皆様の今までの心に残る言葉、気に入った言葉などが
ございましたら、教えてください。
因みに、私の場合は、以下の二つです。
外界のことは自由にならない。地震も天災も、自分では
どうにもならない。初めから自由にならないことに対して、
それが自由にならないと言って腹を立てて、心の平静を
失うのは愚かである。自分の自由になるもの、それは
自分の心である。その心をコントロールすることこそ、
平安と幸福の道である。(なかなか難しいですが・・・)

『できる人間』=才能+人格(能力による査定)
『できた人間』=才能×人格(力量による査定)

以前、同様の質問がありましたが、あえて質問させてさせて
いただきました。よろしくお願いいたします。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=55971

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 偉人」に関するQ&A: ”11月21日生まれの歴史上の偉人といえば?”を英語でいうとどうなりますか?

A 回答 (12件中1~10件)

まずは私の座右の銘から。



「静かに燃えろ」
これは偉人の名言でもなんでもなくて、スポーツにおけるトレーニング関連の本に記載されていた言葉です。
#しかし今となっては何処に記載されているのは不明。(^^;
意味としては何か行う時、周りの状況を的確に観察できるように、頭は常に冷静にしておき、その上で全力を尽くすということです。
#これが意外と難しい。

さて、私のお気に入りの名言ですが、ここからは私の余計な注釈抜きで紹介していきます。

「何より肝心なのは、自分はつまらない人間である、と自分で思ってしまわないことである。決してこのように考えてはならない。この世では自分で自分を評価するように人からも見られる、というのが私の信条である。」
(アントニー・トロロプ イギリス・小説家)

「あの女性は人を信じることを知っていました・・・これはめったにない資質であり、平均以上の優れた人柄のしるしであります。」
(ジャン・フランソワ・ド・レス フランス・政治家、著述家)

「ごくつまらないことで、また油断しているときに、人はその本質を最もよく露呈する。」
(アルトゥール・ショーペンハウアー ドイツ・哲学者)

「自分に満足しない人間は成長する。自分は間違っていないと断言できない者は多くのことを学ぶ」
(パレスティナの格言)

「人間は心の持ち方を帰る事で人生の外観を変えることができる。」
(ウィリアム・ジェイムズ アメリカ・心理学者、哲学者)

「人は考えの種を蒔き、行動を収穫する。
 行動の種を蒔き、習慣を収穫する。
 習慣の種を蒔き、性格を収穫する。
 性格の種を蒔き、運命を収穫する。」
(筆者不明)

「あなたの行為が雄弁に何かを告げている。その声があまりにも大きいので、あなたが何を言っても私の耳には届かない。」
(ラルフ・ウォルドー・エマソン アメリカ・随筆家、詩人)

「人は幸福のときに偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である。」
(フリードリッヒ・シラー ドイツ・詩人)

この辺で終わりにしておきます。。。

この回答への補足

長々と締め切らずにいて、申し訳ございません。
最後に回答していただいた方から、1週間以上経過しましたが、
もう回答はなさそうですので、締め切らせていただきます。
本の紹介をしていただいた方、たくさんの言葉を紹介して
いただいた方、様々ですが、皆様それぞれにお持ちの貴重な
言葉に触れて、すばらしい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。皆様それぞれにポイントをつけたい
ところですが、そのような訳にもいかず、大変おこがましい
ですが、私が「そんなのムリだよ。だけど、目標としたい」
ような言葉の順に、ポイントを付けたいと思います。
ご了承願います。

補足日時:2001/07/31 15:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nonkunさん、お礼が遅くなりまして、誠に申し訳ございません。
また、ご回答いただきまして、ありがとうございます。

「静かに燃えろ」
わかりますけど、できません。私は、カッとしたときなど、すぐ顔に出てしまうので
こんな人になりたいですね。

「ごくつまらないことで、また油断しているときに、人はその本質を最もよく露呈する。」
この文に『パニックの時』という言葉も追加します。
=それは、私です。

「人間は心の持ち方を変える事で人生の外観を変えることができる。」
この言葉は、私が最初に挙げた言葉を端的に表現していて好きです。

nonkunさんの言葉を見ていると、随分向上心が強いんですね。
現状維持に甘んずることなく(現状維持も本当に維持するためには
わずかでも向上していなければ、できないと思いますが)常に上を目指して
頑張っていらっしゃることと思います。すごいですね。

たくさんのお気に入りのお言葉を教えていただき、本当に
ありがとうござました。

お礼日時:2001/07/23 14:40

  


  こんばんは! gunmanさん!

