「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

どなたか御教示願います。
キュービクル式高圧受電設備において、高圧CT比を求める方法について疑問があります。
設備容量から高圧CT比を求められると聞いたことがあるのですが、計算方法など求め方がわかりません。
例えば、6600V,VCB受電-1φ(Tr1):100kVA-3φ(Tr2):200kVA-3φ(Tr3):300kVAの場合
設備容量はTr1:100kVA+Tr2:200kVA+Tr3:300kVAの600kVAとなります。
この600kVAという情報のみ(1φ、3φなどは仮に不明とする)で高圧CT比は求められるのでしょうか?
(?/5A)になりますか?求め方を御教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

三相回路に単相が入ると不平衡になるので三相の中の単相要素で各相の電流値は変ります。


>この600kVAという情報のみ(1φ、3φなどは仮に不明とする)で高圧CT比は求められるのでしょうか?
600KVAがすべて3相なら600/6.6/1.73=52.5A
私の場合、概略値ですが
1φ(Tr1):100kVA-3φ(Tr2):200kVA-3φ(Tr3):300kVAの場合は
100/6.6+(200+300)/6.6/1.73=58.9A
CT比は裕度(1.25~1.5倍)をみて直近上位の100Aを選定します。

受電用のCTは電力会社との打ち合わせによりますが、大体以下のとおりです。
設備容量(KVA) 150   200   250   300   400   500   750   1000
変流比(A)    20/5  30/5  40/5  40/5   50/5  75/5  75/5   100/5
    • good
    • 7
この回答へのお礼

御返答ありがとうございます。
参考になります。

お礼日時:2004/09/20 09:46

CTは、最大容量で受電しているときの電流が、CTの1次容量の60%から80%くらいを目安に、標準系列の中から選定します。



CTにも負荷容量があります。CT二次出力端子部での値ですから、計器までのケーブルが長距離になる場合は、ケーブルで損失する分も加味する必要があります。

3相と単相では、容量によって電流を算出する式が異なるので、1次電流を決めることは難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返答ありがとうございます。
参考になります。

お礼日時:2004/09/20 09:45

CT比が知りたい目的は何でしょうか?CTを取り付ける理由としては電力量計測計器の取り付けでしょうか?



電力量計測器のCT比については電力会社ごとに受電設備容量に対して統計的に算出した数値が存在します。

大雑把に言えば設備容量×0.6程度ですが、近年では契約電力で算定することが多くなっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御返答ありがとうございます。
CTの取付目的は高圧計器用(主に電流計用)です。

お礼日時:2004/09/19 08:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QキュービクルのCT比ってどうやって決めればよいでしょうか?TR容量から算出するとかなり大きな値になっ

キュービクルのCT比ってどうやって決めればよいでしょうか?TR容量から算出するとかなり大きな値になってしまいます。
どなたかおしえてください

Aベストアンサー

一般には、契約電力から電流を算出し、それを1.5倍程度して一次側の電流とします。
契約電力が200kWとすると
I=200/{√3×6.6×0.9(力率)}×1.5=29A
したがって、CT比は30:5となります。
新築などで契約電力が不明の場合は、従来通りのトランス容量の圧縮で契約電力を想定し、算出します。

Q電流計CT値とは?

電流計のカタログをみていると、CT値100/1Aと書いていました。そこでですが、CT値とはなんなんでしょうか?100/1Aとは何を示しているのか教えてください。

Aベストアンサー

CTは Current Trans former の略で、計器用変流器のことです。大電流を計測する時に、そのまま電流計に配線をすると、電流計がものすごく大きくなってしまいますので、電流を何分の一かに小さくする必要があります。大電流の交流電流を計測する場合に、精度の高いトランスを用いて、2次側の電流を計測すれば電流計が小さく安価に作ることができますね。そのトランス(CT)の一次側と二次側の電流比がCT値となるわけです。
あなたの例の100/1Aであれば、トランスの一次側と二次側の電流比が100:1になる。すなわち実際の回路に100A流れている時に電流計には実際には1Aの電流が入力されるということになるわけです。

