マルシェル新規登録で5000円分当たる

ネイティブの方にお尋ねします。
「だんだん寒くなりました」という表現をウェブで見ましたが、通常使えるのでしょうか。
「だんだん」は、「だんだん寒くなってきた」「だんだん寒くなっていく」のように、時間をかけて次第に変わってきた現象あるいは変わっていく現象と共起すると知っておりますが。。。

A 回答 (8件)

意味は通じますが、違和感があります。


正確にいうと、「だんだん」ではなく「だんだんと」です。

「だんだんと寒くなってきました」
「だんだんと寒くなってきています」
「だんだんと寒くなっていきます」
「だんだんと寒くなっています」
「だんだんと寒くなってまいりました」
はOKです。

ただ、「だんだん寒くなりました」は違和感がありますが
「だんだんと寒くなりました」は誤りとも言えません。「だんだんと」「そうなった」ので。

質問者様のおっしゃる
「時間をかけて次第に変わってきた現象あるいは変わっていく現象」というのはその通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例を挙げていただき、勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/11/10 21:30

「だんだん寒くなってきた」の丁寧語ですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:31

だんだん寒くなりました。


主文、寒くなりました
ただし、一気にではなく、順次段階を経て。
十分使えます。
ただし、表現の方法としては、「だんだん寒くなってきました」、の方がベターかも?。
文学作品なんかで、描写の仕方が・・・・なんかの分かれ目でもあるのかなって感じはします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:31

だん‐だん 【段段】


【二】〔副〕
(「に」や「と」を伴って用いることもある)
(1)順を追って進むさまを表わす語。次第次第に。漸次(ぜんじ)。
(2)物事が次から次へと続くさまを表わす語。かさねがさね。いろいろと。あれやこれやと。
【一】〔名〕【三】〔感動詞〕は省略。

[日本国語大辞典]より

 副詞の場合は「よろよろ」「よろよろと」のどちらもあり得ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:30

だんだん寒くなりました。


を何度もつぶやいているうちに、
おかしくないかも...
と思うようになりました。
大丈夫ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:29

ご指摘の通りで、「だんだん寒くなりました」はちょっと表現が変。


「だんだんと寒くなりました」なら「だんだん」が確定した表現なので使えるかな?

あと、「だんだん」の漢字は「段段」または「団団」なので、
京都とかの方言だと「階段」「石段」を「だんだん」と呼ぶし、それが転じて「いろいろ」って意味があるし、
古語表現では、団子とか水滴みたいな丸いつぶつぶが集まったものを「だんだん」と表現します。丸いものがだんだん集まっていく様子が「だんだん」

古語表現からすると、寒さが繰り返して集約して本格化していく様子なので、「だんだん寒くなりました」でもおかしくはない。日常的な表現ではないですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご説明いただき、ありがとうございました!

お礼日時:2017/11/10 21:29

こんにちは。

だんだん寒くなりました。は使ったことなくて、おかしいかなと思いますね。
だいぶ寒くなりました。
だんだん寒くなって来ました。
は正しいと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
おかしくないと回答してくださった方もいる一方で、おかしいと回答してくださった方もいて混乱しますが、内容を総合しますと、正確な表現ではないが、意味はわかる、ということになるのではないかと思います。これからもっと勉強します。ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:28

別に構わないのでは?

「「だんだん寒くなりました」は正しい表現で」の回答画像1
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/10 21:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「だんだん~」という言葉の使い方について

日本語を勉強している外国人の友人がいます。
先日、「だんだん~」という言葉の使い方について聞かれて教えたのですが、
その次に来たメールで「こちらはだんだん暑くなったよ」や
「だんだん成績が良くなりました」など、「だんだん」を使った文章を色々
書いてくれました。
でもなんだか若干違和感を感じまして・・・
よく「だんだん暑くなってきた」とか「だんだん良くなってきた」という言い方はしますが、
「だんだん暑くなった」や「だんだん良くなりました」という使い方は合っているのでしょうか?
考えているうちに合っているのだか間違っているのだかわからなくなってきてしまいました。
日本語の表現に詳しい方、教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問拝読しました

だんだん=徐々にですから『ほぼ』正解です

ただし,だんだんは現在進行形の用いられ方をしますね

風邪引いたけどだんだんと快方に向かっています

とか

目的地にだんだんと近づいてきました

など

英語で言うingですね

英文には訳せません

申し訳ないです

Q「お寒い中・・・」

「お寒い中、わざわざお越しいただき・・・」
というような挨拶を、最近耳にすることがよくあるのですが、
「お寒い中・・・」という言葉を耳にするたび、
私は何か違和感を覚えてしまいます。
(「寒い」に「お」をつけるなんて、と。。。)

そこでお聞きしたいのですが、
「お寒い中・・・」という言い方は、文法的に正しいのでしょうか。
(正しい日本語なのでしょうか。)

また、違和感を覚えるのは私だけなのでしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

敬語による問題のない言い方です。個人的にも違和感は全くありません。
「お寒い」は、現在の敬語分類上では、物事を美化して上品に述べる「美化語」と考えるのが妥当でしょう。