   遅れてしまいました!
   この質問のことは7月6日(金)の時から知ってたんです!
   チョット回答に時間が掛かりそうなのと、gunmanさんも
   「 気長にお待ち願います。 」と書かれてましたのでつい遅れて
   しまったんです! (^.^)
   私は気になる質問は[ お気に入り ]に専用のフォルダーを作って
   ますので忘れることはないんですが ・・・・・・ 間に合ってよかった!
   前置きが長くてすいません!

   私も名言、格言、座右の銘、などの心に残る言葉は好きです!
   でも、その場でメモする癖がないもんですから一言一句。間違いなく
   覚えているのは少ないのですが、何とか記憶を辿り書かせてもらいます!


   【 人生の舞台は常に将来に在り 】

    On life′s stage, always be prepared for the future.

   この言葉は母が購読してます[ 月刊 茶の間 ]と言うお茶と暮らし
   &通販の情報カタログの[ 7月 緑陰号 ]に掲載されてました!
   この7月号では山口県知事の二井関成知事が座右の銘とされています!

   この言葉は元が英語なんですが、日本語の言葉の方は

   『 憲政の神様 』 尾崎行雄 の言葉です!

   人生の舞台において、失敗したからといって後ろ向きにモノを考え、悲観
   するのではなく、何事があってもそれは将来に向けて必ず役に立つ日が
   来るので、人生は前向きに生きていこう! という教えです!

   私も人生を振り返った時。
   10代の頃は後悔し、自棄を起こして虚脱感に襲われたことがあります!
   過去に囚われ、未来を悲観し、現実逃避をしている時期が短期間でしたが
   ありました!
   他にも努力を怠り、楽することを覚えて無駄な時間を送った事も。
   辛いことや苦しいことを避け、そこから得られる心の充実感、達成感など
   を知らぬまま大事な時期を逃してしまったり。
   今、思うのはあの時のことが以外に役に立ったり、もっと一生懸命頑張って
   いたら今頃は! と思う事もよくあります! 若い人にこの経験を言っても
   「 説教なんか聞きたくない! 」と言われるのが落ちですね!
   若い頃の自分がそうだったように! まさに因果応報です!

   ホント! 人生何があるかわかりません!
   過去に囚われ、未来を悲観し、現実逃避をして自分の世界にこもって
   いたら、せっかくのチャンスが巡って来た時に心と体が健全でないと
   不断の努力を怠っていると、数少ない好機が逃げてしまいますよね!
   今、現在よりも早いスタートの時期はないんですからね!


   【 内に篭(こも)って得た知識は応用範囲が狭い 】

   この言葉は滋賀県出身で第一次南極観測隊の副隊長・西堀栄三郎さんの言葉です!
   NHK『 プロジェクトX 』で特集されましたのご存知かも
   知れませんが、もし詳しく知りたい時には下記にあります本が良いかと

   ◆ 石橋を叩けば渡れない   生産性出版

   この言葉の意味を番組でナレーションをされてます田口トモロヲさんが
   説明をされてました! 行動を起こす前から諦め、知識で言い訳をする
   若手の研究者に向かい西堀さんが上記の言葉を発します! その後、外
   に向かい、柔軟な発想と、身体を使って現場で行動する西堀さんの姿に
   他の研究者も机上の空論ではなく、知識だけの先入観に囚われない身体
   を使って現場での行動をします! 行動し、体験から得られた研究は後に
   世界を驚かす成果をもたらします!
   机の上で書物や文献などで知識を蓄え、人や前例からの受け売りの先入観
   で判断し、理屈で議論し行動する人間への教えだと思います! ただ西堀
   さんは人への干渉はしない人なので教えではないかもしれません!

   確かに知識があることは良い事だと思います!
   しかし
   人づきあいができず社会での自己形成ができない!
   事件・事故などのトラブルに襲われた時に行動し対処できない!
   失敗、挫折、逆境に弱く精神的に脆い!

   私も偉そうな事はいえませんが、若い時の経験を教訓とし、行動
   した事が今の私を形成しているんだと思います!
   外に向かい、柔軟な発想と、身体を使って現場で行動する!
   そして ・・・・・
   人との出会いを大切にする事が大事だと思います!


