毎日、甘いお菓子を3、4コ食べてしまいます。

例えば

朝 どらやき1コ
昼 ドーナツ1コ、饅頭1コ
夜 プリン1コ

のような感じです。
ご飯は朝、昼、晩と食べています。

顎のニキビも肌荒れも便秘も酷いので辞めたいと思ってます。

ネットでみると普段は全く食べずに週に1、2回ご褒美としてケーキや好きなスイーツを食べるのがストレスも堪らずに良いと書いてありました。

しかし一週間の内の5日間甘いお菓子を全く食べないというのが耐えきれるのか、週に1、2回食べれても他の日に我慢できるのか、ストレスが溜まりそうで怖いです( ; ; )


食べない日を作るのではなくて毎日食べてもいいことにしてその代わり200カロリーまでに抑えるという形でも健康や美容に害はないんでしょうか?

皆さんは甘いもの毎日食べますか?
それともたまに食べますか?

たまにと答えた方は健康、美容共に好調ですか?

A 回答 (8件)

ご返信ありがとうございます。


僕もやっぱり質問者さんと同じで、簡単にはお菓子を一切食べないようになんてムリでしたよ。

僕も子供の頃は甘いものやご飯を好きなように食べる生活をしていました。
とても太っていて虫歯も多かったです。

子供の頃に依存性のあるものを食べる生活をしていると、当然依存が強くなります。たばこやお酒が20歳まで禁止なのもそのためです。節度のある量で我慢できずアル中やヘビースモーカーになったり、やめるのも大変になってしまう。

ただ、身体に悪い自覚はありました。好きだと思っていても、食べた後は胸焼けしたり、身体がだるくなったり、口の中がネバついたり、本当は何もいいことが無いのが冷静に考えると気付くことができます。甘いものでストレス解消どころか、甘いもの食べてよかったーなんてストレス解消になることなんて絶対にない。

だから、もう「身を亡ぼす毒」だと思って、よほどほしい時でない限りは食べないという気持ちをずっと持っていたと思います。それでも時々衝動的に欲しくなって、結局時々チョコとかシュークリームとか買ってしまっていました。

そして、ただ我慢するだけでなく少し工夫しました。
工夫したのは、
運動をするようにしたこと。
間食する場合に甘いものではなく、イカやソーセージ、チーズ、ゆで卵などオツマミや普通のおかずを間食するようにしたこと。甘いものが欲しい時も、ゼロカロリー飲料やゼリーなど「糖分」が入っていないものを食べるようにしたこと。

特に運動習慣の効果は大きいです。脳の依存に弱い部分に働きかけて、甘いものやタバコなどが欲しくなる欲求をかなり弱めてくれます。現在は過食症やうつ病さえ、薬での治療よりも効果が高いという研究が進んでいます。
ちなみにうつ病と診断される体調不良のうち、大半が糖質の食べ過ぎによるものだとも言われています。

「甘いもの セロトン ドーパミン 運動」これらのキーワードでGoogle検索して、脳と糖分と運動の関係についてご自身で調べてみてください。

そういう感じで、いくつかの工夫と、糖分がいかに体に悪いのかということを頭に叩き込む生活をしているうちに、衝動的に食べたくなる頻度は数か月ごとに徐々に減っていきました。

今、ふと気づくと、お菓子が世の中にあるってことも他人事で、コンビニにお菓子コーナーがあることも忘れています。ここ2~3ヶ月ぐらいで食べたのは、たぶん2ヶ月ぐらい前に飲み会でポッキーゲームやった時のポッキー2本ぐらい。貰わないと食べる機会が無い。

甘いものが苦手だって人がたまにいると思いますが、そういう感覚なんだと思いますね。
デパチカで打ってる良いスイーツなどは美味しく食べることができますが、そこらへんで売ってる糖分の入っているコーヒーや、ゼロではないコーラなどを飲むと、砂糖が以上に甘ったるくて口の中にねばりついて不快です。
普通のコーラやジュースなんて、シロップ入った子供用風邪薬でも飲んでるような気持になり、一口ぐらいしか飲めないし、すぐ歯を磨きたくなります。

糖質制限をしている人も、そうなると本に書いてありました。お菓子だけでなく、あんかけなどの調味料も、甘すぎるソースなども、でんぷん(糖質)が多くて口の中に違和感が出て、ちょっと苦手になってくる。


まとめると、
普段我慢して、定期的に食べようなんて考えず、嫌いになってやめようと思う事が大事。
ただし、絶対食べちゃいけないわけじゃないし、食べたら台無しなんてこともない。時には食べたくなって買いこんでも、気を落とさないで次の日からまた普通に食べないようにすればいい。あるいは絶対1個と決めるとか。

あとは辛さを和らげるために、運動したり、甘いものじゃない間食、ゼロカロリーで代用。
そうしているうちにきっといらなくなっていきますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
本当にご丁寧に答えて下さり助かります。

アドバイスを胸にこれから取り組みます。

ベストアンサーに選ばせて頂きます。


他の皆さまも丁寧に答えて下さりありがとうございます。

お礼日時:2017/11/16 17:52

(´ε`;)ウーン…、、食べてもいいけど


その摂取したカロリー分運動して消費すればいいんだよ!!

そうすりゃ食べるのを我慢しなくてもいいだろ?(笑)
    • good
    • 0

昔は毎日に近いぐらい食べていたけど、今は1ヶ月に1~2回とか、職場でお土産がみんなに配られた時ぐらい。


皆で食事に行っても、デザートとか付き合いで食べるときもあるか無いか。
でも、そのように甘いものがぜんぜん欲しくなくなるまでは長い期間かかったような気がします。

甘いものというのは、食べるとスイッチが入ってもっと欲しくなったり辞められなくなったりするし、食べないでいると依存から抜けてあまり欲しくなくなっていくものです。どうしても衝動的に食べたいときだけちょこっとレジ際でチロルチョコ2個ぐらい買うとかにして、基本は一切食べないつもりで生活してればいずれ要らなくなりますよ。

>ネットでみると普段は全く食べずに週に1、2回ご褒美としてケーキや好きなスイーツを食べるのがストレスも堪らずに良いと書いてありました。

デタラメとしか思えません。
「自分にご褒美」
これ言う人はダイエット絶対できないタイプって言われてますね。
ネットで書いてるその情報は、専門家とか本当にダイエットして痩せて体型を維持している人が書いてるものですか?

甘いものへの欲求というのは、喫煙者がタバコを吸うのや麻薬中毒者が麻薬を求めるのとまったく同じ脳の働きによるもの。
お菓子食べなくても平気になることを普通は目指すのであって、痩せたら食べようとか、何曜日には食べるだとか、常に食べるのを前提にしている限り苦しいだけです。

例えば普通タバコを辞めた人は、月に1回なら自分にご褒美でOKなんてありえないこと考えないですよ。
せっかく依存から抜けてくのに、度々吸ってたらいつまでも苦しいだけなので、吸わないでいても平気になれるよう煙草に縛られない自由な生活を目指すと思います。

甘いもんも同じ。
食べることで次にまた欲しいとい循環を生むので、
減らすというのはやめることより苦しいことです。

甘いものは、おいしいから好きだと思っている人が多いけれど、単に糖質中毒で脳からドーパミンが出るから美味しいと思い込んでいるだけで、喫煙者がタバコを吸いたくなったりするのと同じ感覚で味とは無関係なものです。

中毒から抜けると、特に前ほど欲しいとは思わなくなっていきます。

果物は、ビタミンや食物繊維も含まれているから美容に良いというだけで、糖分は糖分。普通に売ってる果物は糖分を増やすように品種改良されているので、あまり摂りすぎるべきではありませんね。でも、お菓子ほど依存になることは少ないと思います。
リンゴは抗酸化作用や整腸作用もありますし、美容やダイエットにも良い果物です。お菓子みたいに依存性が出てやめられなくなるようなことはありませんので、マシかもしれません。ただ、蜂蜜なら太らないとか美容に良いというのはほぼ迷信で、普通に糖分の塊です。

甘いものをずっととらないで慣れてしまうと、ハーブティーなどのほんのちょっぴりの甘味でも美味しいと感じるようになるし、食べたい食べたいと悩まなくなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に答えて下さりありがとうございます。

どの回答もとても納得いきます。

砂糖は依存性があり、減らしたとしてもまた欲が出てしまう。
ましてやご褒美にすることで余計に苦しんできまう。

私は甘いお菓子が常にあるような家庭で育ちました。

そんな習慣でも太ることはなく痩せ型ですがニキビの出来やすい体質なことからニキビに悩み続けました( ; ; )

今は一人暮らしで自分が食べる物は自由に選べるので、甘いお菓子を食べないように我慢したりしましたが三日坊主でストレスが酷かったのでだったら毎日少量にしようと決めて最近減らしましたが一口食べるとまた食べたくなり昼にも夜にも普通に食べてしまってます。

パイレーツさんは甘いものが欲しくなくなるまでは長い期間がかかったと書かれてまずが、その期間は全く甘いものを食べなかったんですか?

それとも職場のお土産や付き合いの時は食べて、普段は全く食べないという形ですか?

我慢できずに食べてしまったことはありますか?
または我慢しても食べたくなったときどうされていましたか?

長い期間というのはどのくらいかかりましたか??

質問責めすみません( ; ; )

甘い物断ちはタバコと同じくらい難しいものかと思いますが、どうしても変わりたいです。

お礼日時:2017/11/15 12:43

チョコなどは、1ヶ月に3~4回くらい食べています!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくださりありがとうございます!
私もそのくらいのペースに落とせるように頑張ります!

お礼日時:2017/11/15 12:10

お菓子を果物に変えてみたら?柿、リンゴ、バナナ、パイン、みかん。

ハチミツにアレルギーがないのなら、レモンのハチミツ漬け。そして、
砂糖の代わりにドラッグストアでラカントと言う甘味料を使いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

果物ですね!
果物の甘みは大丈夫なんでしょうか?
美容や健康に良いイメージはありますが。

お礼日時:2017/11/14 21:41

今日は板チョコ一個とじゃがりこと小さいどら焼き一個です!笑


毎日このような感じですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
それで肌も荒れないなんて羨ましいです( ; ; )

お礼日時:2017/11/14 21:40

求めている回答になってなかったらすみません(>_<)


私はチョコレートやグミを食べるのをやめ、どうしても何か食べたい時にはカロリー0の蒟蒻ゼリーを食べるようにしてみました。
体質にもよると思いますが、そうしてみた結果以前より体重が減り、お肌のトラブルもほとんどなくなりました!
今では蒟蒻ゼリー以外に甘いものを食べないのも全く苦にならなくなりました(^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ゼリー試してみます!

rila_momoさんは普段をゼリーにしてたまにケーキやチョコなどを食べている状態ですか??

お礼日時:2017/11/14 20:37

わたしは毎日食べますよ!特にニキビとかはありませんし、体重も普通です。

ただ、7時以降は食べないようにしています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
どのくらいの量を食べますか??

お礼日時:2017/11/14 20:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング