おそらく35年以上前の白黒アニメです。地底に住んでる超能力を使える人類が地上への移住?脱出?をするために地上へ行けるカプセルを2台作ります。その1台で悪者(黒いスエットスーツ)が地上に出てしまい、捕まえるために少年(おそらく赤いスエットスーツ)が地上へ行きます。悪者を捕まえるために世界中で超能力を使い2人は闘う。と言う話です。18才ぐらいからアニメが好きだったの言う人に会うと聞くのですが誰も知らないと言います。どなたか
30年来の悩みを解決して下さい。お願いします。(他にもタイトルが判らないアニメがあります。無人島に流された子供たちが工夫を凝らして生きていく話とか…)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『戦え!オスパー』


1965/12/14-1965/12/28(火)18:15-18:45 (#01-03)
1966/1/4-1967/10/31(火)18:00-18:30 (#04-53)
日本テレビ系放映
【あらすじ】太古、海に沈んだムー大陸の人々は、いつか地上に帰る事を夢見て海底の特殊ドームの中で生き続けていた。だがある日、乱暴な超能力者ドロメが強引に脱出。ドームを破壊され絶滅の危機に瀕したムー人は、ドロメを滅ぼす為に、正義の心を持った超能力者オスパーを地上に派遣した。地上で海津長官率いるロバート、グレコ、パンチョスらの特殊部隊を味方に得たオスパーは、彼らと協力し、超能力を駆使してドロメに立ち向かう。
(徳間書店発行:TVアニメ25年史より)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『戦え!オスパー』で検索してみたら沢山でてきました。
懐かしかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/18 22:55

お尋ねのアニメは心当たりが無いのですが。

無人島云々は恐らく↓此方の事だと思います。見ていたので自信有りです。

参考URL:http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECN …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。『冒険ガボテン島』ご覧になっていたのですね。面白かったですよね。私は海にドームの用な物を沈め空気を入れて息継ぎをしていたのを感心した憶えがあります。昔のアニメは1時間もあったのですね。

お礼日時:2004/09/18 22:29

35年位前で赤いスーツと言えば


『海底少年マリン』が思い浮かぶのですが、
(白黒だとがんばれマリンキッド)違いそう
ですね…

>無人島に流された子供たちが
こちらは『冒険ガボテン島』ではないでしょうか。

この回答への補足

『海底少年マリン』検索したら、沢山でて来ました!ガムを噛んで海に入るんですよね。

補足日時:2004/09/18 22:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『冒険ガボテン島』と言ったのですね。
30以上年たった今でも子供達が工夫していく場面を断片的に覚えています。
『海底少年マリン』ですが探していた物ではなさそうす。が『海底少年マリン』と言うアニメに記憶があります。
でも、主人公の姿が思い出せません。また新たな謎ができてしまいました。(笑)ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/18 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリストの時代の超能力者の一般イメージはどんなものだったんでしょうか?

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

現代だったら、どんなに尊敬していても「貴方は超能力者ですという噂を尊敬の印として流布しておきます。」なんてしないしな~。

何故このようになったのか不思議でしょうがないのです。

しかし、十字架刑になった事を考えると、やっぱりあの時代の人も「超能力者=うさんくさい」というイメージだったのかな? と考えたり、、、。

本当にどうでもよい事ですが、真剣に悩んでいます。

あの時代のあの地域の超能力者の一般イメージを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

...続きを読む

Aベストアンサー

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書いた使徒行伝ですが、パウロが時の総督フェストに、イエスの起こした奇跡を長々と説明する文があります。(26章のあたり)それに対して、やはり奇跡を信じないフェストは
「気が狂っているぞ。パウロ。博学があなたの気を狂わせている。」
と、現代人と同じ反応を示すのです。

これに対するパウロの反応がこうです。
26:25
フェスト閣下。気は狂っておりません。私は、まじめな真理のことばを話しています。
26:26 王はこれらのことをよく知っておられるので、王に対して私は率直に申し上げているのです。これらのことは片隅で起こった出来事ではありませんから、そのうちの一つでも王の目に留まらなかったものはないと信じます。