   【 人は一代、名は末代 】

    加賀百万石を築いた前田利家の言葉です!
    人の命は短いですが、功績は未来永劫に人々に語り継がれていきます!


   【 考えるから臆病になる 】

    シェークスピアの言葉です!
    『 案ずるより生むが易し 』と同じ意味だと思います!


   【 親を想う心に優る親心 】

     親の愛情は、子供が想う愛情よりも深い! うん!
     いつまでもあると思うな親と金、孝行したい時に親はなしですね!

  
   gunmanさん!

   長々と偉そうに書いてすみません!
   説教みたいな文章になってしまいましたが誰かを批判する為に
   書いたのではありませんので。 最後の3つは簡略さしてもらいました!
   クドイですからね! 私は熱中するとつい長くなってしまうんです!
   反省してます! 誤字脱字がありましたらご勘弁を! m(^.^)m

   gunmanさん! 
   これからも多くの素晴らしい言葉と出会って下さい!
   そして、行動し充実した日々を送りください!

           では!   (*^▽^*)♪ (*^▽^*)♪ (*^▽^*)♪
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

harpersferry-usaさん、ご回答ありがとうございます。
また、お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
(腰を落ち着けてお礼をしようと思ったら、こんな時間になって
しまいました;言い訳)
最後の回答から1週間くらい経ったので、もう締め切ろうと思って
いた時の回答でしたので、うれしいです。
(もう、この質問も旬じゃなくなったのかな?と思いましたので)

『人生の舞台は常に将来に在り』
これも、前向きな言葉ですね。どうしても、過去のスポットライトに
しがみついている私には、耳の痛い言葉です。

『内に篭(こも)って得た知識は応用範囲が狭い』
学者を否定するわけではないですが、確かに奥が深いかも
しれませんが、狭いかもしれませんね。私もこのサイトに来て、
自分の知識自体も狭いと感じています

『石橋を叩けば渡れない』
これは、本の題名ですが、気に入りました。
こういった諺を崩した言葉って、結構奥が深い場合がありますよね。
>行動を起こす前から諦め、知識で言い訳をする
私のことかも?面倒から、つい、やる前から「無理」と言ってしまいます。

『人は一代、名は末代』
短いけど、重い言葉ですね。記録に残らなくとも記憶に残る
ような人になりたいですが・・・

『考えるから臆病になる』
前出の『石橋を叩けば渡れない』と同じ意味合いでしょうか?

『親を想う心に優る親心』
ただ、一言、上手い!!確かに親を見ると、子供に対する心は
感服します。私も一人の娘の親ですが、自分の親のようになれるか
不安です。しかし、子供を育てるうちに子供に『親心』というものを
育ててもらうのでしょうね。

井の中の蛙だとは思っていましたが、このサイトは大海を
教えてくれる素敵なサイトです。たくさんの言葉や、本を
紹介して頂いて、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 20:35

私の座右の銘は「明日は明日の風が吹く」です(苦笑)



あまり思い悩んでいても、明日になれば状況は変わってくるし、打開策のヒントだって見つかるかも知れない。
慌てず、自然の流れを見方につけよう。
そんな風に解釈しています(本当の意味は知りませんけど/笑)

それから、下の方でも紹介されていた島本和彦氏の格言、
響きますよ。
『炎の転校生』という作品に出ていた
「心に棚を作れ!」は衝撃でした。
普段の行いが悪い人物が、他人の間違いを指摘しようとして悩んだ末に導き出した格言です。
正義を行うには、時に自分のことを棚に上げなければ
ならないというありがたい言葉です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Rowさん、ご回答ありがとうございます。
また、お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
>「明日は明日の風が吹く」
これは、que sera sera(ケセラセラ)より前向きな印象ですね。
今風(と言ってもちょっと古いですが)に言うと、『明日があるさ』と
いった感じでしょうか?

