人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

地方公務員と国家公務員は違いますか?
それとも地方公務員は国家公務員の一種なのでしょうか?

A 回答 (6件)

違いますよ。


国家公務員は、中央政府(文部科学省や国土交通省など)所属の公務員のこと。
それに対して、地方公務員は、地方自治体の公務員を指します。

給与面は、
市区町村(政令指定都市含む)>都道府県>国
となっており、国よりも地方自治体の方が給与が高くなっています。

ちなみに、国家公務員には、いわゆるノルマ・実績重視になっており、実績がないと給与はもちろん昇級もしない…となっています。
(2年半(5期)、評価最低だと職務不適格とかで、免職されるとか聞いていますが)
    • good
    • 2

違うかというと違います。


両方上級職(国家は総合職)なら国家の方が早く昇進します。
地方上級、国家一般職なら、一概に言えませんが、一般的には地方上級の方が早く昇進します。

国家総合職の場合、省庁によっては、本省の課長時に県に部長として出向し、数年後に本省に帰ることもあります。
このような場合は、国家公務員→地方公務員→国家公務員という体験をする可能性もあります。

平均給与は、都会だと国家より高い地方公務員もあります(ラスパイレス係数>1)。
    • good
    • 1

国家公務員の方が給料がいいかと。

あと残業もかなりひどかったりする。
地方公務員は給料はそこそこでそこまで残業ないかなぁ。
    • good
    • 1

上位種です。

    • good
    • 1

国の職員が国家公務員


地方自治体(都道府県、市町村)の職員が地方公務員

採用する側の違いで、違う。
    • good
    • 2

同じような職種はあるが


全く違う職種もいろいろある
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員と地方公務員の違いは?

僕は公務員に就職したいのですが、今更恥ずかしながら国家公務員と地方公務員の仕事の違いを知らないのですが分かりやすく教えてください。またどちらの方がおススメですか?

Aベストアンサー

国家公務員は国の機関で働く人。財務省のような中央官庁、その傘下の行政機関、国立大学等の國立教育機関、国立博物館館員、国立医療機関、裁判官、検察官、自衛隊、警察庁、気象庁、・・・
地方公務員は地方(県、市町村)の期間で働く人。県庁職員、市役所、村役場、警察官(警視庁も地方公務員)、消防官、公立学校の教職員、行政従事者(ゴミの清掃職員)、地方公立病院の職員、・・・

国家公務員・・・国家レベルの仕事が出来る、ステータスが高い(結婚相手の評価やお金を借りるときの抜群)、給与が若干高い、天下り先がある、一流大学を出ていないと出世できない、転勤がある
地方公務員・・・その地方では信用度が高い、ものによっては中央からの出向者に牛耳られ面白くない、転勤がない、安定している

一流大学出で能力が有るならば迷わず国家公務員、いなかでのんびりゆっくりと安定した人生を送りたいならば地方公務員でしょうか。
あくまでも私見です。

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q国家公務員と地方公務員の違い

給料が違うのと試験の難易度が違うぐらいしか分からないのですが
他に違う点って他に何かありますか?

Aベストアンサー

 転勤が全国規模になるか、採用都道府県(市町村)内なのかが、大きく違う点でしょう。その他は感情的な面や、個人差が激しいので一概には言えません。将来、結婚したり、親の面倒見たり、長男だから家を継ぐ等の事がありますので、もし就職をお考えならば、良く検討する必要があると思います。


人気Q&Aランキング