つまり、パウロは、フェストが信じないのを承知で、それでも「あなたも同じことを見たはずだ」と確信を持っていうことができたのです。

これがイエスの実像です。
これを奇跡と考えるか、手品と考えるかでクリスチャンと非クリスチャンが分かれます。

それから、聖書は、他の方が指摘するようないい加減な信頼性の書物ではありません。現代の聖書学、考古学者は、真面目な研究をしている人なら、クリスチャン、非クリスチャンを問わず、古代史で群を抜いて正確で、具体的な文献であることを断言します。たとえば、ルカは、誰もが認める、超一級の歴史記述家であり、彼の記述は当時を知るもっとも正確な資料であり、今までに彼の書いた地名、年代、場所、人物など、確実に誤った記述は全く存在していません。もちろん、いくつか他文献と矛盾するようなものもあるのですが、過去のそういうものはすべて、新たな考古学的発見によって矛盾が解決されたり、他文献が間違っていることが示されたりしています。だから、考古学者は、当時の文献でルカをはじめとする聖書の記述と矛盾する古代文献があったとしても、基本的には聖書の記述を正しいと考える傾向があります。

また、成立年代も、イエスの死後20~30年以内に書かれたことがだんだんわかってきており、これは古代文献としては異様な早さです。例をとると、アレキサンダー大王の伝記などは死後500年たってから書かれたものです。
このように、イエスを実際に目撃した人が生きているうちに書かれた伝記は、基本的には奇跡物語が寓話として挿入されるなどということは考えられないのです。

例をあげましょう。イスラム教の聖典のコーランはモハメッドの死後すぐに書かれ始めたと考えられていますが、モハメッドの奇跡物語はひとつもありません。彼の奇跡物語が出てくるのは、死後200年以上たって書かれた「ハーディス」(言行録)です。

これは、他の世界の聖人も同じです。
イエスのように、目撃者第一世代が生きているうちに奇跡が記録され、それが万人に認められる人物は彼だけなのです。

長くなりましたが、結論だけ言うと、超能力者のイメージは現在とそう遠くありません。イエスを信じない人は、当時も彼を胡散臭いと思っていたのです。

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書...続きを読む

Q超能力バトルで、しかもその超能力の代償を背負って戦うもののアニメを教え

超能力バトルで、しかもその超能力の代償を背負って戦うもののアニメを教えてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3417124.htmlとかなり似たものですが、あくまでバトルものです。

Aベストアンサー

超能力と言うか、劇中では契約者の能力とかって言い方されますが、
「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」
「DARKER THAN BLACK 流星の双子」
とか。
代価が契約者ごとに色々です。(主人公は代価払わないんですが…。)

Q超能力者が登場するおススメの本を探しています

人の心が読めるテレパシー能力者、未来を予知する予知能力者、
物体を透視できる透視能力に、自在に動かす念動力者・・・

そんな『超能力者』達が活躍する物語を探しています。
ともすると自分の無知無能ぶりに呆れている日常ですが、
せめて物語の中でエスパー達が活躍するさまを読んで
心躍らせたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本作家のものだと、これまでに挙がっているもの以外では

小松左京『エスパイ』(映画化されました)
豊田有恒『少年エスパー戦隊』
平井和正『超人騎士団リーパーズ』(旧題『超革命的中学生集団』)

海外の作家だと有名なものは

A・E・ヴァン・ヴォクト『スラン』
ウイルスン・タッカー『超能力エージェント』
シオドア・スタージョン『人間以上』
ヘンリー・カットナー『御先祖様はアトランティス人』(短編)

以上、古典的作品ばかりですが……

Qバトル、ファンタジー系アニメおすすめありませんか? 特に異能(超能力、魔術)が含まれた作品がいいです

バトル、ファンタジー系アニメおすすめありませんか?
特に異能(超能力、魔術)が含まれた作品がいいです!

