本を探しています。ジャンルは問いません。
ご存知、お勧めの物などありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

漫画で面白いものなら「BECK]ではないでしょうか。

ハロルド作石さんの本です。
私もまだ読みかけですが…。

参考URL:http://www.beck.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。参考URLもありがとうございます。お陰で書店で見かけたことのある物だと気付きました。ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:39

#3にて既出の「青春デンデケデケデケ」が思い浮かびます。

(読んでませんが)

そこで異色なところ(^^;、川口松太郎の「鶴八鶴次郎」をあげます。

新内語り(浄瑠璃のようなものカナ)の芸人コンビ、女三味線と男太夫のお話で、日頃ふたりはイキの合わせ方で喧嘩ばかりしてますが、ついに男がプロポーズします。女は「お前さん、やっと言ってくれたか」という感じで喜んで受けるのですが、運命は味方せず、その後は悲恋の展開となります。

ふたりの得意は難しいとされる「膝栗毛の赤坂並木」。
♪これは関の東に住む、弥次朗兵衛
と鶴次郎がかかれば、鶴八が間髪を入れぬ素早やさで引き取り、
♪喜多八と申す者にて候
♪ツン、♪ツン、♪ツンツン、二の糸の弾き出しに兎の毛で突いたほどの隙もなく、ピタリピタリとイキが合って行く。

爪弾かれる三味線の音色に混じって、芸人としてのパートナー、人生でのパートナーとしての男女の姿が浮かび上がってくる、新内語りが何か知らなくても楽しめる、しんみりと悲しい一篇です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。これまた面白そうな作品ですね!ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:59

漫画本ですが、まあ、参考までに。



TKO(作)竹谷州史(画)『皆殺しのマリア』全3巻
本当の天才と偽者の天才のサクセス物語です。


この本を読んだら、昔TV番組でパンツ騒動があったのを思い出しました(笑)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757717 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。参考URLもありがとうございます。以前掲載誌でちょこっと見たことがあったのを思い出しました。ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:57

栗本薫ばかりですが…(^^;



ハードラックウーマン
キャバレー
黄昏のローレライ(キャバレー2)
身も心も

辺りがオススメかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。栗本作品にもこんなにあったんですね!ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:53

講談社文庫から出ている、デイヴィット・ハンドラーの「真夜中のミュージシャン」はどうですか?


某バンドが浮かんでしまいますが(汗)
ミステリー物です。
作家が探偵のようなお話のシリーズの一つで、イギリスロック界のスターの自叙伝(回想録)を執筆するため、彼の話を聞きに行った作家。
裏話も色々してもらって面白いものになりそうだ・・・
と思ったら命を狙われ始める。
過去を探って欲しくない人物がいるようだ・・・・

といったミステリー物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。海外物のミステリーですか!?面白そうですね。某バンドが気になります(笑)ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:52

 ひかわ玲子さんの「ラヴェンダー野のユニコーン」から、始まるシリーズはいかがですか?「パールピンクな妖精(フェアリー)」「スターライトに濡れて」「蒼のムーン・ラビリンス」「薔薇月夜のプリンセス」と、続きます。



 また、若木未生さんの「Glass heart
」も、メジャーデビューしたバンドが主人公です。

 かなり古い作品ですが、堀田あけみさんの「Shout 愛するために生まれた魂(ソウル)」というものもあります。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。挙げて下さった作家さんの名前や別の作品は読んだことがありましたが、教えて下さった作品は皆未読でした。ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:49

バンド小説と聞いてまっさきに思い浮かぶのはこれです。

「青春デンデケデケデケ」 河出文庫他
芦原 すなお (著)。もっともプロのバンドではなく、ど素人バンドですが、直木賞もとった作品です。以下アマゾンサイトの解説の引用です「1965年の春休み、ラジオから流れるベンチャーズのギターがぼくを変えた。"やーっぱりロックでなけらいかん"―。四国の田舎町の高校生たちがくりひろげる抱腹絶倒、元気印の、ロックと友情と恋の物語。青春バンド小説決定版。直木賞、文芸賞受賞作。」


で、すみません、わたし未読だったりします;
映画にもなったようでいつか読んでみたいですが。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309403 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。参考URLもありがとうございます。タイトルだけは聞いたことがありましたが、私も未読でした。ぜひ読んで見ます。

お礼日時:2004/09/21 17:46

花村萬月『ゴッド・ブレイス物語』集英社文庫



ブルース・バンド(「ブルースよりロックぽっくて、ロックよりはブルースっぽい音楽」を演奏するバンド)の成長物語。
話の展開や会話に突っ込みたくなるところが多々あるのですが、ブルースが聴こえてくる本です。



小林信彦『ビートルズの優しい夜』新潮文庫 

ビートルズが活躍した時代を背景にしたオムニバス。当時日本でビートルズがどのように評価されていたかがよくわかる小説。

『イエスタデイ・ワンス・モア』
『イエスタデイ・ワンス・モア Part 2 ミート・ザ・ビートルズ』
もお薦め。

ただし紹介した小林信彦の3冊はすべて絶版のようなので古書店で入手してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼を述べるのが遅くなって申し訳ありません。沢山教えて下さって嬉しいです。小林信彦作品は古書店で探してみます。