>「心に棚を作れ!」
この言葉もわかりやすい言葉ですが、難しいですね。
私なんか、いらちな小心者ですので、なかなか自分を棚に上げるのは
できないですね。質問文を見ていただければわかると思いますが、
つい( )で言い訳を言っちゃうんですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 16:25

こんにちは。


私は窓口職場なのですが、こんな言葉が日夜身にしみる今日この頃です。

好きな人には、親切に。
嫌いな人には、ていねいに。

相手がいい感じの人だったら好感をもって親切にできます。けれど、苦情係でもあるような職場の場合、こちらもおこってしまうのではなく、ていねいにすることを心掛け、そうできた自分をこっそりほめています(笑)
簡単な言葉ですが、対人になくてはならない心がけと感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hamakiさん、こんにちは・・・ってこんなに遅くに、こんな質問に付き合っていただき
ありがとうございました。また、お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
ん~~、このお答えも、わかりやすい言葉ですが、難しい内容ですね。
私は、他人から『わかりやすい性格』と言われるほど、すぐ感情が顔に出てしまい、
すぐ嫌いな(苦手な)人がわかってしまいます。
メールでさえ、このお言葉のようにすると、慇懃無礼になってしまい、
言葉使いは丁寧なんですけど、冷たくなってしまって・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 16:10

2番目に解答したkttiiです。

(ちなみに自分の名前と会社
略称を組みあわせたものなのでキティじゃないです*)

初めの芥川の言葉、家かえって確かめてみたら随分違ってました。
「人生は一箱のマッチ箱に似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である」From "侏儒の言葉”
ちょっとニュアンスかわりますよね。

あとお勧めの本が御存知かもしれませんがビアスの「悪魔の辞典」
「HAPPINESS,(n)〈幸福〉
 他人の不幸をみているうちに沸き起こる快い気分」
昔男のコの友達に”これ面白い!!”と鼻息も荒く勧めたらやーな顔されましたが・・・(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kttiiさん、2度目のご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
また、わざわざ調べていただいて、恐縮です。
やはり、芥川龍之介のお言葉、難解です。『人生』と言うところを
『妻』と置き換えても成り立つような気がします。

「悪魔の辞典」調べてみました。一部内容が転載されたHPがあったので
読んでみましたが、ニヤリと思わせる内容ですね。
「安心 (comfort)」:隣人が不安を覚えているさまを眺めることから生ずる心の状態。
これなんかも、HAPINESSに通ずるところがあるように感じます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 16:00

故事の「人間万事塞翁が馬」って言葉が好きですね。



『昔、中国に馬を飼ってるお爺さんがいました。ある日、その馬が逃げてしまい、村人は気の毒がってなぐさめましたが、おじいさんは「これはきっといい事が起きる前兆だよ」と言って、平気な顔。
ところが、しばらく経つとその馬は、立派な馬を引き連れて帰ってきました。村人はお祝の言葉をかけましたが、おじいさんは「これはなにか悪いことが起きる前兆に違いない」と言って不安顔。
はたして、お爺さんの息子が立派な馬に乗って落馬し、脚が不自由になってしまいました。またまた村人はお爺さんを慰めにやってきましたが、おじいさんは「これからいい事が起きるんだよ」と平気な顔。
しばらく経つと、騎馬民族が攻め込んできて戦争になり、村の若者は大勢死にましたが、お爺さんの息子は脚が不自由だったために徴兵されず、死なずに済みました。』

悪いことが起きても、そんなに悲観することは無いし、いい事が起きても、浮かれててちゃダメだよって事ですよね。違うかな・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nobor3さん、ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
私が紹介したURLのgomuahiruさんが回答された
「人生は振り子」
と同じ感じですよね。
私も、この「人間万事~」は好きですね。過去があるから現在(いま)があるわけだし。
後悔や辛くて現実逃避しそうな時、私もこの言葉を思い出し、自分を戒めています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 13:30

私の場合は、以下の本をお勧めいたします。



「2時間で元気が出る本」赤根祥道著(PHP文庫)

同書によると幸福、仕事、人間関係、恋愛等を10章に分けて、偉大な先人達の言葉が載っています。

その中でも、私が気に入っている言葉は幸福の中より

「もち物を増やすよりも、欲望を減らす方が幸福になる」
           ローマ哲学者・セネカより

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jojo21さん、ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
私の場合、悩んで買った物の中にも、買って満足してしまい、そのままという物も
多々あります。確かに、そんな欲望が無ければ、買って後悔することは少なくなるとは
思いますが・・・(わかっているのに、やめられない)

私の場合だったら、
「もち物を増やすよりも、欲望を減らす方が小銭が増える」
です。余計な横槍すみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 13:18

gunmanさん、こんばんは~。


今時間がないので簡単に答えさせていただきますね。

「我事において後悔せず」
宮本武蔵の言葉ですが、高校時代に出会い、以来
私の心の中に住み続けています。
私はこれを「われ、事において~」と読んでいたのですが
小林秀雄(近代文芸批評を確立した文芸評論家)に言わせると
「わが事において~」と読みたいということです。
なるほど、読み方によって微妙に意味合いが違ってくるものです。
この言葉は「人生への覚悟」を示していて、高校時代にはよく励まされていたものです。
その後ウン十年・・・我が身を振り返って内心忸怩たるものも心をよぎるのですが
それこそ「我事において後悔せず」…(^_^;)
これからも自覚と覚悟を失わず生きようと思います。
それでは失礼します。またどこかで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masatoshiさん、お忙しい中、ご回答頂きありがとうございました。
また、お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
私も最初「われ、事において~」だと思いました。「わが事」の方がなんか
重く感じます。「サムライ」って感じがしますね。(抽象的な表現ですが・・・)
歳を重ねるごとに『責任』という二文字がのしかかってきますが、
そのときにしみるような言葉ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 13:12

「商い(アキナイ)は牛の涎のごとくであれ」


   切れそうで切れない 継続は力なりです
昨今は、その場限りの商売が多く見受けられますが
商人の真髄であり、人生訓でもあると思います。

この回答への補足

仕事の合間にチョコチョコ書いてますので、土日はお礼ができません。
必ず、お礼・締め切りは致しますので、気長にお待ち願います。

補足日時:2001/07/06 19:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hiroshimaさん、ご回答ありがとうございます。
>継続は力なり
この言葉で、『初心忘るるべからず』を思い出しました。
貧乏脱出などTVでやっていますが、だいたいのお店が初心を忘れ、
力を磨かないため、客も来なくなったようです。
また、Netビジネスがもてはやされた時、メーカは苦しかったですが、
今では結局、メーカの方が強くなっています。これら全てこの言葉に
反映していると思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 19:47

ども、こんちは。



この質問を読んでふっと思い出した言葉があります。

「たとえ明日世界が滅びるとしても、私は今日、りんごの木を植える。」

こんな言葉だったと思います。誰の言葉かはよく覚えていません。

まだ意味をつかみきれていない気もしますが、
結構印象に残った言葉ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

karen7777さん、ご回答ありがとうございます。
未来に託すといった感じでしょうか?
私だったら、子作りに励み、見ることのできない子供に未来を託しそうでうが・・・
(世界が滅びたら、相手も死んでしまいますが・・・)

昔、「1999年ノストラダムスの大予言が当ったらどうする?」という質問に
それまでにお金を貯めて、ロケットを買い地球を脱出すると言っていました。

せっかくのお気に入りの言葉を汚すようなことしか書けずに申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の才能と文学の才能は両立しない?

私の友人に、文学・歴史・芸術方面の才能(感性・言語表現能力)は、ほとんど天才的なのに、
数学は苦手という人がいます。
ランボーは数学はまったくダメであったと何かで読みました。
近いところでは江藤淳さんが、やはり数学は苦手であったと記憶します。前から不思議に思って
いたのですが、数学的な才能と文学的な才能は両立しないのでしょうか?両立しないとしたら
それはなぜだと思いますか?

Aベストアンサー

mori0309さんの言われている「才能」というのが何を指しているかが、まずはっきり分かりませんので、いちおう以下のように2つのパターンを考えてみました。

1.「才能」=「天才」
歴史に名を残すほどのレベルの才能について言われている場合。
とりあえず細かい業績はインターネットなり書籍なりで興味があれば調べていただくとして、古代ギリシアの偉大なる哲学者たち(アリストテレスとか)あるいは、中世ヨーロッパの偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあります。(世間的にはどちらかというと哲学者の肩書きに重きが置かれていますが。)
万能の人と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチもまた、文理両刀の人です。
また、そこまでの天才でなくても、例えば「パラサイト・イブ」の著者、瀬名さんは、東北大学薬学部の大学院生時代にくだんの作品を執筆していますので、まあそれなりとはいえ、文理の才能を兼ね備えていると言えましょう。
要は天才のことですから、「可能」と言えば(ある程度は)何でも可能なのでしょう。ただ、それをやりたいと思わなければ、その天才の能力も世間には公表されずに歴史に埋もれて行くのでしょう。

2.「才能」=「(例えば)東大に行けるレベル」
これなら、私の周りにも何人もいます。ただ、創作、創造と覚えることは全く別物ですよね。このレベルは「覚える」才能がメインなので、対象が芸術、文学であろうが、数学であろうが、興味があればやれる人はいくらでもいます。

さて、しかし、一般的に周りを見渡すと、なかなか文理両刀の人物はいません。
何故かというと、私が思うに、
「興味が持てない」
に尽きると思います。
現代科学によれば、数学的思考(論理)と文学的思考(感情)は左右異なる脳に支配されています。
なので、どっちかが発達すると、もう一方も発達させるのは、凡人ではなかなか難しいのかな、と。
右利きか左利きはいっぱいいますが、両利きはあんまりいないですよね。それと同じことじゃないでしょうか。

mori0309さんの言われている「才能」というのが何を指しているかが、まずはっきり分かりませんので、いちおう以下のように2つのパターンを考えてみました。

1.「才能」=「天才」
歴史に名を残すほどのレベルの才能について言われている場合。
とりあえず細かい業績はインターネットなり書籍なりで興味があれば調べていただくとして、古代ギリシアの偉大なる哲学者たち(アリストテレスとか)あるいは、中世ヨーロッパの偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあ...続きを読む

Q二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。 1<=X<=5 に

二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。

1<=X<=5 において、f(x)は最小値-3をとり、X=2のとき最大値6をとる。このとき、a=-1、b=4、c=2 である。

なぜa=-1、b=4、c=2 になるのかわかりません。教えてください!

Aベストアンサー

xの範囲が1≦x≦5 x=2で最大値6、上に凸(a<0)の放物線、
最小値-3はx=5の時とわかる。
微分を習っているなら、最大値x=2の時、f'(x)=0となる
f'(x)=2aX+b
f'(2)=2a2+b=0
4a=-b ①

x=2で最大値6、から
f(2)=a2^2+b2+c=6
=4a+2b+c ①を代入
=-b+2b+c
=b+c=6 → c=6-b ②

最小値-3はx=5の時から
f(5)=a5^2+b5+c
=25a+5b+c
=25a+5b+6-b
=25a+4b+6=-3
25a+4b=-9
25a+4(-4a)=-9 ①を代入、符号は変えている
9a=-9
a=-1 が得られる後は①や②からb=4 c=2

答え a=-1 b=4 c=0

Q内心の自由、表現の自由、精神の自由

こんにちは。今回、内心の自由と、表現の自由という各テーマで論文を書きたいと思います。
 
 内心の自由と表現の自由について調べてみたところ、精神の自由という言葉が多く出てきました。そこで質問なのですが、精神の自由と、内心の自由、表現の自由の各自由権の関係を教えてください。例えば、どの自由権の範囲にどの自由権が入るなど・・・。

 言葉足らずで、本当に申しわけありません。

 もしよければ、各自由権に関してよく挙げられる事例なども教えていただけたらと思います。事例に関して、詳しいことは調べますので、事例の名前だけでも教えていただければと思います。

 この権利はこれからも生きていくうえで大変重要な権利であると思っておりますので、ここでしっかり理解したいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本国憲法を質問の前提と解しますが、まずは、憲法学の体系書を読むことからはじめるとよいと思います。
公務員試験から司法試験受験生まで幅広く読まれている
芦部 信喜【著】『新版 憲法』(岩波書店)がお勧めです。個別的な論点で若干説明不足もありますが、網羅的ですし、簡潔にまとまっていて憲法学の体系を理解しやすいと思います。また、大学や公立図書館にも必ずある一冊とおもいます。

さて、老婆心から申し上げると、論文のテーマが漠然としているようですので、更に論点を絞ることをお勧めします。「精神的自由」について原理的に考察をはじめると大論文になってしまうでしょうし。