Aベストアンサー

今放映しているものだとこれが人気のようですが・・

Re:ゼロから始める異世界生活

Q制限行為能力者の無権代理(民117条2項)

制限行為能力者が行った無権代理行為について教えて下さい。

民117条2項によれば、制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができないとなっています。

他方、民102条によれば、制限行為能力者も代理人になれます。

一方で制限行為能力者にも代理権がもてるとし、他方で制限行為能力者に責任を課すのは酷だから(?)、無権代理行為の責任は問えないとするのは、公平でないような気がします。

制限行為能力者にも代理権が持てるようにしたのは、本人の利益を考えてのことなのでしょうか?20歳に近い未成年者の多くは法律行為を行うだけの能力をもっているので、そのような人に代理人の仕事を頼みたい時はあるでしょう。本人が利益とリスクのバランスを考慮したうえで代理を頼むのだから、それを禁止すべきではないということは理解できます。
しかし、裏を返せば、20歳近くになると、悪事をたくらむ知恵もでてくるし、悪事を実行するだけの行動力も持つでしょう。でも117条2項は、20歳未満の未成年者が行った無権代理行為の責任は問わないとしました。どこかで線引きする必要があるので、それはそれで受け止めるとしても、その様に規定したのであれば代理権をもてる年齢も同じ20歳にしないと、契約相手の保護の観点から、バランスが取れないように思えるのです。

私は102条で制限行為能力者は代理人になれないとしてあったらこのようなバランスが取れていないような印象を持つこともなくすっきりするのですが、102条のように規定する必要性は高かったのでしょうか?

制限行為能力者が行った無権代理行為について教えて下さい。

民117条2項によれば、制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができないとなっています。

他方、民102条によれば、制限行為能力者も代理人になれます。

一方で制限行為能力者にも代理権がもてるとし、他方で制限行為能力者に責任を課すのは酷だから(?)、無権代理行為の責任は問えないとするのは、公平でないような気がします。

制限行為能力者にも代理権が持てるようにしたのは、...続きを読む

Aベストアンサー

特に回答がないようなので、遅ればせながら・・・

>民117条2項によれば、制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができないとなっています。

まず、第117条第2項の内容ですが、novisxさんは「制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができない」と理解されているようですが、正確には「”行為能力を有しなかったとき”は、無権代理人は相手方に対して責任を負わない」です。
 制限能力者の法律行為は、すべて行為能力がないわけではないわけです。未成年者なら、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産でその目的の範囲内において未成年者が自由に処分する、等は行為能力がある訳です。また、法定代理人の同意を得れば、普通に法律行為も出来ますよね。
 ということで、未成年者が友人のショッピングについて無権代理人だった、くらいでは責任追及できるんですね。

>制限行為能力者にも代理権が持てるようにしたのは、本人の利益を考えてのことなのでしょうか?

基本的に代理人がなす法律行為について効力要件は、民法101条により、代理人基準で考えるのが原則です。ただ、その考え方を貫いてしまうと、代理人に行為能力がない時に、本人が代理行為を取消できるのか?という問題になります。おっしゃるとおり、「本人が利益とリスクのバランスを考慮したうえで代理を頼」んでいるので、本人に保護は不要、代理人に行為能力の有無は関係ないというのが立法趣旨です。

>裏を返せば、20歳近くになると、悪事をたくらむ知恵もでてくるし、悪事を実行するだけの行動力も持つでしょう。でも117条2項は、20歳未満の未成年者が行った無権代理行為の責任は問わないとしました。

未成年者が悪事を働いたならば(その具合によりますが)、民法21条の趣旨にそって、無権代理人の責任は免れないと解されます。また117条置いた趣旨は、相手方が善意・無過失の場合に、無権代理人に無過失責任を認めたものです。無権代理人に故意、過失があれば不法行為による損害賠償による救済もあります。またまた、相手方が無権代理について善意だったら、115条により取消権を行使できます。取消権を行使すれば、契約は遡及的無効になりますから、無権代理人に対して不当利得による返還請求はできます。(その場合は、117条による損害賠償が履行利益まで請求できるのに対して賠償範囲は小さいですが)

>私は102条で制限行為能力者は代理人になれないとしてあったらこのようなバランスが取れていないような印象を持つこともなくすっきりするのですが、102条のように規定する必要性は高かったのでしょうか?