Q変流器の容量選定

電流計を設置するのにCT比については分かりますが、CT容量は電流計の場合どうして決めるのでしょうか?電流計は可動鉄片型でCTと電流計の距離は50m程度となります。すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電流計が消費する負担VAと配線(ケーブル)長さ(往復)とサイズにより決まる
抵抗値から消費VAと計算して合計します。
この値を上回るCTを使用します。
詳しくは次のURLをクリックして参考にして下さい。

http://www.fe-technica.co.jp/html/QA/18/qa_08.html

[CTの定格負担とは?/富士電機テクニカ]
http://www.fe-technica.co.jp/html/QA/18/qa_08.html

Q高圧引込ケーブルサイズ算出について

基本的な質問で申し訳ないのですが。
高圧6.6KV CVTケーブルのサイズ算出についてご教授の程おねがいします。
以下のような例を想定してご教授ください。

受変電設備容量1800KVA(1Φ100KVAトランスx3台、3Φ500KVAトランスx3台)で高圧6.6KVで、ピラーより地中埋設にてキュービクルに引込む場合(ケーブルこう長70mとします)

電圧降下は気にせず、1800KVA÷6.6KV÷1.732=157.46Aを満たした許容電流を持つサイズで選定すればよいのでしょうか?
で大雑把で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

高圧ケーブル許容電流よりCV60sqの定格電流は約200Aなので、これを採用する。ケーブル自体、大変高価なので1ランク上はムダと思われる。短絡事故からの遮断時間等(真空遮断器3サイクル動作)を考慮した場合、60sqの高圧ケーブルで保護出来る短絡時許容電流は20,759Aを0.15秒まで流せるので問題無し。この場合、保護出来る高圧ケーブル最小サイズは34.9sqだが仮に38sqを採用した場合、定格電流150A程度なので定格オーバーにて採用不可。よって定格電流だけみて60sqに決定。負荷のトランス容量小さくともSS近く短絡容量が仮に12.5kAあれば短絡事故時に大きな電流が流れ高圧ケーブル破裂する可能性あるので遮断時間とケーブル口径小さいと事故時、保護出来なく問題となるので太いケーブルを採用する様になる...これはコスト度外視の理想論ですが。

Q過電流継電器(OCR)のタップの意味

過電流継電器(OCR)のタップの意味として

「タップとは、CTからの電流値をどこまで使えるかというイメージを持てばわかりやすいと思います。400/5AのCTに接続されているOCRであれば、400/5×1=80A がタップ1です。タップを2にすれば 400/5×2=160A になります。タップ5なら、400/5×5=400A となります。」

という説明がありましたが、

1)「タップとは、CTからの電流値をどこまで使えるかというイメージ」の「どこまで使えるか?」とは、どういう意味でしょうか?

2)「400/5×1=80A がタップ1です」とありますが、400/5というのはCTの変流比だと思いますが、それにタップ値を掛けたものが、80A(アンペア?)とはどういうことでしょうか?

タップ1に設定すれば、そのOCRは、CT二次側電流が80A流れたときに動作する(レバーで設定された特性で)ということですか???

どうもタップの意味が分かりません。ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>はい。限時用度というのはわかるのですが、なぜタップ指定が「5.0A」という表現なのでしょうか?

何故なんでしょうね?
その理由は、メーカーしか判らないんじゃないかと・・・

三菱のOCR(MOC-A1Vシリーズ)は3-3.5-4-4.5-5-6Aとなっているので
必ずしも、5.0Aと表記する訳ではないみたいですね

QVCBについて、600A.12.5kVA.6600Vの場合の選定方法を教えて下さい。 それと、用途な

VCBについて、600A.12.5kVA.6600Vの場合の選定方法を教えて下さい。
それと、用途なんですが、どういった用途なんでしょうか。真空遮断機、なんで、短絡時など、遮断させる装置ですか??

Aベストアンサー

VCBの定格遮断容量の算出。
電力会社より、電源の%インピーダンスとして
%Z1=0.5+j8.5(%)が与えられ、
高圧ケーブルの%インピーダンスが
%Z2=0.72+j0.14(%)の場合、(CVT38sq,亘長50mと仮定)
合成%Z=%Z1+%Z2=1.22+j8.64→√(1.22²∔8.64²)=8.72(Ω)
基準容量を10MVAとすると
定格電流Inは
In=10000/√3×6.6=874.8(A)
したがって、三相短絡電流Isは
Is=100In/%Z=100×874.8/8.72=10032(A)≒10kA
これより、定格遮断容量は、12.5(kA)となります。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QPASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

PASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する過電流要素がありますが、変圧器の励磁突入電流で検出しない電流値が望ましいです。 同一フィーダー(配電線)の同一区間(DMで区切られる区間)に於いて永久短絡事故が発生すると、まず変電所に於いてCBがトリップする。
1分(30Sの電力会社もあり)すると変電所のCBが再閉路(投入)し、各区間のDM(スイッチ)が順次投入して、PASが変圧器励磁突入電流を検出して永久短絡事故により変電所CBがトリップすると構内短絡事故と同一の電気的検出をするので誤動作となります。
戸上電機製作所の例
200A(350A±50A)、300A・400A(600A±100A) 凡例 ( )内はロック電流値
変圧器容量が大きな場合は300A、400Aが望ましいです。

以上の3点について検討して決定します。

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する...続きを読む

Q過電流継電器(OCR)のレバーの意味

過電流継電器(OCR)の限時特性を決めるレバー設定にL=1.0、2.0・・・等々ありますが、この数字は何を表しているのでしょうか?

Aベストアンサー

貴兄の疑問は尤もですが回答1の内容で全て言い表されています。どうも難しく考えすぎているようです。
昔の円盤式のOCRのレバーの所を見れば貴兄の疑問は氷解すると思うのですが。
極端に言えばレバーの数値自体になーんの意味もありません。絶対的な時間や電流値を表すものではなく
単なる目安の数値であり限時の動作時間に関係する制定です
円盤式のOCRを見たことがありますか? 過電流により円盤が回り始めて最後まで行けば接点に接触して
がちゃんとVCBなりOCB(古いですかね)動作するわけですが接点の間隔をレバーで1-10まで均等に目盛りとして振ってあるだけです 例えばレバー値1で0.5秒で動作する設定ならレバー値3なら距離が3倍ですから動作する時間が3倍の1.5秒かかるだけのことです レバー値が時間そのものを表すわけではありません 今は電子式ばかりですのでそういうイメージがわかないかもしれません 胴でもよいかもしれませんがオム××のKXCADOR× なんかは電流300%で時間(秒)はレバー値そのものの値を示す事はご存じですね レバー値10なら10秒で動作します 表の銘板にでていますね

貴兄の疑問は尤もですが回答1の内容で全て言い表されています。どうも難しく考えすぎているようです。
昔の円盤式のOCRのレバーの所を見れば貴兄の疑問は氷解すると思うのですが。
極端に言えばレバーの数値自体になーんの意味もありません。絶対的な時間や電流値を表すものではなく
単なる目安の数値であり限時の動作時間に関係する制定です
円盤式のOCRを見たことがありますか? 過電流により円盤が回り始めて最後まで行けば接点に接触して
がちゃんとVCBなりOCB(古いですかね)動作するわけです...続きを読む

Q受電用トランスの容量計算について

受電用トランスの容量アップをしたいのですが算出方法がわからず困っています。建物は老健施設です。
照明とコンセントに接続されている機器の総容量は79KW(コンセントに常時接続されている機器の全容量に50%をかけています)に常時は何も接続されていないコンセント回路を1回路2KW(20ATのNFBで分岐されているので)とし予測利用状況から100%~15%を掛け算した予測負荷の総合計が66KWです。
高圧受電で単相3線式電灯コンセント回路になっています。(動力のトランスは別に設けられています)。
ちなみに今は75KVAのトランスで問題はおこっていませんが負荷の増設を計画しています。

Aベストアンサー

電灯コンセント用変圧器の容量算出は、
変圧器容量(kVA)≧総負荷容量(kVA)×需要率(%)×余裕率(%)であらわします。
需要率は=最大需要電力(kVA)/総設備容量(kVA)
電灯コンセント関係も力率が関係するのですがおおむね100%とすると総容量79kW/100%=79KVA
予測負荷66kWそのものが利用状況を掛けておられるので
現状の負荷の需要率を60%ないし50%としますと
79×50%+66=106kVAとなり、単相三線式ですと負荷を案分していると仮定して先ほど106kVAの50%となり、53kVAが変圧器容量となります。現状の変圧器でも問題はないと思いますが、予測負荷の状態等が不明ですので一概には申せません。高圧で受電されているのでしたら電気主任技術者がおられると思いますので一度ご相談されては以下かでしょうか


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング