サプリメントについてです。
今、酵素サプリ、すっぽん、高麗人参のサプリを飲み、生理前からプラスして葉酸と鉄分のサプリを飲んでいます。
酵素サプリを飲んでから便秘が治り、調子はいいように感じます。
すっぽんと高麗人参は冷え症による体調不良にいいとのことで飲んでいます。自分としてはあまり効果はよく分かりません。また、葉酸鉄分サプリは妊娠中から毎日飲んでいたのですが、飲み始めてから貧血がなおったので、授乳期まで飲んでいました。もう授乳期を終えて、生理前から貧血気味になるので効果は分かりませんが一応飲んでいます。
今のところ、体調不良はありませんが、サプリの飲み過ぎで今後体調不良になるのではないかと心配です。

サプリメントって一体飲み続けて大丈夫なのでしょうか?

A 回答 (2件)

ひとくちにサプリメントといっても非常に多岐にわたる製品があるため、一概には言えません。


サプリメントは食事補助ですが、その食べ物にも食べるものや食べ方、個人の体質で問題が起きることがあるのと同じです。

サプリメントでも今までにネガティブな影響が報告されたケースは多数あります。
重篤なケースとして後遺症の残る内臓疾患から死亡例まであります。
製品に問題があった場合、成分に問題があった場合、それから服薬の仕方に問題があった場合、個人の体質が関わる場合など原因もさまざまです。
従って、サプリメントであっても飲み方や用量をよく見ること、自分が何を摂取することになるのか中身をよく理解することが大事だと思います。
私自身、サプリをのむのが好きですが…。やはり食事が一番大事でわかりやすい効果があり、基礎である食事をおろそかにしては効くものも効かなくなりますし、本末転倒です。
チリドックさんは鉄分を飲んでいらっしゃるとのことですね。個人的な考えですが、食材から鉄分をきちんと摂ることを意識して日々の食事を摂ることがまず第一であり、鉄サプリでこの工夫がおろそかになるのであれば、もう問題といっていいのではないかと思っています。

どこからお話ししましょうか。
まず葉酸から。
これは問題ありません。サプリメント反対派の学者や各国政府機関でも飲むことを推奨するサプリが2つあります。
妊娠を希望する女性が葉酸を、高齢期または寒冷地に住む人がビタミンDを摂るべきだというものです。
それに葉酸はビタミンB群の一種で水溶性のため、摂取後数時間で体外へ排出されます。
これ以外にも水溶性のサプリメントでは過剰摂取の害が起きにくく、まず報告されることがありません。

でも鉄は怖いですよ。ミネラルですから。

まずサプリメント全般について、最近の信頼性の高い研究では、消費者が期待するような効果がまったくなく、そればかりか有害な場合も多々あるとわかってきました。
喫煙者が、食事からβカロチンをよく摂取した場合には肺がんの罹患率が下がるのに、サプリメントで同じ量のβカロチンを摂取した場合には逆に罹患率が上がる結果がでた研究が筆頭でしょうか。
サプリメントと言ってもいろいろありますよね。
健康被害が出たサプリメントがあるといっても、聞いたこともないような珍しい成分を飲んだとか、製造メーカーの問題だと思っている人が多いかもしれません。
でも人が気軽に摂取する、マルチビタミンやマルチビタミン&ミネラル、ビタミンCや抗酸化サプリなどが死亡率の上昇につながることがわかってきたんです。もちろん死亡率や疾患リスクの低下につながった報告もあります。
どちらにしても、食事から摂るのと、単一の成分を抽出し凝縮した形で摂るのとは効果が違ったんです。
生き物の消化から代謝についての活動は、人間が思っていたよりもずっとずっと複雑なしくみだということです。