まあ、明治に出来た法律なんで、必要性は・・・あんまり高くないかぁ。どうなんでしょう。確かに「制限能力者が代理人になれない」はすっきりするかと思います。ただ、法律行為、準法律行為の代理について、いちいち制限能力者は駄目!とかなったらそれはそれで不便なんじゃないっすかね。郵便貯金の引き出しも代わりにお願い!ってできなくなりますかね・・・。

特に回答がないようなので、遅ればせながら・・・

>民117条2項によれば、制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができないとなっています。

まず、第117条第2項の内容ですが、novisxさんは「制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができない」と理解されているようですが、正確には「”行為能力を有しなかったとき”は、無権代理人は相手方に対して責任を負わない」です。
 制限能力者の法...続きを読む

Qアニマックスで放送されるアニメ=地上波で終了するアニメ?

タイトル通りなのですが、アニマックスに限らず他のアニメ専門チャンネルにも言えることなのですが、
アニマックスやファミリー劇場で放送されている番組はほとんどが地上波で終わった番組ですが、
現在、ファミリー劇場ではBLEACHが、アニマックスでは名探偵コナン、NARUTO、BLOOD+、(その他もろもろ)が放送されています。
ということは、この三つはそろそろ地上波で終わるということなのでしょうか?
よくわからないので詳しく教えてください・・・。

Aベストアンサー

>アニマックスやファミリー劇場で放送されている番組はほとんどが地上波で終わった番組
コレは基本的には版権処理に関しての問題と作品数の問題の2つの要因がありますが、一番の問題は予算の少なさに起因しているんだと思います。
別に局の方も好き好んで古い作品や地上波の再放送をしているわけではありません
(マニア向け以外はですが)
『BLEACH』『名探偵コナン』『NARUTO』は判りませんが、『BLOOD+』は大体予定の半分を少し過ぎた所です。
(直ぐには終わりませんよ)

Q制限行為能力者その3

ある参考書には事務管理と行為能力については、成立要件として、行為能力を要するか
否かということと、制限行為能力者に継続義務を課すのは制限行為能力者の保護の精神
に反するという言及があるのみで、その内容を把握できませんでした。
といいますのは、事務管理が成立しないのは、それはそれで保護にならないように思え
たからです。

そこで、いくつかの資料にあたってみたのですが、
コンメンタール民法(我妻・有泉)1232Pには、もう少し、詳しい説明があり、私
の理解では、制限行為能力者が事務管理を始めたことによる不利な効果については取消
権に準じた権利を認めるということ、その結果、制限行為能力者に利益が生じてしまっ
た場合には、不当利得によって処理するというものでした。

また、些末なことなのかもしれませんが、上記のことを、「行為能力を事務管理の成立
要件にする」と表現するのが妥当なのかはよくわかりません。
字面を素直にとれば、事務管理の制度は、行為能力のある人に対する特則であり、制限
行為能力者には適用がないということになります。
それは、事務管理に該当するような事象が起きた場合には、制限行為能力(不利益な効
果をもたらすものには取消権に準じた権利が認められる)、不法行為(責任能力の問題
)、不当利得(制限行為能力者のお節介(出費)により本人が利得を得ているか)及び、
信義則(お節介について不法行為を主張することが正義公平に反しないか)によって解
決すべきということでしょうか?
あるいは、単純に、事務管理を制限行為能力者について一定の修正を加えるという意味
でしょうか?

ある参考書には事務管理と行為能力については、成立要件として、行為能力を要するか
否かということと、制限行為能力者に継続義務を課すのは制限行為能力者の保護の精神
に反するという言及があるのみで、その内容を把握できませんでした。
といいますのは、事務管理が成立しないのは、それはそれで保護にならないように思え
たからです。

そこで、いくつかの資料にあたってみたのですが、
コンメンタール民法(我妻・有泉)1232Pには、もう少し、詳しい説明があり、私
の理解では、制限行為能力者が事務管...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。