質問に対するアドバイスに入りたいと思いますが、
日本の憲法学では、精神的自由の中に(1)思想・良心の自由(2)信教の自由(3)学問の自由(4)表現の自由が入ることは学説上異論の無いところだと思います。
(1)思想・良心の自由については内面的な精神の自由です。問題となるのが、謝罪広告の強制、沈黙の自由の侵害(内心の表白の強制)、兵役拒否(良心の自由から・徴兵制とかかわります。)
(2)信教の自由については、内面的な精神的自由と表現行為という外面的な精神的自由の二つの面を持ち併せています。たとえば、信仰する自由、信仰を変える自由、信仰を強制されない自由等は、思想良心の自由と重複します。
宗教的行為(宗教活動、宣伝など)や宗教上の結社の自由は、表現行為の一部であり、外面的な精神的自由といえます。信教の自由の限界が問われた重要な事件が『オウム真理事件』がありました。
(3)学問の自由は、大学の自治と深く係わり合いがあるのですが、これも真理探究の場である大学での研究成果の発表という外面的な精神的自由である、表現行為となります。まだ、多くの論点がありますが、割愛。
(4)表現の自由は、「人の内心における精神作用を、方法の如何を問わず、外部に公表する精神活動の自由」(佐藤幸治『憲法第3版』)と解されています。内心の自由と深い関係にあります。詳細な論点については、割愛。

 内心の自由、精神的自由に関する事例は数を上げると限りないですが、主要な事例をまとめたジュリスト別冊「憲法判例百選」(有斐閣)からピックアップして調べてみるのがよいとおもいます。

 手前味噌となってしまいますが、私自身は米国憲法の研究をしていますので、お勧めの事件を一つ。
それは、エホバの証人の信者である生徒が米国国旗(星条旗)への敬譲を強制されない自由を主張した事件です。
「バーネット事件」といわれています。
West virginia B'd of Education v. Barnette,319 U.S. 624
この事件は、第二次世界大戦中の米国で起きた事件ですが、国威発揚で星条旗が用いられた米国で、エホバの証人の思想・良心・信教の自由を保護した事例です。方や日本はあらゆる思想を弾圧していた時代と同時期にリベラルな判決が米国では出ているのです。
 この事件は、最近では、国旗・国歌法の通過によって注目を浴びています。今でも色あせない高い理念をともなった米国連邦最高裁の判決です。
 こういう事件の判決をみると、今の日本は?米国は?などと思索をめぐらすことになり、興味が尽きません。

 それでは、論文、がんばってください。

日本国憲法を質問の前提と解しますが、まずは、憲法学の体系書を読むことからはじめるとよいと思います。
公務員試験から司法試験受験生まで幅広く読まれている
芦部 信喜【著】『新版 憲法』(岩波書店)がお勧めです。個別的な論点で若干説明不足もありますが、網羅的ですし、簡潔にまとまっていて憲法学の体系を理解しやすいと思います。また、大学や公立図書館にも必ずある一冊とおもいます。

さて、老婆心から申し上げると、論文のテーマが漠然としているようですので、更に論点を絞ることをお勧めします...続きを読む

Qエクセル p値=2.556E-14 =有意水準α=0.05

体の血管の太さ、左右の太さに違いがあるかどうかを調べています。
1.エクセルで、 p値=2.556E-14 =有意水準α=0.05 となりましたが、Eがつくときは、極めてp値が小さいということでしょうか?
昔、そんなようなことを聞いたのですが・・・

2.普通のエクセルでは、相関係数やt検定などは300件は多すぎてできませんか?

初歩的な質問ですが、急いで知りたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 1
2.556E-14 = 2.556×10^(-14) = 2.556/100000000000000
なので極めて小さいです。

> 2
実際にやってみるのが一番です。
今使用しているPCにExcelをインストールしていないので確認できませんが、大丈夫でしょう。

Q見性成仏というのは、「自分の心のうちの本性を直観し、それが仏であること

見性成仏というのは、「自分の心のうちの本性を直観し、それが仏であることを悟る」ということですが、自分の心のうちの本性がやましいと直観したときも、そのやましい本性が仏なのでしょうか?

Aベストアンサー

「自己の本性が仏であることを悟る」のが「見性成仏」です。
自己は本来、仏性を有しているので(と断言すると語弊がありますが)、それを直視せよと言っているわけです。

“やましい本性”は、本来の自己の本性ではないでしょう。
煩悩という塵にまみれているから、本来は純粋無垢であり仏であるはずの本性が“やましい本性”に見えてしまうのだと思います。

その煩悩の塵を払いのけるのが“修行”ということになると思います。

ただ、「自己の本性がやましい」とわかったならば、そこが出発点になり得るのですから、そこで悟りへの道が開けるとも言えるかもしれません。

専門家ではなく“門前の小僧”なので、間違っていたらすみません。
こういう質問は、“哲学”のカテゴリーへ行くと、すぐれた回答がたくさんつくと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報