お礼日時:2004/09/21 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の暮らしについて書かれている本を探しています。 昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本

日本の暮らしについて書かれている本を探しています。
昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本ではなく、現代の田舎等にスポットに当てた本はありますでしょうか。
なるべく家庭的な和食で、工芸品なども書かれていて…読みやすく写真が多い本がいいです。

Aベストアンサー

現代の農村・山村・漁村などについては、中川重年監修『日本の里山日本の里海』(全6巻)↓がくわしいようです。
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061143/

時代は少し古いですが、芳賀日出男『日本の民俗 祭りと芸能』/『暮らしと生業』↓も、写真が豊富です。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655165/
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655166/

Qこんな感じの本、ご存知でしたら教えてください

コバルト文庫、電撃文庫のようにイラストが可愛らしい本で
次のような雰囲気の本をご存知でしたらぜひ教えてください。
・「王宮ロマンス革命」のような時代や場所での恋愛物
・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
・和風、もしくは中華風恋愛物
・「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のような重い話
上記のような系統にひとつでも当てはまるものがあれば教えてください。
当てはまらなくてもこれはお勧めという本があればお願いします。
できれば文庫本がいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>・「マリア様がみてる」のようなあまり過激な表現のない百合物
>・和風、もしくは中華風恋愛物
 上記二つがあてはまる作品として、「夢の宮 月下友人」(上下)(今野緒雪・集英社コバルト文庫)をおすすめします。
 恋愛ものでありつつ、べったりな友情もあり、という美味しい作品です(笑)。
 舞台は、どことなく中華風な世界でのある国。後宮が「夢の宮」と呼ばれていて、この「夢の宮」を舞台とした、ほぼ続いていない話がこのシリーズになっています。他の巻は読まなくても話が通る作品がほとんどで、この作品もそうです。
 幼なじみで性格は反対だけど仲の良い女友達が、王宮に仕えることになってさみしくなった主人公が、王宮にある図書室で働こうとするところから話が始まります。

Qソフトバンクや孫正義について、どちらかというと否定的な内容の本をご存知ありませんか? 例えば、アスキ

ソフトバンクや孫正義について、どちらかというと否定的な内容の本をご存知ありませんか?
例えば、アスキーのパクリ雑誌を作っていたことや、怪しい会社がいつの間にかキャリアの1つになった過程など、「孫正義は偉大だ、孫正義の50年計画だ」というものではない本を探しています。

ソフトバンクの本は孫正義の礼賛するものしかなく、もっと別の角度から成長の過程などを知りたいです。

『ソフトバンクの深層』という本は読みました。

Aベストアンサー

別に本を読まなくても、すべてがパクリ、機を見るに敏ではあり、早くにシスコにはる等、ファンドとしての天才的才能はあるが、別に世の中に何も生み出していないって誰でもしっていること。

・もとは、クソみたいなソフト集めて横流しして倒産。
・雑誌は、質問者の言うとおりパクリもの。
・ADSLは、ベンチャーを、エグい作戦で崩壊させ、救ったフリでして技術・ビジネスモデルともに乗っ取り。
・JT買収しても何もおこらず、新しい取り組みは全部潰し、ユーザには恩恵なし。
・やること付きて、ブラフで携帯免許取得も計画ひっくり返して、ボーダフォンを買収。
・クソみたいなボロボロネットワークを、ほとんど投資せずボロボロのままで運用。
・技術もなくてベンダーに丸投げ。
・さらに待望のiPhone(そんさんが気がつく5年以上前からみんな待ってた)独占して、せっかくのイノベーションを、他の素晴らしいネットワークで使える機会を妨害。
・ばかなユーザがブランディングにだまされiPhoneに飛びつき、インチキネットワークを10年使いさせつづけ、ボロ儲けした。(だって投資しないから)
・イノベーションを起こしたように見せかけるのだけはうまく、したがって多くの人が騙されているが、生み出したものはなにひとつない。
・売れてもいないSIMを、いろいろな手法で、割増出荷に見せかけ、契約数NO1を偽装。ばれると、契約数公開を取りやめ。
・孫さんもソフトバンクもなくても、だれも困らないし何もかわらないし携帯も安くならないし製品もうまれてない。
・復興資金を寄付にみせかけ、マネジメントに払う莫大な金を、自前の基金に流して脱税。好きなときに、財布代わりで豪遊。
・それよりたちがわるいのは、ドコモやKDDIを批判して、革新のポジションをとりながら、じつはライバル以上に規制産業の恩恵を受けて、ユーザーからむりしとるエグい商売をしている。
・いまでも総務省の革新案に、保守的に反対するのはソフトバンクだけ。
・おなじボロ儲けしようと、アメリカ乗り込んだが大失敗。
・ロボットやら、AIやら、やっているが、これまた何も起こらず。どんどん技術者はいなくなる。
・ブラフによる信用創造がなくなると、倒産の危機とよんだか、なぜかARMを買収して、世界一だと大騒ぎ。