かなり議論が発展し、質問者様の法律へのご興味が
ふんだんと見受けられますね。

かなりレベルの高い話になっているとおもうし、
もはやB.Aクラスの解答が↓に出ているのですが、

以前から同じく、事務管理はあくまでも事実行為であって、
法律行為ではないから、行為能力の問題ではなく、
むしろ事実遂行能力の性格をもつとのことでした。

行為能力を事務管理の成立要件とする。これが決定
されてしまえば、制限行為能力者の行為は、
要件不備により無効という結論に
なりそうです。

我妻先生の考えはまさに質問者様が捉えたような
視点に立って話が進んでいますね。
事務管理に制限行為能力者の疑問をぶつけて
こられたときの話と被っています。

これを行為能力を事務管理の成立要件とする。
と表現すれば、そうですね。有利な効果が制限行為
能力者に生じたとすれば取り消す必要がなく、不利な
効果が生じれば取消の対象になる。しかしそうで
あるとすれば、行為能力は事務管理の原則的要件
である。と言った方が正確で、制限行為能力者
の場合に、例外的に取り消しができる場合がある。
トした方がよろしいかもしれません。これをしなければ、

お考えの通りそうですね。制限行為能力者
には、適用がない。そもそも無効だろう。という
ことになりそうです。

で、私は↑の後にすぐ、取り消しを後からつけることに
なるかも。といいましたが、質問者様は別の手段を
提示なさっているようです。取消権もそうですが、
不法行為、不当利得、および信義則ですね。

不法行為と不当利得は、いわばその可能性は、
当然である。と言えるものではないでしょうか。
すなわち、事務管理が事実に属する事柄である以上、
事実の遂行過程に生じるこれら二つの制度は、
その発生は当然予想されている物ではない
でしょうか。

特に事務管理と不当利得はある種被っている
場合もございます。なぜなら、例えば瓦の修理に
より、瓦の修理代金分。あるいは瓦の修理をするのに
骨を折らなかった分、利益を得ると同時に、それを
した事務管理者が損失を負っていることになり、
不当利得。といえそうです。

しかし、法律上の原因なく。の解釈によりますが、
「財産的価値の移動を、当事者間で正当とするだけの、
実質的・相対的な理由がない場合。」と解すると、
やはり、事務管理の最初の規定、事務管理の遂行
の通知とその承諾により、両者は法律上の原因を
もつにいたるといえるのではないでしょうか。

さらに言えば、不法行為が発生した後は、もはや
取消権を行使するなどはできないのではないでしょうか。
それだと不法行為が初めから無効ということになり、
これは民法の原則そのものを覆してしまいます。
取消権があるとすれば、そのタイミングをいつまで
とするべきなのか。別の問題点として浮かび上がると
言えましょう。

また、不当利得の話を上でしましたが、不当利得と
事務管理は、上記の理由から、両立しえないもの
なのではないでしょうか。

従ってこの場合は不当利得と言うより事務管理が
優先され、その義務の終わりと同時に事務管理者は
債権を得るということになりそうです。

では不当利得というのはどのような場合に成り立つ
のでしょうか。瓦の修理のときに使った工具をおいて
いってしまったときでしょうか。そんな馬鹿な。
それも含まれないということはできないですが、
それだと物権で普通に取り返せます。

とすれば、やはり例外として認められた取消権の行使
の結果、相手の利得が生じた部分について、不当利得を
認めるということになり、従って取り消し権の行使により
このときにはすでに事務管理はない。といえてしまい、
両立しない。ということにやはりなってしまいそうです。

また、さらに言えば、事務管理の途中で不法行為
が発生した場合、それはもはや事務管理とはいうことが
できなくなってしまっており、本人の意思に適合しない
方法であることはあきらかでありますから、
これもほとんど不法行為と両立しないことになるので
はないでしょうか。つまり、事務管理が皮肉にも
不法行為の原因となってしまったということです。

先生が先生なだけに私の意見ももしかしたら間違って
いるかもしれないし自分でもそんな不安がございます。

最後に、信義則(お節介について不法行為を主張すること
が、正義公平に反しないか。)という部分ですが、これは
もう少し具体的にしていただきたいと思います。

確か以前の解答でこの信義則云々が出てきたという気は
するのですが、ちょっと忘れてしましました。。。
それと質問者様の質問に改めて解答するうちに、
上記3つの、「事務管理と不法行為、不当利得の
関係性」について、それなりの考えが浮かびあがって
きました。

