知人の話なんですが、車で友人宅を訪問した際
(知人は車で来ていることをその友人に話していました)にアルコールを提供されました。(アルコールではないと友人には言われて)
知人はアルコールではないと言われていても、違和感があり車の運転は控えたそうです。
後日、友人に「この間家で出してくれた飲み物にアルコール入ってたよね?」と尋ねたところ
「だから何?結局、車の運転しなかったんだから問題ないじゃない」と言われたらしいです。
車の運転をするのを知っていて、アルコールをアルコールではないと言って飲ませて
もし、人身事故にでもなっていたら
アルコールを飲ませた友人にも責任が発生しますよね?
本当に車を運転するとは思わなかった。
本当にアルコールだとは思わずにアルコールを提供していた。
などの言い訳は通用しますか?

A 回答 (4件)

ドライバーにアルコールを進めたら法律で罰せられることになっています。


詰まりこの時点で勧めた人は法律違反です。
騙された人は状況により、飲酒の自覚が無かったのなら無罪でしょう。

但し、「まさか運転しないと思って勧めた」方も、「騙されて飲んでしまった」方もそれを何らかの事実(第3者の証言、証拠)で立証しないと、どちらの言い分が正しいかを争うことになるでしょう。

騙したり、騙されたふりして、飲酒運転の責任を軽くすることは出来ません。
    • good
    • 0

質問についてはその時の現象なので検挙されないと先は判りません。



その事よりもその方とのお付き合いをやめる事をお勧め致します、法律に違反する事を平気で出来る人です、今度何されるか判りません。
    • good
    • 0

通用しないですよ。

    • good
    • 0

知人であって、友人でなくてよかったね。


そんな奴はお付き合い無しだね、陥れられそうだ。
飲酒運転で事故を起こしたら、逮捕されて下手すりゃ刑務所ですから。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング