主人の生命保険のことですが、現在大手の生命保険に加入していますが、
見なおしを考えています。
住宅ロ-ンの団体生命保険にも加入し、ガン保険も別に入ってます。
別の生命保険、あるいは共済のようなものでもいいかなと
思っているのですが、解約するにも勇気が必要で・・・

何より、主人はここ数年前から軽い喘息の薬を処方してもらっているので、
症状は軽くとも、新規で生命保険に加入する場合、健康告知で引っかかり
加入できないのでは?と思うのですが・・・。
ちなみに、現在の生命保険に加入した後、3年後くらいに喘息になったので、
現在の保険なら問題なさそうですが・・・。

それと、私自身3年前に帝王切開で出産しています。
医療保険に加入したいと思っているのですが、やはり告知欄に
手術の項目で「はい」と答えますよね、
帝王切開は病気じゃなくても、保険加入の条件には難しいのでしょうか?

おわかりになるかたいらっしゃいましたら、
教えて下さい。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご不安な心中お察しします。

正しい判断を下していただきたく正確な情報をお伝えしたいと思います。文末にてアドバイスを述べます。

喘息は急性・短期の症状から慢性的なものまで幅広く分類されますが、体質的な要因も大きいと言われています。かく言う私もアレルギー体質でこれまでに5年~10年おきぐらいに喘息発作が発現します。適切な治療によって直ぐに「治まる」もののやはり体質が大きく影響するため「完治」という定義は難しいと医師から説明を受けています。

臨床医学では「症状が治る」ことを目的とするために喘息発作が治まれば良しとしますが、生命保険査定における生命保険医学では「将来に向けた危険度」を考えるため臨床医学とはいささか異なる見方をします。
生命保険医学が拠り所とする統計データでは疾病群ごとに「どれぐらいの確率で死亡したか」という死亡指数という指標を用いますが、喘息の死亡指数は交通事故死のそれよりも高いのが現実です。喘息は侮れない病気ということです。

こうした理由により「喘息」は生命保険、特に医療系商品の引受は困難です。ご主人は薬を処方されているとのことですが、これは「現症」と言ってほぼ全ての商品で引受は期待できません。

しかし、今後症状が消失し、薬の処方(医師の治療)が完了した後、5年ほど経過すれば、特定部位・特定疾病不担保や割増保険料を受諾することで引受けて貰える可能性は出てきます。もちろん引受不可(謝絶と言います)もあり得ます。私の扱った実例でも10数社で引受不可(謝絶)でしたが、ある国内社で条件付で引受してもらえたケースがあります。この辺は症状の程度や保険会社によって差があります。

帝王切開は上述の特定部位不担保により「子宮、卵巣卵管等」の不担保で引受が期待できると思われます。つまり次回の出産で異常分娩があっても給付金は受け取れませんが、それ以外の疾病・死亡はちゃんと保障しますよということです。ちなみに正常分娩はもともと医療保険の給付対象ではありません。
ただし経験則から申し上げると3年前とのことなので、その後婦人科系の疾病が無ければ無条件引受も期待できると思います。これも前述のとおり年齢、状況や保険会社によって異なる場合があります。

ここまでご覧いただくと暗いお気持ちになるかも知れません。たいへん申し訳なく思います。
ただしどんなに受け入れがたくても「告知しない」ということはしないで下さい。
ときどき告知しなくても「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説を耳にすることがありますが、これは嘘です。約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
と規定されています。(表現は簡略化・会社により相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約してから2年間に支払事由、つまり病気があればアウトになります。
また「バレルから」と考えてワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。

さらに約款には「詐欺による無効」という条項もあります。
●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません(※簡略化)

詐欺無効の規定には2年というような時効がありません。
告知義務違反や詐欺を争った裁判は数多くあります。以下は不実告知を詐欺と認めた判例です。

「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

告知義務違反をして保険加入するのは「保険」ではなく「賭博」です。絶対にしないで下さい。

以上を整理します。
●喘息は新規加入が厳しい
●帝王切開も同様だが喘息よりは期待がある
●症状や保険会社によって結果には差があるだろう
●不告知は告知義務違反や詐欺の危険性が高いので絶対にすべきではない