これらは事務管理、という一つの枠組みの中で
どれも発生しそうなものですが、しかしどれかに
分岐していく。という意味で関連性があり、
どちらも両立して成立するということは、
少し考えにくいのではないでしょうか。

これは以前の私の回答に対し無責任な発言かも
知れませんが、自然にそうではないかと思ってしまった
ものですから、平にご容赦ください。

最後に事務管理を制限行為能力者について一定の
修正を加えるということか?といえば、我妻先生は
このスタンスを取っているのではないか。と思います。
制限行為能力者が事務管理に乗り出した時、
それが完遂するまでの間において、取消権の
行使を認めることにより、事務管理に一定の
修正を加えている。ということができそうです。

かなり深い議論ですが何かあればまたぜひ
投稿してください。応援しています。

おはようございます。

かなり議論が発展し、質問者様の法律へのご興味が
ふんだんと見受けられますね。

かなりレベルの高い話になっているとおもうし、
もはやB.Aクラスの解答が↓に出ているのですが、

以前から同じく、事務管理はあくまでも事実行為であって、
法律行為ではないから、行為能力の問題ではなく、
むしろ事実遂行能力の性格をもつとのことでした。

行為能力を事務管理の成立要件とする。これが決定
されてしまえば、制限行為能力者の行為は、
要件不備により無効という結論に
なりそうです。

我...続きを読む

Q・深夜アニメで ・能力使う ・敵が頭に猫耳がある アニメを探している

・深夜アニメで
・能力使う
・敵が頭に猫耳がある

アニメを探している

Aベストアンサー

条件を満たすキャラ

ブラック羽川
https://www.youtube.com/watch?v=5QM6QmjBTf4



で、自分では解答を知っているんでしょ?
多分、正解はアレだろうけどね。

個人的には好きじゃないアニメだからね。

Q事務管理と制限行為能力者

事務管理では、制限行為能力者についての明示的な記述がありませんが、善管注意義
務について制限行為能力者である点が配慮されるのでしょか?

Aベストアンサー

ども。事務管理ですね。

事務管理というのは債権発生原因の一つですね。

契約、事務管理、不当利得、不法行為です。

この時契約についてはもういやだというほど制限行為
能力者について話しが出てきました。取り消し権が
どうの、同意があるだの追認はどうかなどの
話で、契約が有効になったり無効になったりしました。

それに対して不法行為というのは契約関係ではない
ものでして、制限行為能力者でも車を運転して
衝突すれば損害賠償義務を負うことがあります。
ただ、責任無能力者だと判断されれば、その監督者
が代わりに責任を負うことになるでしょう。(714条)
(712、713条も)
いずれにしろその人らについての条文はあるみたいです。
不当利得も取消などの後始末で勝手に発動します。

では事務管理はどうか。これも債権が発生する原因
となります。

事務管理を行った人が制限行為能力者であった場合。

例、隣の人間が旅行中、台風が接近し、隣の家の瓦が
壊れ、このままでは雨漏りが生ずることとなり、
至急瓦を修復する必要が生じた。そこで瓦を修復
するように業者に頼んだ。

事務管理っていうと、結局制限行為能力者以外の
人がそれを代わりにやってくれる場合があります。

そして、代わりにやってくれたら制限行為能力者が
その業者さんに代金を支払いますよね?

するとどうなりますか?債権をその制限能力者
は得るはずです。

(もはやこの場合、制限行為能力者
であるということが問題になるのは、瓦の持ち主と
制限行為能力者の間ではなく、制限行為能力者と
その業者さんとの間の請負契約にあるといえます
でしょう。)

で、正常にこの業務が終わった場合、
民法5条但し書きをみると、単に権利を得る行為というのは
制限行為能力者は独断で行うことができるのです。

ええ~って思うかもしれませんが、権利を得たので
優位に立ったと法律上見なされ
ますから、制限行為能力を論じる必要性は
あまりないと言えます。

そして、債権が発生するということは、お金を支払って
ください。と言えるような状態になるということです。

では例えば子供のお守やペットの世話を代わりに引き受ける
ような場合。制限行為能力者にはそもそも頼まないとは
思いますが、あえて頼んだ場合はどうなりますでしょうか。

動物は物ですから、
物の場合は結局は寄託契約となり、契約となります。

では赤ちゃんは?赤ちゃんのお世話をするというのは
法律行為でも何でもないものです。しかし656条。
準委任事務。となり、結局この赤ちゃんの世話も
委任契約と同様に扱われることになります。

委任契約って特約がなければ報酬がなくてもOK
(648条1項)つまりボランティアっぽくできる
わけですねぇ。いずれにせよ契約関係同様に
扱われるので制限行為能力の規定は入ってくる
ことになります。

648条1項「受任者は、特約がなければ、委任者に
対して報酬を請求することができない。」

話はそれたし、何の相談もなく動物に餌をやるとか
言う話にするべきだったかもしれませんがw

では制限行為能力者が積極的に瓦を修復してやるー
といって事前に相談なくやってしまった場合はどうでしょう。

もちろん綺麗に文句なく山下清(この人は絵師だけど。)
ばりの仕事ができれば
いいのですが、逆に状況を悪化させてしまうことが
あろうかと思います。

これは刑法でいえば器物損壊罪ですよね。事務管理で
自分の善行が裏目に出た場合は、「何の契約もなく
相手に危害を加えた状態」と一緒ですから、
これは不法行為になってしまうのです。そして制限行為
能力者に悪気はなくとも、それを監督する人が代わりに
責任を負う、という流れになるでしょう。

事務管理はあえて債権発生原因なものですから、
契約でないにもかかわらず、
その管理をおえ、相手にそれにかかった費用を請求
できる制度ですから、その管理が終わったときに
初めて発生するもんなんですね。

ですからその途中に関する規定も事務管理の中に
ありますが、それが適用されれば事務管理は
もはや問題にならないと言えましょう。なぜなら
持ち主がもう事務管理やめてぇ~っていうストップ
規定だからですね。もしくは持ち主の意にそうような
ものになるように通知義務があるからですね。

事務管理は、完全に終わったときのみ問題となり、
そしてその時得られるものと言えば、それに
使ったお金を支払ってね。という債権なもの
ですから、制限行為能力者でもできないもの
である、とはいえないのです。

ちょっと払っちゃったんだけど、なんか悪い結果に
なったり、途中でとまったからなぁ。となると、702条1項の、
有益な費用とみなされないと、償還は請求できない
とうことになりますね。逆にそれがあったから安く済んだ
というのであれば、それはもちろん有益な費用ですから
請求できますね。

702条1項 「管理者は、本人のために有益な費用を
支出した時は、本人に対し、その償還を請求することが
できる。」

善管注意義務についてはよく条文をお読みください。

債権の目的、が「特定物の引き渡しであるとき」
は、~でありますから、事務管理はこの場合問題
になりません。(400条)
ではそれ以外の場合でもやっぱり物を大切にする
べきときってあるんじゃ?って思いますよね。

400条「債権の目的が特定物の引き渡しであるときは、
債務者は、その引き渡しをするまで、善良な管理者の
注意をもって、その物を保存しなければならない。」

だからちらほらそれなりの規定がございます。

犬は物で寄託契約だとすると、659条の無償寄託者
の注意義務。まぁ無償の場合の特別規定ですけどね。

659条「無報酬で寄託を受けた者は、自己の財産に対する
のと同一の注意をもって、寄託物を補管する義務を負う。」

644条の委任契約にも善良な管理者の注意義務が盛り込
まれています。だから赤ちゃんも善良に扱わねばなり
ません。
644条「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の
注意を持って、委任事務を処理する義務を負う。」

でも、いずれも「契約関係」ですよね。だからこれらは400条
がベースになっているからこそです。

しかし事務管理には400条が及んでいるということは
一概に言えません。近所の飼い犬が勝手に抜け出したから
しばらくの間保護する。というような場合、やはり
将来持ち主がその犬を返せ、という特定物の引き渡しを目的とする
場合がありますから、そのときに善管注意義務に似た
ものはありますでしょう。

(ちなみにこの場合犬を返せという債権が発生していますのは、
他人のものを勝手に自分の支配下、物として置いているわけ
ですから、まず不法占有として不法行為(709条)となり、物権
の侵害となり、物権的返還請求権といってもいいかもしれません。
しかし緊急避難だから責任はないよってところでしょうかね。)

事務管理が発生するのはやはりその管理が終わり
動物を引き渡した後に、今までにかかった費用を支払ってください
ということで債権が発生するものなので、そのときにはもはや
「引き受けた物が善良な形で持ち主のもとに帰っている
ということが当たり前なのです。」「ですから、それに
失敗した場合には、不法行為ということになるのです。」
言い換えれば、善管注意義務違反という債務不履行原因ではなく、
不法原因になる。ということになっちゃうのです。

ですから、善感注意義務に似た物=697条、(最も本人の
利益に適合する方法で)(その事務の性質に従い、)
など、善良な管理ができなければ事務管理というのは発生
しませんよ。という規定になっていることに気づけると思います。

697条 「義務なく他人のために事務の管理を始めた者は、
その事務の性質に従い、最も本人の利益に適合する方法
によって、その事務の管理をしなければならない。」
2項は省略だけど読んどいてください。

さらにいいかえると、善良な管理者の注意義務っていうのは、
「事務管理」という法律上の問題が浮かび上がる、「前提
問題に過ぎない。」ということです。

☆事務管理には、善管注意義務についての制限行為能力者
である点が配慮されるのでしょうか。

先ほどもいったように事務管理は、それが持ち主の意にそう
ような形に終わって初めて債権を持ちその費用を請求
できますから、「引き渡し」でもないですし、また、
697条の規定は644条を準用していませんから、
善良な管理者の義務をしろとはいっていません。

ひょっとして事務の管理を、=善良な管理 の一形態
だとお考えですか?そうではなく、事務管理というのは
何度もいうように債権発生原因です。

「本来ならば、その人自身がやるべき自分の所有物の管理を、
その人がやることができないときなど難しいことがあるために、
代わりにその「管理」をやってあげる」ことにあります。
するとお金を使ってしか解決できないことがよくあります
瓦修理代・ペットのえさ代などですね。
その時のお金をどう処理するか。という問題なわけです。

で、その管理が終わったと見れば、先ほどの例でいえば
瓦もそのまま雨に打たせても後は野となれ山となれ
汚れようが猫がそのうえで寝ていようがかまいません。
ペットがまた逃げだせば頑張って追いかけてね持ち主さん。
ということになるのです。

やや重複、反復わかりにくいところがあったと思いますが
遠慮なく再度質問をいただけたらと思います。

ども。事務管理ですね。

事務管理というのは債権発生原因の一つですね。

契約、事務管理、不当利得、不法行為です。

この時契約についてはもういやだというほど制限行為
能力者について話しが出てきました。取り消し権が
どうの、同意があるだの追認はどうかなどの
話で、契約が有効になったり無効になったりしました。

それに対して不法行為というのは契約関係ではない
ものでして、制限行為能力者でも車を運転して
衝突すれば損害賠償義務を負うことがあります。
ただ、責任無能力者だと判断されれば、その...続きを読む

Qおそらく2000年付近のアニメなんですが

ちょっときなるアニメがありまして
でも、あまりおぼえてないんです。

ポイントは
ロボット系(ガンダムっぽいかんじ)
ひし形っぽいやつ(たぶんガンダムSEEDでいうダッシュバーみたいなやつ)がカギになっていてそれをねらわれている。

主人公が男性
ロボット戦闘アニメかな
このくらいしかおぼえてなくてすいません。
なにかこころあたりはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

> ロボット系(ガンダムっぽいかんじ)
> レバーはとりはずし可能で機体は保管されている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0X
機動新世紀ガンダムX - 1996年
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=946
機動新世紀ガンダムX バンダイ・チャンネル

でしょうか?


人気Q&Aランキング