こんなくずに、ファンドの才能を与えた神様を恨みますね。
かれがいなければ、もっといろいろなものが、健全な市場の中で、淘汰や生き残りを繰り返すことで、本当のイノベーションが生まれたと思います。
資本主義の負を象徴した存在だと思います。

別に本を読まなくても、すべてがパクリ、機を見るに敏ではあり、早くにシスコにはる等、ファンドとしての天才的才能はあるが、別に世の中に何も生み出していないって誰でもしっていること。

・もとは、クソみたいなソフト集めて横流しして倒産。
・雑誌は、質問者の言うとおりパクリもの。
・ADSLは、ベンチャーを、エグい作戦で崩壊させ、救ったフリでして技術・ビジネスモデルともに乗っ取り。
・JT買収しても何もおこらず、新しい取り組みは全部潰し、ユーザには恩恵なし。
・やること付きて、ブラフで携帯免...続きを読む

Q戦争物の本を探しています。

今日和。戦争物の本を探しています。
日本人やユダヤ人視点の戦争物は結構読んだのですが、アメリカや中国などの国の本をあまり知りません。
できたらですが、解説書ではなく物語調のもの希望です。
戦争で優位に立っている国の話や、日本人に迫害された中国や韓国の話、また当時外国に居た日本人の話し、日本に居た外国人の事が分かるような話がいいです。
どなたかお薦めがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

それではアメリカの戦記などを。
まずは、スタッズ・ターケル「よい戦争」晶文社(中山容など訳)
第二次大戦を生きたアメリカ人たちへのインタビュー集です。
軍人だけでなく、140人近いアメリカ人らへの聞き語りを通じて、彼らにとっての第二次大戦を浮き彫りにした本です。
文章は話し言葉の逐語録で、彼らの生の言葉に触れる機会になるでしょう。

他には、宇佐美承「さよなら日本-絵本作家八島太郎と光子の亡命」晶文社。もあります。
戦前に労働運動などにかかわったためにアメリカに夫婦で亡命した絵本作家の話です。
八島太郎は、絵本「からすたろう」などで知られています。

Q王国史や宮廷陰謀などのある本のお勧めを教えてください

「ナルニア国物語」や「ベルサイユのバラ」から始まって、王国史や宮廷内の陰謀等を描いた小説に興味があります。皆様のお勧めを教えてください。
ご参考までに、今まで読んで特に好きだったもの
○「アイルの書」シリーズ ナンシー・スプリンガー著(ハヤカワFT
○「ファーシーア」シリーズ ロビン・ホブ著(創元推理文庫)
○「イルスの竪琴」シリーズ P・A・マキリップ著(ハヤカワFT)
○「やさしい竜の殺し方」シリーズ 津守時生著(角川スニーカー等)
○「デルフィニア戦記」茅田砂胡著(中公)
○「ローズハンター」シリーズ(特に1冊目)コニー・ブロックウェイ著(ライムブックス)
途中まで読みかけのもの
○「デイルマーク王国史」シリーズ D・ウィンジョーンズ著
(創元推理文庫)
呼んで挫折したもの
○「十二国記」小野不由美 名作ですし、3巻までは読んだのですが、地名と名前が漢字表記なのが苦手でした(汗)。一方、同じく名作の「精霊の守り人」シリーズは韓国風ですが、地名氏名とも片仮名表記でしたし大好きなシリーズでした。
○コバルトから出ている、久美何某様の「竜」の本
「やさしい竜の殺し方」にのめりこんでいた頃、同じような「竜」がつく本で検索したのですが、全くだめでした。(ファンの方申し訳ありません)

ファンタジーからヒストリカルロマンスと雑食で、幾分801気味な気もしますが、そうでないものも大歓迎です。藤本ひとみ著「ブルボン」や「ハプスブルク」も購入予定です。
上記にあるお気に入りの本も、インターネットで皆様が勧められているものの中から出会えた本達です。是非皆様のお勧めを教えてください。よろしくお願いします。 

「ナルニア国物語」や「ベルサイユのバラ」から始まって、王国史や宮廷内の陰謀等を描いた小説に興味があります。皆様のお勧めを教えてください。
ご参考までに、今まで読んで特に好きだったもの
○「アイルの書」シリーズ ナンシー・スプリンガー著(ハヤカワFT
○「ファーシーア」シリーズ ロビン・ホブ著(創元推理文庫)
○「イルスの竪琴」シリーズ P・A・マキリップ著(ハヤカワFT)
○「やさしい竜の殺し方」シリーズ 津守時生著(角川スニーカー等)
○「デルフィニア戦記」茅田砂胡著(中公)
○「...続きを読む

Aベストアンサー

アルスラーン戦記:田中芳樹
後宮小説:酒見賢一
蒼穹の昴:浅田次郎

はいかがでしょう。
読み応えは、上にいくほどライトです。笑

ご参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報