以上を踏まえてアドバイスです。
現在の保険の見直しの「理由」を良く精査してみてください。
●保険料負担のためということであれば、減額・特約解約といった手段が考えられます。
●保障が足りないとお考えであればご主人の勤務先での保障や(公的)社会保険制度を良く調べてみてはどうでしょう。ご主人がサラリーマンであれば死亡時の遺族厚生年金、入院したときは高額療養費や傷病手当金など、かなりの保障が既に確保されているはずです。

こうした情報はご質問文からだけでは良く分かりませんでしたが、保険とは解決すべき「不足」を解決する手段ですから、この「不足」が何なのかを深掘りしてから保険を考え始めても遅くないと考えます。今の生活が10だとして、万が一の時に公的保障等で(α)があるならば守るべき不足額は(β)です。(α)が正しく分からないと適切な保険(β)も分からないと思います。

長文乱文ですみません。どうか賢明なご判断をされますように。
なお生保一般についてのご相談は生命保険協会でも応じてくれますのでこちらもご利用してください。

参考URL:http://www.seiho.or.jp
    • good
    • 2
この回答へのお礼

sato3jokyou10さん、大変分かりやすく、かつ詳しく教えてくださいまして大変感謝しております。内容的な部分においては大分理解できました。主人の保険は現在の内容の見直しをして保険料をすこし抑える方向でいきたいと思います。とても分かりやすいご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2004/09/20 01:25

端的にお答えすると


・軽度の喘息でも、薬を処方中となると、謝絶(加入
 不可能)の可能性が高いです。
・帝王切開の場合、出産及び子宮関連の臓器に対して
 数年間保険の対象とならない「部位不担保」という
 条件がつく可能性があります。
新たな保険を検討されたら、その保険会社に問い合せ
てみられるのが一番でしょう。(会社により診査の
基準も違いますので)

いずれにしても、新たな生命保険に申込手続きをし、
成立してから、今の保険を解約する事をお忘れなく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

喘息だと解約して新規で保険に加入する事は難しそうですね。やはり今の保険の内容自体を見直しをしたほうがよさそうですね。参考なりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/20 01:20

ぜんそくの場合は、健康告知で引っかかるおそれがあります。

わたしも、○○○生命のおばちゃんに勧められて加入するとき、正直に痔の手術を告知したところ、免責の部位というのが付加されて、肛門とそれにかかる病気は適応除外になりました。
しかも、すでに治っていてたのにです。
それなのに、保険のおばちゃんが、保険料が高くならなくて良かったねと言ったので、腹が立ち、即解約しました。
その点、簡易保険は、5年の除斥期間がすめば、告知の内容は問われなくなりますから良いと思います。
痔のことを言わずに、簡保に入ったのですが、10年後ぐらいで胃潰瘍になって入院したとき、保険金がおりました。
ただ、今は、公社になっており、よく分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

症状がどうであれ、ぜんそくだと難しそうですね(*_*)
shinsenさんの経験談も参考になりました。ありがとうございます。また機会がありましたら、アドバイスよろしくお願いします。

お礼日時:2004/09/20 01:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について

子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について教えてください。

現在33歳の主婦、2歳と0歳の子供がおります。
現在外資系の保険に加入していますが、死亡時の受取額が小額であることと
保険料が高いことを受けて、現在保険の見直しをしています。
おおよそ自分が加入したい保険は絞り込めているのですが、契約書を記入する際に以下の手術暦が気になっています。

H16.4月 婦人科検診で子宮ポリープ発見。放置しても良いが妊娠したいならとったほうが良いと進められ日帰り手術を受ける。
H17.4月 普通分娩時、回旋異常のため分娩停止、帝王切開にて出産
H19.7月 帝王切開により第二子出産(特に異常はないが、一度帝王切開したので念のためということで)

