この2つのスピーカーってDVDプレイヤーなどの
5.1chのホームシアターに使うものなんでしょうか?
僕はMD,CDデッキを普通のプリメインアンプにつなげ、
2つの普通のスピーカーから音を出しているのですが、
こういうシステムはセンタースピーカーやスーパーウーファー
とかを普通はつけるものではないないのでしょうか?
当然、このアンプにはセンタースピーカーやスーパーウーファー
専用の端子なんてついてません。
上記のものに変な間違いや勘違いと思われるものもあるかも知れませんが、
決して勘違いとかではなく、単に全く知識がないだけです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 [48627391]さん  スーパーウーファー(以下SW)を使ってみたくなりましたか!  接続に関してですよね・・・   AVアンプの場合は「スーパーウーファーアウト」という端子がありますので、ここをSWの入力端子とピンコードで接続します。



 [46827391]さんは、2chのプリメインアンプですから「SW出力端子」は存在していないと思います。  一般的なのが、(1)アンプのSP端子からSWのスピーカー入力へ、そしてSWのスピーカー出力から今まで使用中のスピーカーへスピーカーコードを用い接続する。 SWは1本で充分です。 
 他に(2)アンプにスピーカー端子が2組あれば、それぞれを使用する。 (3)PreOutからSWへピンコードを用い接続する。 (4)RecOutからSWへピンコードを用い接続する。  (3)は対応するアンプは少ない。 (4)は音量調整が面倒。 
 (1)か(2)が普通でしょう。 そして SWの高域カットオフの調整と メインスピーカーとの音量バランス調整が必要になります。 音楽を聴きながら時間をかけて調整をしていきましょう。    頑張って下さい!

 このような接続となりますので、SWのインピーダンスは関係ありません。 SWはアンプ内蔵ですしね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ細かいことまでありがとうございます

お礼日時:2001/07/14 14:07

センタースピーカーは確かに4chサラウンドスピーカーや5,1chサウンドにつける物です。


ウーファーは通常のMD、CDの重低音の再現にも使われますよ。これを使うことでより迫力あるサウンドや不足しがちな緻密な低音域を再現できます。
センターは、基本的に声を明瞭に聞くためのスピーカーです。ドルビーステレオ(プロロジック)やAC-3、DTS、SDDSなどではまわりのサラウンドが大きくなり声が聞こえにくくなる傾向があるのを避けるため明瞭に声を聞くための専用チャンネルを用意しているのです。通常の音楽CDなどでも使えますが、2chでは専用チャンネルがなくほとんど必要ありませんし効果は少ないです。

繋ぐなら、サブウーファーぐらいですね。

もし、本格的にフロントも含めてCD・MDデッキでこれらの環境を再現する場合は、AVアンプがあった方が良いと思いますよ。

SDDS=Sony Digital Dynamic Soundの略。世界最高の映画用サラウンド技術となる。最大8chのスピーカー接続が可能でほぼ完璧なサラウンドサウンドといえる。個人向けアンプは今年発売予定らしいが・・・。

dts=デジタルシアターシステムが開発したサラウンド。ジュラシックパークから一気に広まった。ドルビーに比べてビットレートが高く重厚で繊細な音を再現できるという。現在はDTS-ESと呼ばれる上位規格6.1ch版が登場している。

AC-3=ドルビーデジタルのエンコード(圧縮)方式。ドルビーデジタルの略称としても使われることがある。
audio codec-3の略。
    • good
    • 0

こんにちわ 46827391さん



 センタースピーカーは、映画などのサラウンド再生に使うための、スピーカーということになります。  例えば*)「DolbyDigital」を例にとり説明を致しますと、5.1chとは 【フロントの左右】【その中央に設置するセンタスピーカー(主にセリフを受持つ)】【後方の左右】以上で5ch。  残る0.1chは低域専用のチャンネル(LFE) となります。  DolbyDigitalのフォーマットでは 最大が5.1chとなります。 あくまでも最大ですので全てが5.1chとは限りません。
 DolbyDigital信号はDVDなどに圧縮されて記録されていますので、それを解読するにAVアンプが必要になります。 そのアンプには5ch分のスピーカー出力が有ると言う事になります。 そしてスーパーウーファー用のライン出力が設けられています。

 スーパーウーファーは、サラウンド再生の場合は前記しました様に0.1ch分とアンプの設定により、他のスピーカーの低域を補う事が出来ます。 

 46827391さんの場合、ピュアアンプ(2chのステレオアンプという意)を使っておられるので センタースピーカーは必要無いですね。 一方スーパーウーファーは、46827391さんが小型のスピーカーを使用中であれば低域の増強に使えます。 接続方法は色々ありますので大丈夫です。

*)DolbyDigital・・・・・最新のデジタルサラウンドフォーマットの1つです。 世間で5.1chといわれているのは大概この事です。 DVD・VideoソフトやLDソフトなどに記録が出来ます。 他に「dts」という フォーマットもあります。

   46827391さん 少しは疑問が解けましたか?  project-k3でした。

この回答への補足

なるほど。タイトルどおり接続についてはよく分かりました。
でもアンプのインピーダンスは6Ωなのに
ウーファーは5Ωでした!(メインスピーカーは6Ω使ってます)
ん?でも「出力」とかいてある?
別に関係ないのでしょうか?

補足日時:2001/07/12 20:39
    • good
    • 0

こんにちは。


センタースピーカーは普通のオーディオアンプに接続してもあまり意味をもちません。AVアンプのセンター出力に接続することにより、映画などのセリフの量感が増します。私の個人的な意見としてですが、ドルビープロロジックやDTSなどの再生時にセンタースピーカーがあるとセリフを明瞭に聞くことができる。(セリフだけの音量を調整できるような感じですね)
スーパーウーファは、メインスピーカーの低音を補う為に使用します。通常は駆動アンプおよびローパスフィルタ(ハイカット)を備えていますので、通常のオーディオアンプでも使用することができます。AVアンプ(5.1ch以上)のサブウーファー出力を使えば、さらに細かなセットアップが可能になります。
以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Q車のウーファーは、アンプ内蔵とアンプ内蔵していないものでは

車のウーファーは、アンプ内蔵とアンプ内蔵していないものでは

なにが違うのですか?

家で車のウーファーをつかう場合にはどちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

>車のウーファーは、アンプ内蔵とアンプ内蔵していないものでは

アンプ内蔵=専用パワーアンプ内蔵(よって、車載時はスピーカ側にパワーアンプ用の電源施工が必要)

アンプ非内蔵=別途、ウーファ用パワーアンプが必要(アンプ買って、別途車載施工が必要)

質問者の方に「馬鹿にしとんのか」と怒られそうですが、上のとおりなので仕方ない。
それだけの差しかない…といえば無いわけで。

>家で車のウーファーをつかう場合にはどちらがいいでしょうか?

アンプ内蔵の場合は、家で使うなら直流12Vの電源(それも結構容量の大きい奴)を用意しなきゃいかんですから、家庭電源で使えるウーファ用のアンプが中古等で安く手に入るなら、アンプ非内蔵の方がかえって安く付く事の方が多いです。

なお、裸のウーファだと、頑丈な箱を作って入れないと、裸では低音全然出ませんのでご注意を。車載用の大きい重たいエンクロージャに入ってる奴なら、まぁいいですけど。

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

Qアンプ内臓ウーファーに2chスピーカー

ロジクールのZ4というスピーカーを購入しました。
ふと思ったんですが、これに付いてるアンプ内臓のウーファーに

http://www.amazon.co.jp/ハイパーツールズ-3-5mmステレオミニジャック⇔RCA-オスケーブル-15cm-RCA3-MF/dp/B001ULVCF0/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=electronics&qid=1248261668&sr=8-5

これを使用して
2chスピーカーを接続して使用することは可能ですか?
また、アンプ内臓の2chスピーカーは接続しても大丈夫ですか?
故障の原因になるようでしたら忠告お願いします

Aベストアンサー

はじめまして♪

2chスピーカーを接続する事は可能です。しかし、接続関係の知識等が無い状態で闇雲に接続する様でしたら、故障の原因に成る事が有ります。

と、言う事で、しっかりした知識と経験上の技量が無いのでしたら、接続しない方が良いと思います。


そもそも、2chスピーカーを接続して音は出ますが、トータルで音質調整されているセット物ですので、きちんと調整等が出来なければ、音質は悪くなるのが目に見えてますよ~。

セット物に接続せず、独立したアンプとスピーカーを接続するのが最善策でしょう。
 つまり Z4で楽しむか、Z4は使わない のどちらかになるかと思います。

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

Qアンプ→ウーファー→メインスピーカー

こんにちは
アンプ→ウーファー→メインスピーカーのつなぎ方に疑問があり質問させてください。
アンプの定格出力70W+70W、6-16Ωと記載されていました。メインとなるスピーカーには各80W、8Ωと記載(別メーカーのものです)。その間に出力100W、5Ωのアンプ内臓ウーファーの接続を検討しています。この場合アンプ6-16Ω→ウーファー5Ω→メインスピーカー8Ωの接続に問題ありませんか?

Aベストアンサー

たしか

単純に5Ω+8Ωで13Ω。

方チャンネルに付、
アンプ(+)~(+)ウーハー(-)~(+)メインスピーカー(-)~(-)アンプ
で直列につなぐ分には大丈夫だったと思います。
(壊れないという意味で)

並列だとダメですね。

ウーハー用に安いアンプ買ってみるのいいかと思います。

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

QBOSEスピーカーに合うAVアンプ・ウーファーを教えて下さい。

現在、ホームシアター(5.1ch)を構築しようと思っていますが、AVアンプ及びウーファーは何を選んでよいのかわかりません、どなたか教えていただけたら助かります。尚、以下のスピーカーを所持、購入を検討しています。
また、主に映画のみで音楽は聴きません。

フロントスピーカー:301V Direct/Reflecting (BOSE/所持)
センタースピーカー:VCS-10(BOSE/購入予定)
リヤスピーカー:161W(BOSE/購入予定)
ウーファー:未定

個人的に価格コムなどで調べた結果TX-SA507(ONKYO)が金額的にも良いと思っているのですが、いかがでしょうか?
ウーハァーはBOSEの単品が見当たらないので他のメーカーしかないのでしょうか?
予算はアンプ3万前後、ウーファー2万以内で考えています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4977729949254
アンプの候補を一つ挙げさせていただきました。
付属のマイクを使って、スピーカーの設定に合わせた音場に調整できるのが便利かと思います。
どれがいいかは店頭で試聴をして、気に入ったものを選ぶのが一番です。
価格コムなどで、良いと書かれているからといって、あなたにとっても本当に良いものかどうかは分かりません。
オーディオなどは良いというのは人それぞれなので。
ウーファーに関していえば、二万円以内ということなら、今のところはなしでも十分でしょう。むしろ、その分をアンプにかけて、ワンランク上にしておくのも良いかと思います。

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Qスーパーウーファーのネットワークとアンプの接続

ステレオ真空管アンプ(6CA7PP三結、OPT:FX-40-5 8Ωタップ) からフォステクスのネットワーク(フォステクス指定だと思いましたが間違えてるかも?) を接続、それから一個のスーパーウーファー(DSW461) に接続、1か月ほど使いましたが、アンプのOPTが熱くなったので使用をやめました。確か55℃位になったと思います。
接続に問題ありましたでしょうか?

今はこのアンプをステレオのスピーカーに繋いで使ってますが、OPTはそんなに熱くありません。が、チョーク(田村A-4003) が熱いです。チョークの電圧計っても通常でした。

以前どこかで「OPTの左右chをつないではいけない」とか見た気がしましたが、そうなのでしょうか?

Aベストアンサー

6CA7PP 様おじゃまします。

左右のトランス同士がアウト側で直結され短絡
と同じような状態になりますので発熱して当然です。
言うまでもなく合成された音は異相部分が打ち消され
元の音とは別物の音が再生されます。

基本的には「OPTの左右chをつないではいけない」
で合っています。

擬似という考え方なら左右の低音を一つに合成して
スーパーウーハーの駆動も可能ですが、
正確な音を再生するなら、一個のスーパーウーハー
を駆動させることは不可能です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング