純金(99.99%)のリップが特許を取って出ましたが、見た目以外に金Auの人体の影響(良い意味での)など何かありますか? 金属としての金の利用法は(金メッキ端子等)? 遠い昔から金で争いが起きたりと、どうして人は金に惹かれるのでしょうか? まもなく完成!?人口金なども聞きますが? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おっと、遮光バイザーで勘違いさせてしまったか(^^;



遮光するのは紫外線、X線です。
宇宙空間だとこれら宇宙線がばしばし飛んできますのでカットしてやらないといけないのです。

音質が良くなる?
……金は金属としては非常に柔らかいのでそれに関係するのかな?
化学的に安定だから劣化しにくいことも関係するかも

いじょ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2001/07/10 22:32

医薬品に金製剤というのがあります。

金チオリンゴ酸ナトリウムの注射剤で、商品名シオゾール(塩野義製薬)です。慢性関節リウマチの薬です。
金中毒というのもあります。
    • good
    • 0

簡潔に述べます。



金は化学的に非常に安定でどんな物質にも反応しません。
よって、人体に良くも悪くも影響はありません。

ちなみに「金のスプーン」というのがあります。
化学反応がないので舌に触れても味がしないので(普通の金属だと金属の味がします)食べ物の味を正確に知ることが出来るそうです。
キャビアを食べる時などは金のスプーンを使うらしいです。

その他、宇宙服のヘルメットの遮光バイザーに金の薄膜が使われますね。

以上

この回答への補足

なるほど、金のスプーン。遮光バイザーにも使われているんですか。勉強になります。すると、可視的なことですね。性質上、何かあるのでしょうか?そういえば、CDソフトに通常のシルバーの皮膜ではなく、金の皮膜を貼ることで音質が良くなる(安定する)と聞いたことがあります。一時、音質の面で市販されていました。

補足日時:2001/07/07 15:01
    • good
    • 0

金は化学的に非常に安定で・・・つまり、酸化しない、錆びない、他の原子と結合しにくいといった性質があります。

ということは、時代が流れてもその輝きは永遠に失われないため、昔から覇権を争っていた王族たちは未来永劫の繁栄を金に託したといわれています。永遠に失われない見た目の美しさに目を奪われるのは、覇権を争う昔の人だけでなく、権力とは無縁と思われる今の人もそうでしょう。やはりステータスとして身に付けたいという欲望は、今も昔も基本的には変わらないのでしょうか。
また、金は化学的に安定であると同時に非常に高い導電性を持っているため、金メッキ端子は劣化することなく信号にノイズが入らないという利点があるのです。
いずれにしても金が資源的に貴重であることが、人間が金に惹かれる理由のひとつでもあるでしょう。
人口金とは・・・・??中世ヨーロッパの錬金術っぽい響きですね。あるとすれば、なにかの合金で金と同等に近い物性を有するものができた、ということかもしれませんが、私の知識では聞いたことがありません。
以上の理由からも想像できるかと思いますが、人体には何も影響がない、といってよろしいのではないでしょうか。以上、参考にしてください。

この回答への補足

返信ありがとうございます。前に、何かの新聞(毎日、朝日とかきちんとした)のコラムか何かで、日本で人口金の開発が進んでいて完成すると書いてありました。合金ではなく、ほぼ同位の金みたいなことでした。電気的には酸化しない理由で使用しますが、それ以外での利用法は何かありますか?やっぱり見た目てきなものでしょうか?

補足日時:2001/07/07 14:45
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報