過去の質問内容などを参照し、保険会社によっては条件つきで加入できるようなので、一度加入申込書を送ってみて
私が希望しない契約内容になりそうなら告知義務を越える(5年以上は告知しなくても良いようなので)時期まで待って再度申込みをしようと思っています。
そこで質問の本題です。
再度申込みをする際、保険会社のほうで「前回○○年に帝王切開したと書いてあったから、今回も条件付としよう」というような判断をする可能性はあるのでしょうか?
もしそれがあるのであれば、今回私の保険の見直しはしないで時期がきたら再度見直しをしようと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

子宮ポリープ手術&帝王切開出産後の生命保険・医療保険加入について教えてください。

現在33歳の主婦、2歳と0歳の子供がおります。
現在外資系の保険に加入していますが、死亡時の受取額が小額であることと
保険料が高いことを受けて、現在保険の見直しをしています。
おおよそ自分が加入したい保険は絞り込めているのですが、契約書を記入する際に以下の手術暦が気になっています。

H16.4月 婦人科検診で子宮ポリープ発見。放置しても良いが妊娠したいならとったほうが良いと進められ日帰り手術を受け...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の回答のように、多分期限付きで部位不担保が付く可能性が大きいと思います。

それで納得されるのならいいのですが、納得されない場合。
告知義務を超える5年を待って申し込みもいいのですが、その分年齢が今より上がって保険料がアップすることもよく考慮してみてください。

もし3年後くらいにまた妊娠して帝王切開になったとき、頼りになるのは今加入している外資系の保険ですよね。だったら、しばらくその保険を継続してもいいように思います。
死亡保険の受取額が小額であることが見直しの理由のひとつのようですが、だったら今のうちに新たに死亡保険だけを追加で加入して死亡時の保障を増額してはいかがでしょう。死亡だけを保障する保険なら、部位不担保だとかは全く関係なく今の年齢で加入できるでしょうから。

保険料が高いというのも、なぜ高いかのかもよく調べてみてください。同じ生命保険でも、終身保険と定期保険では保険料が全く違います。年齢が上がればその分保険料も高くなりますので、全く同じ条件なら若いときに入った今の保険のほうが保険料は安くなるのが普通です。

入っていた保険が必要ないものだったとか、ライフスタイルが変わって保険料が負担になっているというのなら解約するのもひとつの方法ですが、健康上に何らかの不安がある場合、既契約を解約するのは少し慎重になったほうがいいと思います。

No.1の回答のように、多分期限付きで部位不担保が付く可能性が大きいと思います。

それで納得されるのならいいのですが、納得されない場合。
告知義務を超える5年を待って申し込みもいいのですが、その分年齢が今より上がって保険料がアップすることもよく考慮してみてください。

もし3年後くらいにまた妊娠して帝王切開になったとき、頼りになるのは今加入している外資系の保険ですよね。だったら、しばらくその保険を継続してもいいように思います。
死亡保険の受取額が小額であることが見直しの理由...続きを読む

Q妊娠後(双子・帝王切開)の生命保険加入について・・・

今妊娠7週に入りました。
前回の検診で双子だと言う事が分かり、初産なので
間違いなく帝王切開だということも告げられました。
あいにく、結婚してから生命保険に一軒も加入しておらず、生協の保険と損保ジャパンひまわり生命というもの
の2つのみ妊娠後にも加入できると言う事を知りましたが、私の場合、すでに帝王切開だということも分かっておりますし、その事が分かっているとやはりこの2つとも加入する事は困難なのでしょうか???

まだ安定期ではない為、バニシングツインという事もありうるので(胎児の内一人が体内に吸収されて一人になってしまう現象で、結構な確立らしいです)
はっきりと双子の出産になるという確定は9月になるのです。
それまでになんとか加入しておく事が可能であれば、、、と思っているのですが、
お詳しい方がいらっしゃればご指導いただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

はじめまして。 ご質問の回答になればなによりです。

さて、妊娠中についての保険加入ですが、各社によって引き受け方は様々です。 しかし加入出来る会社は勿論ありますが#1・#2の回答のように『子宮』という部分については不担保(様はその部分については入院・手術があっても保障はしないという意味です)になります。 通常であれば妊娠中の不担保期間は1年間であると思われます。

