加計学園の認可について安倍晋三総理大臣は丁寧な説明してないですよね?

A 回答 (14件中1~10件)

『丁寧な説明』どころか、基本的な説明をしていません。


はぐらかしや論点のすり替えに終止している。
安倍総理が一貫して言っているのは、「私が何か指示をしたとかいうことは誰も言っていない(だから何の問題も無い)」ということ。
しかし、指示をしたか否かが問題なのではない。
この点を総理はわかってないのか、あるいはしらばっくれているのか。

獣医学部新設は、あくまで国家戦略特区の一環として認められるものです。
獣医学部ならなんでも良いというのではなく、新設を認める際には条件を付けようじゃないか、ということが2015年6月30日に閣議決定された。
閣議決定の内容は『日本再興戦略 改訂 2015』としてまとめられている。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pd …
この121ページには、次のような項目がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑭ 獣医師養成系大学・学部の新設に関する検討
a.現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し、
b.ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり、かつ、
c.既存の大学・学部では対応困難な場合には、
d.近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pd …
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これがいわゆる【 石破4条件 】と呼ばれるもの。
閣議決定というのは極めて重要な意味を持つものであって、内閣法には、
第6条 内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。
http://www.houko.com/00/01/S22/005.HTM
という規定もあり、つまり安倍総理は可能な限り【 石破4条件 】に合致するような獣医学部を新設するよう努める義務があるわけです。
重要なのは、単に岩盤規制にドリルで穴を開けさえすればそれで良い、ということではないということ。
しかし、彼は『【 石破4条件 】に合致するような獣医学部を新設するよう努める義務』を果たしていない。
以下に根拠を述べます。

獣医学部新設に関しては加計学園・今治市だけではなく、京都産業大学・京都府も獣医学部を新設したいと提案をしていました。
2016年10月17日 京都産業大は20ページにおよぶ提案書を諮問会議のワーキンググループに提出。この内容によると同学は鳥インフルエンザの世界的研究機関を持ち、また、IPS細胞で著名な山中伸弥教授を擁する京都大学との連携も確保しており、ライフサイエンスなど新たな分野での研究が大いに期待可能な存在であることがわかります。
つまり、【 石破4条件 】に合致する要件(可能性)を十分に持っていた。
ところが内閣府は、京都産業大学がクリアできないような期限をつけて公募を告示したのです。
経緯は以下のとおり。
2017年1月4日 国家戦略特区として獣医学部新設の告示。実施主体の応募開始。応募条件は、2018年(平成30年)4月に新設可能なこと、設置は1校に限って認めるというもの。11日まで公募。
2017年1月10日 加計学園一校だけが応募。
2017年1月12日 内閣府・文科省などが実施主体を加計学園に決定。
2017年3月31日 加計学園が文部科学省に設置認可を申請。
わずか1年4ヶ月あまりしか準備期間が無いため、京産大は到底間に合わないとして応募を断念せざるを得ませんでした。
そもそも、これほど短期間で、ひとつの大学(学部)を新設することなどできるはずはない。
加計学園に対しては早い時期から内閣府や官邸、文科省などから手取り足取りの助言指導が行われていたため、2018年(平成30年)4月の開学が可能になるわけ。
しかし、本来であれば、複数校が応募できて、その後それらの内容を比較検討し【 石破4条件 】に合致する可能性が高いものを認可する、というのが合理的かつ公正な手順でしょう。
『早すぎる公募期限』の設定により、こうした手順は失われたわけです。(国家戦略特区諮問会議議長としての安倍総理は当然こうした事実を十分に認識していた)
つまり、安倍総理は、『【 石破4条件 】に合致するような獣医学部を新設するよう努める義務』を果たしていない、と言わざるを得ません。(内閣法第6条違反という疑いも捨てきれない)
さらに、その義務を果たさなかった理由は、「腹心の友」加計孝太郎理事長の希望を叶えてあげるため、つまり加計学園を優遇するためだったとしか考えられない。
「違う」と言いたいのであれば、安倍総理は以下の点について納得のいく説明責任を果たす必要がある。
説明すべき点は多様に派生していくでしょうが、基本的には次の一点に収斂するでしょう。

《 なぜ、加計学園以外はクリアできないような期限をつけて公募を告示したのか? 》

内閣府の山本幸三前大臣は「スピード感が大事」と言ってましたが、国家戦略特区としての新設なのですから、「産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成」という基本方針を無視してまでスピードを優先するのは本末転倒であり明らかに誤り。詭弁か虚偽答弁と言われても止むを得ない。
同じ説明を総理が繰り返すようなら、わたしはさらに問いたい。

