電子書籍の厳選無料作品が豊富!

インフルエンザワクチンの予防接種を受けようと思っていますが、ワクチンの種類って病院によって違うのでしょうか?
今年受けるなら、推奨というか何が必要でしょうか?

A 回答 (3件)

厚生労働省の発表では、2017年から2018年にかけては


『シンガポールA型/H1N1』と、
『香港A型/H3N2』のA型2種類と、
『プーケットB型(山形系統)』と
『テキサスB型(ビクトリア系統)』のB型2種類の合計4種類の流行が予想されています。
当然、ワクチンもそれに対応するものが製造されていますから、
施設により違いはありますが、必ずしも型が違うから効果がない訳ではありません。

このサイトで以前にも回答しましたが、必ずしもワクチンの接種は必要か?と言えば
そうでは有りません。
肝心なのは、ご自身の『免疫力を高め』それをいかに『維持』するかです。
それさえ注意すれば、発症しません。
それを怠ると、いくら適合ワクチンを接種していても発症しますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細に解説いただき、大変有り難う御座います。
予約した病院を信用して接種を受けたいと思います。ワクチンはある意味保険ですね。
あとは自己管理を心掛けたいと思います。

お礼日時:2017/11/21 23:23

厚生労働省で毎年ワクチン株の指定が行われています



なので、製造しているワクチンは全て同種
    • good
    • 0

今年流行するであろうインフルエンザのワクチンを使用されるので


医者の判断になりますね。
予防接種したからと言って、必ずしもかからないというわけでもありません。
ウイルスの変異もありますからね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!