ミネラルはとくに気軽に飲めないサプリです。
食事からでは難しい過剰摂取が簡単になるのと、他のミネラルと拮抗するためサプリメントで摂るとバランスが崩れるのが大きいんでしょうね。
鉄は特にそうです。
チリドックさん、貧血気味とのことですが、医者に指示されて鉄を飲みましたか?
医者なら何かおかしいなと思えばすぐ血液検査にかけられるし、飲むべき量も知っています。
でも漫然と飲み続けると、女性は特に死亡率があがるミネラルなんですよ。ご存知でした?
最近では女性誌でも「貯蔵鉄であるフェリチンが大事!」という記事を組んでいます。確かにフェリチンは大事です。でも鉄サプリでフェリチンを高めに維持した人は糖尿病、心疾患、ガン、全身性エリテマトーデスほか重篤な病気にかかりやすいこともわかっています。
有用なサプリですが、飲むべき量をきちんと把握もせずにサプリで気軽に摂るのは怖いということをまずわかっていただきたいです。
一日必要量、自分が食事から摂取している量、拮抗することになるミネラルを食事からどの程度補っているか、ぜんぶ把握したうえで飲みました?
でもチリドックさんは飲んだり飲まなかったりのようなので、悪影響と言うほどのことはないと思います。
(ところで女性はなぜ生理前に鉄分を補給しようとするのでしょうか?胎盤が作られるのって生理が終わって2週間ですよね。造血のために鉄を必要とするのってその時期じゃないのかな。)

すっぽん、高麗人参についてはよくわかりません。
飲み続けても大丈夫かどうかは原材料の安全性、製造メーカーによるのではないでしょうか。
国立健康栄養研究所のページをどうぞ。(「すべての情報を表示」をクリックしてください。)
朝鮮ニンジンhttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail110.html
スッポンhttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail87.html
私も冷え性ですが、軽くていいから筋トレが一番効果がありましたよ。肩こりとか。

酵素サプリについては、これは酵素と呼べるものは入っていないのではないかと思います。酵素の種類が書いてあるのならすみません。(プロテアーゼとか、リパーゼ、アミラーゼのような名前です。)
私の見た限り、きちんと酵素の種類と含有量が記載されていないものは、野菜と果物を発酵させた発酵食品のように思います。
酵素は発酵に重要なはたらきをするのでそれをもって酵素〇〇と謳っているような気が…。
便秘に効果があると感じるのはそのためでしょう。私だったらヤクルト、ラブレ、乳酸菌サプリから試し、軽い運動をつけくわえます。
酵素を口から飲んで意味があるのは胃までの消化酵素、腸溶剤の場合でも腸までです。
胃までしか意味がないのなら、大根おろしが一番良い「酵素サプリ」です。
ちなみに日本のインチキ酵素サプリメーカーが煽る定型の言葉はだいたい全部ウソです。「一生で作られる酵素の量は決まっているので、体内酵素の製造に回すために酵素ドリンクを」とか。
だからお金の使い道に困っているとか、その味が好き、それ以外の製品では効果を感じなかった、などならお好きになさればよいですが、値段は高いなと思っているのなら別の対策をご検討ください。

赤ちゃんがいらしてお忙しいだろうところ、長い回答ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく丁寧な回答ありがとうございました。
2人出産経験があるのですが、一人目は、サプリメントの効果を信用せず飲まずにいたら、血液検査で貧血があり、鉄剤を処方されていました。2人目は葉酸と鉄分が一緒になっているサプリメントを初期の頃から飲んでいましたが、貧血もなく体調もよかったので、そのサプリメントがよかったのかな〜と思って今でも飲んでいるという感じです。
でも鉄分のサプリやはりもうやめておこうと思います。
生活習慣を見直してみます。
運動も確かに冷え症には効果大だと思うのでできる範囲でがんばってみます。
他のサプリメントももう一度考えてみようとおもいます。
Yusuraさんは色々な知識があり
ますね。こんな方に返事を頂けて感激です。
本当に丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2017/11/11 20:30

サプリメントは、効き目は、無くても、害は、有りません。


社会のオマケです。
サプリメントで、大儲けで、億万長者になるなんて、日本人は、アホです。
不必要な、美顔術や、整形で、美容界は、大儲けです。
余計な、心配は、せず、すっぴんで居ましょう。
私の彼女は、63歳ですが、肌が輝いて、居ます。
リップスティック1本持って居ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。その彼女さん、元々がきれいなんじゃないでしょうか!?うらやましいです。私は夫から化粧した方がいいよって言われますし、私もそう思います。薄化粧ですが。
私の場合は外見より、体調面でのフォローとしてサプリメントを飲んでいます。でもやはりサプリメントに頼るのではなく、生活習慣などを見直す方がいいですよね。
コメントありがとうございました。

お礼日時:2017/11/11 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報