《 『【 石破4条件 】に合致するような獣医学部を新設するよう努める義務』よりもスピード感を優先したのですか? 》と。

いずれにせよ、野党が論点をきっちりと絞ってまともな追求をしてくれるかどうか。
特別国会は野党の手腕が試される場ともなりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(*^^*)全部読みました!安倍晋三に読ませたいです(^∧^)

お礼日時:2017/11/15 22:56

岩盤「を」忖度した、とは言いにくい。

    • good
    • 0

必要ないと思います。


もし必要なら、全ての大学の審議内容の公表を求めるのでしょうか。
無駄のように思います。
国会では、国益を踏まえたもう少し真面目な議論をして欲しいですね。
    • good
    • 6

加計学園問題!


いつまでやってるんだと思います。
安倍さんは丁寧に説明と言えませんが、ちゃんと説明をしてると思います!
加計、森友問題より経済とか北朝鮮の方が重要ですよ。
    • good
    • 5

証拠も無いのに、色眼鏡でしか見れない方々に、


色眼鏡も無いのに、知る範囲の事を説明しても、
像がゆがんでいる方々の納得が、得られるわけがない。

幾ら「丁寧に」説明しても、色眼鏡で、像がゆがんで見える方々が、
理解できるわけがない。

単純に、問題だと確信があるなら、訴訟を起こして、
司法の判断を仰ぐべき。

少なくとも、国民の判断は、明確に提示されています。

国民は、色眼鏡のゆがんだ像に、うんざりしています。
だから、質疑時間を、「適正に」矯正されることになる。
    • good
    • 5

聞く知恵ない野党にこれ以上どうしろと云うねん。

    • good
    • 3

石破4条件についてきちんと精査していないし、国内に獣医師が不足していると言いながら、募集に外国人枠を設けているなど、矛盾だらけです。

    • good
    • 0

面倒なので、これでも聞いてください。


    • good
    • 4

行政が加計学園認可で安倍首相に忖度したかどうかを


安倍首相に説明しろというのですか?
仮に忖度があったとしても、行政のやったことでしょ?
安倍首相がそんなこと説明しようがないと思いますよ。

安倍首相が「忖度があった」と答弁しない限り丁寧な説明とはみなされない以上
永遠に丁寧な説明など不可能だと思います。
これまでも「加計氏からはいろんな頼みごとをしてこないからここまで付き合えた」と説明しており
それを否定する事実は何もないわけです。現在の加計学園がここまで発展してきたのは
加計氏やその父親の努力によるものではなく、安倍首相が力添えしたからだというのでしょうか?
野党の追及は単に憶測だけで「忖度があったに違いない」と言っているだけです。
だったら加戸守行前愛媛県知事の以下のような発言をどう説明するつもりでしょうか?

http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt17 …

こういうことは無視し、一方的に「忖度があった」「説明がない」とがなり立てるのは
いたずらに時間稼ぎをしようという魂胆に思えます。

私は自民支持者でも安倍支持者でもありませんが、もうそろそろ別の話題に切り替えて欲しいですね。
    • good
    • 6

なぜ「自民党の目玉「行政」政策である特区」の状況を、行政のトップの首相が知らなかったのか?



なぜ「じゃあ、加計学園以外もどんどん認可しましょう!」とか、逆切れを疑わせることを口走ったのか?

なぜ、自分が首相の時に、自分の40年来(でしたっけ?)の友人の学校法人が認定され、一方で「京都大学」という実績も経験知名度も、なにもかも申し分ない学校の認可がされなかったのか。



まだいろいろ分からないことがあるような気がしますが・・・



(1)
「知らない、分からない」という首相の答弁の、とてつもない問題。
(官僚が首相を無視して政治をしている状態であるという事。安倍総理が官僚に無視されているという事につながる。つまり、自民党は民主党同様官僚を使えない政党という事になる。民主主義国家の崩壊を意味する)


(2)
「よりによって、なぜ行政目玉の特区政策で、行政の長の友人の学校法人がピンポイントなのか」
(安倍氏のファミリーが、日本の国庫から私的にお金を引き出しているように見える状態。つまり、国のお金を、自分の身内に配る、つまり国を盗む人なのではないかという大問題)


この二つの問題に集約されるでしょうね。
何一つ納得できる説明がされていないし、間違いを犯したのであれば、謝るべきです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング