですよ。

翻訳家ですが全部覚えていませんし、覚えようと思ったこともありません。
読むべきものが読めれば暗記は不要ですよね?
日本語の小説や新聞を読むのに広辞苑を丸暗記しますか?

逆に、英語でも日本語でもいいのですが、
好きな絵本や好きな雑誌を読んでいて、
意味のわからない単語に出くわすことがありますよね。
そうすると、辞書を引きますよね。
そして意味を覚えますよね。
でも、お勉強じゃないのだから忘れますよね。
するとまた意味のわからない単語に出くわしますよね。
それで辞書を引きますよね。
す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報