人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

語彙力高める方法教えてください。
小説ってほんとに語彙力高まりますか?
私は小説で読めない漢字や意味知らない語句が出てきてもその単語だけ飛ばしてあとに続く文で想像できるので調べずに読み進めるので小説は意味無いのかな?って思ってしまいます。
また、語句の意味を知るだけじゃなくて話の構成をうまくして相手に伝わりやすくしたいです。
小説や漫画は語彙力高まりますか?

A 回答 (6件)

私の学生時代はとにかく小説をよく読みました。

吉川英治、司馬遼太郎の歴史物、森村誠一の推理小説、星新一のショートショートなどを読破していました。面白い小説を読んでいると知らない語句が出てきてもいちいち辞書で調べたりはしません。そんなことをするとその小説にのめり込んでいる勢いが失速してしまうからです。それに大概の語句は文脈からおよその意味は分かりますし、その語句に付いて自分で考えますので、安易に辞書を引いて意味が分かったつもりになるということがありません。ということであなたの読書は正しいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
私も星新一さん大好きです!
教えてくださった作者さんの小説読んでみます!

お礼日時:2017/11/12 18:38

わからない言葉の意味を前後から推測するというのが語彙を増やす基本だと思います。


話し言葉でもそうですが、そうやってひとは言葉を自然に学んでいます。
 
推測できない、いまいち自信がない、そういう時に辞書を引くなりして調べれば良いんですよ。
    • good
    • 0

質問者さんのやり方では意味無いですね、


分からない言葉は都度辞書を引いて理解すれば、語彙力高まるし漢字も読めるようになります。
実はウチの妻が小説好きで、若い頃はネット・スマホという物は無く、都度辞書を引いて覚えていたという事で、けっこう物知りで私の感覚では 書けない漢字はあるけど 読めない漢字は無いと思います。
    • good
    • 0

>あとに続く文で想像できるので調べずに読み進めるので小説は意味無いのかな?って思ってしまいます。


そんなもんですけど、実際にはどんな場面で使っている言葉かを理解するには十分です。
その積み重ねが語彙(ボキャブラリ)を増やすんですよ。
    • good
    • 0

私は気になる言葉や、面白い使われ方してるところに線引いたりしてますけど


漫画でも、面白い言葉の使い方をしてる台詞、ありますよね
昔「銀魂」で
「ハゲ散らかしてろ!」ってあって
面白かったな…

ただ語彙力って、そんなに急に増えたりするもんでもないですよね
本を何冊か読んだって、言葉が急に増えるわけではない
でも、文章を読む以外で、語彙力が増えるわけもない
(テレビとかで聞いた言葉を覚えるっていうのはあるかもしれないけど)
だから、地道に読むしかないとは思いますけど

それから、古舘伊知郎さんは
若い頃、語彙力を増やすために
週刊誌の見出しや記事から
気になる言葉をノートな書き出していたそうですよ
読書が散歩やウォーキングとしたら
こちらは筋トレでしょうか
どちらにしても一朝一夕、て訳にはいかないですね
    • good
    • 0

読む本によります


歴史的に残っている名作や著名な作品は、様々な言葉を使って表現し描かれています。
そういったものを知らないままに会話をするのでは、語彙力は自然と違ってきます。
知らない単語が出てきたら調べればいいだけです。その単語の意味があるからこそ、より豊かな想像や奥深さを読み取れるようになります。

話の構成をうまくして、相手に伝える力をみにつけるのであれば、自分の表現方法のみならず相手の立場になって構成を考えるという下準備と、実際の現場での臨機応変な対応ができるボキャブラリーの豊富さも必要になります。

そのボキャブラリーの根っこにも様々な作品を見聞きして得ることができる雑学もあります。

小説も様々なジャンルがありますが、名作、著名作をぜひ読んでみて下さい。
読み込めば違う感覚や完成が磨かれると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説の表現力が上がる本や小説はありますか?? あと、語彙力が上がるものはありますか?

小説の表現力が上がる本や小説はありますか??

あと、語彙力が上がるものはありますか?

Aベストアンサー

夢野久作、澁澤龍彦、大佛次郎、
エドガー・ポー、サマセット・モーム

ひどく偏って見えるかもしれないが、
かつて、夢野こそ教科書に載せるべき
作家だという識者もいた。同感。

Q語彙力は黙って本を読むだけで鍛えられますか?

小さい頃から本を読んだり作文を書いたりするのが正直、退屈で嫌いでした。
そのせいか、ブログなどを書くと同じ言葉や言い回しで繰り返し繰り返し同じことをぐるぐる書いているような気分になります。
楽しい表現豊かな文章が書けないし、人と話すのも基本のあいさつ程度の言葉しか出てこなくて、楽しく無駄話とかできません。

そこで語彙力を鍛えたいのですが、黙って本を読むだけでいいのでしょうか?
読むうえで何か意識することはありますか??
教えてください。

Aベストアンサー

語彙力を高めるには本を読むのが一番です。特に昔の作家が書いた本を読むと良いです。芥川龍之介、太宰治、夏目漱石、森鴎外、三島由紀夫、江戸川乱歩、横溝正史、志賀直哉・・・・。今の小説はやはり表現の仕方がどこか現代風で理解はとてもし易いんですが、昔の小説はそうそう簡単にいきません。まさに語彙力が無いと書けない表現が実に多い。そうゆうのを繰り返し読んでたら、立て板に水を流す様に作者の意図するところが見える様になってきます。いや、本当に。読むコツは意識しないでただ読みふける事。

それから本ではありませんが、ウィキなんか結構文章が要約されて書かれていますので、aegaegaegさんの興味あるものを調べる感覚で読んでみるのも良いでしょう。小説と違いドキュメントですから、文章の要約力が要求されます。

小説を読んで語彙力、ウィキやドキュメント・ノンフィクションを読む事で要約力が身に付きます。

Q小説作家の語彙力はどこから来るのでしょうか? そして、一冊の本の原稿が出来上がる日数はどのくらいでし

小説作家の語彙力はどこから来るのでしょうか?


そして、一冊の本の原稿が出来上がる日数はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

語彙力
・辞書ー辞書は全ての言葉は載っていない。その時代、その空間から創り出され、やがて消えていった、そのあとに残った言葉が載っている。だから言葉を扱う人たちは、とにかく辞書を引く。そうすると、自分の思い込みや誤解がわかってくる。そういったことが多様な言葉を作り出すきっかけになっている。
・外国語ー外国語に限らず言葉はその発祥の結果から、表現の精緻にばらつきがあり、実にたくさんのバリエーションがある。例えば日本語は情緒的な修飾語は多く、米語は行動や指示のことばが多く、事物を表す言葉に関しても言語によってさまざまに種類がある。(例えばロースという牛の部位を示す言葉は、昔の日本語になかった。)
 さらに語源の知識があれば、遠く古代にまで足跡をたどることが可能になる。

 原稿が出来上がる日数」なぞ気にしているようでは、たいしたものはできないだろう。知りたければいろいろな作家自身が書いている「〜の書き方」みたいな本をさがせば、いろいろな試行錯誤を垣間見ることができる。
 参考・スティーブン・キング「書くことについて (小学館文庫)」
   ・ディーンRクーンツ「ベストセラー小説の書き方」(朝日文庫)
   ・ミステリマガジンのエドワード・ホック等のさまざまなインタビュー
   ・日経BP「ベストセラー・コード」

語彙力
・辞書ー辞書は全ての言葉は載っていない。その時代、その空間から創り出され、やがて消えていった、そのあとに残った言葉が載っている。だから言葉を扱う人たちは、とにかく辞書を引く。そうすると、自分の思い込みや誤解がわかってくる。そういったことが多様な言葉を作り出すきっかけになっている。
・外国語ー外国語に限らず言葉はその発祥の結果から、表現の精緻にばらつきがあり、実にたくさんのバリエーションがある。例えば日本語は情緒的な修飾語は多く、米語は行動や指示のことばが多く、事物を...続きを読む


人気Q&Aランキング