「お・ご」が付く語は美化語の他に、尊敬語、謙譲語の場合もあります。
上位者として高めたい人物の動作、持ち物、状態の場合は尊敬語です(ご出席、お名前、お美しい)。
自分の動作や持ち物でも、それが上位者に向かう場合には謙譲語です(「先生にお手紙をお送りした」「先生へのご説明が足りなかった」)。
尊敬語でも謙譲語でもない、単に物事をきれいに述べる場合の「お・ご」が付く語は美化語ということになります。「お酒を飲もうかな」「あそこの店のお料理はおいしいね」などの場合は美化語です(ただし、「お酒をお注ぎしましょうか」という場合の「お酒」は謙譲語とも尊敬語ともいえるでしょう)。

ただし、一般に美化語は日記や思考にも使えるのに対し、「お寒い」や「お暑い」はそうではないので、美化語ではないとする学者もいます。また、「先生はお暑くはないですか」という場合は相手の「状態」なので尊敬語です。そして、「お寒い中~」や「お寒うございますね」という場合も、気候とはいえ相手の状態に関わっているので、尊敬語と考えてもいいと個人的には思います。同じ気候を表す形容詞でも「お涼しい」「お暖かい」などとは言いませんから、「お寒い」と「お暑い」は、相手に関わる厳しい状態をいたわるために、特に敬意表現として「お」が付くようになったのでしょう。

分類上はどうであれ(分類や文法は後付けでしかありませんから)、「お寒い」は敬語として使われてきており、適切な言い方といえます。


参考文献
『敬語』菊地康人著  講談社学術文庫

文化審議会答申『敬語の指針』
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

敬語による問題のない言い方です。個人的にも違和感は全くありません。
「お寒い」は、現在の敬語分類上では、物事を美化して上品に述べる「美化語」と考えるのが妥当でしょう。

「お・ご」が付く語は美化語の他に、尊敬語、謙譲語の場合もあります。
上位者として高めたい人物の動作、持ち物、状態の場合は尊敬語です(ご出席、お名前、お美しい)。
自分の動作や持ち物でも、それが上位者に向かう場合には謙譲語です(「先生にお手紙をお送りした」「先生へのご説明が足りなかった」)。
尊敬語でも謙譲...続きを読む

Qよいお年を っていう挨拶は年上の人に(エライ人)にしてもいいですか?

向こうからよく言って来るんですが
こちらも 良いお年をーって言って応えていいものですかね。

Aベストアンサー

「お年」だと、相手の年齢を連想させます。

正しくは「よい年をお迎え下さい」で、十分尊敬表現になっています。目上の人に対しても、これでOKです。

Q「寒いです」を正しく言いたい

言葉は時とともに変化するということは頭で理解しています。しかし、『危ないですから、黄色い線までお下がりください』に抵抗を感じる昭和生まれです。

 「危ないから、~」に抵抗を感じない雰囲気作りが第一と思います。が、「危険ですから~」というふうに現状、私は言い換えています。

ところが、目上の人、親しくない人ではあるが、『お寒うございます』というほどではない状況では、「寒い(ネ)」と言えない自分の弱さを恥じらいつつ、「寒いです(ね)」と言っています。

皆様はどうしていますか。
「寒いです」 と同程度の丁寧さを含んだ表現を教えてください。

たしか、形容詞に「です」はつかない、同じ意味の形容動詞をつかう、という風に習った覚えがあります。

ひょっとして、「形容詞+です」は誤りだけど、「形容詞+ですから、ですね、ですよ」などは良かったのかな?
記憶が定かでありません。

Aベストアンサー

口語日本語の欠陥です。
文語の補助活用を十全に継承しなかったからです。
「寒かろう」「寒かった」の二形のみです。
「寒かります」の形は生まれなかったのです。
それなら一段階前に戻って
「寒くあります」
という形を共通語として定着させるべきでしたが、それもなされませんでした。
「寒くはありますが、清々しくもあります」
のように副助詞が挿入されるときと
「寒くありません」のような打ち消しの場合には文法に適った形が共通語として通用します。
ですから「寒くないです」という誤形を回避することができます。
そうではない基本形の場合に「寒くあります」が共通語として使えないのです。
これをいっそう丁寧にした「寒うございます」は使えるのですが…

回避策:
文章を書く際には、
「寒い一日でした。」
「寒く感じます。」
のように、文末には形容詞を使わない表現を工夫する。

日常会話レベルでは“平明・簡素な敬語”ということにして目をつぶる。
「危ないですから」は「危険ですから」に言い換えられても、「赤い」「高い」などの形容詞を「です・ます体」の中ではいっさい使わないということは不可能ですね。

口語日本語の欠陥です。
文語の補助活用を十全に継承しなかったからです。
「寒かろう」「寒かった」の二形のみです。
「寒かります」の形は生まれなかったのです。
それなら一段階前に戻って
「寒くあります」
という形を共通語として定着させるべきでしたが、それもなされませんでした。
「寒くはありますが、清々しくもあります」
のように副助詞が挿入されるときと
「寒くありません」のような打ち消しの場合には文法に適った形が共通語として通用します。
ですから「寒くないです」という誤形を回避すること...続きを読む

Q「いろいろ」はビジネスでは敬語にならない?

例えば「色々ありがとうございました」というのは、変ですか?

「いろいろ」は尊敬語や謙譲語ではないですよね?

Aベストアンサー

 
ビジネスでなくても近所付き合いでも「いろいろ」は何も具体的には言ってない。
つまり「何をしてもらったか覚えてないがとにかく礼を言っておこう」程度のふざけた挨拶です
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング