私は今就職活動中です。
前の仕事は、宿泊施設での応接員(契約社員)として働いていました。
契約満了での退職でした。勤めている間にいろいろと考えて、退職後は事務職に就こうと簿記の資格を取ったり、パソコンを勉強したり準備を続けてきました。
今、インテリア関係の会社の面接を受ける予定で、履歴書を作成するのですが前職と全く違う職種のためやる気があると思わせるような志望理由がイマイチ書けないのです。説得力のある文章にするにはどうすればよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=100702
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約満了による退職、ハローワークの手続きについて

2月末で約7年回短時間パートで勤めた会社を退職して、3/13に離職票をハローワークへ提出3/26が、説明会で最初の認定日が4/10と書かれていたのですが
契約満了での退職ですが、すぐ給付金はもらえるのでしょうか?
すぐ仕事が見つかると良いのですが、子供がいるため事業主さんは渋ると思うので、簡単に再就職というわけにもいきそうもないし、生活があるので、いつ頃もらえるか気になります。
一応、離職票の離職理由の所には21番の雇止め(同一の事業主に3年以上雇用)になってます。
どなたか、詳しい方がおりましたら、回答の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お仕事、お疲れ様でした。
子育て中に、いろいろと大変でしたね。

離職理由コード:21、かつ7年勤務ということで、3か月の給付期間はありません。
4/10(水)が最初の認定日とのことで、「1型 水」
次の週の水曜日4/17(水)に、基本手当の支給金額が指定口座に振り込みされるかと思います。

4/10(水)初回認定日-4/17(水)振込
5/8(水)第二回認定日-5/15(水)振込
6/5(水)第三回認定日-6/12(水)振込・・・・

質問者様が30歳未満なら所定給付日数は120日(120日分の金額の手当が支給される)、30歳~45歳までなら180日、45歳~60歳なら240日分の給付が受けられます。

>すぐ仕事が見つかると良いのですが、子供がいるため事業主さんは渋ると思う

もし、半年過ぎてもお仕事が見つからない場合でも、質問者様の場合は9月ぐらい(180日の場合)まで給付を受けて、それ以降は、「求職者支援制度」(雇用保険を受けられない求職者が月10万円の給付を受けながら、専門学校で職業訓練を受講できる)制度などを利用されることもできるかと思います。
申込み日と入行日の期限については、ハローワークに確認ください。

まずは、お手元の「受給資格者のしおり」というリーフレットを参照いただき、給付日数確認と認定日のチェックされると良いかと思います。

お仕事、お疲れ様でした。
子育て中に、いろいろと大変でしたね。

離職理由コード:21、かつ7年勤務ということで、3か月の給付期間はありません。
4/10(水)が最初の認定日とのことで、「1型 水」
次の週の水曜日4/17(水)に、基本手当の支給金額が指定口座に振り込みされるかと思います。

4/10(水)初回認定日-4/17(水)振込
5/8(水)第二回認定日-5/15(水)振込
6/5(水)第三回認定日-6/12(水)振込・・・・

質問者様が30歳未満なら所定給付日数は120日(120日分の金額の手当が支給される)、30歳~...続きを読む

Q雇用契約期間満了時の退職願について

雇用契約期間が半年単位で、双方に問題がなければ再度契約するような場合、満了と同時に退職したい場合

下記のURLのような退職願でよいのでしょうか?
http://allabout.co.jp/career/careerknowhow/closeup/CU20031024A/index2.htm

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

♯4です。
紙は縦書きの便箋で、封筒は白い縦に入れる封筒を使いました。
会社に所定の紙がある場合はそれで書いたほうがいいと思いますが、
なければ上記のものでいいと思います。
封筒には「退職願」もしくは「退職届」と記入しました。

Q休職期間満了による退職は自己都合退職?会社都合退職?

休職期間が満了してしまったため(6ヶ月)、
退職せざるを得なくなりました。
会社の就業規則によるものです。

この場合、会社都合退職にも思えるのですが、
送付された書面には自己都合と記載されていました。

実際そういうものなのでしょうか?
あるいは会社側と交渉に会社都合にしてもらうべきでしょうか?

お詳しい方ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

休職している理由が不明ですが、仕事の関係で体を壊したとか、うつになったりなど、原因が会社に起因する場合には話し合う余地があると思います。また、可能であれば、「6ヵ月」を一旦休止させるため、ならし出勤などからでも復職していくとかして何とか会社を辞めない方法を探りながら対応を考えてみては。どうしてもダメなら(復職後にもう一度最大6ヵ月休職できるのかどうか分かりませんが)再度休職することも。会社都合になれば、退職金の額が違ったり、失業手当の支給期間が違ったりとあるかと思いますが、労働組合「連合」の「何でも相談ダイヤル」に聞いてみるとか、いろんな意見を聞いたほうが良いと思います。また、会社の説明に納得いかない場合など、個別労使紛争について比較的短期間に解決できる手段として、「労働審判」という制度もあるので参考にされてはどうでしょう。これなら正式な裁判に比べて手続きも簡単だと思います。

Q契約期間満了時の退職願

緊急雇用創出事業で、ある会社に雇用されており、契約期間満了に伴い、退職する予定です。当初から、契約更新の可能性はない雇用です。
会社から、退職願を出すように言われました。私は、「こちらがお願いして退職するのではありませんから、書きません。」と言うと、上司から、「会社員なら、会社の指示に従うのが当然だろう。退職願を出しても、特に不利になるのではないし、会社の慣習として退職者には誰にでも書いてもらっているのだから、書きなさい。」と言われました。確かに、どんな退職理由であっても、雇用保険の加入期間が半年未満なので、失業給付金が出ることはありませんし、雇用契約の更新もありません。
このような場合、断固として退職願を出すことを拒否した方がいいのか、退職願を出した方がいいのか、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

契約期間満了による退社で、退職雇用契約の更新をするかどうかの選択権も質問者様にはなかったのだとしたら、会社に対して「退職願」または「退職届」を出す必要はありません。
契約社員ですから有期労働契約が前提なので、質問者様から退職を「願い出たり」、「届け出る」必要はなく、契約期間が過ぎた場合で、会社からさらなる契約更新が示されなければ、当然「契約期間満了による退社」となるからです。

上司の「会社員なら・・・会社の慣習に従うのが当然・・・」
などという発言からは、期限の定めのない労働契約(いわゆる正社員)をしている場合のことを指していると思われ、契約社員に対する理解が不足しているか、上司の勘違いと思われます。

無料の相談所でもよいので、社労士や労働相談センター(まずは労基署以外の)で、事情を話し、アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

Q雇用契約満了の退職について

昨年の11月にハローワークの紹介で、介護施設で働き始めました。正社員の募集への応募でしたが、無資格、未経験の為、取りあえず3ヶ月間はフルタイムパートで雇用契約書を交わしました。3ヶ月を過ぎても今後の契約についての話もなく、他のスタッフの話から、なかなか正社員にはしてもらえないとの事だったので、新しい職場に面接に行きほぼ内定をいただいた状態です。こちらから退職の意向を話すつもりでいた所、施設長から呼び出され、他のスタッフから退職を希望している話を聞いた、新たな雇用条件は無期限でのフルタイムパートで契約したいとの事でした。すでに退職するつもりでしたし、資格も取ったり、シフトも言われるままで勤めさせてもらったのにという思いもあり、契約を拒否し3月いっぱいで辞めさせて欲しい旨を伝えると、それは無理、次の人が見つかり穴があかない状態になるまではいてもらうと言われ、どうも納得がいきません。それでは、決まりかけている次の職場にいつから行けるか言えないので、ダメになってしまうのではないかと思います。話し合いで決まらなかった退職日をこちらで勝手に記入して、退職願を出してもいいものでしょうか?よろしくお願いいたします。

昨年の11月にハローワークの紹介で、介護施設で働き始めました。正社員の募集への応募でしたが、無資格、未経験の為、取りあえず3ヶ月間はフルタイムパートで雇用契約書を交わしました。3ヶ月を過ぎても今後の契約についての話もなく、他のスタッフの話から、なかなか正社員にはしてもらえないとの事だったので、新しい職場に面接に行きほぼ内定をいただいた状態です。こちらから退職の意向を話すつもりでいた所、施設長から呼び出され、他のスタッフから退職を希望している話を聞いた、新たな雇用条件は無期...続きを読む

Aベストアンサー

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
民法第六百二十七条  当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

退職する話が伝わってきて、慌てての引き留めですが、応じる義理や義務はありません。
上記のように、有期契約でなければ、2週間後には,退職の意思を伝えたのですから、合法的に退職できます。
退職願など出す必要はありません。閣僚が辞表を取りまとめるのは、単なるパフォーマンスで、労基法にも他の法律にも、退職届を提出しなさいと言う条文はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報