ここで、覚えておいていただきたいのですが、帝王切開が決定した以上私は保険に今の内に加入する事をお勧めします。

なぜか・・・。 それは、帝王切開を行った後に保険加入した場合、保険会社の引き受け方は変わるからです。。

どこが・・・。 それは、不担保の期間が1年よりは長くなるでしょう。。3年とか、5年とか。

現在であれば、今回の入院・手術については見てくれないでしょう。 しかし、妊娠も含め子宮という部位についての入院・手術については今後、不担保期間が終われば保障してくれます。

何も無い事が一番ですし、何も無い事を願っておりますが、今回の妊娠だけでなく、今後の事も考慮して加入しておくことをおすすめします。

はじめまして。 ご質問の回答になればなによりです。

さて、妊娠中についての保険加入ですが、各社によって引き受け方は様々です。 しかし加入出来る会社は勿論ありますが#1・#2の回答のように『子宮』という部分については不担保(様はその部分については入院・手術があっても保障はしないという意味です)になります。 通常であれば妊娠中の不担保期間は1年間であると思われます。

ここで、覚えておいていただきたいのですが、帝王切開が決定した以上私は保険に今の内に加入する事をお勧めします...続きを読む

Q3月に帝王切開したばかりなのですが、今すぐに加入出来て、切迫や帝王切開

3月に帝王切開したばかりなのですが、今すぐに加入出来て、切迫や帝王切開、管理入院等の女性特約?でも支払われる保険ってないですかね…?

Aベストアンサー

(Q)コープの掛け金は大変お安いですが、
保障はしっかりしているのでしょうか?
(A)しっかり……という意味によります。
現役世代は良いとして、入院が多くなる高齢での保障が高額になります。
http://coopkyosai.coop/lineup/koureisya01/index.shtml
それでも、80歳までです。
女性の平均寿命は、約86歳です。

簡保の医療保障は、死亡保障と一体となっており、死亡保障を解約すれば、
医療保障もなくなるという欠点があります。
また、手術給付金が入院を条件にしており、
外来手術は支払の対象になりません。

一般論として、医療保険は、生命保険会の終身の医療保険をお勧めします。

(Q)がん保険はどこがオススメでしょうか?
(A)がん保険は、どこも一長一短です。
有名なのは……
アフラックのフォルテ
東京海上あんしん生命のがん治療支援
オリックスのビリーブ
日本興亜生命のがん保険
セコムのメディコム
などがあります。

フォルテか、がん治療支援保険がフルカバータイプのがん保険ですが、
保険料もそれなりに高くなります。

(Q)コープの掛け金は大変お安いですが、
保障はしっかりしているのでしょうか?
(A)しっかり……という意味によります。
現役世代は良いとして、入院が多くなる高齢での保障が高額になります。
http://coopkyosai.coop/lineup/koureisya01/index.shtml
それでも、80歳までです。
女性の平均寿命は、約86歳です。

簡保の医療保障は、死亡保障と一体となっており、死亡保障を解約すれば、
医療保障もなくなるという欠点があります。
また、手術給付金が入院を条件にしており、
外来手術は支払の対象になり...続きを読む

Q帝王切開後でも入れる生命保険・医療保険は?

今年で37歳の主婦で、4月下旬に帝王切開で男児を出産しました。妊娠中に全労災にたずねたらこくみん共済も、医療共済も退院後検診から2年経過しないと入れないとの事でした。今から、今後の病気に備えて入ることができる医療保障重視での生命保険、医療保険があれば教えてください。

Aベストアンサー

NO.2です。
他の病気でも支払われます。
もう子作り計画がなかったので誓約書にサインして加入しました。
全労災などは入れないのでしたら2年間だけ生保会社の保険に
入るのも案だと思います。

今の保険に入る前は明治安田生命に加入してましたが
保険に加入する時は一人目の子供妊娠してました。
妊娠していたので希望の保険内容では入れず
保険会社の指示の保険内容となってしまいました。
病気1日10000円を希望してましたが病気1日5000円までしか
支払われないと言う内容で加入しました。
一人目で帝王切開になるとは思わなかったので保険を辞めれず
二人目を出産したと同時に明治安田生命を辞めました。

今はSONY生命に加入してます。

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報